03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

300年農家 2014年春

2014.04.24 (Thu)

パスクア(イースター4月20日)直前、300年農家へ行ってきました

朝10時半、標高800mに位置する300年農家の家へ向かう途中、
雪がありました
この日の早朝は5cmの積雪があったそう


300年農家到着
201404024048.jpg

農場の整備もかなり進んで、
人間も動物も、生活は以前の家とほぼ同じ感じになってきました
残念ながらまだチーズを作る環境はできていません
201404024069.jpg

食事作りは、台所にある薪ストーブと窯で!
これも以前のまま!
サバティーノおばあちゃんも元気です
">cal001.jpg

彼らが新しい地で育てた食物を頂きました
昔から変わらない、農家の愛情がこもった食事です
cal002.jpg

営林局管轄の地域ですので、一般車両は入ってこない、
手付かずの大自然が残された場所
201404024022.jpg

猫も犬もみ~んな一緒に引越ししたので
顔ぶれは引っ越す前と一緒、皆元気です
201404024049.jpg
15:12  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

土曜日の朝市

2014.04.14 (Mon)

アレッツォは毎週土曜日午前、朝市(メルカート)がたちます

アレッツォ駅からゆっくり歩いて10分ぐらい、viale giottoという通りです!
規模はかなり大きく、
駅に近いほうから、衣類、寝具、靴、帽子、下着、鍋、カーテン、テーブルクロス
など日用品の店が延々と続き・・・
駅から遠くなるほうに、食品を扱う店が出ています
野菜、ポルケッタ、とり丸焼き、チーズ、魚屋、、生ハム屋、、などなど。。

その中にひときわ、個性的なおじさん、
旬のうまいものを売りに来るこの方↓


きのこのシーズンにはキノコ屋、アーティ-チョークのシーズンには
アーティーチョーク屋、このシーズンはアスパラを売っています
モンテプリチャーノから来るこのおじさん、
グロッセート産のアスパラを持ってきます
とにかく、このおじさんの持ってくるものはおいしいのでついつい買うのですが。。
迫力がすごいおじさんです・・
3kg、10€で買いました
3kgはこんな↓量、この時期スーパーではきれいに揃ったアスパラが
500gで3~4ユーロ、
スーパーのアスパラは、紙で包んできれいに売っていますが、紙に包まれている部分は
固くて食べられない部分・・・よって3分の一は捨てる感じです。
おじさんのアスパラは、硬い部分を切り落としてくれているのも多く
かなりお得なお買い物でした!
201404014006.jpg

早速、アスパラのリゾットを作り、
フレッシュで長持ちする方法をネットで探して冷蔵庫に保存
、あとは、さっと軽く茹で冷凍しました
201404014010.jpg
しっかり水気を取って冷凍、1本ずつ必要な分取り出せる感じです

そして、他の店で野菜の買物
この量で、7.30€でした
朝市だからといって値段は、安くないです、昔は、市場の値段は安かったですが。。
メルカートに野菜を買いにいく理由は、新鮮さとおいしさ
201404014009.jpg

あとは。。
買い物のあと、
オドーリ ペルファボーレというと
買い物に見合った分の、にんじん、セロリ、
イタリアンパセリを無料でくれます
(たまねぎは、もらったことないのですが・。。)
201404014007.jpg

イタリアでアパートご滞在の方、メルカートで新鮮な野菜や果物を
買って、調理するのも、いいですねー!
08:18  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オイル漬二つ

2014.04.11 (Fri)

イタリア料理に欠かせないアンチョビ

スーパーでは、オイル漬になったものが売られていますが
オイル漬に使用されるオイルは古いオイルを精製したものが多いと聞きます
(よほど高価なものは別)

よって、アンチョビは塩漬けになった真空パックの掃除していないアンチョビ
を買ってきて、自分できれいに掃除して(洗わず)
農家産の純粋エキストラバージンオリーブに漬けときます
手間をかけることで、値段もスーパーで売っているアンチョビオイル漬
よりも安くつきますし、何よりおいしいです!
アンナマンマは生のいわしから塩漬けしてアンチョビ作りをします!


オイル漬をもうひとつ
20140402046.jpg 20140402043.jpg

生豚ヒレのオイル漬です
農家から買いつけた豚を解体、新鮮なヒレを取り出し
塩漬けすること2週間、
その後、オイル漬にしたもの!
20140402045.jpg

1瓶には、1本半のヒレ肉が入ってました
これは、店、肉屋で買おうと思ってもまず見かけません、、
昔ながらの家庭に伝わるの趣味のオイル漬、
マグロのような食感で、すごくおいしいです!

タグ : イタリア保存食

08:17  |  保存食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

オリーブオイルの新計画

2014.04.10 (Thu)

アレッツォの商工会議所が母体になり、
オリーブオイルに関する新しいプロジェクトが始まりました

昨年秋~冬、パジェッティ搾油所に於いて毎日毎日、広報活動、
調査をしていた担当のアルフレドが
先週土曜日に行なわれた会議の主催者です


私もよく知っている
AICO(associazione italiana conoscere l'olio d'oliva )
の代表ジュリオも講義にやってきました
201404010007.jpg

今回の集まりの主旨は・・パジェッティ搾油所、商工会議所
計画に興味をもつ人たちの顔合わせ

計画はいったい何かと申しますと・・
パジェッティ搾油所に持ち込まれるオリーブは、優れた産地のもの
ですが、労働の大変さや高齢化から、畑を放棄する人、
しなくてはいけない人が増えています
この手の畑を持っている人たちは、それ(オリーブ農家)を
専業にしていない場合が多く
誰かが世話をしてくれたら。。。助かるなぁ・・という場合も多々・・
他には、畑をたくさん持ちすぎて、収穫できずに余してしまうケースも。

数百本、数千本単位でオリーブの木を持ってしまった家族ならば、それは、
自家消費できない量になってしまいます

そこで。。。
最新式の機械を持っているパジェッティが中に入り、その農家さんたちの
上品質のオイルを造る指導、木の世話、収穫、搾油、保存を行ない、
商工会議所が中に入って、世界へ輸出するという流れです

畑から、保存まで細心の注意を払って
最高のオイルを造る
それを世界に売りこもうという、
町ぐるみのプロジェクト


++++

プロの鑑定士がついて・・・4種のオリーブオイルをテイスティング
鑑定士はソムリエとは言いません、アレッツォ県には16人のみ
の鑑定士がおり、この人たちがオイルの肩書きを作り出します
賃金をもらってそれをひとつの仕事にしている人たちです
201404010009.jpg

201404010011.jpg

今回の会議は、総勢30名が集まりました
鑑定士がこまかく教えることで、みんなのオイルに対しての意識が
変わっていく様子が伺えました
生産者の意識が変わることが一番大事!量よりも質!

今回テイスティングしたなかで、
2012年産のもの(1年半経過したオイル)がありました、
保存がよいことに加え、
2012年はポリフェノールが多い年でしたので長持ちする年ということも影響
成熟しきった味ではありましたが、バランスがとれた
柔らかな、なんにでも合いそうなオリーブオイルになっていました

今年の収穫まであと7ヶ月、
今後も、このプロジェクト経過をお伝えしてまいります~

タグ : トスカーナ産オリーブオイル

01:00  |  パジェッティ搾油所とオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スカンポリ(残りきれ、裁ちくず)

2014.04.09 (Wed)

時間があるとついつい、行ってしまうお店がありまして・・

1)リサイクルショップ(アンティークものを主に置いてある店)3店
2)スカンポリがある生地屋 2店

古い家に引越しをしたこともあり、
必要に迫られて、この2種の店にはよくいくのですが。。

先週、気に入った古いシンプルな本棚を予約、
棚いっぱいにするだけの本は持っていないので
収納に使うことにしました
で、カーテン、カーテン!!

スカンポリ(裁ちくず)の山から探しました

高級室内装飾のハンパ布なので、品質はとてもいいものです
長さと幅が必要に合えば、最高、
この生地山(室内装飾用生地)は1mが7€コーナー
通常、お店で買うと1mで50€位はする織りのしっかりした生地です!
このストライプグレー生地は、148cm幅で3.80mありました、25€で購入
今度出来上がった様子をまたお知らせします

で、次
フランスのトワルドジュイ柄です!
これは、どれでも15ユーロという山の中にありました
で、びっくりするのは、、大きさ!
幅2.90mX長さ3.50m
その15ユーロの生地山は、ソファーのカバーだとか、ダブルベット用のシーツに
使える生地コーナーですので、幅が通常の2倍です
トワルドジュイは大きなテーブルのテーブルクロス2枚分取ることにしました
1枚が7.50€につきますからすごくお得です
20140409003.jpg

これは、2ヶ月ほど前に同じ店で1m7€コーナーで買った生地
20140409005.jpg

安楽いすのクッションにしました
ばねが落ちてしまった安楽椅子は比較的手ごろな値段で買うことができます
この椅子もそうでした
で、張替えのお店、2店に相談に行きましたら・・・
張替え、ばね替えで200~250€ですって。。。
椅子よりも、修理の値段が高くついてしまうので、、
1m7€の生地を買って
自分でボリュームを出したというわけです
最近は、ひとつの安楽椅子の生地色を統一しない、
古風でない、にぎやかな安楽椅子もあったりしますから!
20140409009.jpg


今回ご紹介したメイドインイタリーでしかも値段が格安!!
スカンポリの生地屋は
MORENO
15, Via Margaritone - 52100 Arezzo (AR)

アレッツォ駅から歩いて5分

リサイクルの骨董屋もこの手の生地屋も、運と出会い!
行っても全く気に入ったものに会えないことも!
だから「今日は会えるかしら?」と通ってしまうのです
08:21  |  家を装飾  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

「トスカーナの休日」舞台 売家

2014.04.08 (Tue)

ダイアンレイン主演の2003年の大ヒット映画
「トスカーナの休日」
ストーリーはこちら

実際舞台になった家はアレッツォからバスで1時間のコルトーナにあります
昨年辺りから、その家が売りに出ているといううわさは聞いており。。。

昨晩、たまたま見ていたSKYのチャンネル「DOVE」
「la seconda casa non si scorda mai」という番組に出てきました

この番組は、2人の建築家(不動産家?)がクライアントの希望を聞いて
その条件に見合った物件を2つずつ見つけ、4つの物件のうち
どの家が一番気に入ったかを競う番組
視聴者も茶の間で、家族意見交換できるネタが満載です

今回のクライアントは、セカンドハウスとして、
コルトーナにすみながらB&Bを経営したいというご夫婦

そこに登場したアメリカ人小説家が売りにだしているこの家です
母屋はざっとこんな感じ
その昔、伯爵が住んでいた頃に居たであろう動物たちがすべてのドアに
描かれています


昔のままを残しながら、修復しなくてはいけないところには、こだわり・・
例えば、このサロンの床は、なんとコルトーナのチェントロにある
シニョレッリ劇場の舞台床を再利用だったりします
20140408015.jpg

B&Bができる離家は、なんと糸杉を使って修復!
入ると、杉の香りに癒されるらしいです~
cort002.jpg

一通り見た後は・・・・
間取り説明 
家屋は350平方メートル
庭やプールなどの屋外部分は1万5千平方メートル
20140408005.jpg

出ました、気になるお値段
ジャジャーン!
2.400.000ユーロ
1ユーロを140円と考えて・・
3億3600万円 です??
20140408007.jpg

コルトーナの郊外の屋敷は、世界的に人気があるし、
映画の舞台ということでの値段と思われます

いったい誰が買うのか興味津々です~

****************

映画「トスカーナの休日」をまだご覧になっていない方、
こちら↓からDVDを購入できます



CDはこちら↓


小説はこちら

タグ : トスカーナの休日 ダイアンレイン

09:28  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラ スペチャリタ

2014.04.04 (Fri)

料理レッスンのメニューを決める際、
マンマの得意料理(スペチャリタ)つまり家族が大好きでマンマが
よく作るメニューをお願いしたいと度々リクエストを頂きます


今回のこの写真は、マリアンジェラのスペチャリタ
「ツナソースのスパゲッティ」


20140404DSCN0559.jpg

たっぷりツナのほかに、ペペロンチーノ、オリーブとケーパー、
アンチョビ、にんにく、トマトソースが入ります

私は、トマトソース、イタリアンパセリとツナとにんにくといたってシンプル
なソースで作りますが、マリアンジェラのこれ、おいしそうです!

マリアンジェラのこのスペチャリタ、料理レッスン可能です
10:03  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ネット回線(イタリア WI FI)

2014.04.02 (Wed)

引越しを機に、電話回線を家にひこうか迷い。。

いろいろにらめっこしているうちに、電話回線はひかずに
これに決めました

TIMのinternet pack 42.2

ポケットWIFI機種込みで199€
1ヶ月に10GB×12ヶ月使えます
で、、うれしいのは、
既に別のSIMでTIMのお客さんだと、
通信量をダブルにしてくれるという話
4月から始まったようです
ということで、
月16.60€で20GB
私にしたらたっぷりなので、安心して使えそうです

これを買う前は何を使っていたかと申しますと
ヴォダフォンのポケットWIFIを購入し、通信料は月20€5GBでした
他にもインターネットキーなども併用したりして。。

いつもハラハラするのは、やめ時に手落ちがないように。
(開始するときは簡単なのですがね~)
すべてネットで手続できます
ヴォダフォンの5GBのオプションを中止し、
中止されたお知らせSMSを必ず確認
(下記 2014/04/02 17:07に受け取り)

びっくりなのは、その4分後に、
vodafone rete sicuraという頼みもしないセキュリティオプションを
勝手に開始、3ヶ月は無料で4ヶ月目からは1€とのこと
中止の場合は・・アドレスは書いているものの、勝手に開始されるんです。

そのあとすぐに、中止の手続をとったところ
セキュリティーはなくなるぞ(怖いぞ)、的なSMS・・
voda001.jpg

勝手に開かれた別のオプションも発見。。
50per tutti というもので
50分/月 は、通話代が無料で使えますよというもの、これは2ヶ月ほど前に
勝手に開始され、無料だからとほっといたのですが、、
SIMを使わなくなると、勝手に有料化されて、借金をこしらえられては困るので
190(ヴォダフォンのアシスタント)に電話。。。
(これに関しては、ネット上から停止できない様子)

「OK!50per tuttiの中止手続は済んだから」と明るいお兄さん

「ちょっと待って!なんでこの手続はネットから解決できなかったのか?
そして4月23日停止というけれど、この停止希望電話をしなかったら、
いったいどうなっていたの?勝手にお金を引き出す予定だったのか?」

「中止の手続をとったからもう心配はない」とにごすお兄さん
「そんなことを聞いているのではなく、
電話しなかったらどうなっていたのかの話だ~!!」と突っ込む

「42071にSMSをするように、SMSが行くはずだったから」との話。。
「サービス向上のため、今日の対応のアンケート電話が行くから宜しくね~」と能天気・・

イタリアですからこんなことは日常のこと


もうひとつ、電話がらみで今日の出来事・・

TIMのポケットWIFI開始に際して、パスワードのキーを見つけられず
119に電話

TIMはヴォダフォンと違って、、外人オペレーターがよく出ます。。
(もしかしたら、賃金の安い外国に電話が繋がっているのかも。。)

UTAKO:「(買ったものを説明し)回線は繋がったから、WIFIのキーがどこに書いてあるのか知りたい」
TIMオペレーター:「何?PINでしょ、カードに書いてるでしょ」
UTAKO:「4桁の?」
オペレーター:「そう」

4桁のカードのPINをいれるも接続表示にならず。。数が足りないのではというと
自分で勝手に作った番号を入れればいいとの話!!!!

え~~そりゃないでしょ。自分で勝手に作るなんて!
パスを3回間違ったらアウトでしょ(多分大丈夫だろうが。。)というと
何回入れ込んだ?とオペレーターがきくので、1回だというと
じゃあとまだ2回チャンスは残っているじゃないと!

え~~~!

WIFIのつなげ方を全くわかっていないとわかったので
電話をブッツリ切って
ショップに電話・・
ポケットWIFIの蓋の裏に書かれてある8桁の数字と判明・・解決・・

TIMのオペレーターから「何で(電話を)きったんだ」と電話受け・・
外人の口調は本当にきつい。。

もう解決したから結構ですと電話をきりました

気分が悪くなるので、できるだけかけたくないオペレーター
しっかり雇用されていないので、対応はひどいものです。。

長くなりましたが、、
いいたかったのは・・・
勝手に開始される携帯電話オプションには、
是非お気をつけくださいませ・・
気付かないような小銭を多数の人から引き出そうという魂胆が見え見えですので
18:52  |  旅と情報  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トスカーナの春

2014.04.01 (Tue)

トスカーナは、春らしい季節になり、
オリーブ畑が、お花のじゅうたんです
20140401024.jpg

20140401031.jpg

20140401025.jpg

20140401022.jpg

20140401036.jpg

20140401033.jpg
20:55  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |