03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

300年農家訪問

2015.04.29 (Wed)

300年農家へ行ってきました

農家へ向かう途中、昔、20軒の農家を抱えていた大地主のお城で写真撮影
今は藤の花がちょうど見ごろ


20150429IMGP5982.jpg

6匹の犬と猫がお出迎え~(写真は犬が2匹)
20150429IMGP5953.jpg

放し飼いの鶏多数、春になりましたから、卵をたくさん産んでくれます
20150429IMGP5985.jpg

卵を温めたい時期に入った雌鳥さん、3日に一度外に出て食事
それ以外は、じっと座ったままで温め続けること21日間で
ひよこが生まれる予定です
20150429IMGP5987.jpg

毎日、採れるたくさんの卵と
生まれたひよこたちも居ます
20150429IMGP5956.jpg 20150429IMGP5964.jpg

うさぎちゃん
20150429IMGP5983.jpg

母ウサギは生まれる前日、藁と自分の毛でふわふわの巣を作ります
じっと動かない生まれたばかりの子ウサギと
毛が生えて、遊び始めたやんちゃな子ウサギ
20150429IMGP5988.jpg 20150429IMGP5986.jpg

牛舎には、キアナ牛
20150429IMGP5992.jpg

マレンマ牛(毛はグレーで、角が特徴) 
トスカーナ地方の海沿い原産のマレンマ牛は
絶滅危惧され、国から補助金が出始めたそう。
(そんなに、たくさんの補助金ではないですが。。)
農家では、キアナ牛の種牛が居ますから、キアナとマレンマの掛け合わせ
の子牛です、色はすっかりキアナの子牛のようです
20150429IMGP5990.jpg

農場内を一通り回って、お腹がすいたし、ランチです
キッチンで薪の調理法を見学 百年以上も続く調理法
薪調理台の上にこんなもの発見
昔の鉄のアイロンです
アイロンをかけるときは、
ストーブの上に2個用意し、鉄に蓄熱、
交互に使っていたそう、とっても重くて、
すーすー動かせませんから、
アイロンの面積ごとに、押し付ける感じです
(どんなに時間がかかったか、そして女性の力強さを想像・・・)
20150429IMGP5993.jpg

農家の親戚が作った小麦粉で作ったフォカッチャ 
もちろん釜焼き
20150429IMGP5995.jpg

手打ちパスタ と夏の農家のトマトソース
20150429IMGP5994.jpg

チコリとゆで卵 
お肉は、ウサギと鶏のロースト・写真撮り忘れ(薪の火調理)
20150429IMGP5996.jpg

去年の夏収穫のブラックベリージャムが入った
クロスタータ
20150429IMGP5963.jpg

こんな感じです~
昨日まで、2日連続で雨が降ったし、
風が強くなければ、2週間後には
春のきのこが、でてくるはず。
楽しみです~
16:02  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリオのアスパラ収穫中

2015.04.27 (Mon)

ラファエラ家の隣の空き地でマリオが育てているアスパラ、
ただいま、ポコポコ収穫中で~す


根を傷つけず、
土の下からアスパラを取り出す、専用の道具を使用
20150427IMGP5975.jpg

去年の”カラカラ”のアスパラはわざと残すそう!
今年、生えてくる場所の目印
20150427IMGP5968.jpg

一日の収穫ー!
付け合わせとしてお召し上がりいただきました
マリオの茹でたアスパラ、おいしかったそうです
20150427IMGP5977.jpg

この時期、限定の春の味になってます~。
20:23  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

峠の憩い場 アルドの店のフェガテッリ

2015.04.27 (Mon)

アレッツォからサンセポルクロ方面へ車で30分、距離約25kmのところに
ぽつんとあるバール兼食料品店兼レストランの
アルドの店
昔から、「のんべ~~」「トラック野郎」が立ち寄る店として知られています、

アルドの店で何が有名かというと、、
クロスティーニ(カナッペ)、いろんな味があって、どれでもひとつ1ユーロ
村の食料品店ですから、品質にこだわったものを使っていて、とってもおいしい!
で、のんべ~さんたちは、アルドが大瓶から注ぐ地元ワインを
水のように  グイグイ、ガヤガヤ飲むわけです

アルドは、とっても料理が上手、特に伝統料理。
そのうちでも、週末になると、電話で問いあわせ多数の
一品がこれ!
フェガテッリ


ぶつ切り豚レバーを豚網で巻いてあり
味付けは、ローリエと野生のノフェンネル
アルドのフェガテッリは、とってもジューシー
身はしっかりしているのに硬くない。
20150427035.jpg

お持ち帰りが可能、家で食べるときはこんな感じで
たっぷりくれたラードの中でグツグツ温める
コレステロールだろうが、なんだろうが結構!
こんなにおいしいんだから!って感じ
20150427038.jpg

朝食はこんなコテコテ食べないイタリア人ですが
週末は、アルドの憩いの場で待ち合わせし、遅い朝食としてフェガテッリと
ワイン!
トスカーナの田舎の光景です

私は、炊きたての白いご飯と、このフェガテッリの組み合わせが大好きなので
お持ち帰りで家でゆっくりいただきます
さっぱりするために、大根おろしにアップルヴィネガーをいれて、食べながら!

アルドのフェガテッリは3個で、5ユーロぐらい
週末のみの、要予約です。

フェガテッリは、14世紀のトスカーナの料理本にも出てくるくらい
昔からある伝統料理

トスカーナにいらしたら、フェガテッリ、
是非、召し上がってみてください!

あっレダの料理教室でもやっています こちら
レダのフェガテッリもとってもおいしいです!
10:59  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

春の放牧風景

2015.04.22 (Wed)

雲一つない快晴!羊飼い訪問してきました
羊の餌となる牧草は黄緑色、やわらかくおいしそうな色です


お食事中のところでしたが、
羊飼いジュセッペが、羊の群れを動かしてくれました
20150422IMGP5914.jpg

20150422IMGP5913.jpg

どこもかしこも、新鮮な草がいっぱい!
おいしいミルクは、
新鮮な草が命~。
20150422IMGP5916.jpg

復活祭後の、この時期、熟成中のチーズが豊富です
この棚は、成型して日が浅い棚 毎日ひっくり返してお手入れします
20150422IMGP5919.jpg

たくさんのチーズ!熟成中~!
20150422IMGP5921.jpg

20150422IMGP5922.jpg

で、こちらが農場生産物の軽ランチ!
20150422IMGP5924.jpg

チーズ造りを見学して、放牧風景をみて、
生産物をいただきま~す、
というプランになっています!
21:19  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

村上 隆さんデザインのフリスク・ネオ

2015.04.20 (Mon)

アレッツォの駅売店で見っけ
買っちゃいましたー!

イタリアの製菓会社ペルフェッティ・ヴァン・メッレ社の製品フリスクと
日本のアーティスト村上隆さんのコラボレーションの
「フリスク・ネオ」、ブルーミングチェリー味
フリスクにしてはちょっと大き目のこの缶、
ものすごくかわいいんです!!


そして、中に入っているタブレットまで
村上さんのかわいいデザイン
20150420IMGP5908.jpg

コラボのオフィシャルムービーはこちら


本家本元イタリアではこの3種類が発売中
日本は両脇の2種類のみの様子
20150420fri02.jpg

これが、日本未発売パッケージ
20150420fri01.jpg

イタリア土産にどうでしょう?

スーパーではこの村上隆さんネオシリーズを見かけないので
イタリアの駅のタバッキなどで買えるようです
3.50ユーロ、日本円で450円ぐらいです。
09:44  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

チーズ造り最盛期

2015.04.18 (Sat)

イースター(復活祭)が終わり、春、豊富な羊乳が採れるこのシーズン
チーズ造りが最盛期です、

イースター前に比べると、2.5倍ほどのミルクから
出てきたパスタ(生地)は、6~7kg


1.2kg型のペコリーノチーズ(熟成前)が5個できました
20150418IMGP5892.jpg

最後に取り出されるリコッタチーズもた~っぷり!
20150418IMGP5894.jpg

満開のスモモの花の下を羊が通過
20150418IMGP5879.jpg

10日ほど前に生まれた子ヤギ
20150418IMGP5884.jpg

1ヶ月ほど前にマレンマーナ犬(トスカーナの牧羊犬)
が7匹も生まれました!
そのうちの3匹を
母性本能の強い、母親役のボーダーコリー犬の”オリー”が
私たちに見せるために連れて来てくれました。
20150418IMGP5891.jpg

キアナ牛にも子供が生まれていたし!
花も咲き始め、春ですねー!
16:02  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラファエラ宅でランチ

2015.04.17 (Fri)

ラファエラ宅でのランチに行ってきました

グルテンフリーの”そば粉”をまぶした豚ロース肉を焼いた後
うこんと白胡椒添え
フェンネルの薄切りとオレンジのサラダ
アーティーチョークときのこの煮物


全て、おいしかったです!
ウコン、イタリア語ではクルクマ(crucuma)といいます、
イタリア人みんなが習慣的に食べる香辛料ではないですが
ラファエラ宅ではよく食べています。
この食べ方、なかなかおいしかったです!

そして、私が作ったワラビもち!
大豆はいま、簡単にイタリアでも手に入ります
大豆を炒って、コーヒーミルで細かく挽いて、きな粉を作り
とうきび砂糖で蜜を作って、もちは、片栗粉ととうきび砂糖
で作りました
グルテンフリーのワラビもちは、
ラファエラにもマリオにもとっても気に入ってもらえました
ゆでた大豆を食べさせたときは、二人とも好きじゃないと言っていましたが
炒った大豆を粉にしたきな粉は、ヘーゼルナッツのような香りで
気に入ったそう。実際、できたきな粉を買うよりも、炒りたてを粉にする
きな粉、すごくおいしい気がします。
20150417IMGP5861.jpg

マリオの今の畑
冬のキャベツやポロねぎがまだあり、
たまねぎ、にんにく、エシャロットが植えられました
20150417IMGP5865.jpg

マリオ自慢のトマト苗
去年の種を、冬のうちから、ハウスで育てたもの
今年もおいしいトマトに期待!
20150417IMGP5862.jpg

20150417IMGP5864.jpg

葉っぱを食べたら甘かった、ステビア!
20150417IMGP5866.jpg

20150417IMGP5870.jpg

20150417IMGP5869.jpg

20150417IMGP5867.jpg

ゾエも元気です
20150417IMGP5871.jpg
21:35  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

2015年オリーブ・ハエ対策講演会

2015.04.15 (Wed)

2014年は、オリーブ関係者にとって大凶作、
大変な年になってしまいました。。

どういう対策をもって、今年に向かったらよいか?
度々、会議がもたれています

何しろ60~80年に一回というほどの年でしたから、誰も経験がない。。
どうしてこんなことになったのか、どうしたらいいのか?
皆さん、真剣です

4月15日、アレッツォ商工会議所主催で、
トスカーナ州の専門家、ピサ大学の教授を招いて
「去年の天候によるハエの発生原因」
「今年のハエ対策」
「それに関わる機械について」
の会議があり、会場は、生産者をはじめ、農業高校の学生
も来ていて、超満員でした


オリーブの実に穴を開け、卵を産み付けるハエは、
9度で活動が始まり、30度以上では生存が難しい
よって例年ですと、気温的に、トスカーナには無縁の話なのですが。。。
20150415IMGP5852.jpg

冬の間、土の中にもぐったハエは、通常、トスカーナでは
零下が続くため、死滅しますが、2013年の冬は暖かかった。。
(ハエが死にきらなかったんです・・)
そして、2014年を迎えます
2014年6月花はたくさんつきました(私もすごく覚えています)、
が、同時期、40度の暑さが2~3日間あり、
花が焼けて落ちてしまった(これはハエとは無関係)、
少ないオリーブはがんばるも、
その後、通常この辺で感じる夏の暑さ(35~40度)が全く夏が来なかった。。
暑い日が続けばハエは死んだものの
夏は冷夏で、ハエは増える一方。。。しかも湿気続き。。
10月、寒くなるとハエは死ぬはずが、10月が異常に暖かくて。。。
ハエは速度を緩めず成長。。

という最悪の構図でした。。

なんと、6月から入り始めて、5サイクル(卵からハエになるまで)したのでは。。
という話。。

今年は、冬は、すっごく寒かったわけではないが
ある程度の寒さは来たと、悲観的にならなくてもという話。

対策は、やはり、薬剤(厳しい規定の元、認可済みの薬剤が使われます)
この話のところが、会議で一番長かったです
薬剤も、雨が降ると、、振り出しだというし。。。

気候に期待できない場合は、それに頼る以外ない
というところ・・・。
オリーブの実が成ってから、サンプル摘出し。。。

州も市も何か今までにない異変あったらとにかく
連絡するよう、生産者に向けて話していました

SMSで気候の情報、対策、得ることできるみたいです
オリーブオイルの生産者にとって今年は真剣勝負の年になりそうです

20:04  |  オリーブオイル情報  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

高級冷凍食品会社のフルーツケーキ

2015.04.09 (Thu)

イタリアには、
ドイツ資本のおいしい冷凍食品の宅配会社があります
素材(野菜、肉、魚)、調理済み(パスタ、リゾットなど)、
お菓子、ワインなんでも宅配してくれます(2週間に一回訪問)

その会社で製造販売しているこちらの冷凍ケーキ
半日、常温で解凍。
冷凍されていたとは思えない
とってもおいしいケーキです


さくらんぼ、ラズベリー、森の果実、桃、フルーツミックス、ブルーベリー
と6種類のケーキが2個ずつ入って、これで、17ユーロ
日本円にすると、、2200円ぐらいです
一切れ200円以下。
見栄えがよくて、おいしくてパーティーや食事会にピッタリ。
自分でこんなにたくさんのフルーツを使って作ることを考えたら、
材料費のほうが高くつきそう。。
(中はスポンジケーキにクリームが挟まれています)

冷凍は最高の食品保存術。
技術が高ければ、
添加物一切なく、こういうケーキでも、
冷凍保存が可能のようです。
12:02  |  イタリアの冷凍食品  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パスクアの日のトスカーナ家庭料理

2015.04.08 (Wed)

4月5日日曜日、
イタリアはクリスマスと同レベルのパスクア(復活祭・イースター)でした。


先祖代々、ここに暮らす ラファエラ家
イースターの日のランチ写真が届きました!

アンティパスト
パスクアならでは パニーナ・コン・ウベェッタ
(サフラン入り、干し葡萄とオリーブオイルがたっぷり入ります)
これもパスクアのときだけ売られるパン、パニーナ ウンタ 
(豚のラードと胡椒がきいています)
パスクアですから、ゆで卵、
生ハムとサラミ
2015040820150405_123538.jpg

クロスティーニ ネーリ
トスカーナの代表のカナッペ・鶏レバペースト、ヴィンサント煮込
2015040820150405_123517.jpg

プリモ
クレープとラグーソースのオーブン焼き
クレープの中には、リコッタチーズとほうれん草をいれて。
パスクアは、特にリコッタを食べる習慣があります。
ん~おいしそう!
2015040820150405_123530.jpg

セコンド

七面鳥の胸肉のリコッタチーズ詰め、七面鳥胸肉はパサパサしやすいので、
豚の網脂をかけて焼いたもの ラファエラ料理の代表作!
2015040820150405_131857.jpg

子羊とアーティーチョークのフライ、サラダ
パスクアといえば、ほとんどの家庭で、子羊が食べられます
2015040820150405_131306.jpg

ドルチェ

フォンデンティ カルディ 
日本では、フォンダンショコラ 
ラファエラはチョコクリームの中に、ラズベリーを入れたそうです
2015040820150405_140647.jpg

以上、ラファエラ家のパスクアランチでしたー!
13:04  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

イタリアでは ”ダイナー” 大流行中!

2015.04.02 (Thu)

ダイナーといえば、アメリカ映画でよく見かける簡易食堂
(アメリカは行ったことがないので自分の目で見たことはないのですが)

ここ数年、イタリアでは、(マクドナルドは抜きにして)
アメリカンフードのハンバーガーが人気
イタリア流に、キアナ牛のハンバーグを使ったバーガーショップだったり
有名レストランのランチメニューにさえ、
オリジナル極上ハンバーガーのようなものも見かけます

ただ今大流行中のダイナーは
アメリカン・グラフィティといいまして
アレッツォには昨年末できました。初日の入りはなんと650人だったそう

2008年にフォッリ(forli)に誕生し、2014年にはイタリア中に35店舗
(うち31店舗は、フランチャイジング)
ガンガン展開しています 

開店から3ヶ月以上経った今も、平日でさえ、予約でいっぱい。。
(予約しないと、待たされるそうです・・)
アレッツォでは車のディーラーショップだったところにできた店なので、
店舗は大きく、テーブル数は50以上はあるらしいですが。。

画像クリックで、そのレストランのサイトに飛びます


店員さんの制服、店の内装もすべてアメリカの50年代風とのこと
20150402image200.jpg

よき時代のアメリカの雰囲気でこんな感じのメニュー

このレストランの名前にもなっている映画アメリカングラフィティが
公開されたのは、1973年
出演者にはロン・ハワードがいます
ロンハワードは今は有名な映画監督、
監督としての代表作は、ダビンチコードや、ビューティフルマインド。

彼は俳優時代(10代)
アメリカドラマ「ハッピーデイズ」(1974~10年間)に
リッキーカーニンガムとして主演していました

ドラマ「ハッピーデイズ」もアメリカの50年代を舞台にした青春コメディ

いま、このダイナーに通うイタリア人は、映画よりも、
「ハッピーデイズ」(再放送)をみて50年代のアメリカを知った世代。
オールデイズの音楽に乗せて

食事は特においしいわけではなく、普通だそうですが
この不況にも関わらず、連日大盛況だそうです
09:59  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

マリアンジェラのB&Bから徒歩5分、パスタ祭りに参加!

2015.04.01 (Wed)

毎年、アレッツォ市民に大好評のバッティフォッレ
マッケローネ祭りが近づいてきました~

マッケローネ(maccherone)とは、アレッツォの方言で
タリアテッラ(tagliatella,平打ち卵麺)のこと

バッティフォッレ村のおばあちゃん、お母さんたちがたくさん集まり、
麺棒を使って手打ちパスタを作ります
他にはNANA(ナナ、アレッツォ方言でANATRA鴨の意味)のロースト、
豚肉の炭火焼など、村の男性が担当
ドルチェは、家庭菓子の代表、クロスタータやカントゥッチョなどが
振舞われます~。

お祭りの料理の準備の様子を下記動画開始~3分間位でみることできます
(音が出ます)


この会場はマリアンジェラ宅から徒歩5分

マリアンジェラ家族も毎年、ボランティアで参加しています
(お祭りの収益は、村のサッカー場の維持など、村のために使われます)

2015年の開催日は
5月22、23,、24日
5月29、30、31日
6月1、2日
6月5、6、7日


リッショ(Liscio・踊りやすいダンス)用の生バンドが来たり
子供用の遊園地ができたり、
老若男女が楽しめる村祭りになっています

イタリア人に加わって、お腹いっぱい食べて飲んでの
村祭り体験、いかがでしょう!?
09:07  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |