04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

村祭り

2012.08.14 (Tue)

夏のこの時期、たくさんの村でSAGRA(祭)が行なわれています

こんなお祭りあったりします~~(クリック)

以前からこの辺(地元)で評判がいい”COREZZO”という
カセンティーノ地区の本当に小さな村のサグラに行ってきました
(2012年は、8月12,13,14日に開催)

サグラの名前は
SAGRA del TORTELLO alla LASTRA (トルテッロの鉄板焼き祭)

アレッツォからは、ビッビエナを目指して、車で片道1時間弱

標高800m弱の小さな村、なんにも無い村

ここの秘伝トルテッロを食べに、いろんなところからやってきます
薄い生地の中には、ゆでたジャガイモが入っていますが
味付けが、この村マンマたちの秘伝、極秘レシピらしいです
ジャガイモがおいしいゾーンだから、評判の理由がわかります。
コレッツォ

これがアンティパスト
手前がシンプルなトルテッロで2.50ユーロ
奥の地元産の生ハム乗せは、4.50ユーロ
20120808020.jpg

この後は、プリモは、トルテッリ(ラグーソース)など、セコンドは
サルチッチャやリガティーノ、アリスタです(どれも一皿4ユーロ)
一人、15ユーロもあれば、ワインを飲んで、お祭りディナーが可能です

ここのお祭りは、企画運営力がすばらしかった!
会計で先にお会計を済ませ、会場に入ります
会場では、席案内係が完璧に人を振り分け
8人がけのテーブルを他人同士で埋めていきます
ひとつのテーブルには、一人の接客係がいて、テーブルごとに
料理を5分と掛からず、次々運んできます
屋内は500人収容、屋外は100人収容だそうですが
満員御礼のお祭り、待たせることなく、2回転は、こなしていました
村の8~10歳のたくさんの子供たちが、ゴム手袋をして、
空いた皿を次々に片付けていきます

なんと、すごい数の働いていた村人たち
全てボランティア!(だから子供が働いていたのですが)
祭りで得るお金は村の収入源、
このお祭りの収入で、こんな立派な会場建設もできたのだそうです

村の憩いの場は、税金からではなく、外部から入るお金でできていたのでした
(ちなみに、サグラの収入には税金が掛からないのだそうです)


村に伝わるおばあちゃんの鉄板焼きトルテッロ
が、特徴の無かった小さな山間の村に人を呼んだ
すばらしい成功例と感動しました

おいしい、安い、待たせない、涼しい、
とっても気分の良いお祭りでした!

そして、偶然に隣り合わせた他人とお話できるのも
このようなお祭りの楽しさのひとつです
18:31  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

大切にしてほしい

「村に伝わるおばあちゃんの・・・」素敵ですね!いつまでもお、ばあちゃん、お母さん、伝統の味を大切にしてもらたいです。それがイタリアの魅力のひとつだと思うから。
Yoko |  2012.08.16(木) 06:02 | URL |  【編集】

けいこちゃん

チームワークを感じましたよ!

すこし離れた広場で職人のメルカートが来ていました、食事後のレシートをもって、メルカートのどこかの店へ行くと、ジェットーネと引き換えてくれます、ジェットーネは、村の中のバールでコーヒー1杯が無料になるしくみ、メルカートへ足を運ばせる知恵、ジェットーネでバールにもお金を落とす、一人で祭りに来ている人は居ないですから、2人目からはお金を払って飲むわけですね~。完璧でした。
utako |  2012.08.15(水) 06:30 | URL |  【編集】

まあ

なんて素晴らしいv-238

それだけの人を待たせずにv-237v-237
けいこちゃん |  2012.08.15(水) 02:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1160-986d946b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。