04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

チャイルドシートって必要??

2015.05.27 (Wed)

先日、1歳のお子様をお連れのお客様用に、短距離でも
車での移動にはチャイルドシートをご用意させていただきました。

車を運転する周りのいろんなイタリア人にリサーチして、”義務だ、義務だ”と
みんなが言いましたので。。

で、実際のところは、どうなのかしら??

たとえば・・・一つの仮定・・
(運転手を省いて)普通の乗用車の場合
大人4名+1歳児は、
一台の車に乗れるのか?2台になるのか?

チャイルドシートは、大人一人分の幅を取ります

ネットで、調べていたら
在ミラノ日本国総領事館サイト
チャイルドシートの着装→12歳未満の子供で、身長150センチ以下の者は、認定を受けた幼児拘束装置(体重別に4タイプ存在)の着装義務があります。ただし、3才未満の者が16歳以上の乗客に抱かれて後部座席に乗車する場合を除きます

と書いてあるではないですか~!(2015.5.27現在)

子供って抱いてOK??

だったら、大人4名+1歳の子供は1台でOKってことになります。

で、交通警察に聞きました(同じく2015.5.27)

2,3年前までは、抱いてOKだったそうです

今は、規則が変わって、絶対だめとのこと~~。
必ず、チャイルドシートは着用だそうです

よって、このケース、
5人乗りの乗用車の場合は車は2台必要になります
フィアットのムルティプラのような前に
3人乗れるタイプだと1台で乗れるのですが。。
あとは、ワゴンタイプで最後部が座席になるタイプとか。。。

何歳までチャイルドシート??ですが、身長によるようです。。
大人用シートベルトの斜めベルトは、まず首にかかるようだと、だめだそうです。

イタリアでお子様連れで車に乗られる予定がおありでしたら
問い合わせ、お勧めします。
交通警察のサイトはこちら
(無責任で申し訳ないですが、サイトに問いあわせ窓口があるのかどうかはわかりません・・・)


(イラストは、かわいいフリー素材いらすとやさんからお借りしました)

JAFさんのサイト、海外サポートには
イタリアでは、チャイルドシート義務とかかれています!!
体重9キロ以下の子どもは後ろ向きに取り付けられた
チャイルドシートに着座させなければならない。
って書いてます
乳児ぐらいまでは、後ろ向き、幼児ぐらいから前向きという感じのようです。

規則や法律はコロコロ変わるので、そのときに聞かないと。。。
イタリアの心得。次回もそんなこと、お伝えします。
11:33  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

抜群のおいしさ!シェーブルチーズ

2015.05.25 (Mon)

前回の続き、購入したヤギチーズ(イタリア語:カプリーノ、フランス語:シェーブル)
のお味・・・

こちら piramide crosta fiorita(ピラミデ クロスタ フィオリータ)
いかにも、やぎチーズちっくな形、これ一個、直売で8ユーロ
日本だったら、きっと3000円ぐらいはするでしょう。


表面のカビも一緒に食べるとより味わえるというので、
その通り食べてみました
カビは、舌に若干ピリピリ来ますが、
想像していたような見た目からの癖はなく
さわやかな酸味と口の中でやわらかく溶けていく感じがとってもよいです
やわらかな酸味があるせいか、脂肪の重い感じはしないです
ワインがよく合います!
臭みは全くないです。
また食べたくなる味で、癖になりそうなチーズ!
20150525012.jpg

お手製の旬のイチゴジャムと一緒に食べてみました
まるで、お菓子のようです
実際、トレンティーノの辺りへ行くと、食事のコースで
最後はドルチェにするか?チーズにするかと聞かれるくらいですから
ドルチェにヤギチーズという感覚、いい感じと思います!!
20150525014.jpg

もうひとつは、caciotta stagionata(カチョッタ スタジオナータ)
熟成タイプ(1年熟成)のシェーブルチーズ
1kgで30ユーロ、直売値段として比較すると、羊(ペコリーノ)の約倍の値段
この大きさで、8ユーロ、250gちょっとでした
20150525004.jpg

熟成タイプになると、ほうほう!全く酸味がないです。
日本人がペコリーノでよく気になる塩気もほとんど感じないし
ヤギ臭も一切ない、味はまろやかで~チーズ自体はある程度硬いですが
味がやわらかで、よくできたチーズとわかる味でした
パスタの中に混ぜたら、塩気は入らず、とてもコクを出せそうな味
20150525008.jpg

どちらも、とてもおいしかったです。
日曜ランチにみんなで食べて、イタリア人に、
とっても好評でした。

お持ち帰りは真空パックにしてくれます
17:18  |  ヤギ酪農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヤギ酪農家訪問プラン再開します~

2015.05.23 (Sat)

以前、アメリカ人のブレントゥ経営のヤギ牧場訪問プランをやっていました。

2013年、ブレントゥがアメリカへ帰ってしまい、”ヤギプラン”は
一旦お休みしていましたが、
同年、ブレントゥさん牧場を賃貸10年契約で
借り受けたイタリア人家族がヤギチーズ造りも軌道に乗って、
訪問を受け入れ始めたというのでその家族に会ってきました!

右から、お父さん:マルチェッロ、娘:ヴィルジニア
娘婿:レナート
写真には写っていませんが
ほかに、マルチェッロの奥さんと、サムエレというヴィルジニアとレナートの子供がいます
20150523006.jpg

アンギアーリの自然豊かな山間にある牧場


ヤギの品種は、Camosciate delle Alpe(カモシアーテ デッレ アルペ)の一種
ブレントゥがいたころは60頭ほどでしたが、いまは80頭まで増やしたそうです
100頭まで増やす予定とか。
20110901RIMG0032.jpg

さて訪問詳細
①軽く牧場訪問コース(随時1時間)
②じっくりチーズ造り工房見学コース(午前半日)


①の訪問コースでは・・・
午前の場合:ヤギ面会(小屋内もしくは屋外放牧)と施設内見学説明
午後の場合:17時ごろ開始、搾乳見学と施設内見学説明

上記訪問には、季節のヤギチーズと地元の生ハムやサラミなどの豚肉加工品、
ローカルワイン、パン、水の軽い食事が付きます

②工房見学コースでは・・・
白衣(帽子、白衣、長靴)をご用意します、着用して工房内での見学
プラス
季節のヤギチーズと地元の生ハムやサラミなどの豚肉加工品、
ローカルワイン、パン、水の軽い食事

最少人数は1名さまから
料金はお問い合わせくださいませ!

******************
ヤギ牧場では、季節に合わせて、
合計30種類のヤギチーズを生産しています

現在、生産されるヤギチーズの種類
保冷ショーケースの外から写真を撮ったため、
蛍光灯の光の影響で見にくくてすみません。。
左:cacio ricotta stagionato と caciotta stagionata
(カーチョ リコッタ スタジオナートとカチョッタ スタジオナータ)
右:crosta lavata taleggio (ヤギ乳のタレッジョチーズ)
20150523004.jpg 20150523003.jpg

左:piramide crosta fiorita (ピラミデ クロスタ フィオリータ)
フランスのセミフレッシュチーズ、ピラミッド型の15日間熟成で黒いカビをとるチーズ
カビも一緒に食べるそう
右:caciotta fresca (カチョッタ フレスカ)フレッシュタイプのヤギチーズ
20150523001.jpg 20150523005.jpg

上:カチョッタフレスカに味をつけたチーズ(真空パック)
赤ぶどう、香辛料、エルバチポッリーナ、エルバ、アンギアーリの葉巻タバコ
イチジクの葉っぱ、胡桃の葉っぱなど季節に合わせて
カチョッタに香りを加えます
下:ブリエ(白カビのカマンベール)
20150523002.jpg

ほかには、ricotta fresca(フレッシュリコッタ)
,BLUE(ブルー)、primosale (プリモサーレ)

冬期間は、熟成タイプのみ販売しています
熟成タイプは、
cacio ricotta stagionato
caciotta stagionata (1年物)
Blue
この3種になります

購入も可能、日本へのお持ち帰りは、
真空パックにしてくれます


次回は買ってきたヤギチーズの味を報告します~
07:59  |  ヤギ酪農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サンセポルクロ

2015.05.21 (Thu)

サンセポルクロは、アレッツォから北東へ約40km、
ティベリーナ渓谷に属し、
ウンブリア州と隣り合わせた産業都市

人口は約1万6千人ほど
メディチ家の統治時代に造った城壁と要塞で囲まれた
中世時代の面影を残す落ち着いた町

サンセポルクロ

①画家ピエロ・デッラ・フランチェスカ(1410-92)
が生まれた町として有名


②「簿記会計の父」ルカ:パチョーリ(1445-1517)
が生まれた町として有名

イタリアの数学者ルカ・パチョーリは、簿記関係の方にとっては
すごく有名らしく、ルカ・パチョーリゆかりの地を巡るため
日本から、サンセポルクロを訪れていらっしゃるようです。

サンセポルクロを訪れたら・・・
やはり、ピエロデッラフランチェスカの代表的な作品を収蔵している
市立美術館へ

なんと市立美術館は、
12月25日と1月1日以外、毎日開いています!!
(月曜日も開いています!)
美術館のサイトはこちら

「キリストの復活」間近でみると、迫力感じます


小さいけれどとてもいい感じの美術館です

サンセポルクロの第3土曜日はチェントロでレダも出店している
メルカターレ(生産者市)あります

おいしいワインをしっかり取り揃えた、地元民に人気のエノテカあります

1807年開業の由緒有るおいしいレストランあります、
以前、こちらで紹介しました

全然関係ない話ですが。。
サンセポルクロの市長に、私似ていると言われます
(ご本人には失礼ですが・・・)
このページの記事に写真あり
どうでしょ?似てますか?
16:34  |  ピエロデッラフランチェスカ鑑賞  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

チケット拝見・・・

2015.05.20 (Wed)

昨日、突然出かけないといけない用事ができ。。
自転車はパンクしているし、バスに乗る。。

あわてて出たから、買い置きのチケットを上着のポケットに入れっぱなしにして、
家に忘れてしまい、しかも、タバッキまでチケットを買いに行っている時間もなく

時間的にチケット検札係も入ってこないと踏んで、
年甲斐もなく無賃乗車・

目的地、降りようとしてブザーを鳴らしたら、出口が開かない

すごいタイミングで入ってきちゃった・・「強面、サングラスの検札係・・・」

ありゃりゃ・・・(長いイタリア生活で初めて、無賃乗車+検札係が一致したの・・)

もう素直に、
「チケット、買わなかった。すまん!!」
と謝りました。

身分証明書を提示し、ゴネゴネ、ゴネゴネ。。。

どこで降りなきゃいけない?

さっき(ブザー)押した、降りなきゃだめだったんだ・・といったら

いつもはチケットを買っているのか?と聞くので
はい、ちゃんと買っています、今回は時間がなかったと。。

そしたら、、なんと、運転手からチケットを買うように
今回は、見逃すと。
(いつも売り切れといって販売してなかった運転手、
今は、チケット持っているらしい・・)

びっくり。。何度も何度も厳しい罰金を科せられた無賃乗客をバスの中で
見てきた側だったので
えっ??わたし、見逃してもらっちゃった???

ってことで、さすがイタリア 規則を曲げて
見逃してくれる検札員がいました

何で見逃してくれたんだろう??
①ほんと、強面だけど、やさしい検札員
②罰金の用紙記入が面倒だった
③私がマジ、いつもチケットを買っている人間に見えた
④罰金も払えなさそうな、かわいそうな一外人に見えた

”なぞ”ですが・・・結果よし~~

ご旅行中の方に、押さなくても、まして、
チケットなくても(乗車)いいんじゃないですか?
と時々、聞かれるので、(検札係)回ってきますの実証、
おしらせでした~

ブログのネタにもさしてもらって。。
反省・・・今後、気をつけます。。
19:34  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

のどかな田舎の音

2015.05.19 (Tue)

300年農家の牛が顔を”かく”様子
のどかな音がします


ちなみに、今現在、300年農家訪問あるいは宿泊で
この牛のミルクを飲むことできます
19:19  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ペコリーノというブドウ品種

2015.05.14 (Thu)

先日、レストンランで食事(魚料理)した際、
店主に勧められ飲んだ、おいしかった白ワイン

PECORINO ペコリーノ100%

どうやら、(この辺で) 最近のモーダ(流行)らしいです

手ごろな値段のものは、
特に、複雑な味でもなく、フレッシュ感がしっかりなので
暑くなってきたこの頃、アペリティーボとして、
キリッとすっきり飲まれているという話

アブルッツォ州とマルケ州で栽培される
アドリア海中央部土着品種のこのペコリーノ
とっても歴史が古く、紀元前2世紀、カト・ケンソリウスの時代に
すでにあったとか。ギリシャからの移民とともに運ばれたのではという話

チーズでもないのに、
何でペコリーノ??


いろんな説があるようです。。
①羊がブドウを食べた説
9月のブドウ完熟期、
トランスマンツァ(家畜の季節移動)中の羊たちが、
甘~いこのぶどうに夢中になったから

②パスコロ(放牧)説
家畜の季節移動の9月、すっかり収穫されたぶどうの畑を利用して
羊を放牧してたから

③羊飼いが苗木を売った説
羊飼いがペコリーノチーズを売り歩きながら
このブドウの苗木も売っていたから

探せば、もっと、説がありそうですが
羊や羊飼いや羊乳チーズと関係があることは
確かのようです

ミネラル分と酸味のバランスがよく
後味には苦味を感じるほどのさっぱり感
ものによっては、梨や桃などフルーツ系の香りと味も!

楽天のショップで買える中で、これおいしそうと思いました
(画像クリックで商品紹介ページに飛びます)


今年の夏は、ペコリーノ、飲んでみてくださいませ~!

タグ : ペコリーノ 白ワイン

10:18  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おなかの調子が悪いとき・・・

2015.05.11 (Mon)

イタリア旅行中、
きゃっ。。お腹が”キュルキュル”して、下痢になってしまったら。。

水、ウイルス、食あたり、冷え。。これからの季節、
どこでも、誰にでも起こりうることですね

下痢になってしまったら。。。
薬局で勧められるのは~

①乳酸菌

とにかく、腸の善玉菌を増やす!!
ガンバレ~!善玉菌 


ワンボトル、なんと10億以上のいろんな乳酸菌とビタミン入り!
一日1本まで。
食後、お腹がいっぱいのとき、服用します
薬ではなく、栄養剤(定期的に飲んでる人もいます)
栄養剤だから、いつ飲んでもよさそうなものだけれど、
なんでお腹がいっぱいのときか?調べてみました。
要は、乳酸菌は胃酸で死んでしまうので、空腹よりも胃にたくさんものがあるとき
(胃酸が薄まっているとき)腸まで、乳酸菌が届きやすいみたいです
10億の乳酸菌はいったい・・どのぐらい腸まで届くのかしら・・?

しかし、、なんだか、面倒なボトル。。
ふたの内側に仕込まれた粉末状の乳酸菌をボトルの液体(たぶんビタミン剤)に
落として、ぐっと飲むのですが
ボトルは一旦、時計回しして、粉を下(液体)に落とし、フリフリ~
(時計と)逆に回してふたが開く仕組み
20150511003.jpg 20150511005.jpg

乳酸菌が仕込まれている中蓋
20150511002.jpg

②下痢止め

ウイルス性の下痢のときはとにかく出さないといけないみたいですが。。
とっても困っているとなると、処方箋なしで、薬局はこれもくれます

イモディウム、イモジウム、イモディアム
イタリアも昔からありますが、調べると、世界中で重宝されている様子
20150511018.jpg

日本語で、強力と紹介されているとおり
ピタッと止まります。

ちなみに、服用の仕方(ボールペンで箱記載・・)
すぐ2個飲んで、で、下痢毎に1個ずつ

って書いています

この2点で、18ユーロ(2500円弱)ぐらいです

ラファエラいわく、下痢のときは
とにかく水を飲むこと
レモンを取ること(殺菌と便を固める意味らしいです)

だそうです

よってレモン水、がいいそうです。
12:33  |  イタリアのお薬と病気  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コルトーナ散策

2015.05.09 (Sat)

昨日のコルトーナ続き

ワイナリーを訪問後(もしくはワイナリー訪問前)、
丘の上にあるコルトーナの街まで専用車で向かいます

コルトーナは人口2万3千人弱の街
アレッツォ県のキアナ渓谷圏に属します
コルトーナのガリバルディ広場から見えるのは・・
トスカーナ州の
モンテプルチャーノにつながる1本道とキアナ渓谷


ちょっと視線を左にずらすとトラジメノ湖があるウンブリア州
20150509IMGP4798.jpg

コルトーナは丘の上の町
ガリバルディ広場→ナツィオナーレ通り(メインストリート)→レプッブリカ広場、
シニョレッリ広場、大聖堂、教区博物館は平坦な道
(この辺を散策する分には坂は無し、ゆっくり歩いても1時間もあれば観光ok!)

市庁舎側から見たナツィオナーレ通り
20150509IMGP4870.jpg

市庁舎
20150509IMGP4860.jpg

市庁舎前のレプッブリカ広場
20150509IMGP4867.jpg

冬のナツィオナーレ通りと市庁舎
20150509IMGP4857.jpg

夏のナツィオナーレ通り、欧米人がいっぱい!
特にアメリカ人が多いです
20110805RIMG0012.jpg

シニョレッリ広場にあるシニョレッリ劇場
20110805RIMG0006.jpg



さてさて・・
せっかくコルトーナを訪れるなら。。。
坂道、小道を散策してみよう!
道が簡単!渓谷絶景コース
ガリバルディ広場→サンタマルゲリータ通り(ゆるい上り)→
サンタマルゲリータ教会(SANTUARIO)→来た道を戻る
以前、SAKIKOさんにもお勧めいただいたコース
20150509IMGP4807.jpg

この辺の坂は結構きついかも?でも最高の景色です!
20150509IMGP4810.jpg

糸杉並木もいい感じ
20150509IMGP4825.jpg

サンタマルゲリータ教会到着です!
(教会左横には、売店と無料のトイレ)
20150509IMGP4811.jpg

時間があるときは、サンタマルゲリータ教会からちょっと先にある
メディチの要塞も見てみよう!

他には、チェントロから道沿いに坂を上ったり、下ったりして
いろんな小道を歩いてみるのが楽しいです!
コルトーナは絵になる場所がたっくさん!
20150509IMGP4853.jpg

20150509IMGP4797.jpg

小道の数々
20150509IMGP4850.jpg 20150509IMGP4851.jpg

20150509IMGP4847.jpg 20150509IMGP4843.jpg

20150509IMGP4839.jpg 20150509IMGP4841.jpg

20150509IMGP4835.jpg 20150509IMGP4845.jpg

毎月第4の日曜日にはレプッブリカ広場、シニョレッリ広場にて
骨董市が開かれています
201505091427190044538.jpg

コルトーナ散策後は、専用車がお迎えし、
電車の時間に合わせ、カムチア駅までお送りいたします
11:05  |  コルトーナ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コルトーナプラン ①ワイナリー

2015.05.08 (Fri)

ローマとフィレンツェの移動中車窓から見えてくる
丘の上の気になる町  コルトーナ

エトルリア人によって建設されたトスカーナで最も古い街のひとつです


街のことはまた次回とし・・・

今回は、列車を途中下車し、
コルトーナのカムチア駅から専用車で10分のワイナリーのご紹介

列車の到着にあわせ、専用車がカムチア・コルトーナ駅にて待機
スーツケースは駅のバールで預かってくれます(チップ2ユーロ/お一人様)

総面積110ヘクタール、数々の賞を獲得した
上質シラー種ワインを生産するワイナリーに到着

母体となるマンツアノ農業会社は1700年代から
キアナ渓谷の歴史上、重要な存在

広大な所有地の中にあるお屋敷においては、歴代、貴族や
100年前のイタリア初の国会議員メンバーが所有という
由緒ある歴史を持ちます

残念ながら、お屋敷の写真は撮り忘れましたが、
完璧に手入れが行き届いたエレガントで
リバティな雰囲気のお庭の写真紹介
20150507IMGP5944.jpg

20150507IMGP5939.jpg 20150507IMGP5940.jpg

20150507IMGP5945.jpg 20150507IMGP5935.jpg

庭園の近くにワイナリーがありました
ワイナリーを所有するローマ出身の一家は、1967年、
マンツアノ農業会社から100ヘクタールのブドウ畑を購入し、
コルトーナに引っ越します

1988年、エノロゴ・アッティリオ・シェンツァの元、
最適なぶどう品種を見つけるため
たくさんの種類のぶどう苗を、5ヘクタールに植え付け、
4年の研究を続け、結果、
最上の出来で馴化できた品種がシラーでした
シラーは、
シラーは、コルトーナの乾燥した空気とトラジメノ湖からの最適な湿度
と大変相性がよく、コルトーナならではの特性を示す
極上ワインとなりました。

樽貯蔵庫は歴史の重さを感じる創り
20150507IMGP5937.jpg

20150507IMGP5936.jpg

20150507IMGP5938.jpg

さて、このワイナリーで製造する6種の(赤4本 白2本)のうちの
ベースになるワインをテイスティング

赤:シラー100%
若いぶどうから作られるこのベースワインでさえ、すでにエレガントさがしっかり!
ほかの熟成タイプはいったいどんな味に仕上がっているのか?興味津々
このベースのワインでさえ、6年は問題なく持ちこたえるという力のあるワイン
色は輝きと深みのあるいわゆるワインレッド
香り、味は、森系
ブラックベリーなどの果実、バルサム、スパイス、甘草(根・リクイリツィア)
どんなときでも(ランチでも、ディナーでも)、どんな料理とも合いそうなワイン
20150508031.jpg

白:ビオニエ100%
やはり、ビオニエ(フランス産白ぶどう品種)も研究の結果、
コルトーナの土地と最高に相性のよいの品種ということ
香りは、開花し始めのジャスミンの花のようなフレッシュさ
(満開時のような甘い香りではない)
ミネラル感も感じるし、香りと酸味のバランスがパーフェクト
口に含んでいるとき~後味まで、さっぱり感が持続
味、香り、ハーブ系も感じます!
アニスや野生のフェンネルはもちろん、ちょっとミントっぽいさわやかさも。
シャルドネばかりに慣れてしまうと、
「お~明らかに違うぞ!いい感じ~
20150508003.jpg

さてこちらのワイナリーでは
こんな素敵な雰囲気の中テイスティング
20150507IMGP5946.jpg

テイスティングコースは
①イージー2種(上記のベースワイン)
②スタンダード3種(ベース2、熟成赤1)
③クルー3種(ベース1、熟成赤1、白1)
④グランクルー4種(ベース2、熟成赤1、白1)
⑤オールイン
 6種ワイン(赤4、白2)+ライトランチ
 ※ライトランチは通常、ブルスケッタ+プリモ1品かセコンド1品

食事が入る場合、
レストラン内でテイスティングが可能です~
20150508IMGP5943.jpg

20150508IMGP5942.jpg

テイスティングの後は、敷地内の散策も可能
手入れの行き届いたプールと農地
20150507IMGP5933.jpg

20150507IMGP5929.jpg 20150507IMGP5931.jpg

カムチア駅からほんの10分で車の音も聞こえない
すばらしい景色が広がりました
こういう環境だから、おいしいワインができるんだなぁ!
と納得でした

このコルトーナワイナリー、お勧めです!!

シラーのブドウ畑、写真撮り忘れました、、
また今度、報告します)

タグ : コルトーナ シラー ビオニエ

10:46  |  コルトーナ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラの春のアスパラレッスンメニュー

2015.05.07 (Thu)

昨日の第二段

春が旬のおいしいアスパラを使ったマリアンジェラレッスン

Pici di farine ai cereali e grano saraceno con asparagi e zucchine
シリアル入小麦粉とそば粉のピチ、アスパラとズッキーニ入り
20150507DSCN1196.jpg

新しい私のお手伝いさんこれで思う存分、料理ができるわ!
とマリアンジェラ
(※ご主人でエンジニアのフランコです、エプロン姿がよくお似合い)
20150507DSCN1203.jpg

出来上がり!とってもデリシャスで好評だったとマリアンジェラ
20150507DSCN1208.jpg




Risotto con asparagi 
アスパラのリゾット
20150507DSCN1182.jpg 20150507DSCN1186.jpg

ん~これも、おいしそう
20150507DSCN1189.jpg
08:17  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラの新レッスンメニュー

2015.05.06 (Wed)

マリアンジェラの”おすすめ
新レッスンメニューです

* Ossobuco con scorza di limone, prezzemolo e aglio
オッソブーコ レモン皮とイタリアンパセリとにんにく味付
※オッソブーコは、トロトロ骨髄入りの子牛の骨付き脛肉
信用の置けるお肉屋さんから購入したものを使います
20150505DSCN1142.jpg 20150505DSCN1144.jpg 
20150505DSCN1145.jpg 20150505DSCN1148.jpg

オッソブーコにお勧めの付け合せは・・
* Cipolle, peperoni e patate grigliate
たまねぎ、パプリカ、ジャガイモのグリル
20150505DSCN1153.jpg 20150505DSCN1162.jpg

出来上がり
オッソブーコ、トマト煮が多いトスカーナですが
暑い季節に向けて、レモンは合いそうですねー
20150505DSCN1166.jpg



次は・・
*Moscaldini in guazzetto
ジャコウダコのトマト煮
私も大好き!食べたい~~
20150505DSCN1167.jpg 20150505DSCN1174.jpg

20150505DSCN1177.jpg



*una pasta con asparagi di bosco e salsiccia
森のアスパラとサルチッチャのパスタ
森のアスパラ(山菜)が採れる時期だけの旬の味!
アスパラを味わうため、シンプル仕上げ
20150505DSCN1151.jpg 20150505DSCN1157.jpg

20150505DSCN1160.jpg



*un dolcino con mascarpone, frutti di bosco e fragole
マスカルポーネクリームと森の果実と旬のイチゴのドルチェ
さすが、マリアンジェラ、味もよく、見栄えもよい仕上がり
20150505DSCN1097.jpg

フィレンツェからの日帰りランチレッスンが可能です!
07:41  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ペオニア(PEONIA)

2015.05.04 (Mon)

ラファエラ家のシャクヤク(イタリア語でペオニア)が見事に咲きました!


5月、ラファエラ家の庭はお花でいっぱいになります
08:17  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラファエラ作・祝福ケーキ!

2015.05.02 (Sat)

新婚旅行のお二人のためにラファエラが2日かけて準備しました
祝福ケーキ
la pasta di zucchero (砂糖の生地)の中は、
スポンジケーキ。生クリームとラズベリーが2段とも挟まれています


料理レッスンでは・・・
羊飼いジュセッペが栽培している小麦粉とマリオが育てる鶏の卵を使って
手打ちパスタ、石臼挽きなので荒めの粉、パスタ表面がざらっとして、
ソースがよく絡み、腰があって、小麦粉の甘みもあります
トマトソースは、去年のマリオの完熟トマトを瓶詰めにしておいたもの
酸味も甘みもたっぷり!
大変好評でした!!
20150502017.jpg

お肉料理は。。。
鶏肉のカッチャトーラ(トマトなし)
一羽の鶏をぶつ切り、オイルでじっくり炒めて
香味野菜と2種類のハーブ、オリーブ(マリオが漬けたもの)
最後に電子レンジで加熱したじゃがいもをまぜました。
20150502016.jpg

写真がうまく撮れていないのですが、
鶏肉にもじゃがいもにも味がしっかりついて
すっごくおいしかったー!
20150502020.jpg

そして、マリオの採れたてアスパラ!
バルサミコ酢とオリーブオイルでいただきました
とてもおいしいのですが。。
イタリア人は、色が変わるほど、べちょ~~っと茹でる~~
(私は嫌い・・・、ズッキーニなど、物によってはおいしく感じることもあるが。。)
日本で食べるように、アスパラは程ほどに食感があるのがいいなぁ。
20150502019.jpg

アマレッティとチョコクリーム
最近ラファエラがよく作るピエモンテのドルチェ
簡単なのに、アマレッティの原材料のお陰で深い味わいになる
不思議なドルチェ、
コーヒーにアマレッティを浸す時間で、
出来上がりのゆるさ調節
20150502026.jpg

さてさて、、食事も済んで
おめでとうケーキのお披露目~
すごく喜んでいただきました

(最初のカット以外)ラファエラがケーキをカットし、
マリオがスプマンテをパ~ン
20150502022.jpg

おいしかったし、
楽しく思い出深い時間を過ごしました。
13:11  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |