01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

マリアンジェラがインスタグラムで新作紹介

2016.02.08 (Mon)

寝る時間も惜しんで作品を作り続けるマリアンジェラ

昨年のモンテプルチャーノでクリスマス期間には、お店を出し、
好評
作品補充が追いつかなかったほどと話していました

新作を作ったラ、インスタグラムに載せているそうです
いままで、日本人のお客様にも、
気に入っていただけたこともあり
マリアンジェラ作品、お好きな方、どうぞ、ご覧くださいませ!
アクセサリー、日本までお送りするそうです。


スポンサーサイト



11:12  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

イタリア栗粉コンクール3位になりました!

2016.02.08 (Mon)

アンギアーリの奥地、カプレーゼミケランジェロ(ミケランジェロ・ボナローティの生地)
はピストレージ(pistolesi)という最上級な栗の産地

以前から、何度かお伝えしておりますバッカネッラ農業会社も栗の生産者
秋には、栗粉、栗のペーストなどを造っています
2015年は夏の猛暑、秋の調度良い雨の具合がばっちり重なって
とても美味しい栗となりました

生栗も美味しかったですが、栗のペーストもよく売れ、
造っても造っても売り切れ状態が続きました

そして2016年1月下旬、イタリアの国内栗粉コンクールで
バッカネッラの栗粉がなんと3位に選ばれました
20160207栗2

20160207栗

生産者のフェデリコ&家族は大喜びです

栗粉は、日本ではあまり馴染みがないかも知れません
簡単に言うと
栗を乾かして、挽いて、粉にしたもの


バッカネッラでは昔ながらの伝統製法で栗粉製造しています
セッカトイオ(seccatoio)という栗のための乾燥小屋で1ヶ月ほど栗を乾燥
セッカトイオは1階、2階があり、1階部分では、薪を焚いて煙と熱を絶やさないようにします
2階には、(渋皮つき)栗を30-40cm位の高さで敷き詰めます
薪の柔らかい温かさで、しっかりゆっくり乾燥させるのが伝統的なやりかた
この動画で雰囲気わかります!(2階の小窓から煙がでてます)


栗粉の利用方法
カスタニャッチョというトスカーナの伝統菓子
手打ちパスタに練り込む
焼き菓子として、小麦粉の中に混ぜ込む
ポレンタ(お湯で練って、ミートソースと合わせる)

栗粉はグルテンフリーなので、それだけでは、まとまらないので
パスタやドルチェなど、生地を作る場合は
他のグルテンありのものに練り込む必要があります

さて、バッカネッラ
栗粉も美味しいですが、バッカネッラの栗のBIOはちみつもおいしいです!
20160207DSC_0016.jpg

プラスチックケース400g入、
日本へお持ち帰りの漏れ無しは実証実験済
要ご予約で賜っております
10:48  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |