12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

300年農家 ペコリーノチーズ造り最盛期

2012.04.24 (Tue)

4月8日のパスクア(イースター/復活祭)が終わって、生の羊乳で造る
ペコリーノチーズ造りが、300年農家でも始まりました!

新鮮な草があるこの時期は、チーズが一番おいしい時期

伝統的な製法、殺菌しないミルクに、レンネットを加え、待つこと約30分
しっかり、固まりました!
ラビジョーロチーズを取り出します


固形物と液体を分離させ・・・・
20120424003.jpg

固形物を取り出し、型に入れます、
これがペコリーノチーズになります
20120424004.jpg

すっかり水分が抜かれた様子
20120424005.jpg

固形物を取り出したときに残る液体に熱を通すと出てくるのがこれ!
あつあつのリコッタチーズです
20120424006.jpg


リコッタチーズを作り出すと、ランチに出てくる絶品ラビオリ!
ソースはもちろん農家産の夏の完熟トマトソース、太陽の味。
出来立てチーズを、各種味わいます
20120424007.jpg 20120424008.jpg

今日も雨が降り止まないですが、この日も、豪雨と雷・・
電線に雷が落ちたせいか、電気が止まってしまいました・・・
お肉はキアナ牛のローストと、子羊肉のロースト
農家のお肉は、やはり、うまい!でも暗い・・
20120424011.jpg

こんな感じでろうそくでの食事、新鮮なことに感じ、ロマンチックともいえますが、、
60年前はこれが普通だったことを想像すると、

暗いよなぁ・・、食べ物がよく見えない・・、
味わうということは、結構、目でも味わっているもんなんだと
思いました。
20120424015.jpg

日本のGWが始まる頃からは、パッと快晴が続いて欲しいものです!!
10:41  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1103-391ccd57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |