08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

パネットーネ デイ ポーべリ 

2013.02.05 (Tue)

ご無沙汰を致しました

お休み明け、一番最初の話題は、このパンの話

茶色っぽいこのパンの名称、panettone dei poveri
パネットーネ デイ ポーべリといいます
貧乏人のパネットーネとでも言いましょうか・・



一般的に、パネットーネといえば、クリスマスに頂く
とても豊かな印象の大きな甘い菓子パン、
発酵時間にたくさんの時間をかけ、
レーズンやドライフルーツが入っています

今回のこの貧しいパネットーネは
搾油所を経営するレダが復刻したパン
その昔、クリスマスを前に、
山で生活する農民が手に入れることができたのは
クルミ
9月に収穫し乾かした乾燥イチジクでした
それらを入れたご馳走パンこそ、この
パネットーネ デイ ポーベリだったのだそうです

今では、貧乏パネットーネのほうが、普通のパネットーネ
よりも確実に高価といえますが・・・


このレダの復刻版パネットーネには、胡桃が入っており、
バツグンなお味
こんなにおいしいパンは食べたことがないという位
おいしいです、噛めば、噛むほど。
レダ本人が生産している小麦粉自体の甘さが、
胡桃とぴったり!
しかも、パン酵母が自然の味

気になることがあります
イタリアの主食パンは、
2日目には固くなることに比較し、
どうして、硬くならない(いつまでも柔らかい)
日持ちのするパンが日本にはたくさん存在するのか・・・
パンは翌日には、固くなって普通と思うのですが・・

レダが作るパンも2日目には固くなります
硬くなったパンが嫌な場合、
食べきれない分を小分けしたら、冷凍です
オーブントースターを温めて、焼き上げると
これがまたおいしい、そのままでおいしいですし
リコッタチーズとジャムをつけても相性が良いです

生産する人の顔が見えるものは、
とても粗末にはできない気持ちになります

このレダのパネットーネは、不定期に焼いています
レダのパンは、月の第一の土曜日、
アレッツォの産直市で購入できます
本当の小麦粉の味がします
14:32  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

けいこちゃん

早速、コメントありがとうございます
pane di latteのアンパンおいしそうですね。
最近は、グルテンアレルギーのひとが多いので、こちらでも米粉を使ったものが注目され始めている様子です!
utako |  2013.02.08(金) 15:04 | URL |  【編集】

そうそう

イタリアの住み始めて我が家はすぐにイタリアのパンに慣れて、やわらかいパンを欲しがらなかったのですが、駐在の日本人の間では、、、どこそこのお店にやわらかいパンがあると、誰かが話すとあっという間に皆がその店に、、、という時代がありました。今思えば、、それはPane di latteで牛乳が入っていてやわらかく、それに煮たあんこを挟んでアンパンを作ったりと皆張り切って作ったものです。
けいこやん |  2013.02.08(金) 10:22 | URL |  【編集】

きんたろうさん

早速の訪問とコメントありがとうございます。あ~パン好きのきんたろうさんには、絶対喜んでもらえるパンです。
なんで固くならないのか?何でカビが生えないのか?おっしゃるとおり、あ~怖い、、です。
utako |  2013.02.06(水) 11:38 | URL |  【編集】

うたこさん お久しぶりです。冬のヴァカンスでしたか?
それにしても このパンいいですね!
固くならなくてカビも生えない食べ物ってどうなんでしょうね?あ~怖い
きんたろう |  2013.02.05(火) 23:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1235-fdb16dba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |