06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

トリュフ狩り

2012.06.21 (Thu)

昨日の続きです

300年農家の敷地の森では、昔からクロトリュフが採れます

夜中の盗賊が今年は、より活発なため、昼のうちに、ある分を採ろうということで
300年農家が呼んだ トリュフ狩り職人がトリュフ犬と共にやってきました

ここ掘れワンワン 
犬が、匂いで見当をつけてくれるのですが、1個目を見つけるまでが大変
気温は、軽~く 33度は超えていますので(昼の14時半。。)
犬の嗅覚も鈍っており、外れる事、多数回・・・


トリュフ狩り

犬ががんばっている最中、
トリュフがある場所を知っている農家のマルゲリータが
いとも簡単に、最初の1個を発見 
黒トリュフ

ほんの少し土を掘ったところで、出てきました
殆ど土と同じ色
手のひらに乗せると大きさがわかりますが、直径7~8cmはある大粒でした
犬がすでに通過した場所

なぜ犬は、見つけることができなかったのか???

こんなに大きなトリュフでも、成熟度が足りないため
匂いが無かったからです
20120620031.jpg

犬は、食べごろのトリュフを見つけてくれます

バテ気味だったワンちゃん
お水を飲んで、リフレッシュしたあと 
大好きなウインナーを貰うために、がんばってお仕事再開!
20120620035_20120621164953.jpg

見つけた、ワン
食べたいところを、飼い主に止められ。。見つめたまま・・
20120620038.jpg

犬が見つけたトリュフ
トリュフ犬

探し始めて40分、職人と犬は、2個見つけていました
1つは、A級品、1つは、湿気が入ってしまって、柔らかくてB級です
20120620041.jpg

ここで見学は終了。。とっても暑くて暑くて、、フラフラでした。。
10個見つけると話していましたが、その後どうだったか、聞いてみなくては。

見つけたトリュフ
ルールとしては、
土地を貸した人と、探した人の折半になるのだそうです

タグ : トリュフ 黒トリュフ

09:30  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

けいこちゃん

は~い、狩人がイノシシを農家の敷地で狩った場合も、ちゃんと場所代(肉)は、置いていくそうです。
utako |  2012.06.22(金) 17:10 | URL |  【編集】

ちゃんと

ルールがあるのですね。
けいこちゃん |  2012.06.22(金) 02:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1138-41bf72aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |