07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トスカーナ東部(アレッツォ周辺) オリーブ現状

2015.08.31 (Mon)

オリーブの今年の状況はどうですか?
とご連絡をいただきます。

去年が去年だっただけに、
今年のオリーブオイルを気にかけていただき、
とてもありがたいです

アンギアーリの生産者レダの話
うちでは、春先、剪定をばっさりやったから、実のつきは多いとはいえないし
暑すぎて、花から実に変われず落ちちゃったのもたくさんあったけれど
今、残っているオリーブからは、いいオイルができると思う!
量は少ないだろうけれど。。
ハエの被害も、一切無いわ!


パジェッティ搾油所の話(8月31日電話で確認)
このままで行けば、
今年は、最高のオイルよ!

花は焼けたけれども、十分残っている。しかもみんな健康!
今日のような暑さ(ハエを寄せ付けない温度)が、もうちょっと続いてほしい。
水分がないと実が成長しないんじゃない?というと、
(実が)膨らむのは、ちょっとした雨でも一気に膨らむから、
そんなに雨がたくさん降らないととかいう必要はない。とのこと。

今のところは、乞うご期待です!

20150831024.jpg

9月、10月この2ヶ月、
いや、今後約50日が勝負です!


スポンサーサイト
15:36  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

レダのドルチェ強化レッスン 

2015.08.27 (Thu)



小麦粉職人レダのドルチェレッスン
今回は
①チョコレートケーキ
②クロスタータ 
  フローラ生地は、
  バター、オリーブオイルの2種類
③オリーブオイルのトルコロ


合計で40個近い卵を使った焼き菓子レッスン 
すべて、
おいしい原材料が決めてのポピュラーな
イタリアン菓子ばかり

このフローラ生地は、エキストラバージンオリーブオイル入り
バターに比べて、扱いにくいですが、焼き上がりがおいしいです!
20150827011.jpg

子供用に、ヌテッラチョコクリーム入りミニクロスタータ
20150827013.jpg

さて焼き上がりは~
こちらがチョコレートケーキ
中はしっとり、外はカリッと!
20150827018.jpg

上から、チョコレートケーキ
トルコロ(エキストラバージンオリーブオイル)
オリーブオイルのクロスタータ
小さいクロスタータは、バターで生地を作り、
レダマンマが作った3種のジャム入り
20150827022.jpg

20150827023.jpg

小麦粉も、卵も、バターも、すべて上質の材料を使います
その上、
方法、手順、分量、レダは研究を重ね、自分でおいしいと思う味を
しっかり作っています、
おばあちゃん、お母さんから引き継いだ伝統の味も交えながら。
20:30  |  レダの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ポッツォ アグリ

2015.08.26 (Wed)

ポッツォアグリへ行ってきました

昨日~昨晩にかけて、まとまった雨が降り、緑がきれい


ポッツォも例外なく、去年のオリーブオイルは散々でしたが
今年は、量はそんなに多くないものの、今のところ健康だそう!
ポッツォには、3000本のオリーブの木があり、
小さいながらもプライベートの搾油所があります。
20150824006.jpg

こちらは、数年前に植えた、モスカート
一粒食べてみたら、充分甘かったー、これから一気に甘みを増していきます
20150824010.jpg

現在、9アパートメント全て満室、
全ての人が使える分の、パラソルと椅子が用意されています
プールの水もきれい!
20150824004.jpg

屋外は、子供用の遊び場、自転車も無料で貸してくれます
今ではなかなか珍しい、ボッチェもできます!
20150824008.jpg

料理がとっても上手なロージーマンマのドルチェ
主に北ヨーロッパから、
毎年、ロージーの料理を楽しみに戻ってくるお客さんがたくさんいます
パンナコッタ ゼラチン量がちょうどよい!ロージーのジャムと
アグリに自生するブラックベリーを乗せて!
20150824013.jpg

クロスタータ
生地は、バターではなくオリーブオイル
軽めに仕上がっています、ブラックベリージャムは、とうきび砂糖使用
だから、やわらかい仕上がり
20150824015.jpg

アグリのお土産コーナーができました
ロージーマンマのジャム、アグリ産のモスカテッロ
いろいろあります!
20150824003.jpg

バーベキューセットは各アパートメントに用意されており
お肉を自分で調達して、アグリが、炭をおこしてくれます
夏は、常連さんで、ほとんど満杯のアグリですが
秋~冬はまだ空きがあります
秋のイベントとしては、オリーブ狩り+オリーブオイルの搾油見学(週末のみ)、
やっています!
06:32  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パスタ トスカーナ

2015.08.25 (Tue)

最近、お気に入りのパスタです!

<理由>
①トスカーナ産(カスティリオン・フィオレンティーノ)
  地産地消
②全粒粉だから、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富
③亜麻粉入りだから、不飽和脂肪酸のオメガ3を取りこめる
④値段が大手のパスタよりも安い!
⑤おいしい!



スーパーのパスタ売り場、棚の一番目に行くところには、
必ず、バリッラ、ディチェッコ、ヴォイエッロ、スーパーオリジナルパスタ
が置かれています
この手のマニアックなパスタは、大体隅っこにひっそりとあったりします。
最近は、大手のパスタは、500g入り袋が、正価1ユーロ以上。
私のお気に入りのこのトスカーナのパスタは、同量で、90セント

原料の出所がわかって、体によくて、高くない
というのはうれしい話

全粒粉のパスタは、コシが強くて、ザラザラしてて、不思議な食感
ですが、味があって、私は好きです
普通のパスタよりも、消化に時間がかかること間違いないです
(つまり、満腹感からダイエット効果??)

この会社のサイト こちら
クラッシックライン、ビオライン、全粒粉+オメガ3ラインがあります

帰りのスーツケースの隙間埋めにお勧めのパスタです
(日本には売っていないと思います・・)
09:06  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ごみの分別回収が始まりました・・・

2015.08.21 (Fri)

北イタリアのほうで各家庭ごとにゴミを分別回収して
成果が出ているということで
ついに。。試験的にわたしの住むアレッツォでも始まりました。

今のところ、まずは、村だけ・・・

私はアレッツォ郊外のひとつの村に住んでいるので、対象です。。
アレッツォの町の中に住んでいる人たちはまだ
道路の所々にある決まったゴミ捨て場に捨てに行っています
このゴミ捨て場、24時間いつでも捨てることができたので
重宝だったのですが・・・

この昔からあるゴミ捨て場も一応、分別して捨てるようにはなってるのですが
分別している人は、どのぐらいいるのか。。
意味がないから、こんな分別回収方式になっていくのでしょうか。。

ゴミセット
7月中旬各家庭に配られました・・・
(その前には、公民館で講習会も開催・・)
3種の袋
①生ゴミ用ゴミ袋(白袋) 
②紙用ゴミ袋(紙) 
③プラスチックと缶用ゴミ袋(水色袋)


そして、グレーのゴミ箱 
これは、分別できないものをいれて外に出しておくため。
週に2回、回収に来ます
なかなかの優れもので、もち手を前に倒しておくとブロックされて
蓋が開かない仕組み、動物が入ったりできないようになっています。
20150821005.jpg

曜日
月曜 分別できないゴミ
水曜 紙
木曜 プラスチックと缶
金曜 分別できないゴミ

生ゴミは、配布された鍵をもって、決まった場所の箱に捨てに行く
(鍵がないと開かないようになっています、やはり動物よけのため・・)
瓶も決まった場所に自分で捨てに行く↓ これが瓶捨て用の箱
20150821006.jpg

分別回収が始まって、約1ヶ月が過ぎました

ゴミの日には、朝から、広場から「今日は何の日だっけ~~?」
というおばあちゃんの声が響きます
「プラスチックー!」と別のおばあちゃんの声・・
で、夕方回収の際、しっかり、プラスチックの袋に瓶をたっぷり入れて
回収の人に、これは入れちゃだめだ、今回は俺が、捨てておくけど
次回から瓶は瓶の捨て場にすてて。と、「わかったーははは~っ」っと
言っている割には、毎週、同じ会話の繰り返し・・・・

お向かいのパキスタン人家族もまったくわかっていない。。
配られた決め事を書いたものをまったく読んでいない様子、というか
読めないのか、読みたくないのか。。
1ヶ月の間、ゴミ回収日、ビンゴした日が一度もない。・・・
紙の日に、プラスチック、プラスチック回収の日に分別できないゴミ
(回収する人も、注意の張り紙を張って持ってかなくなりました・・)

斜め向かいに住んでいるらしい、モロッコ人家族。。
どうやら、分別は一切せず、いまでも、ゴミ捨て場に置きに行っているという話。。。

一度も経験がないことを強いられるのは
なかなか、簡単ではなさそうです、
彼らは、捨てる素材がなにか?ということさえ
もしかしたら、わかっていないのかも。。

ほほえましいこと・・・
ゴミ回収の車が来ると、みんなが外に出て、回収の人と
会話をしながら、今日は分別できないゴミの日よね~、
ありがとうね~と話しながら捨てている人の多いこと、
イタリアらしいです
わたし的には、決まりに従えば、
外に出しておけば、持ってくことになっているんだから
そんなわざわざ、聞き耳たてて、ゴミ回収の車を捕まえなくたって・・・
と。。。思うのですがね。。

わざわざ、オンタイムで捨てに行くのが好きみたいです・・
20:23  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマトソース完成

2015.08.18 (Tue)

イタリアの家庭ではトマトソース作りが真っ最中
夏の太陽をいっぱい浴びた真っ赤なトマト

自分の家で消費する1年分のソースを作ります
スーパーでソースはいっぱい売っていても、
家庭で作るソースは別物!ぜんぜん違います!

キアナ渓谷の農家から30kgのトマト(ソース用サンマルツァーノ)
を手に入れました
場所によっては、今年は、実が落ちてしまったり、焼けてしまったりと
どこでも豊作というわけではなかったよう。


洗って、種を取って。。大鍋でグツグツ・・・
20150818007.jpg

ソースとして保存する分は、ビールの空き瓶にいれ栓をする
20150818003.jpg

煮沸し、保存 純粋トマト100%と香味野菜入りトマトソースを分別
純粋トマトソースはピザなど、
香味野菜入りはパスタ用ソースとして使い分け
20150818015.jpg

瓶詰めは2つに割って種を出し、そのままぎゅーっと詰めて瓶煮沸
バジルの葉入り
これはこれで、保存食として、オリーブオイルをかけて、
このまま冬に食べることもできるし、魚や肉の煮込みなどにボコボコ入れます
トマトの皮ごとピーマーで砕いて、ソースとして使うこともあります
20150818018.jpg

20150818016.jpg

30kgのトマトから、約16~18リットルできました。
今回のトマトはラッキーでした、果肉がたっぷりで、おいしくて!
しかも、種が少なくて。
甘みも酸味もフルーツ感もあります、これぞイタリアのトマト

早速トマトソースパスタ
トマトがおいしいから、何もしなくてもおいしかった
20150818005.jpg

トマトと同じ産地、キアナ渓谷のブランド野菜「キアナ渓谷の白ナス」
を使って、パルミジャーナ
20150818020.jpg

焼く前
20150818022.jpg

焼いた後
20150818023.jpg

出来上がり
ナスは、揚げずにグリルして!
軽い仕上がりになりました
20150818024.jpg

30kgのトマトをソースにするのに、丸2日かかりました
手間がかかりますが、価値は大有り!
このトマトソースが一年あると思うと、うれしくなります
16:31  |  保存食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

低温料理で夏野菜

2015.08.13 (Thu)

夏野菜が豊富な季節

簡単でおいしい!お勧め夏野菜料理

夏野菜(今回はパプリカ、ナス、ズッキーニ)を切って
それぞれ塩、胡椒、オリーブオイルで味付け
120度程度の低い温度のオーブンにいれます
あっ野菜は決して混ぜずに!
それぞれの野菜、本来のうまみを閉じ込めるため別々です


野菜の大きさにも寄りますが、120度で3~4時間ぐらいで
型崩れせず中はしっかり火が通って、うまみが凝縮です

出来上がったら、ボールに入れて混ぜ混ぜし、冷めてから頂きます
熱々よりも、、常温がおいしいです
翌日は味がしみこんで、尚おいしい!
20150813008.jpg

たくさん作って、冷蔵庫で保管し、毎日の食事のおかずになりますし
飽きたら、細かく刻んでパスタの具や卵焼きの中、キッシュの中に入れても!

暑くてガスをあまり使いたくない夏は1つの仕事で、
そっから複数料理に変身する、楽(らく)、且つ、うまい料理は理想

タイムやローズマリーなどのハーブとあわせてもおいしいですし
混ぜるときに、白ワインヴィネガーをさっと加えると
日本人好みの味になります!
野菜の甘みとワインビネガーの酸味で、
AGRODOLCE(アグロドルチェ・酸味と甘みが混じった味のこと)。

是非、お試しくださいませ~!
15:01  |  オリーブオイルレシピ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

秘境の巡礼地と修道院ランチ

2015.08.12 (Wed)



アッシジのサンフランチェスコが、アッペンニン山脈の山道を歩いて、
黙想した修道院のひとつ、カセンティーノ地方の
ラ ヴェルナ修道院

地図上の直線距離としては、アッシジからは約110kmの距離です

1213年、ラヴェルナ周辺の土地の統治者オーランド・カッターニ伯爵が
サンフランチェスコに、ヴェルナ山を寄贈します

自然あふれた土地に、サンフランチェスコは、
わずか数年で、修道院を完成

増築が繰り返され、現在は結構な大きさの修道院ですが、
写真の左半分の小さな教会が、
サンフランチェスコが建てた一番最初の簡素な教会
20150811RIMG0014.jpg

修道院内の回廊 
20150811RIMG0020.jpg

こちらがサンフランチェスコが寝ていたという洞窟
20150811RIMG0019.jpg

1224年9月17日、死の2年前、ここヴェルナ山でキリストに倣い
40日40夜の断食をし黙想をしていたとき、フランチェスコは
キリストを同じ傷を両手、両足、わき腹に受ける(聖痕)
という奇跡が起こりました

実際にサンフランチェスコが聖痕を受けたといわれる場所、
ラヴェルナ修道院の心臓部(黙想していたところ)は、現在
LA CAPPELLA DELLE STIMMATE
(ラ カッペッラ デッレ スティンマーテ)といわれる礼拝堂になっています
礼拝堂祭壇は、フレスコ画でしたが、1400年代後半、
ロッビア作のテッラコッタ製に変えられました
(ラヴェルナ修道院は、ロッビアファンもたくさん訪れます)
カッペッラ デッレ スティンマーテ

ラヴェルナ修道院が建つ岩の露出部はキリストが磔刑で死んだときに
地震で割けたという言い伝えもあります


******************
さてさて。。

約800年前から存在する聖地
ラヴェルナ修道院
を訪れながら、
修道院ランチをいただき、
修道院製品のショッピング
というプラン

公共の交通機関を使うから、お手軽です~

モデルプラン (時間は冬ダイヤ未発表のため目安)

9:00 アレッツォ駅をローカル列車で出発(電車代は片道3.70ユーロ/1名様)
9:45 最寄り駅着
     専用車(NCC、営業車)がお待ちしております
    25km、車で40分の距離(のぼり坂)
10:25 ラベルナ修道院着
     修道院内は自由見学+修道院製品のショッピング
12:30 修道院ランチ(要予約、ご予約いたします)
     16.50ユーロ(湧き水付)
     18ユーロ(250mlのワインかミネラルウォーター付)/お一人様
13:30 ラヴェルナ修道院発
14:10 最寄駅着
14:40   〃 発
15:20 アレッツォ駅着

というプランです
自由時間は3時間でみていますが、ご希望にあわせて時間調整可能です

簡素な宿泊施設もありますので、ご宿泊され
専用車で翌日、お迎えも可能です
修道院では、夕飯も出してくれます

※ミサのご参加も可能です

修道院のアンティーカ・ファルマチーア(古代薬局)
購入できるものは・・・

リキュール
巡礼者のリキュール(薬草食後酒、アマーロ)
ラヴェルナの花 (甘い食後酒)
ラヴェルナのジュニパー酒(辛口食後酒)
ノチーノ(くるみ酒)

クリームと軟膏
ラヴェルナの火(関節、肩、筋肉、背中の保温軟膏)
ラヴェルナの雪(キンセンカ入り顔用クリーム、伸びがよく軽い付け心地
すべてのタイプ肌用、さっぱり感があって、寒さと風から肌を守ります)
昼用栄養クリーム(ローヤルゼリー入)
ナイトクリーム(蜜蝋入)
ハンドクリーム、リップクリーム
他・・

石鹸とシャンプー
蜂蜜入り、ロイヤルゼリー入り、プロポリス入り、蜜蝋入り

バルサムオイル
31種類のハーブオイルなど

他には、ハーブティ、ジュース、キャンディ、香水、化粧水
などあります

お土産にできるような手の出しやすいお値段です

修道院ランチの様子は、また機会を作って掲載いたします!
地元の運転手、ルカの話では、おいしいとのことでした。

お気軽に左のメールフォームからご連絡くださいませ!

タグ : ラベルナ修道院 ラヴェルナ修道院

07:45  |  日帰りプラン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アレッツォ骨董市 買い付けサポートプラン

2015.08.10 (Mon)

8月1日、2日に行われたアレッツォ骨董市の様子

8月の業者数は、少なめです、9月の盛大な骨董市に向けて
一息ついて・・・といったところ。。
20150809010.jpg

20150809008.jpg

ヴァザーリの回廊の下は全天候型


回廊内のレストランでは、手打ちパスタの実演中
20150809011.jpg

アレッツォの骨董市は、月一開催の骨董市としては、
イタリアで最大級の規模といわれます
一時、不況で業者が極端に減りましたが、ここのところ
戻りつつある、増えてきたと、巷のうわさ

さて、、
骨董市サポートプランのご提案

骨董市はわずか2日間、その間、限られた時間内でアンティーク品
買い付け、それに関わる準備というのは、
慣れない土地で大変なもの。。


そこで、

①(アレッツォご到着前)お探し物の事前調査と経過報告

②購入品日本発送に関して

 ダンボール、古新聞、ほか必要資材の準備
 からイタリア郵便局発送伝票記入、実際の発送までお手伝い
 ご利用の方には、
 郵便局へ荷物を運ぶ台車(2輪)を無料でお貸しします~

③ご宿泊のケア ④骨董市買い付け同行

も必要に応じて、承ります~。

ちなみに、発送は1箱20kgに収まる感じ(合計が2mまで)
大きな家具は対象外になります~
16:32  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ駅観光案内所 営業時間

2015.08.10 (Mon)

今現在のアレッツォ駅前観光案内所

営業時間
毎日9:00-13:00、14:00-16:00

大聖堂前(市庁舎横)
11:00-13:30、14:00-17:30


15:24  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

羊飼い訪問とチーズ作り見学

2015.08.08 (Sat)

この週末は、天気が崩れるという話でしたが、、
本当に雨は降ってくれるのかしら。。

牧草もすっかり焼けてしまって・・、、羊飼いも水不足を話していました
小麦粉買える?と聞いたら、、
地元の水車式石臼製粉所、
川に水がなくて、製粉できないそう・・・大変です。。

ということで、、羊小屋で暑さをしのいでいた羊たちを
ジュセッペが外に出してくれたのですが・・・・ゆっくりゾロゾロ・・


行く先はとにかく木陰。。しかも、みんな頭を下げて、止まってしまいます
20150808003.jpg

で、一頭が動き出し、おうちに帰ってしまいました・・・
木陰は涼しいですが、35度にもなると、中のほうが居心地いいらしいです。。
20150808012.jpg

ねこちゃん、数ヶ月前に8匹生まれたそう。4匹は貰われていき、
今現在、子猫は4匹、農場にいます
20150808013.jpg

こちらの白ガモさん、ご覧のとおり!
一回で22羽出産したんですって~
1羽亡くなったそうで、21羽元気に育っています、
母鴨さん、この暑い中、一ヶ月、じ~~っと22個の卵を、温めたんです、すごいなぁ。
20150808005.jpg

この後は、チーズ造りを見学し、

生産物のランチタイム
5種類の農家のハム、3種類の羊乳チーズ、ジャム(チーズ用ソース)、
パン、ワイン、水、コーヒーです
20150808008.jpg

月一ペースで行われる、キアナ牛の解体もやってました
顧客直売で、毎回、予約で完売です
20150808014.jpg

3週間冷蔵庫で休ませた、キアナ牛のステーキ
おいしそうでした。。(予約で完売で買えませんでした。。)
20150808016.jpg

一雨降って、すこし、涼しくなって欲しいです。。

17:08  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カセンティーノウールのショップ フィレンツェ店

2015.08.04 (Tue)

暑い日が続き、さらに暑くなるような、
ウールの話で、申し訳ないです・・・

アレッツォから北へ約50km、STIAにある伝統的なウールの織物を造る
製造工場へ行ってきました
以前からこちらのカテゴリーでご紹介しております

工場で見た今年の私のお気に入り ほっほっ欲しい~~。
色はなんといってもオレンジ、カセンティーノの象徴色
デザインは、シンプルですが、首の辺りが暖かそうで、
しかも、おしゃれ


さて、ニュース
直営店が今年の春、フィレンツェにオープンしました!
住所
Borgo Santi Apostoli 43r, Firenze
フェラガモの隣だそうです

社長の話だと、日本人のお客様が沢山買われるとのこと!

巷で評判になる日も遠くないかも?

なんたって上質でしかもかっこいいデザインたくさん、
しかも手ごろ(裏つきで200ユーロちょっと)です!

フィレンツェでは以前はブティックに卸していました
今回、直営店ということで、値段がぐんと下がり、
フィレンツェ直営店は、なんと工場出しの値段です!タックスフリーもOK!

ぜひ、お立ち寄りくださいませ~

そして、、洋服作り、趣味、家装飾(クッションなど)
などに使ってみたい!
という皆様、上質ウール100%生地(150cm幅)、ご注文承ります!
20150804016.jpg

左のフォームからご連絡くださいませ。
16:15  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。