09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パジェッティ搾油所 オリーブオイル

2013.10.31 (Thu)

パジェッティ搾油所の今年のオリーブオイル搾油は、
10月24日から始まりました

本日、10月31日パジェッティ搾油所へ行って来ました
昨年は、既に活気があった時期ですが、今年は人もまばら
機械の稼動は、フルではなかったです
やはり、今年は遅れています

パジェッティの搾油はこのように無酸素状態で行なわれます

さっそくテイスティング
このオイルは、気に入りました
フルーツ感が高く、フレッシュな草やアーティーチョーク
の香りがします
味は、まず、含んだ瞬間、
口には、まろやかさが、ふわっと広がり、
ナッツのような甘さ(でも欠陥は、感じない)、
そして、苦味は殆どなく、のど越しを過ぎたあと、
数秒後、心地よい辛さ
搾り立てにありがちな、厳しい突っつく感じは
さほど感じない、この時期(10月搾りなのに)にこのまろやかさ??
という感じです
欠陥は一切ありません
パジェッティ オリーブオイル

「この時期に、この味」には、訳がありました
天候です、雨が続き、しかも本格的な寒さがなかったことからとのこと
今後、11月、ガッツリした寒さが来ると、今後のオイルのほうが
より強い苦味が出るだろうとのこと

搾油をした後は、ステンレスのタンクで無酸素状態(窒素入)で保管します
味や香りは、その搾油所の味や香りと、とらわれがちですが、
収穫や搾油の時期、いろんな条件が加わり、
タンクごとに表情が違うということはよくあります

ということで、今回のこの香りとお味は、
1つ目のタンク、500リットル分
の特徴です


加える評価の基準は数値

今回のこのタンクの検査数値
20131031pg.jpg
acidita 酸度 0・47 
エキストラバージンオリーブオイルは
0.8以下ですから、もちろんクリアしていますが
この時期の搾油にしては若干高め
この数値が、あのまろやかさ、
ふわっとした心地よいオイルの感じをだしています
  
Numero di perossidi 過酸化物価 (酸の状態)1.94 
benissimo !!

Polifenoli  ポリフェノール
150 が標準のマックスですから、この数値255は1.7倍増しです

オリーブオイルは、同じ搾油所のオイルでも
毎年、同じではありません、搾油方法を同じとしても
天候、収穫時期、収穫方法など
条件が変わると、オイルの味や、成分分析も変化します

青々しいオイルというよりも果汁感の強いオイルを最近味見したので
特に今回のパジェッティのこの特徴には
オイルらしさをより感じたのかもしれません

オイルらしいといっても、一切、(欠陥的な)酸化はなく
おいしいオイルに仕上がっていました

昨年、岩清水のような澄んだオイルとも表現いただいた
パジェッティのオイルですが、今年の一番目のこのタンクは
その感じとは違ったオイルに仕上がっています
スポンサーサイト
20:30  |  パジェッティ搾油所とオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブ収穫始まりました

2013.10.24 (Thu)

ワインの仕込が落ち着き、いよいよオリーブの収穫が始まりました
今年は、例年より遅れると、各生産者、搾油所から
聞いています

オリーブの木を3000本以上所有するアグリ・ポッツォへ
昨日行ってきました
ちょうど、昨日23日からオリーブの収穫を始めたところ!



ここのアグリの場合、オリーブの木の本数が多いので
早めの収穫開始が必要です

20131024001.jpg

痛みのないきれいなプリプリのオリーブの実 !!
20131024002.jpg

このアグリは小さいながらも、自家用の搾油所を保有しています
人手、仕事の関係で、搾油は、週末のみ行なわれ、
収穫体験と搾油見学は、この時期の楽しみ 

今週末は搾油を行なう予定
搾油の様子をお伝えできればと思っています
20:17  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

東京でトスカーナワインの特別試飲会 

2013.10.21 (Mon)

ご無沙汰しましてすみません・・・

ブッチャネーラワイナリーの
経営者アナスターシアから、東京へ行ってくるわ!
と連絡が入りました

トスカーナの18のワイン生産者が東京に集結します
ブッチャネーラもそのうちのひとつの生産者として参加

詳細はこちら!!
20131021tos.jpg

20131021tos2.jpg

業者さん向けの試飲会ですが、一般の方もご連絡を下されば
アナスターシアがパスをくれるということでしたので
ご希望の方は左のメールフォームからご連絡ください~

平日のみの開催、しかも明日からということで
突然のお知らせでした

タグ : トスカーナワイン キャンティワイン

09:51  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋の羊飼い訪問

2013.10.10 (Thu)

この時期の好天日には、羊飼い訪問において
チーズ造りを見学しながら、羊の放牧風景をみることができます
(但し、訪問日が晴天でも、前日まで雨が降り続いた場合は
 羊は、屋内飼育、よって屋内見学になります)


20131008019.jpg

20131008026.jpg

20131008001.jpg

ペットとして飼われている馬も挨拶にやってきました!
20131008004.jpg

20131008027.jpg

母ヤギ・カテリーナのミルクは、子犬たちの栄養源
20131008020.jpg

おいしいのを知っているので、みんな欲しがります~
20131008021.jpg

一通り羊乳からできるチーズ造り(3種類)を見学し、
ジュセッペが試作品を味見させてくれました
ヤギチーズのおがくず熟成です
20131008007.jpg

これがそれ!
濃い口のワインとよく合いそうなチーズ
後味は、舌がビリビリする不思議な感じです
20131008005.jpg

ジュセッペのチーズは
熟成する前に、売れてしまいます
ので、蔵にあるのは、熟成前のチーズばかり。。
20131008006.jpg

ジュセッペの農業会社は、
一般のお店には卸していないのですが
場所柄、フィレンツェから買いに来るお客さんも多く
お店にある生産物はとにかくよく売れています

この時期は、インゲン豆、小麦粉、じゃがいもなども
よく売れます
どれもこれも、すごくおいしいです
17:29  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラ レッスンメニュー②

2013.10.04 (Fri)

昨日の続き

マリアンジェラレッスンでの料理紹介
20131004DSCN2438.jpg

マリアンジェラのお得意料理
赤チコリとバルサミコ酢のストラッチェッティ 松の実入り
20131004DSCN2441.jpg 20131004DSCN2444.jpg 

20131004DSCN2447.jpg

スペックとチーズのクロスティーニ入りのサラダ
20131004DSCN2456.jpg

アマトリチャーナ 
20131004DSCN2487.jpg

マッシュルームとチーズ入りの
ストロッツァプレーティ(パスタは生麺購入)
20131004DSCN2464.jpg

(ソース作り)
20131004DSCN2463.jpg

豚ヒレ肉のパンチェッタ巻き
松の実添え、タイム味
20131004DSCN2465.jpg

ウサギ肉のカッチャトーラ(トスカーナ料理)
20131004DSCN2481.jpg

秋冬向きの料理内容も充実 
宜しくお願い致します
07:30  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラ レッスンメニュー①

2013.10.03 (Thu)

料理のレパートリーが広い
マリアンジェラの最近のレッスンメニュー
や家族に好評だった料理の紹介です

レッスンにて
手打ちパスタ・ピチとソース作り


ソースは、ハーブとお肉をたっぷり使った
マリアンジェラ風ミートソース
20131003DSCN2430.jpg 20131003DSCN2432.jpg

このソースはホントお勧め!とマリアンジェラから
報告が来ました
20131003DSCN2439.jpg

インゲンマメのブルスケッタ
トスカーナの代表的なアンティパスト
豆の煮方がポイントです!
20131003DSCN2450.jpg

ズッキーニとサルチッチャソースのトルティリオーニ
20131003DSCN2425.jpg

アスパラの肉巻き
チーズでコク出しの味付け
20131003DSCN2416.jpg

20131003DSCN2429.jpg

ティラミス
20131003DSCN2437.jpg

メニューご紹介は、明日も続きます
14:19  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トスカーナの中世パン パン ディ ラメリーノ

2013.10.02 (Wed)

トスカーナにおいて、中世時代から伝わる
大変歴史の深いパン

パン ディ ラメリーノ
(pan di ramerino)

ラメリーノとは、トスカーナの方言で、ローズマリーのこと

この味は家庭に伝わる味であり、
その土地によって、微妙に味や作り方が違う、
正真正銘ローカルなパンです


材料は、小麦粉、上質なオリーブオイル、ローズマリー
干しぶどう、お砂糖、ビール酵母、塩

20131002056.jpg

20131002058.jpg

昔ながらの素朴な味のラメリーノパン

レダの家に代々伝わるレシピを
レッスンで習うことができます
07:48  |  レダの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。