12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

# アレッツォ県 厳選オリーブオイル生産者⑥

2014.01.20 (Mon)

アレッツォ県の優良なオリーブオイル生産者さんをお伝えしています
6つ目の生産者さんは、ラ・トッレ
アレッツォから北、カセンティーノ地区の手前に位置
こちらの生産者さんも美味しいワインも造っています!

ラベルと瓶の形が印象的


★生産者情報★

名称:エキストラバージンオリーブオイル 
   有機栽培 ラ トッレ  

収穫年: 2013
生産地:アレッツォ
オリーブ種類:モライオーロ、レッチーノ、フラントイオ
標高:300-450m
位置:段々畑 
オイル生産量(例年):4000~6000kg
収穫方法:手と機械にて収穫、収穫から1日~2日以内には搾油
     10月末から11月にかけて
搾り:遠心分離法
保存:ステンレスタンクにて 窒素注入で酸化防止

色:フレッシュな緑~黄色
特徴:心地よいなめらかさとフレッシュさと辛さを感じる
   アーティチョーク、刈ったばかりの草、
   バランスが取れた味
使い方:生でサラダなどに使用することをおすすめ
    茹でたりグリルした魚に生でかけたり、
    出来上がったスープや前菜の食べる直前に風味付として
酸度:0.15% 
ポリフェノール:379

****************

ここの生産者さん、缶はなく、今のところ瓶のみの販売
おしゃれな瓶はワインのようにコルクで栓がしてあり、
ちょうどよい量で流れてくる、注ぎ口が付属されています

2012年産のトッレのオイルを、いまでも使っていますが、
おいしさをそのまま残して、まろやか!
1年経過後も、欠陥は一切無く使えています。
16:13  |  オリーブオイル生産者  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ県 厳選オリーブオイル生産者⑤ ヴィテレータ

2014.01.09 (Thu)

おいしいオリーブオイル造る生産者紹介⑤

「テヌータ・ヴィテレータ」

オリーブオイルもおいしいですが、
この辺ではおいしいワインの生産者として名前が通っており、
アグリツーリズモも経営しています

オリーブオイルを届けてもらった担当のマルティーナに
(有名なので)当然のことながらワインは日本に入っているでしょと
ききましたら、入っていないんだそう!
(中国へは輸出しているそうです)
はい、ヴィテレータはワインもお勧めです!

初めて私がこのオイルを頂いたのは
アレッツォのとあるレストラン
キアナ牛のカルパッチョととってもよく合っていました


2013年産のオリーブオイル酸度は0.25%と低めです!

名称:エキストラバージンオリーブオイル
   有機栽培 テヌータ ヴィテレータ 
収穫年: 2013/2014
オリーブ種類:モライオーロ30%、フラントイオ60%、レッチーノ10%
オリーブ木の本数:550本
生産地:アルノ渓谷地区 ラテリーナ・コルメッロ
標高:250m
収穫方法:手摘み 10月20日~11月中旬まで 
   収穫から搾油まで18時間以内
搾り:コールドプレス 

特徴:色・深い緑色、香:緑オリーブとアーティーチョーク
   味・苦味を感じながら、辛さが持続

食事との組み合わせ:ピンツィモーニオ(生野菜のスティックサラダ)
          サラダなど生で味わえる料理やズッパなどのスープ


ヴィテレータのある
アルノ渓谷沿いは、良質のワインやオリーブオイルのゾーンとして有名
(フィレンツェからアレッツォの中間です)
有名なワイナリーとしては、フェラガモのボッロ、
「オレーノ」のセッテポンティがあります


ここのオイルは、今のところ瓶のみの販売となっています
09:55  |  オリーブオイル生産者  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ県 厳選オリーブオイル生産者④ プリモコンソレ

2014.01.09 (Thu)

引き続き、オリーブオイルのすばらしい生産者さんの紹介

ナポレオンのラベルが印象的、そのオリーブオイルの名前は

プリモ・コンソレ

フランス第一統領 ナポレオン・ボナパルトのことです



このオリーブオイルにナポレオンの名前がついた由来は・・・

1804年から1814年まで続く皇帝ナポレオン一世によるフランス第一帝政は
軍事独裁政権をもって広くヨーロッパを統治、
イタリア・トスカーナ州も、その統治下にありました。
1809年のフランス帝国役職者が、陳述したある文書に 、
トスカーナの、この一角(ペルジネ・バルダルノ)の
オリーブ栽培における 特別な適性について、このように書かれています。

収穫されるオイルは最高品質、優勢的な販売が可能

ということで、
200年以上も前の文書に、高品質のオリーブオイルを生産できる土地柄であることが
認められていた記述が残っていたことから、プリモコンソレの名前がつきました

恵まれた環境のもと、プリモ・コンソレは、高価値のある品種、
モライオーロとフラントイオから 生まれることで、
卓越した品質レベルに到達することができます。

プリモ・コンソレは、
トスカーナのオリーブオイルらしいすばらしい特性、
そしてより洗練された味わいを提供します。

生産者情報

名称:エキストラバージンオリーブオイル 
   プリモ・コンソレ 
収穫年: 2013
生産地:ペルジネ ヴァルダルノ(AR)
オリーブ種類:フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ
オリーブ木の本数:2000本
標高:300/350 m
位置:いろいろ
樹齢:30年位、中には100年以上の木もあり
1本あたりの生産量:約12kg
オリーブ収穫量2013/2014:25トン
収穫方法:手摘み 2013年10月24日~11月10日まで
搾り:温度調節した遠心分離法
オイル生産量2013/2014:約3トン


******

このオリ-ブオイルは、瓶のみ、しかも早めに使い切ってもらう目的で
250mlと500mlの販売でしたが
今回、特別に持ち運びしやすいよう、250ml缶に初めて詰めて貰いました
一度味わうと、来年も欲しくなるオイルです

例年のパンチのある辛味と苦味は、今年はまろやかで
バランスの取れた味わいとなっています

08:16  |  オリーブオイル生産者  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ県 厳選オリーブオイル生産者③ ブッチャネーラ

2014.01.08 (Wed)

大変、遅くなりました。。

新年明けましておめでとうございます
どうぞ今年も宜しくお願い致します

これは!
と厳選したオリーブオイル、アレッツォ県の6生産者の紹介!
去年からちょっと力をいれている、私の個人的な企画です

先ほど手にいれたばかりの、ブッチャネーラのオリーブオイル

ブッチャネーラはワインもそうですが
オイルも有機栽培、こだわったオイルを造っています~




★生産者情報★
名称:エキストラバージンオリーブオイル 
   IGP 有機栽培 ブッチャネーラ農業会社 
収穫年: 2013/2014
生産地:アレッツォの丘
オリーブ種類:フラントイオ、モライオーロ、レッチーノ、ペンドリーノ
オリーブの木の数:3000本
標高:500m
位置:南~西
木の樹齢:10~50年
木1本あたりの生産量:1.3リットル(平均)
オリーブ生産量:26400kg
収穫:手摘み 2013年10月20日~11月10日まで
搾り:遠心分離法、コールドプレス
オイル収穫量:4000リットル

成分検査の結果は、酸度は0.18%ととっても低め
ポリフェノールの量は、431mg/kg と高めです!
(ご注文いただいたお客様には、詳細の成分表をお渡しします)

生産地はアレッツォの中でも、よりおいしいゾーンのひとつ。
最終日が、11月10日の収穫ということで、オイルの酸度の低さにこだわった収穫
であることは間違いなし。
その中でも時期で、より辛い、苦い、よりデリケートと好みを聞いてくれ
調合してくれるというほどですから
オリーブの本数は多いながらも、
生産するオリーブオイルを把握している生産者さんです!

20日間で3000本を終えるには一日150本、手摘みで収穫体験された方ならば
おわかりいただけるかと存じますが、なかなか簡単なことではないですから、
一気に終えるには、人手が必要です。

それを可能にできる農業会社
オイルの味は、トスカーナのオイルらしい、
より辛さと苦さが主張する、しっかりした味わいのオイル
となっています
21:12  |  オリーブオイル生産者  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |