01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

日曜ドルチェ・紅茶のシャンティとマロングラッセ

2013.02.11 (Mon)

頂いたブランデー漬の栗を使って
昨日、日曜・簡単ドルチェを作りました
好評だったので、紹介します!


材料:
卵黄2個、砂糖70g、小麦粉35g、
ミルクティ250g
生クリーム250g、
サボイヤルディ 8本ほど
マロングラッセ 適当
ビターココア仕上げ用

クリーム作り
①卵黄と砂糖をよく混ぜる
②①に小麦粉を加える
③温めたミルクティを②に少量ずつ加える
④火にかけて、とろみをつける(火から離れないこと~)
⑤④をしっかり冷ます(表面が膜を張らない様、表面ラップ密着)
⑥生クリームをあわ立てる
⑦⑤と⑥をやさしく混ぜる

具をカップに入れる
栗が入っていたブランデーシロップに
ちぎったサボイヤルディを浸し、カップに入れる
マロングラッセも手でざっくり割って入れる
サボイヤルディをつけるシロップブランデーがきつい場合、
ミルクで割ったらまろやかに!
20130211011.jpg

クリームを埋めたら、栗を飾って
ココアをかけて出来上がり!
20130211014.jpg

クリームは甘さ控えめに作っています
この分量で、小麦粉35gというのは、
しっかりめの固さになります

さらっと、柔らかめクリームがお好きな方は、
小麦粉をお控えください(もしくは、片栗粉で)
バニラを加えたり、また、紅茶の変わりに、
コーヒーバージョンもいいですねー
栗がない場合は、バナナや、別の旬のフルーツに変えても
いろいろ楽しめます。

見栄えもいいし、簡単でおいしいドルチェです
10:29  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

26時間とは、

長い旅ですね。。私は眠れないほうなので、直行便の12時間でもすごく長く感じますが、いまの倍以上かかっていたのですね。進歩を考えると、贅沢は言えないです。
Utako |  2013.02.13(水) 09:50 | URL |  【編集】

26時間

まだ成田はなくて、羽田から南周りでした
26時間かかってやっと着いた感じでした。アンカレッジ経由の北回りになり、モスクワ経由になり、今は直行便!
隔世の感があります~
おばあちゃんになってしまいました!
terumin |  2013.02.12(火) 15:09 | URL |  【編集】

45年前

でしたら、イタリアまでいらっしゃるのに2日がかりの時代でしょうか
どこかで給油しながら。。
teruminさんのおっしゃるマロングラッセは大粒のドロゲリアに並ぶようなほんとうに美味しいタイプですね、あ~たべたいなぁ!
Utako |  2013.02.12(火) 09:53 | URL |  【編集】

マロングラッセ

母が好きだったので初めてのイタリア
(45年ほど前@@)でお土産に買いました。とても立派で、祖母が作るそれより大きいのに驚きました。

レシピ有難うございます
terumin |  2013.02.11(月) 23:35 | URL |  【編集】

今年は、

簡単でおいしく、見栄えがよい
モノポルツィオーネにちょっとこだわろうかと!
焼き菓子にしても、見栄えが良い上、冷凍できるものは、冷凍して、時間を上手に使おうかと思います〜〜。
utako |  2013.02.11(月) 13:29 | URL |  【編集】

ありがとう。

早速作ってみますね。

簡単で美味しいが家庭の料理でありドルチェであり、、といつも思うので嬉しいわ!!
けいこちゃん |  2013.02.11(月) 13:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1238-f5531c94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |