01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

lo grand baou (大きな牛舎)という名のトラットリア

2012.07.17 (Tue)

(ヴァッレダオスタの旅の続き)

一番、思い出深い食堂「lo grand baou」の話。

店の前の、看板


ここは、(渓谷の)谷間の最終地点、この先は道がなく、
山が重なり合っています

周りの雰囲気 ハイジが出てきそうです
20120717130.jpg


標高は2000mぐらい。

この店の
営業期間は、7月と8月のたった2ヶ月のみ、寒い時期は、だれもこ(れ)ない場所


経営者はアーティストとカメリエーレが言っていた通り
トラットリアの内装が、とっても面白かった

大きな牛舎という名前だけあって、
牛舎で使われていた材木が至る所で再利用
昔の農作業の道具がにぎやかに飾られていました
豊富な湧き水は、流れっぱなし、テーブルへもその水を運んでくれます
20120717100.jpg

20120717125.jpg

20120717126.jpg

20120717116.jpg

かわいい猫ちゃんが住んでいました、冬はどうするのかなぁ・・・
20120717098.jpg

さて
メニュー
アンティパスト、プリモ、セコンド
というメニューです・・・・・・・・
アンティパストの何という風に種類が存在しません
ということで、アンティパストとセコンドを注文しましたら・・・・

こちらがアンティパスト(15ユーロ) 
赤いソーセージは、ヴァッレダオスタのサングイナッチョ(牛の血か豚の血が入っています)
ラルドも絶品!子牛のカルパッチョには、なんと胡桃のオイルが!
感動のおいしさでした
右奥にある牛のリコッタと野菜やナッツを混ぜたものもすごくおいしかったです
20120717106.jpg

茹で栗 バターでいただきます
バターは、ここの直営の牧場で造っているため
コクがあって、ふわっと新鮮!
20120717108.jpg

こちらがセコンド(15ユーロ)
右の小鉢は、la carbonata(carbonada)カルボナーダといわれる
ヴァッレダオスタの牛肉の煮込み
ホテルの食事で、すでに食べていたので、ん~~またか、、と思っていたら。。。
さすが生産者のお肉は柔らかで美味でした
左の小鉢は、sanguinaccio(血入りソーセージ)を野菜と煮たもの
この2つを、ポレンタと一緒に食べます
本場のポレンタ(石臼の粗挽き)は、ま~うまいですが、、
ポレンタ、、ポレンタ。。ヴァッレダオスタは、夏でも、ポレンタ・・・
ポレンタはすこし食べただけで、おなかがいっぱいになります
20120717110.jpg

珍しいものを発見しました
胡桃からオイルを取り出した後に残るもの
甘くて懐かしい砂糖菓子のような味!
20120717120.jpg

土地の土着品種ワイン
ブラン・デ・モルジェ
酸味のあるきりっとした独特の味
20120717104.jpg

料理は、全て、素材がよいことがわかる、生産者の味でした

食堂の敷地内に
きれいに、保存された、こんなおうち
アーティストさんが、保存しているだけあって、
フランス語で、なかなか、かわいらし文字入り。

カメリエーレに、なんて書いてあるのか?
聞いてみたところ。。。。

「今は亡き、両親が住んでいた家」
と書いてあるそう
20120717119.jpg

取り壊さずに、きれいに保存してあるのが、すばらしい。
おうちが、まるでお墓のようでした

今にも過去の人が出てきそうな不思議な空間

この地域は、全く、隔絶されています
携帯電話の回線もゼロ。

何かあったときのために、1つの番号だけ特別にケーブルで繋いでいるとか。。


ヴァッレ ダオスタは、小道や渓谷が無数

たまたま出遭ったこんな食堂、
谷間の合間には、点在しているのかもしれません
10:17  |  ヴァッレ・ダオスタ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

850sさん

ユヴェントスとJeepは、イメージが違うと私も思います!会場には、Jeepの車が展示されていました。ビジネス、ビジネス。。
utako |  2012.07.19(木) 08:26 | URL |  【編集】

極暑のトスカーナを離れて、涼しいヴァッレ・デ・アオスタの休日。うらやましいです。ユヴェントスがJeepというのは、いただけない気もしますが…。
850s |  2012.07.19(木) 00:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1146-b52d0393

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |