07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

コンフィチュールとジャムの違い

2012.08.01 (Wed)

夏のこの時期
果物が余るほどある家では、ジャム作りが盛ん!

朝食に甘いものをとるイタリア人にとって、手作りジャムは重宝します


タイトルに、コンフィチュールとフランス語で書きました
日本では、そのほうがわかりやすいようで。。

イタリア語では、confettura (コンフェットゥーラ)、
ジャムのことは、marmellata(マルメッラータ)といいます

コンフェットゥーラとマルメッラータ、という言葉は
どうやって使い分けしたら良いのか??

一般的には、
フルーツと砂糖を煮たものをマルメッラータといいますが・・・・・

ヨーロッパ共同体が1982年に認証した法令によりますと
マルメッラータは・・・
ベースが、柑橘類であること、そしてフルーツが20%は含まれていること
柑橘系、つまり、オレンジ、マンダリン、レモン、グレープフルーツ、シトロン、ベルガモット

コンフェットゥーラは・・・
柑橘系以外のあらゆるタイプのフルーツ(野菜でも!)で構成されたもの
フルーツの含有量は、普通のもので、35%相当
コンフェットゥーラ・エキストラは、45%。


余談ですが、ゼリーは
果肉、果皮を含まず、果汁だけを使ったもの


次回もジャムの話、続きます



14:08  |  ジャム熟考  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1153-0253567d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。