03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ジーロディタリア(Giro d'italia) 始まります!

2016.04.29 (Fri)

毎年、注目のグランツール(自転車競技)
ジーロ ディ イタリア(ジロ デ イタリア)が5月6日、
オランダアペルドールンをスタートしてイタリアへ飛行機で移動
南から、北へ移動。
ゴール・トリノ に向けて3週間のレースが始まります!!

画像クリックで、日にちごとのタッパ(ステージ)とコース、及び標高差
をご覧いただけます
20160423Giro-dItalia-2016.jpg

ステージ8日目には、ウンブリアのフォリーニョからアレッツォ
186kmのレース
ゴールはアレッツォの中心、Viale Giotto(毎週土曜日に、メルカートが開催される通り)
20160423ar.jpg

以前アレッツォを通ったとき、見に行ったことあります
風のように速く、あっという間でしたが
今回、ゴールがアレッツォならば、余韻も楽しめそう!
見に行ってみようかな
18:03  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今のオリーブ 2016年4月22日

2016.04.23 (Sat)

雨が降り始めました
天気予報のサイトでは、イタリアにil ciclone MEDUSA (クラゲサイクロン)
が週末~月曜の25日(祝日)にかけて冬を運んでくる・・・
標高500M以上では雪がふるかもとの話・・

しかし、クラゲが冬を運ぶとは。。。ビリビリくるんでしょうか・・

昨日は晴天でした
うちの近所の昨日のオリーブ畑の成長の様子


20160423DSC_0031.jpg

花芽が付き始めました。
今年は、すこし早い気がします
09:57  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ルネッサンス時代の料理 カラバッチャ 

2016.04.15 (Fri)

昨日から続く熊本地方の大きな地震、被災された方々には心から
お見舞い申し上げます。遠くにいながらも、日本で大きな地震が
起きる度、辛い気持ちになります。


古い本のレシピを使って
フィレンツェの伝統料理、カラバッチャを作ってみました
14世紀から伝わる料理。
フランス料理にも影響を与えたといわれる料理のひとつです
(16世紀にフランス王国へメディチ家の
カトリーヌ・ド・メディシスが嫁ぎ、
フランスの食文化を発展させたといわれています)
s-DSC_0011.jpg

香味野菜でじっくりブイヨン用意(3時間ぐらいかけました)
鍋にオリーブオイルを入れ、たっぷりの玉ねぎ、
少量の人参とセロリとパンチェッタで1時間ほど
しんなりさせ、水気が飛んだら、白ワイン
白ワイン蒸発後、沸騰ブイヨンを足していく。
途中、今が旬のグリーンピーズをいれまして。。。
くつくつゆっくり煮て、できあがり
ブイヨンから作りから考えると5時間は火にかかってました

パンを焼いて、お皿に入れ、出来上がったスープを
かけて、パルメザンチーズか、ペコリーノチーズをたっぷり
かける。

日本人好みのうまみたっぷり、
深みのあるズッパができあがりました


700年程前にも同じものが食べられていたことを想像しながら・・・
17:00  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スペッロ

2016.04.11 (Mon)

3月末・イースターの頃
2016年イタリアで
一番きれいなボルゴ(村、集落)は?

のオンライン投票結果発表番組がありました(RAI3)
一位は、シチリアのSAMBUCA DI SICILIA(サンブーカ ディ シチリア)

6位に入ったのがウンブリア州のスペッロ
スペッロはアッシジから車で15分ぐらい,約11kmです
確かに!行く価値ありのかわいいボルゴ
20160410DSC_0156.jpg

ボルゴの中はこんな感じで路地が絵になります


20160410DSC_0126.jpg

20160410DSC_0128.jpg

20160410DSC_0133.jpg

20160410DSC_0137.jpg

20160410DSC_0148.jpg

こちらがサンタマリア・マリア・マッジョーレ教会
ピントゥリッキョのフレスコ画があることで有名です
20160410DSC_0153.jpg

アッシジとスペッロを効率よくまわるプランは以前こちらで
ご紹介させていただきました!
アッシジのタクシー運転手ブルーノが同行いたします!

スペッロ サンタマリア マリア マッジョーレ教会
ピントゥリッキョのフレスコ画


2016年5月28,29日はスペッロにて盛大なお花まつりがあります
主催者サイトはこちら
スペッロ インフィオラーテ(花まつり)の様子


スペッロおすすめです!
10:32  |  アッシジ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

菜の花いっぱい

2016.04.10 (Sun)



トスカーナは、菜の花の黄色が鮮やかな季節になりました
06:05  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

アレッツォ アンティーク市 骨董市 2016年4月の様子

2016.04.06 (Wed)

2016年4月2,3日のアレッツォ 骨董市は、
天候にも恵まれ大盛況の様子でした


イタリア通りとカブール通りの交差点に、中世時代の楽器で
演奏しているグループもいたり・・・
20160406DSC_0165.jpg

駅方面から歩き始め、イタリア通りを大聖堂方面に歩き、グランデ広場へ続く道路を右折せず
そのまま10mほどまっすぐ。。。
ちょうど、サンタマリアデッラピエヴェ教会の入り口向かいに
アレッツォ 骨董市の創設者
イヴァン・ブルスキ邸・ミュージアムがあります
サイトはこちら
ブルスキ氏が集めた膨大な数のコレクションの宝庫!!
博物館は、故ブルスキ氏の元ご邸宅ということで
中世時代のお屋敷内部も拝見できます\(^o^)/
うれしいことに、
骨董市開催日に限って、このミュージアム、無料開放されています!!
(骨董市のない日は有料だそう)
必見の価値ありです!

イバン ブルスキ邸屋上から見える景色 普段は下からしか見ることがない
アレッツォで一番美しいといわれるピエヴェ教会の窓が正面に見えました
20160406DSC_0167.jpg

20160406DSC_0169.jpg

業者の数も、ひところより増え始め、グランデ広場にも活気が戻ってきました
20160406DSC_0170.jpg

2016年開催カレンダーはこちら

上記に加え、
特別開催として、
今月4月25日(祝日 解放記念日)
骨董市開催されます
15:42  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

髄膜炎②

2016.04.01 (Fri)

トスカーナ・アレッツォ在住の日本人の友人から、
「髄膜炎の予防接種は予約もいらず、ホームドクターがその場ですぐ打ってくれますよ!」
と聞いたので、昨日、主治医のもとへ行ってきました

他のイタリア人たちからは2-3か月待たされるみたいとも聞いていたのですが
すぐやってもらえるならば、ラッキー

でも
どういう意味かよく分からず、行って納得・・・

44歳の壁ありました・・・

44歳までは、髄膜炎予防接種C型、
無料でホームドクターがその場でやってくれるそうです
私のようにそれ以上の場合、予防接種事務所
に電話し、予約、そして、料金は24.07ユーロだそうです

主治医に「あなたもっと若いと思っていたから、電話で来なさいと言ったけれど
無駄足になっちゃったわね」・・
ぐっとこらえて愛想笑い
「お金は払いますから、なんとか、いまここでやってもらえませんか?」
(マフィアんちっくなお願い・・・)
残念だけど、、リストに載っちゃうから、何にもできないとのこと、、

2時間も待たされた挙句。。。の出来事

今朝、予防接種事務所に電話、
なんと、、なんと、4月8日にキャンセルが出たそうで、そこにいれましょうかと
優しいお言葉
ということで、4月8日にワクチン打つことになりました
普通に待ったら、3か月は待たされたようです

さて、主治医に、
旅行者は予防接種してくる必要ありますか?
と聞いたら、「いらないわよー」
「話が大きくなりすぎちゃってるのよ。」といってました
一番大事なのは、人込みの中にいないこと。
、「ディスコ」のような密室に
人がいっぱいいるところは、行かないほうがいいそうです

外にいる分には、全然気にしなくていいと。
私たち医者と医者の家族は誰も予防接種してないわよ。
私だってしてないわ!と主治医が言ってました
ま、お医者さんたちは、
すぐわかるでしょうから、すぐ適切な処置もできるでしょうから。。

リボルノに着いた船から、伝染が始まったといわれているそうです
様子をみながら、また情報をお伝えします
14:13  |  イタリアのお薬と病気  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |