11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ミケランジェロ村のジャム

2014.12.16 (Tue)

農業会社・バッカネッラでは、有機栽培・森の果実を使って
ジャムも造っています。
甘味料は、白砂糖は一切使わず、とうきび砂糖(有機栽培)のみ!



20141212mar01.jpg

桑の実ジャム
ラム酒入り桑の実ジャム
フサ(赤)スグリジャム
スグリジャム
イチゴとフサスグリジャム
すももと生姜ジャム
マルメロジャム
マルメロとオレンジの皮入ジャム
洋ナシとカカオジャム
洋ナシとグラッパのジャム(シナモン入)

どれもおいしそうです
スポンサーサイト
09:54  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ミケランジェロ村の栗はちみつ

2014.12.12 (Fri)

前回の続きです~

バッカネッラ農業会社では、DOPの栗栽培をしながら、
蜂の巣箱をカプレーゼミケランジェロに置いて、厳しい規制と管理下
有機栽培の蜂蜜を手作業で、製造販売しています

春から初夏にかけて、花がある時期の、元気なミツバチの様子
20141125miele001.jpg

名前入りのかわいい巣箱
20141125miele004.jpg

カプレーゼミケランジェロ村の雪の巣箱・蜂の家
20141125miele002.jpg

こちらがはちみつ
2014年産は、2種類「栗のはちみつ」(右)と「百花蜜」(左)ができました!
両方とも、もちろん有機栽培(BIO)です



DOPの栗から採れる栗の花のはちみつは?
色は、栗のような茶色、蜜の味はより強く、少しだけ苦味を感じます、質感は滑らか。
ペコリーノチーズとの相性も抜群!

百花蜜は?
産地は、こちらももちろん、カプレーゼ・ミケランジェロ 
味は、より甘く、よりしっかりした質感、イタリア的には、ハーブティやお茶など
温かい飲み物に入れたり、お菓子用として使ったり。癖なしの万能はちみつ!
百花蜜は、名前のとおり、春のたくさんの花の蜜。場所と気候によって、花はそれぞれ。
バッカネッラ農業会社の百花蜜は、
アッペンニン山脈中にある空気の澄んだカプレーゼミケランジェロ、標高500mで咲く花の蜜。
ゾーンによって、種類の違うたくさんの花が咲きます
そして、毎年、同じ花とは限りませんから、年によって、蜜の質感や味も変わります、
自然がもたらす百花蜜、とってもおいしいです!

はちみつは、2種とも
500g入れと250g入れがあります、
いまのところ、どちらとも在庫は十分とのこと

バッカネッラ農業会社では、クリスマス用として
商品を詰めあわせることができる
プレゼント箱を用意しました(箱代別)
20141211conf natale 2014 030LEGG

センスがとってもかわいい!手づくりスタンプやタグ
20141211conf natale 2014 032LEGG

20141211confnatale 2014 003LEGG

次回は、ジャム!お伝えします~。

21:49  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ミケランジェロ村のDOP・マローネ(栗)

2014.12.10 (Wed)

アレッツォ県アンギアーリから、約16kmほど離れた
標高650mに位置するカプレーゼ・ミケランジェロ村、村の名前のとおり
中世時代の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティの生誕地。
人口は1500人ほど、面積は約67平方キロメートルの小さな村。

この村は、ミケランジェロの生まれるず~~っと前、
エトルリア、ローマ時代から栗林があったという記録があり、
9~10世紀にかけても栗栽培の記録、
中世時代には、栗の木の売買証書や、接木が行われていた記述も残っているそう。

ミケランジェロ村で栽培される栗の品種は、マローネ
「Marrone di Caprese Micherangelo
(マローネ ディ カプレーゼ ミケランジェロ)」

といい、
2010年DOP(Denominazione di Origine Protetta・原産地名称保護制度)
に認定されました
20141212castagneto01.jpg

今回ご紹介しますのはバッカネッラ農業会社
DOPのゾーンに栗林を保有し、すべての製品は有機栽培
主な販売先は、GAS(安心食材を求める消費者の町の共同購入グループ)
や生産者市にて。商店やスーパーには卸していません

これがマローネ 縦じまが特徴 甘みがあります
20141212casta02.jpg

昔ながらの石造りのエッシカトイア(essicatoia/乾燥小屋)で薪を焚いて
ゆっくり栗を乾燥させ、乾燥栗や栗粉にします。
20141212sicca01.jpg

こちらが丁寧に造られた栗のクリーム
ジャムのように使います
20141212casta01.jpg

マローネ(栗)クリームシリーズ(すべて有機栽培、BIO)

マローネクリーム
(原材料:ミケランジェロ村のBIOマローネ、BIOのとうきび砂糖)
カカオ入りのマローネクリーム
(原材料:ミケランジェロ村のBIOマローネ、BIOのとうきび砂糖、BIOカカオ)
シナモン入りマローネクリーム
(原材料:ミケランジェロ村のBIOマローネ、BIOのとうきび砂糖、BIOシナモン)
オレンジの皮入りマローネクリーム
(原材料:ミケランジェロ村のBIOマローネ、BIOのとうきび砂糖、BIOのオレンジ皮)
ラム酒入りマローネクリーム
(材料:ミケランジェロ村のBIOマローネ、BIOのとうきび砂糖、ラム酒)

全種類、220g入、105g入がありますが
ものによっては、すでに品切れしたものもあります

全部食べたくなるような、おいしそうな組み合わせ~

彼が経営者のフェデリコ 
奥さんと二人で安心して食べられる、おいしいものを造っています
20141125Federico, Massimo e le api

次回は、バッカネッラのはちみつとジャムをお伝えします~。
21:50  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015年 アレッツォ骨董市 アンティーク市 開催日・カレンダー

2014.12.10 (Wed)

2014年12月は12月8日月曜日が祭日だったことがあり、6,7,8日と3日間連続で
アレッツォ骨董市がありました、最終日の8日は帰った業者さんもいて、
6,7日と比較すると、店の数は2割ほど、減っていたようです


20141210IMGP4730.jpg

2015年のアレッツォ アンティーク市 開催日
お知らせです!

1月3、4日
1月31日、2月1日
2月28日、3月1日
4月4、5日
5月2、3日
6月6、7日
7月4、5日
8月1、2日
9月5、6日
10月3、4日
10月31日、11月1日
12月5、6日


アレッツォ駅正面口をず~~っと直進、突き当たりを左に曲がると、カブール通り
があります
カヴール通りは、骨董市の日は、職人さんの手作りショップが出ており
マリアンジェラのショップもありま~す
20141210IMGP4732.jpg

20141210IMGP4731.jpg

20141210IMGP4733.jpg

さすが、マリアンジェラ!
ちょっと会わない間に、次々に新作を作り出していました
彼女は、寝ていてもアイデアがひらめいて眠れないほど。

骨董市のある日と、日本からのお客様が重なる場合は、
観光のお客様のほうを優先してくれますので骨董市でのショップは出ません。
「(B&Bや料理教室を)やるって先にいったんだから、そっちをもちろん優先するわ」
といつも責任感のあるマリアンジェラ!

古い箪笥の取っ手(8個揃)を捜すため、骨董市、久しぶりに覗きました、
残念ながらまとまった数の取っ手がなく。。。
でも、面白いものがたくさんありました。
グランデ広場(ライフイズビューティフルの舞台)の家具屋は、
さすがにずいぶんと減りました

昔は、グランデ広場が家具で全部、埋め尽くされたものでしたが。。
11:36  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ロ スコッティーノ デル カセンティーノ(lo scottino del casentino)

2014.12.04 (Thu)

あっという間に12月も4日になりました。。

11月は快晴の日がほとんどなく、12月になっても雨がよく降ります
寒さは穏やか。。来週から一気に寒くなるようです

秋の間、何度か羊飼いジュセッペを訪ね、羊乳で作るチーズ造り見学。
たまたま、現役を引退したあるおじいちゃん羊飼いのために、ジュセッペが
こんな食事を作っておりまして。。
羊飼い朝食(まかない食)「スコッティーノ」です 
この地方(カセンティーノ地方)の伝統羊飼い食
20141204IMGP4567.jpg

1日経過した水分がある程度飛んだトスカーナパンを薄切りにし、
その上に熱々の出来立てリコッタチーズ+乳清(ホエー)をかけて。
これを羊飼いは、朝食にしていたのだそうです、
乳清に浸ったパンはすっかり柔らかくなって、なんとなく日本のおかゆ感覚です
20141204IMGP4568.jpg

何度か、日本人のお客様にもお召し上がりいただき、
みなさん、おいしいとおっしゃっていました!癖がなくて、あっさりです
ホエーは熱々のままだと、おなかが緩くなる可能性があるということで
少し冷ましてからいただきました


寒くなりましたので、豚解体と加工品作りも始まりました
冬期間のほとんどの水曜日、作業をやっています
これは、サルチッチャ作り!昔ながらの伝統製法!
20141204IMGP4571.jpg

20141204IMGP4569.jpg

出来立てのサルチッチャを1kg買いました
1kgで、12サルチッチャ、直売で、これで、10ユーロです!
自然の穀類しか食べていない豚のお肉からできるもので、
この値段はとっても良心的!
サルチッチャは、冷凍保存し、少量ずつ、重宝に使えます
スーパーで売っているサルチッチャは発色剤も保存料もたっぷり入っているので
サルチッチャはできるだけ、信用のできる肉やかこのような生産者から買いたいところ。
20141204IMGP4574.jpg

ということで
★羊飼い訪問は、3月位まで、水曜日には、豚肉の作業も見ることできます
★訪問の際、羊飼いまかない食「スコッティーノ」ご希望の方、お知らせください

****************
9月に紹介した羊飼いのこねこちゃん(4匹)のその後・・

あんまり食べない子で成長が遅かった子・・
20141204IMGP4578.jpg

2匹は、犬たちとじゃれてて、亡くなってしまったそう。。
ほか、2匹(上の子含む)は、もらわれていったそうです
11:20  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。