10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

保存用トマトソース作り

2011.09.05 (Mon)

夏の太陽をたくさん浴びた、トマトの赤色は、まさしくイタリアの赤

300年農家では、今年はたくさんのトマトが収穫されています
たくさんといっても、大量に販売するほどの量ではなく、あくまでも
自分の家で消費+産直販売できる量程度
質のよい堆肥が、よい土をつくり、その土が美味しい野菜を作り出しています


20kgの完熟トマトを分けてもらって、
300年農家の大きい鍋や作業場を借りて
私の家用保存トマトソースを作りました
20110904RIMG0002.jpg

使ったトマトは、多種しかも完熟(完熟後に、畑から収穫したもの)、
いろんなトマトを入れることでより美味しくなります
そして
トマトの美味しさの違いは、青いうちに収穫されるか、
完熟まで太陽を浴びているか・・・
種をとり、軽く煮ます (ここまでで、作業は、2時間経過)
20110904RIMG0004.jpg

煮たら、水分を抜く作業
トマトは、水分が多いので、火を通す場合は、水分を取り除きます
決して煮詰めない、煮詰めることは、酸味が出、旨みの変化が生じ、
本来の太陽いっぱいの美味しいトマトソースとは、違う味になってしまいます・・
夏の味は、夏の味のまま、保存しなくては!
これが、300年農家のやり方。

水気が抜けたら、果肉を搾って、瓶詰めとなります
20110904RIMG0005.jpg

瓶の栓をして。。。
煮沸です。
瓶は、丈夫なビール瓶を使います、栓はスーパーで手に入ります
20110904RIMG0006.jpg

結局、20kgのトマトから、できたソースの量は7リットル半でした
できた量を見たときは、労働の量とつりあわなく、悲しくなりました。。
ソースで埋まりきらなかった、空瓶5本には、
もう、しょうがないからトマトブイヨンを詰めました。。
いわゆる、トマトからでた果肉以外の液体です。
スープにしたり、指し湯の代わりとして使おうと思います。。
08:42  |  目指すぞ!イタリーばあちゃん  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

latte to tea さん

家に伝わる昔からの味というのがあって
、家庭それぞれ、煮詰める方法もあります。煮詰める味、煮詰めない味、これは好みの問題かも・・です。
utako |  2011.09.09(金) 18:34 | URL |  【編集】

フィオママさん

日本は雨が多いから大変ですね。。
先日、雨予報が出たときには、農家では、大急ぎでトマト収穫をしていましたが、、雨は降らなかったです。。。もう2ヶ月も降っていないです
utako |  2011.09.09(金) 18:30 | URL |  【編集】

驚き!

トマトソースは煮詰めればいいと思っていました。驚きです。夏の味トマトなんですね。勉強になることがいっぱい。そちらの様子とても素敵です。
latte+to+tea |  2011.09.07(水) 16:35 | URL |  【編集】

こんにちは、トマトソース・・・・煮詰めてました・・・v-12美味しそうですね♪
今年はいざ収穫しようとしたら雨でもう3回もトマトが大量にはじけて落ちて悲しくなりました。
イタリアの保存食作りはとてもすばらしいですね。
フィオママ |  2011.09.07(水) 08:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://italia.blog18.fc2.com/tb.php/1025-3c36c0c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |