10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

昨日の続き・・・エクイタリア

2012.08.28 (Tue)

期限切れの電気代支払い振込用紙と
8月31日締め切りの町のゴミ収集業者(AISA・半官半民)
への支払い振り込み用紙をもって、郵便局へ

私の番号札は、114、処理されている番号は、64
50番待ち・・・・ま~珍しくない。。

待っている人を見渡すと、、結構多くの人が、AISAの振込用紙を持っている
で、人の振込用紙を見て、気付いたこと、、

EQUITALIAの文字、なんで???
私の振込用紙に目をやると、私のもでした。

ごみ収集業者の請求ではなく、

(時々、火炎瓶や爆発封筒が届けられる)
半端ない取立てやの徴税公社からの
請求ですか??



再び、郵便局に出直して、50番も番号待ちをするのは、いやなので、
請求元に、納得がいかないけれど、支払って、
家に帰る。。。

請求書を確認
なんと、7月に請求された分が支払われていなく
たった、ひとつきで、徴税公社の管轄に回されたというもの

7月には、AISAの請求書は、一切、家に来ていない
(郵便配達が紛失させたか??)
請求書が来ないものは、支払うことができない

そして、取立て屋から請求書ですか・・・
驚くばかり。。。

AISAには、なんど、電話をすれど、話中か、誰も出ない。
請求書が来ないのに、どういう理由から罰金を払う必要があるのか?
という抗議の電話がきっとたくさん入っているのだろう

今日は用事があって、CGIL(イタリア労働総同盟)にも行ったので
、たまたま、この話をすると、
さすが!労働組合、一緒に怒ってくれました
(同感してくれる力強さに、気持ちが開放されます)
7月に請求書が来たと仮定したところで、たったひとつきで、エクイタリア
に回すとは、とんでもない!
1年支払わないならまだしも!
まして、正規の請求書が来ないのに、エクイタリアからだと!
訴訟を起こしたほうが良い!!
と。正義を持って、熱くなってくれるのは、うれしい限り!

思うに。。
これは、何かに、かこつけて
国にお金を入れさせるためのイタリアらしいひとつの手段
今は、罰金が国の収入源となっているイタリアでは、
このぐらいのことは、お茶の子さいさい・・

今朝、CGILの人から聞いたひとつの話
トスカーナ州が、ことしの自動車税を2度目の請求してるそう。
知らん顔して、請求書をもう一度流しちゃうわけですね~
気付かない人は、一年に2回払わされちゃうってこと

この手の話は、少なくないです
手違いの振りして、同じ用件の請求書を再度流すんです

なんともイタリアらしい

そしてこれをくぐり抜けていくのもなんともイタリアらしい

ここにエクイタリアの恐ろしさ書かれていました
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2012/08/post-2649.php?page=3

最近、巷でいわれること、
なにも持たないのが一番、自分名義のものは、ないのが一番
持っていると、エクイタリアに持っていかれる

10年前の光熱費の払い忘れの2ユーロ、
10年後、千ユーロの請求になって突然来る
ってんだから・・・・・
18:50  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

けいこちゃん

けいこちゃんがいらしたころのイタリアとはきっとずいぶん変わっています。まず今は、物価が異常。。。

しかし、日本のお役所も知らぬ存ぜぬとはイタリアみたいですね。ひとつ違うのは、起きた事で、日本の役所は改善もしくは、ひとつ進歩しますよね、効率を求めるのが私たち日本人の素質ですから。イタリア人それないんですよね。。

こっちの役所は最悪です、できるだけ、行かないに限ります
私、夏、ある書類、2ヶ月待ちました。。担当が、なんと、そのひと以外、誰もできない仕事。
その人が休むと、代理がいないんです、バカンスの後、病欠、
そして、今週の月曜日話したら、明日書類を取りに来てと言うので、火曜に行ったら、病欠でした。
あの人が退職したら、、、はい、きっとコネで入る人がいるのだと思います
それをこの間CGILの人とも話しました、学歴採用ではない、コネ採用がこの国を益々悪化させていると。
大卒の優秀な若い人が数十万単位で失業中のなか、、大学卒業に意味がないと大学進学率が落ちる国。。
大きな歴史ある会社は閉鎖を迫られ、名前だけ欲しい外国企業が参入。
そして、イタリアのメーカーの名前で中国生産ですか。。。身を切るか?売るか?
ものづくりしていたイタリアのすばらしい労働力は、いったいどこへ行ってしまうのか?
最高に良いものを造り出すのが、イタリアの力だったはずなのに。。
utako |  2012.08.30(木) 13:29 | URL |  【編集】

びっくりね。

ここ5年ほどで、ずいぶんとイタリアも変わってきましたね。

日本のお役所の対応は昔に比べたらずいぶんと良くなりました。

とは言えど、主人は再三いやな目に会い、怒っていますが。

今お役所もホームページが充実していて、色々と分かりやすくなり、、、65歳以上になると色々と特典があるのを主人が見つけて、喜んで、役所に行き、その部署に行ったところ、、、そんなものはないし、仮にあってもここの部署では無いと言われて、それもへんなおじさんが来た、、、という感じの応対を受け、主人はホームページにここの部署とあったと話して、あち行かされかされ、結局最初の部署だったと、憮然として帰ってきたの。

抗議のめーるでもしたらと言ったら、もうあまりに感じが悪くて、思い出すだけ更に癪だから、もういい!!

としばらく腹の虫が治まらなかった。

分かったことはそういったホームページって外注していて中の人は知らないということみたいよ。
けいこちゃん |  2012.08.30(木) 12:10 | URL |  【編集】

きんたろうさん

いつもブログ見てくれて、そして同感ありがとうございます!心強いです。
郵便局で払うには、郵便局に手数料を払うのですが、今回、1.30ユーロになっていました、2ヶ月ほど前までは、1.10ユーロだったのですがね~。
全てにおいて値段は上がり、そして、国に予算がないので、定年した後の人員補充をしないため、効率が下がる、ますますイタリアらしい状況ですよ~~v-393
(当たり前と思われる)日本のよさ、しみじみ感じることあります。
utako |  2012.08.30(木) 07:16 | URL |  【編集】

郵便の話にもビックリでしたが
更に ビックリ!!です。
イタリア恐るべし~
それにしても イタリアで暮らしている人 アッパレですね~
うたこさん 偉い!!
この様な話を聞くと 日本の公的機関で「ちょっとこれってどうよ?」と思うことがあっても「ま いいか・・・」と思えてしまいます(笑)
きんたろう |  2012.08.30(木) 01:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1168-13e34c66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |