12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

300年農家 2012年夏

2012.07.30 (Mon)

暑い毎日が続いています

300年農家へ行ってきました
500本のトマト苗を植えた農家の畑は、トマトがいっぱい
300年農家の場合、赤くなるのは遅いけれど、実のつきは例年並みだそう


子猫がたくさん生まれていました!
20120730012.jpg 20120730015.jpg

春に始まった300年農家のペコリーノチーズ造りは、終盤に入りました

最盛期には、一日朝夕と2回の乳搾りでしたが、
今は午前の1回だけ搾ります
20120730022.jpg

最盛期には、60リットルだった羊乳は、今は12リットル
2kg弱の形のペコリーノチーズが1個できる計算です
20120730025.jpg

マルゲリータが、
出来上がっていた2つのペコリーノチーズ↓を味見比較させてくれました
300年農家のペコリーノチーズは
70度の低温殺菌処理をしない生乳から造ります
よって、市場に流通するチーズとは一味違って、昔ながらの素朴な伝統の味!

生乳の中にいる菌の活躍で、チーズはできます
(工場生産のチーズは、一回無菌状態にして、そこに決まった数の菌を
加え、一定の温度、一定の期間で造ります、
つまり、必ず同じものが出来上がります)

さて、右と左の二つのチーズの違いは、チーズの中にある穴ですが・・

右は、理想的、左が、仕込んだときに温度が高すぎて、
急速に発酵、
たくさんの穴ができてしまいました
昔ながらの方法で造るチーズは、一個一個味や顔が違います
20120730027.jpg


キアナ牛の赤ちゃんも生まれました
20120730018.jpg

地鶏の卵で作る手打ちパスタとキアナ牛のミートソース
はいつも絶品!
20120730028.jpg

旬の野菜は、全部、畑から!
20120730029.jpg 

鶏肉のローストとイノシシの煮込みとサラミ
全部、300年農家
20120730030.jpg 20120730031.jpg

近くに嫁にいった4女のファビオラが作ったドルチェ
スポンジケーキにシロップを浸し、カスタードクリームをあわせ
シロップ漬した梨とサクランボで飾ったドルチェ
家庭で作る果物のシロップ漬は、やさしい味でほんとおいしい。
もうひとつのドルチェは、
ラッテ アッラ ポルトゲーゼ (別名:クレームカラメル)
12個の卵と、砂糖とミルクだけで作られています
20120730032.jpg 20120730033.jpg


300年農家は、いつも丁寧な生活をしています。

タグ : 300年農家

10:57  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1152-cb24ac21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |