12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ストーブ購入計画 ①暖炉のこと

2015.01.10 (Sat)

アレッツォ郊外に引っ越して約11ヶ月経ちました

住んでいる家は、第二次世界大戦で爆撃も受けたという
1800年代の家(修復済み)

家の冬の暖房は、ガス式のスチーム暖房と暖炉です

イタリアはガス代や電気代がものすごく高いので、冬の暖房については
工夫が必要。情報交換しあいます

石油ストーブがほとんどないこの国において、
家を暖めるための燃料は
ガス、薪、木質ペレット、オリーブの種などなど。。
(エアコンのような電気暖房は小さい環境はいいですが、、威力が足りない。。)

暖炉について
良い点
①火が間近で、リラックス気分満点
②炭で調理ができる 炭焼きのキアナ牛は抜群!
20150110IMGP4682.jpg



残念な点
①火が安定するまで時間がかかる
 (その点、木質チップは、すぐ部屋が暖かくなる)
②熱が煙突からででってしまうので、近くでないと暖かくない・・
 (だから、猫も火に近寄ってくる)
③すぐ燃えてしまう・・・
  1日中起きている間、暖炉をつけたら、100kgは簡単消費
  100kgの木(乾燥もの)の値段は、12ユーロほど
  10時間として、1時間180円の暖房代
④常に火の世話が必要
⑤掃除しても、灰ですぐ家が汚れる

ということで、
暖炉はエレガントですが、生活向きではないことは確か。。

今年の冬までに、いろんな燃費のいいストーブをみて
次回の冬に備えよう!と思います

さてさて。。

家からアレッツォのチェントロまで約6km
用事や買い物には、ほとんど自転車で出かけます
その間には、松があり~~松ぼっくりがポコポコ落ちてまして、
恥ずかしげもなくガンガン拾う~!

今日の収穫
20150110IMGP4881.jpg

26個のでっかい松ぼっくり

20150110IMGP4884.jpg

ポロポロ松の実(殻つき)もでてきます
20150110IMGP4886.jpg

なんと松ぼっくりは、自然の着火剤

スーパーではディアボリーナという、石油系の着火剤売っていますがとっても臭い。。

松ぼっくりは、油をたくさん含んでいるそうで、
ほんと長いこと燃えています、そしていい匂い
昔の人は、着火剤として、売って歩いたらしいですよ
17:07  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ブオナ ベファーナ!

2015.01.06 (Tue)

ご無沙汰しまして、すみません。

ブログをご覧くださる皆様に、新年のご挨拶をと思いながら、
すっかり1月6日エピファニアになってしまいました。。
ということで、「ブオナ ベファーナ!」

今年もどうぞよろしくお願いいたします

2014年12月31日は、ラファエラ家で年越ししました
振り返ってみると、10年以上の付き合いの中、
何度一緒に年越しを過ごしたたことかと回想

すべて手作りのラファエラ料理は
今回も、とってもおいしかったです。

メニュー紹介
★アンティパスト 
サーモンとカジキマグロのカナッペ


たことマリオのセロリのサラダ、これ絶品!!
 20150106IMGP4760.jpg 20150106IMGP4764.jpg

バカラのマンテカート
干したタラをゆでて、練ったもの これもすごくおいしかった!
20150106IMGP4762.jpg 20150106IMGP4763.jpg

★プリモピアット
ヒヨコマメのスープと茹でたえび
カニ身のクリームソースパスタ生姜入(息子のアルベルト作)
20150106IMGP4765.jpg 20150106IMGP4766.jpg

★セコンド
えびのオーブン焼き 
イカの詰め物
20150106IMGP4768.jpg 20150106IMGP4767.jpg

コントルノは、マリオのちりめんキャベツサラダ
ドルチェは、パンウブリアコーネ(パネットーネにラム酒を浸した菓子)

という感じでした
ワインも豊富に揃って、にぎやかな年越しとなりました

ラファエラの味付けは、いつものようにやさしくて、ほのぼのとする味
全部とってもおいしかったです

タグ : トスカーナ 大晦日料理

11:19  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |