03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヴィンサント造り 

2011.10.26 (Wed)

300年農家のヴィンサント造り 今の状況です

甘みを増させるため(水分を飛ばすために)に、ぶどうを干しています
あまりにも甘すぎて、白→ローズ色に変わっているぶどうも、チラホラ
この時点で、一切カビは生えていません、
今後、乾燥の段階で、多少、生える場合もあるそうですが、
美味しさが増すとのこと (貴腐ワイン?)


20111026RIMG0032.jpg

水気が飛んだ後、12月~1月にかけて、昨日ご紹介しました圧搾機にかけ、
ぶどうの皮と種を取り除き、果汁(モスト)を取り出します。

その後、あまあま果汁は、カラテッロという、ヴィンサント酵母がたくさん付着した
木樽に入れられ、封印 (酵母は付着だけではなく、液体としても前に造った分から
底に、残しておきます) 
酵母さんのご活躍により、果汁がどんどんヴィンサントに変わっていくという具合です

カラテッロの年季の入り具合で、ヴィンサントの味の深さが変わってきます
数十年使用されたカラテッロは、なかなか、出回りにくい貴重な樽となっています

ヴィンサントをカラテッロに入れ・・・・・封印を解く時期はいつ???
3年ぐらいが平均。早くあければ、量は多く薄め、長いこと封印しておけば置くほど
濃厚で量が少なめとなってできてきます
18:56  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

latte+to+tea さん

いつもご覧くださいましてありがとうございます。
まさしく!美味しいものを食べると、うれしくなります。
utako |  2011.10.31(月) 10:39 | URL |  【編集】

ようこさん

いつもありがとうございます。
あそこのヴィンサントは、結構辛口、私もあのタイプも大好きです、300年農家のは、結構甘口です、ヴィンサントは、家庭によって味が本当に違って、わかりやすい、皆に楽しめるワイン!お肉料理やドルチェにも使えて、トスカーナに密着しています。
utako |  2011.10.31(月) 10:34 | URL |  【編集】

おいしくな~れ!

こんな素敵な風景を見れてうらやましいです。美味しいものは人生を豊かにします。
latte+to+tea |  2011.10.29(土) 00:03 | URL |  【編集】

飲みたい♪

昨年、アンギアーリで初めてヴィンサントデビューをしました。

とてもおいしかったです。
東京では飲めないので、アンギアーリで手に入れたヴィンサントをちびちび飲んでました。

購入したハンドクリームもよかったですが、ヴィンサントが魅力的でした。
ようこ |  2011.10.28(金) 09:07 | URL |  【編集】

フィオママさん

コメントいつもありがとうございます!
トスカーナで見られるこの時期の様子。
ご覧くださってご感想いただけたこと、とてもうれしいです!
utako |  2011.10.28(金) 07:07 | URL |  【編集】

こんばんは、すごいですね。見る機会なんてないのでブログがとてもありがたいです。説明も分かりやすくて♪
フィオママ |  2011.10.27(木) 11:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1049-35fe2274

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。