06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ペコリーノチーズ造り見学

2011.12.13 (Tue)

ここ数日、雨です。

アレッツォから私鉄で北へ約1時間、プラトベッキオという町の山奥に羊飼いがいます

羊飼いが、羊を飼う目的は
●子羊を食肉として販売するため
●母羊のミルクでペコリーノチーズ

 (他、別チーズも)を造り、販売するため

ここでは、母羊を3班に分けて、回転させています
1)子羊を育ててるチーム
2)チーズ用ミルク提供チーム
3)妊娠中(出産控)のチーム 


こちらは、1)の子羊を育てているチームさん
雨の日は、中で過ごします
20111213RIMG0015.jpg

雨の日・・・・ここの牧場で育てているあらゆる動物が
雨宿り・・・・・とっても絵になる光景でした
20111213RIMG0016.jpg

さて、チーズ工房でペコリーノチーズ作り見学です
温めた生乳にレンネットをいれ、その後、特殊な木の枝で
攪拌させていきます、
※チーズは、昔ながらの生乳チーズ!
チーズの旨みを残すため、加熱による殺菌は、しません
20111213RIMG0019.jpg

取り出された、パスト(ペコリーノチーズの生地)
20111213RIMG0023.jpg

パストを、型に入れて押していきます
これが熟練技!!
20111213RIMG0025.jpg

パストを取り出した後の乳清に再び火を入れ、
リコッタチーズを取り出しました
20111213RIMG0029.jpg

チーズ造りを見学した後は、ここの農業会社で造られる食材ランチ!
豚肉加工品(今回は、乾燥サルチッチャと生サルチッチャ、サンブデッロ、生ハム)
羊のチーズ(ペコリーノチーズ2種、ラビジョーロチーズ、リコッタチーズ)
チーズには、ここで造られた、パプリカと唐辛子の甘いジャムソースをつけて頂きました
キャンティワインも付きます
20111213RIMG0027.jpg

羊飼いのジュセッペと
お世話係のジュセッペの甥っ子の嫁、シルバーナ
20111213RIMG0031.jpg

先祖から引き継いだ羊飼いという仕事を守るジュセッペ
が造るチーズはとってもおいしいですよ!
直販をしていますので、購入可能、持ち帰りには、真空パックしてくれます
19:23  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

あ!打ち間違えてしまってました!すみません。

こんにちは!

はい
先ほどホールトマトを変えたところ格段に美味しくなりました
いくつかの要素は固定して、まずは小麦粉を変更してみたいと思います。
次は「0番」を使ってみようと思います

utakoさんのブログはすごく雰囲気が良くて、写真や記事からイタリアの感じが伝わってきます(*^_^*)
見てて楽しいです

あ、良ければ相互リンクお願いできませんか?
たけのむち |  2011.12.14(水) 10:58 | URL |  【編集】

こんにちは
私の書き方が見にくかったかも知れません、すみません。

私も薄めのピッツァは00と書きました!

シンプルな組み合わせほど、奥が深いし、いろんなやり方があるような気がします。
酵母、トマトソース、小麦粉、チーズ、火の入れ方、ピッツァは研究の甲斐、ありそうですね!

utako |  2011.12.14(水) 08:21 | URL |  【編集】

お返事ありがとうございます!
なるほど。
薄めのピッツァには0番なんですか!?
薄めは薄力粉を多めにと覚えている僕にとっては粉の挽き方が関係するとは頭にありませんでした。
良くピッツェリアやピッツァに関する動画や記事では「00番」と聞くので・・
奥が深くて、わくわくしてきました(笑)
非常に為になるコメントありがとうございます。
僕もまた見に行きます!
すごくおいしそうなチーズですね!
買ってみようかな!(^^)!
たけのむち |  2011.12.14(水) 05:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1070-41a8a06a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |