06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

ゲオルグのエノテカ②

2014.07.31 (Thu)

昨日の続き

アルタバディアで出会ったゲオルグのおしゃれなエノテカ


天井に飾られていたコルクで作った葡萄
201400729304_20140730150124a7b.jpg

こんな感じで毎回、
アペリティーボ・ワインに合うつまみが出ました

サラミとカリカリの小口切りしたアニス味のパン、
インサラータルッサ、マッシュルームクリーム、
ツナクリームオリーブ添えのカナッペ
201400729414.jpg

アルトアディジェのチーズ、フレッシュトマトとクリームチーズとハーブ塩
イタリアンパセリとピクルスのソース、
ツナとフレッシュトマトのソース
201400729356.jpg

オリーブペーストとパーネカラザウ
アンチョビとフレッシュトマトソース、クリームチーズのオニオン味とクラッカー
アルトアディジェチーズとカラカラのパン
201400729305.jpg

アンチョビとフレッシュ黄色パプリカソース
トマトソースとオレガノとパーネ・カラザウ
クリームチーズのオニオン味
サラミとカラカラパンアニス味
201400729102.jpg

トマトソースとオレガノ、アンチョビと黄色パプリカソース
雑穀系のソースとハーブ塩
クリームチーズのオニオン風味
201400729097.jpg

とこんな感じでした

自分の覚書として、ちょっとブログに書いて置かなきゃと思うほど
おいしかったし、きれいだったし!

開けるお勧めワインやおつまみが毎日変わるので、
毎日同じお客さんが、同じ時間帯に来ていました。ワインの好きな人は
通いたくなる店なんだと感じました

アペリティーボとしてのワインに合うおつまみ、
簡単にポテトチップスを出すんではなく
こんな感じで、ソースをうまい具合に使い、ワインと合うつまみを揃えてくれると
1杯のつもりが2杯飲みたくなりますもんね
しかも今日はどんなつまみかな?なんて日替わりのつまみが楽しみになるから
通ってしまう。

ゲオルグは、うまい具合にお客さんの気持ちをつかんでいる。
「また明日(くるね)!」といえる、そんなワインバーに出会えて
とってもいい気分でした。
07:41  |  2014夏 ドロミティ アルタバディア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ゲオルグのエノテカ①

2014.07.29 (Tue)

アルタバディアに1週間滞在中、トレッキング後、
ここのエノテカでおいしいワインとつまみを頂くことが
何よりの楽しみになっていました!
(歩くのより、飲むほうがいいってわけでもないですが、
たくさん歩いた後の、きりっと冷えたおいしい白ワインは最高でした)

毎日、通って、お別れが寂しい。。と思わせるような
もてなしの気持ちを持った経営者のゲオルグ
一緒に写真を撮らなかったのが残念。。
ゲオルグという名前は、ドイツ風な呼び名。イタリア語だとジョルジョ、
英語だとジョージって感じでしょうか。。


小さな小さなエノテカで、ゲオルグが厳選して置いてある
アルトアディジェのワイン
どれもこれも、すごくおいしかったです

★ケルナー(白)
201400729303.jpg

★ピノ グリージョ(白)
201400729302.jpg

★ソーヴィニオン ブランク(白)
201400729096.jpg

★ピノ ビアンコ
201400729100.jpg

★ラグレイン リセルバ
※ゲオルグいわく、これがアルトアディジェのブルネッロだそうです!
201400729101.jpg

★ラグレイン
これ、すごく気に入りました!
201400729095.jpg

★ピノ ネーロ
201400729354.jpg

このほかにも、写真には写っていませんが、忘れてはいけない
代表的なゲブルツトラミネール、やミュラートゥルガウ、
シャルドネもすばらしくおいしかったです

次回は、ゲオルグの”おつまみ”紹介します~

*******************
日本で手に入るアルトアディジェのワイン!
●ゲブルツトラミネール
フランス・アルザス地方2本と、イタリア・アルトアディジェ1本の
飲み比べセット


●ヨーゼフマイヤーの貴重な!シャルドネ
シャルドネ[2009](白)ヨーゼフ・マイヤー

シャルドネ[2009](白)ヨーゼフ・マイヤー
価格:3,250円(税込、送料別)



●ラグレイン100%
紫の色調が強く、ブラックベリーの香りが漂う。ドライフラワーやハーブのアロマ。
果実の甘みが豊かで、滑らかな舌触りと酸とのバランスがよい


12:58  |  2014夏 ドロミティ アルタバディア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Colfosco コルフォスコ

2014.07.28 (Mon)

2014年夏ドロミティバカンス 2回目

★泊まっていた場所
バディアの谷のアルタバディアゾーン
コルフォスコ(COLFOSCO)
標高は、1645m

ここが、泊まっていたホテル兼アパートメントの裏側
表側の写真をすっかり撮り忘れてしまいましたが、お花がいっぱいで
すごくきれい!


201400728361.jpg

セッラ山群
201400728362.jpg

部屋の窓から見えていたのは、こんな風景
201400728359.jpg

アルタバディアは
コルフォスコ
コルバーラ
ラ ヴィッラ
バディア
ラ バル
サン カッシャーノ
という町が山間にあります、全部行ってみたところ、
一番活気があるのは、
コルヴァーラ(CORVARA)1568m
滞在地のコルフォスコからは車だと5分、歩くと30分、2km弱です
車道を通らなくても、遊歩道がちゃんと整備されています
201400728394.jpg

どこも、かしこも、きれい!
自然の風景も最高ですし、なによりも、ゴミひとつ落ちていない。
201400728391.jpg

201400728389.jpg

遊歩道の横を流れる川
水が冷たくて、透明
201400728397.jpg

日本人の方はまったく見かけなかった、アルタバディア
アルタバディアゾーンにご滞在されたい方へのお勧め!
どの町もかわいいですが、便利度からいって、コルヴァーラかコルフォスコお勧めです
スーパーも、パン屋さんも、お肉屋さんもバールもお店ちゃんとあります。
お買い物をしての印象は。。。
バターやヨーグルトなど乳製品、おいしくて、安いです

そして、
ドイツに近いですから、パンは、ライ麦入りがとってもおいしい!
クミン入り、フェンネル種入り、アニス入りなどあって、トスカーナでは
味わえない、違ったおいしさ!
毎朝、山へ行く前に、近くのパン屋へいき、パンを買って、パニーノ作って、
トレッキングしていました

これは、農家のスペックとゆでたジャガイモをバター味にして、
ライ麦パンで挟んでみました、アルトアディジェの味だわ~~~っと自分で
作ったパニーノに感動
201400728055.jpg
次回は、アルトアディジェで出会ったおいしいワイン紹介します!
08:34  |  2014夏 ドロミティ アルタバディア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

チーズ造り見学

2014.07.27 (Sun)

アレッツォからローカル列車で1時間、
カセンティーノの羊飼い牧場へ行ってきました

放牧風景見学 羊飼いのジュセッペが羊を移動させてくれます


この時期は、牧場では、毎朝20リットルの羊乳を搾り、
伝統製法で無殺菌生乳を使ったチーズ造りです
ひとつの行程から
-ラビジョーロチーズ
-ペコリーノチーズ
-リコッタチーズ

と3種類のチーズを取り出すことの見学です
(写真)熱々のリコッタ この日も予約ですべて完売でした。。
ジュセッペのリコッタは、ほんと人気があります!
201400727004.jpg
見学の後は、農場の生産物軽ランチ
この日は・・・
生ハム、サラミ、フィノッキオーナ、ペコリーノチーズ
リコッタチーズ、ラビジョーロチーズ
トロペア産のたまねぎジャム、黄色パプリカのジャム
トスカーナの田舎パン、ローカルワイン、水、コーヒー
ランチには、ちょうどよい分量です
201400727005.jpg

(うちの猫とちょっと似ている牧場の猫)
201400727007.jpg 201400727006.jpg

羊飼いが、早めに終了したので、パトリツィアのトラットリア・バールで
一休み
シェフのパトリツィアが日本のハッピをコック服にしていました!
背中に素敵、いや「素適」の文字!!
「これ、ミラノの家具の博覧会で日本の業者さんにもらったのよ~っ」と
ハッピ気に入っている様子で、なんだか私までうれしくなりました。
ハッピをコック服にするのは、目から鱗のいい案!
お店が明るい雰囲気になるし、何より話題性があります!!
201400727009.jpg

照明やオブジェや壁掛けがかわって、お店の雰囲気がまたいい感じに
変わっていました!
201400727012.jpg

アート
真っ二つに切られた椅子とテーブルが、鮮やか色のカセンティーノウールで
”巻き巻き”されていました
201400727013.jpg

201400727015.jpg 201400727014.jpg

カセンティーノの伝統毛織物は以前こちらで紹介しました

ということで・・・
羊飼いとチーズ、カセンティーノのウール、パトリツィアの料理
3つは同じゾーンにあります
10:28  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014夏 アルタバディア 料理レッスン

2014.07.24 (Thu)

今年も、昨年同様、ドロミーティ (ドロミテ))へ行ってきました
昨年は、ヴァル(谷)・ガルデーナ、
ことしは、ヴァル(谷)・バディーア。
その中でも、アルタバディアに滞在してトレッキング。
昨年
歩いた、セッラ山群(ポルドイなど)を角度をかえて見た感じでの滞在です

さすが、ドロミーティ、イベントや情報など、しっかり整っています
そのなかで、たまたま見つけたマーゾ(北イタリアに見られる農地形態のひとつ)
での料理レッスン
参加してきました!

山奥に入って、ずっとこんな風景が続き。。
201400724146.jpg

201400724145.jpg

着いた場所は、想像通りのマーゾ!!
田舎のにおいと、澄んだ空気がお出迎え
昨年、このマーゾ近くで、がけ崩れがあって、なんと2ヶ月間孤立してしまったそう。。
マーゾの孫たち↓
なんと、こんなに小さいのに、3ヶ国語を話します
この辺は、貴重な言語といわれるラディン語が使われています
家族と話すのは、ラディン語、イタリア人とはイタリア語、ドイツ人とはドイツ語
というのが当たり前


今回参加した生徒は、7人(ジェノバ4人、ベルガモ1人、ハンガリー1人、日本人1人)
先生は、マーゾ(アグリツーリズモも経営)の女将で、料理上手なエリカ
エリカは伝統料理を伝えるためにTVにもたくさん出演したそう。
eri002.jpg

今回のラディン料理メニュー(2品)
メッザルーナ(手打ちパスタ 半月方のラビオリ、中にはジャガイモ)
フルタイエス(ドルチェ)

麺棒の形状、重さ、打ち方、トスカーナとはずいぶん違いました
201400724111.jpg

201400724110.jpg

eri003.jpg

みんなでメッザルーナ作り
201400724119.jpg

300年農家のように、薪調理です
ここも、昔のままの生活をしていました
300年農家は、鍋などストーブの上に乗せる感じですが、
ここではなべのお尻部分が、ストーブの中にずっぽり埋まって火力の強さには驚きでした、、
201400724135.jpg
フルタイエスを揚げている様子
火力が強いと感じたら、火を弱めるのではなく
火から遠ざける、重いなべを持ち上げて。。昔の人は大変だったなぁ。。と想像。。
201400724137.jpg

出来上がり!
メッザルーナ
自家製のバターとチーズでいただきました
配合や、入っているものが違うので、トスカーナにはないモチモチ感
を感じます。素朴な素材の味がして、
とてもおいしかったです。
201400724126.jpg

こちらがフルタイエス
クレープ系の生地を、漏斗を使って、揚げ油に流し込み、揚げる。
そして、自家製の赤ブルーベリージャムと粉砂糖でいただく。
ふわっとした素朴な、味で、これもまたおいしかったです
201400724139.jpg

ハンガリー人の参加者が、
「グーラッシュの作り方を教えて!」と軽~く言ったとき・・・
エリカが、「今回のレッスンは、それはないわ、第一、グーラッシュはこのマーゾに伝わる
大事な大事なレシピ、門外不出、絶対だれにも教えない」
とちょいと不機嫌になって話しはじめ、空気が変わりました。。。
はい、レシピとは、そういうものかとも思います

が、レダのように自分で研究して完成させたレシピを
惜しみなく教えてくれる人もいる。
ん~一緒にレッスンをしてくれるみんなに感謝しなくては
と勉強になった一面もありました。

09:50  |  2014夏 ドロミティ アルタバディア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

キャンティ エキスポ 2014

2014.07.21 (Mon)

ご無沙汰して、すみません!

お友達の満腹料理人まーさんから
情報をいただきました~
ワインのエキスポがガイオーレインキャンティであるそうで~!
(近くに住んでいる私が知らないんですから、お恥ずかしい・・)
キャンティエキスポ2014

エキスポサイトはこちら

開催日時:2014年9月11日~14日まで 
開催場所:ガイオーレ イン キャンティ エキスポ会場

で!専用車で行くアレッツォ発着ツアーを組んでみました~

(一例)
12:00 アレッツォ発
13:15 グレーヴェ イン キャンティ着 
   エキスポ会場滞在 2時間 
15:15 グレーヴェ イン キャンティ発 
16:30 アレッツォ着


ご滞在時間の延長、可能です

現地会場でのシステムは・・・・
受付に行き、自分専用グラスを買います~これが10ユーロ
このグラスを使って、7種のワインをテイスティングできます!
10ユーロでキャンティクラシコが7種類も味わえるなんて!
うれしい話ですね~。

会場内には、今年は、55の生産者さんが来ているそうです

つまみなんか生産者さんはご持参かしら?とあつかましい質問をしましたら・・・
それはそれで、サラミやなんか”おつまみチケット”を別売りしているそうです
そのお値段は、覚えていないと言われました~

ご旅行の日にちがちょーどあう場合、なかなか楽しいイベントですね!
フィレンツェ発着も受け賜ります。

左のメールフォームから、お問い合わせくださいませ
17:53  |  日帰りプラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シェフ・パトリツィアのお店の雰囲気

2014.07.11 (Fri)

ちょっと前に、シェフ・パトリツィアのレッスンが始まると書きました こちら

お店の感じがとっても素敵なんです~!


入り口の感じ 小物系の販売もしています
201400711017.jpg

ご主人がワイン専門なので、たっくさんワインもあります~
201400711018.jpg

201400711015.jpg

朝は、6時から開店して、バールもやっています
普通のクロワッサンもありますが、パトリツィアの手作りドルチェも
ショーケースにおしゃれな感じで並んでまして・・・
201400711023.jpg

で、パトリツィアのドルチェで朝食をいただきました~
写真が下手で申し訳ないですが、これ、実はこの形で
スキアッチャータフィオレンティーナです~!
ん~いままで、たくさんのトスカーナのマンマの食べたけれど、
いい感じで洗練された味!
バターは一切使わず、卵の味がしっかりしていました、
干しぶどうが乗ってるのが、パトリツィア流!
これで、1.10ユーロ
201400711019.jpg

もうひとつ、アーモンドが乗ったビスケット
サクサクで、朝食にピッタリ
これは、2個で1.10ユーロ
201400711021.jpg

パトリツィアの店では、日替わりの
素朴なドルチェが朝食用に並んでいます
18:41  |  シェフ・パトリツィア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

新しいもの

2014.07.10 (Thu)

3週間、海でバカンスしたレダが新商品作りに励んでいます
こちらのパン、レダ自身が生産する小麦粉を使い、
ゆっくり長時間自然発酵させたパン
塩気はなく、自然の味わい さっくり表面の感じが天然酵母って感じです


レダの試作品
チョコチップクッキー 
人工的な膨らし粉は使わず、バターや砂糖はほんの少し
まだまだ改良しなきゃ!と話していました
そう、何度も何度も作って時間をかけて、おいしいものは完成します
何度も試作を重ねた後の完成品レシピを、惜しげもなくレッスンで
教えてくれるレダには、いつも感謝
201400710003.jpg

こちらマリアンジェラの、新料理
七面鳥の胸肉のマルサラ酒ソテー、干しぶどう入り
すごくおいしかったの!家族にも大好評!
レッスンに使えると思うとメールが来ました
201400710DSCN0699.jpg

そして、わたくしの新作品(私物)
フキンにはもったいなくて使えない
蚊帳素材の「白雪ふきん」を使って、袋を作ってみました
気づいたのは、白雪フキンはふちの処理をしっかりしてあるので
縫い代が処理が不要!楽チンです。しかも風合いがよくって!
で、ブーザッティの生地をあわせて、中央には、
トワルドジュイの生地を入れ、革屋で買った革紐をあわせてみました
201400710019.jpg

おまけ。。。
近くで参加したがる うちの猫:ディディ(ディーナ)
201400710020.jpg
01:32  |  レダの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バイオダイナミック農法の自家菜園

2014.07.09 (Wed)

これらは、数日前、マリアンジェラ宅の自家菜園で採れた無農薬野菜
美しく、おいしそうです!


去年、
フランコ(マリアンジェラご主人)のお兄さんが、ビオディナミコ
(バイオダイナミック農法)の畑を
やっているとマリアンジェラから聞きました、
いろんな野菜が混在している畑ということは知っていたので、
去年、彼女に提案・・・
「それを、みんなで収穫に行ってさ、で、
バイオダイナミック農法のノウハウをお兄さんに聞いてさ、
で、旬のバイオダイナミック野菜を収穫して、
で、それを使って、あなたと料理教室ってのはどう?」

(マリアンジェラ)固まって、返事なし・・・だったので。。
忘れていたら・・・・

今年の春、突然、「うちの畑をビオディナミコにしたわよ」
さすが、マリアンジェラ!!

初夏になり、春に巻いた種や苗も成長し、
収穫の時期になりました

ズッキーニ、インゲン、バジル、セロリ、マリーゴールドが
一畝に混在しています
201400709DSCN0790.jpg

大きく拡大・・・
土上には藁が敷いてあります、これは画期的!!とマリアンジェラも大喜び
理由
①雑草が生えて来にくい
②土の湿気を保つ

201400709DSCN0794.jpg

畑の真ん中に、マリーゴールド
マリーゴールドは、病害虫を忌避する効果が特に強いそう!
実際、ビオディナミコにした今年は、全く虫が来ないそうです!
201400709DSCN0795.jpg

支柱が必要なトマトは、一応まとめて栽培
201400709007.jpg

でも所々に茄子もあり
201400709009.jpg

かわいい、きゅうり発見
201400709005.jpg

これが、マリアンジェラ宅のコンポスト
希望すると、アレッツォの町から提供されます、
これによって、台所の生ごみは堆肥に変わります

あっ、ただの丈夫なでっかい容器でして、
急速に分解する装置ではありません、
上の口から生ごみをいれ、生活している微生物君たちの活動により
ゆっくり、堆肥化、下から堆肥になって取り出せるという話です
201400709010.jpg

気になるお味を聞いてみました
で、去年までの野菜とビオディナミコの野菜ってどう?味違うの?
違いは、ないそうです(まー去年までも無農薬でおいしい野菜でしたから)
が、今年は、虫がつかないのは確かよ!と話していました。

適当にバッっと種を蒔いて、わ~~っといろんなのがいろんなとっから出てくるのが
ビオディナミコかと勝手に思っていたのですが、いやいや、混在はすれど
計画的に畝に混在配置するのには、ちょっと感動。
バイオダイナミック農法は、なかなか奥が深そうです~。

タグ : ビオディナミコ イタリアバイオダイナミック農法

16:02  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラファエラレッスン

2014.07.08 (Tue)

今回行われたのラファエラ料理レッスンメニューです

リコッタチーズとほうれん草の手打ちラビオリ セージとバターソース 


トスカーナのアリスタと
マリオの無農薬自家菜園野菜サラダと茹でズッキーニ
たっぷりハーブのじゃがいもロースト
201400708013.jpg

パンナコッタ 旬のアプリコットソース添え
(写真がぼけてて、、すみません・・)
201400708014.jpg

今回の料理もラファエラの優しい性格が出ている味付けでした
09:28  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

酪農家訪問

2014.07.05 (Sat)

昼の気温は30度までありますが、湿気がないので、
まだ不快さを感じていない今日この頃
連日、よいお天気です

酪農牧場でチーズ造り見学してきました
チーズ職人ジュセッペは、天気のよいときは、羊のお腹がいっぱいでも(羊は動きたくない様子。。)
羊を移動させてくれますので、羊の群れを見学できます
「ピュ~~」というジュセッペの掛け声と共に、羊が羊小屋ら出てきました~~


ジュセッペは、オーケストラの指揮者のように、牧羊犬と羊を動かします
熱いので木陰に入りたい羊たち 
201400704016.jpg

3日ほど前に、もらわれてきた子ヤギちゃん
母ヤギが亡くなったので、哺乳瓶でミルクをあげています
ヤギもいつも集団でいるのですが、仲間に入れてもらえるまで
まだまだ時間がかかりそう。。
いまのところ、いつもジュセッペと一緒だそうです
201400704017.jpg

たくさんの鴨の赤ちゃんも生まれていました
201400704018.jpg
08:49  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |