ポッツォアグリとバラの花

2013.05.31 (Fri)

昨日も雨・・アグリ・ポッツォにて晴れ間を狙って、撮った写真

エトルリア時代を起源とする石造りのアグリ施設とバラの花は
よくマッチしています

アグリ・ポッツォとバラの花の写真



20130531001.jpg

20130531002.jpg

20130531010.jpg

20130531006.jpg

20130531011.jpg

20130531003.jpg


20130531013.jpg

雨がよく降るので、緑がとってもきれいです。

気になる天気
週末の日曜日は少し晴れるそうですが、来週も雨は続き
天気が安定するようになる、本来のイタリア天気は
6月の6~7日のあたりからだそうです

5月は、まるで、日本の梅雨のようでした・・
07:57  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラ シュフ

2013.05.30 (Thu)

ビールがおいしい季節になりました!と言いたいところですが
もう6月になるというのに、今年は、まだまだ寒くて、、、
まだ毛布をかけて寝ています、今日も最低気温が9度、最高気温は15度
ぐらいの予報

イタリアはワインがおいしい!
でも、ビールはやはり、ベルギーやドイツビールが好きです

最近は、ワインソムリエのように
ビールのうんちくを語ってくれるパブもあったり!
小規模生産者のなかなかおいしいビールを置いて居たりします

大きなスーパーには必ず置いてある、このベルギービール
ラ シュフ (750m)
おいしいです!
ラ シュフ

特徴は、のど越しがさわやか、そして、なによりフルーティ、
苦味は殆ど感じず、スパイシーな香りがあります。泡も細かい!!
口の中での発泡感も心地よしです。

度数は8%

アンティパストや魚のフライやグリルなど料理とも一緒に
おいしく飲める食事用ビール

のどの渇きを一気に癒すビールというより、食事と一緒に
ワインのような感じで、おいしく味わって飲むビールです

日本でも小瓶が発売されてます
ビールの詳細は、商品クリックで
ラ シュフ

ラ シュフ
価格:546円(税込、送料別)

08:26  |  ビール  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

生産者の野菜市

2013.05.29 (Wed)

毎週、水曜日の午前、viale giotto (アレッツォ駅から徒歩10分くらい)の公園内で
コルディレッティ(農協のような団体)に加盟する生産者市があります



黄色いテントが目印

10店舗ぐらいでています
新鮮な取れたて野菜やくだもの、ワイン、オリーブオイル、
ペコリーノチーズ、はちみつ、生花などが売られています、
09:51  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パッパルデッレ祭り、始まっています!

2013.05.27 (Mon)

マリアンジェラの家から徒歩で行ける村祭りが始まりました
こちらにて紹介

この手の祭りは、
村人が、ボランティアで労働し、
売り上げは村のために使われることになっています
サッカー場を作ったり、公民館の改修費に当てたり。

マリアンジェラの家があるバッティフォッレの
このパッパルデッレ祭り(方言でマッケローニ祭り)
は、人が沢山集まりますので、用意するほうも頑張り甲斐あります!

パッパルデッレも、たくさん用意しないと!


麺棒でつくる手打ちパスタですから、本格的!
ベテランマンマが腕をふるいます。
20130527DSCN1665.jpg

20130527DSCN1663.jpg

20130527DSCN1667.jpg

写真はマリアンジェラに写してもらいました
マリアンジェラは、祭り期間中、カメリエーレとして活躍中です
21:16  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォの教会 開館時間

2013.05.24 (Fri)

<2013年5月現在>
アレッツォ駅から徒歩でいける
主な教会の開館時間 お知らせ



サンフランチェスコ教会
 月ー金 9:00-18:30
 土   9:00-17:30
 日祝  13:00-17:30
 聖十字架伝説鑑賞は、8ユーロ
 場所:Piazza San Francesco

大聖堂
毎日入場フリー 
7:00-12:30 
15:00-18:30
場所:Piazza Duomo

サンタマリア・デッラ・ピエヴェ教会
毎日入場フリー
10:00-12:30
15:30-18:30
場所:corso italia 7

サンドメニコ教会
毎日入場フリー
10:00-19:00
場所:Piazza San Domenico
16:20  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏のおもてなしイタリアンランチ

2013.05.23 (Thu)

マリアンジェラの夏のおもてなしランチ

ファッションも常におしゃれなマリアンジェラ
料理のセンスも、ばっちり
お招き料理に向いています



20130523020.jpg

20130523021.jpg

今回の「夏お招きランチ」の紹介!
◎スペルト小麦のサラダ
◎ズッキーニのカルパッチョ
◎ブレザオラ(牛肉の生ハム)とパルメザンチーズと松の実、ルッコラ
◎フレッシュにんじんとクリームチーズ
◎ズッキーニのフリッタータ
◎ミニトマト、オリーブの串サラダ
◎バレリアーナとりんご、松の実のサラダ
20130523023.jpg

食材の「おいしい」組み合わせを作るのがマリアンジェラは
とっても得意
センス抜群のマンマです!
16:15  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

実験

2013.05.21 (Tue)

先週の土曜日、とってもうまいベルギー職人ビールを飲みました
ラベルを読むと、
「生きたビール酵母が沈殿」
とのこと
パンできちゃう??ってなわけで、、
その沈殿物を、水で溶き、小麦粉+酵母君のえさ(お砂糖)を加え
待つこと、2日・・・
こんな感じに、発酵しました!


第二段階
パンを作ろう
上の種を、小麦粉+水+ミルクで練り練り
半日たっても、変化なし、8時間後ちょっとふっくら
↓2倍になるまでには、24時間経過
(市販のビール酵母生を使うときは量と気温次第だが、1時間でも膨らむのに・・)
20130521006.jpg

第三段階
形成後、二次発酵
やっぱり、なかなか膨らんでくれず、5時間して
やっとオーブンへ・・・
(普通は、30分でも膨らんだりするのに・・)


完成!
カリッとしています!!
20130521012.jpg

中身はこんな感じ
自然酵母で作るパンの割には、気泡が大きい!
しっとり感といい、期待大!!
20130521014.jpg

20130521016.jpg

香りは、市販のビール酵母とは全く違うやさしい甘い香り
手間を4日かけた分、期待は益々大きくなりましたが、

味が・・・
びっくり・・
まさしく、噛めば噛むほど、すっぱいんです

あの甘い、芳香性のあるおいしかったビール、
あなた方が造ったの???というくらい
別物のお味・・・・すっぱい、すっぱい・・・

パンには、合わない事がはっきりわかりました

ミルクを入れたのに、小麦粉も甘みのある製粉所で購入したものなのに、、
酸っぱいパン。。

2回目用に寄せておいた、酵母種を水に流したのは言うまでもありません。。
20:54  |  ピッツァとパン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ただいま流行中・・・・

2013.05.20 (Mon)

昨日の日曜日、老若男女が立ち寄る村のバールに居たところ

若者カップルが黒いペン(??)のように見えるものを吸って、
煙を吐いているのをみました。
最近、イタリアで流行っている電子タバコです

電子タバコ

不況のなか、アレッツォのチェントロには最近
この電子タバコの専門店が
一気に4店舗 オープンしました

店の雰囲気は明るく、
いったい何を売っているのかわからないようなシンプルな空間が広がり
若者のお客さんをよく見かけます


なんでこの電子タバコが流行っているのか?

①経済的
タバコは一箱5ユーロしますので、毎日一箱吸うと
月の出費は150ユーロ
電子タバコ、本体は70ユーロ位で、リキッドが10ユーロとか
リキットがどのぐらい持つのかわかりませんが、
タバコと比べ、確実に安上がりだそう

②健康のため
タバコをやめたいけどやめられないひとがニコチン入りのリキット
→ニコチンなしに持っていきたい様子

③ファッション
すっかりファッションになっています
元々タバコを吸っていない人も電子タバコから始めたりしていて
不思議な感じ・・


町の中で閉店していく店舗が、時代と共に、このお店になるのはまだわかります。

ここ数年、スロットマシーンの店が増えていることが
イタリアで大きな問題となっています
08:08  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

手打ちパスタでパンツェロッティ

2013.05.18 (Sat)

パンツェロッティといえば
プーリア州のカルツォーネを揚げたもの

こちらは、マリアンジェラのパンツェロッティ
手打ちの卵麺に中身は、リコッタチーズ、イタリアンパセリ
ナツメグ、塩、胡椒


シンプルなトマトソースがよく合います
バジルやイタリアンパセリの緑
リコッタチーズの白
トマトソースの赤
20130518DSCN1562.jpg

まさしくイタリアンカラーな一品
料理教室で習うことできます!
15:57  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ 有名な村祭り、ふたつ!

2013.05.17 (Fri)

ほんと、今年は、雨の多い春・・こんなに春に雨が降ることは、
どうやら2世紀ぶりとか。。
2日と晴天が続きません・・

春になると、イタリアのあちこちで村祭りが始まります
アレッツォ県で、とにかく有名なのは、下記2つ!

ルチニャーノの花祭り!
サイトは、こちら
アレッツォからバスで行けます!
トスカーナ 村祭り

バッティフォッレのマッケローニ祭り
こちらは、マリアンジェラ宅の近くで行なわれ
マリアンジェラ家族もボランティアで毎年手伝っている村祭り
パスタ村祭り

詳細はこちらにて紹介しています!
ナナ(アレッツォ方言・鴨丸焼き)がとってもおいしいということなので
今年は、わたしも参加してみたいと思っています!
20:43  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新5ユーロ札

2013.05.15 (Wed)

新5ユーロ札が、出回り始めました!
写真は上が新札、下が旧札



20130515003.jpg

新札公表されたときのニュースはこちら

新札はどんな感じ?
①旧札に比べ、しっかりとした厚み
②向きを変えると輝きと色味が微妙に変化
③旧札では、図柄上にあった、でこぼこ(爪で真偽を判断できた箇所)
、新札は両脇に長いでこぼこ
④新札は、ドラギ総裁のサイン入り!

偽造できないお札であること、願っています。
掴まされるお札が、本物か、偽物かを心配するのには
ほんと疲れます

大きなお金を両替する必要があるときは、できるだけ
スーパーなど、偽造札判別器にかけているところで
くずすようにしています

といっても、200ユーロ札はスーパーの自動レジは
受け付けなかったりします
(MAXは100ユーロ札)

昔、リラだった時代、
5000リラは、5ユーロに比べ、う~んと価値があった気がします
08:15  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラ テーブル装飾

2013.05.14 (Tue)

マリアンジェラから自然素材を使ったテーブルコーディネートの
サンプル例写真が届きました



20130514DSCN1534.jpg

蝋燭を、シトロネラキャンドル(蚊よけキャンドル)に替え
暑い夏の外での食事に素敵な演出
20130514DSCN1526.jpg

20130514DSCN1529.jpg

お客様用 座席札 ① 
20130514DSCN1530.jpg

お客様用 座席札②
20130514DSCN1539.jpg

マリアンジェラの洗練されたこれらのセンス!
お料理と一緒に習うことができます
16:09  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ワイン協会主催でワイナリー開放・アレッツォ県 6月- 10月

2013.05.13 (Mon)

先日ご紹介しましたアレッツォ県のワイナリー開放企画


20130507アレッツォワイン企画


ご希望を受けましたので、
10月までの全ての日程を掲載します

2013年5月 

5 (Terranuova B.ni) Paterna
8 (Terranuova B.ni) Fattoria La Traiana
12 (Castiglion F.no) La Pievuccia
15 (Loro Ciuffenna) Il Borro
19 (Foiano della Chiana) Fattoria Santa Vittoria
22 (Arezzo) Tenute di Fraternita
26 (Arezzo) Cantina Vini Tipici Aretino / Podere di Pomaio
29 (Castiglion Fibocchi) Tenuta La Pineta

2013年6月

2 (Terranuova B.ni) La Salceta
5 (Laterina) Tenuta Vitereta
9 (Civitella in Val di Chiana) Piè di Colle
12 (Monte San Savino) San Luciano
16 (Terranuova B.ni) Fattoria Terranuova
19 (Bucine) Petrolo
23 (Arezzo) Villa La Ripa
26 (Arezzo) Tenute di Fraternita
30 (Cortona) Fabrizio Dionisio

2013年7月

3 (Terranuova B.ni) Fattoria La Traiana
7 (Terranuova B.ni) Campo del Monte
10 (Castiglion Fiorentino) Buccelletti Winery-Casali in Val di Chio
14 (Arezzo) Buccia nera
17 (Terranuova B.ni) Paterna
21 (Bucine) Migliarina & Montozzi
24 (Terranuova B.ni) La Salceta
28 (Castiglion Fibocchi) Tenuta La Pineta
31 (Arezzo) Fattoria San Leo

2013年8月

4 (Civitella in Valdichiana) Piè di Colle
7 (Bucine) Petrolo
11 (Castiglion Fiorentino) Tanganelli
14 (Laterina) Tenuta Vitereta
18 (Cavriglia) Poggi del Chianti
21 (Arezzo) Buccia nera
25 (Monte San Savino) San Luciano
28 (Cortona) Fabrizio Dionisio

2013年9月

1 (Foiano della Chiana) Fattoria Santa Vittoria
4 (Cavriglia) Tenuta San Jacopo
8 (Arezzo) Giancarlo Casini
11 (Cortona) Riccardo Baracchi
15 (Arezzo) Podere di Pomaio
18 (Arezzo) Villa La Ripa
22 (Arezzo) Fattoria di San Leo
25 (Bucine) Migliarina & Montozzi
29 (Cavriglia) Poggi del Chianti

2013年10月

2 (Castel Focognano) Ornina
6 (Castiglion Fiorentino) La Pievuccia + Santo Stefano Tanganelli + Buccelletti Winery-Casali in Val di Chio
9 (Loro Ciuffenna) Il Borro
13 (Castel Focognano) Ornina
16 (Terranuova B.ni) Campo del Monte
20 (Terranuova B.ni) Fattoria Terranuova
07:48  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アンティノリの新ワイナリー訪問について

2013.05.12 (Sun)

アンティノリ キャンティ ワイナリー 

昨年2012年10月25日、トスカーナ州のキャンティクラシコ地区に
生産者マルケージ・アンティノリが新巨大ワイナリーをオープンしました

一般公開の予定が今年2月でしたが、のびのびで・・電話で確認すれども
予定の話ばかりでした

すっかり忘れていた頃、調べてみるとどうやら一般公開始まったようです!

この話題のワイナリーは
自然の中にそびえたつ、近代的な建物にもびっくりしますが、
博物館やレストランを備え、
観光にも力を入れています

一般向け訪問詳細は・・
1385年からトスカーナでワインを生産するアンティノリファミリーのストーリー
約1時間の訪問になります
製造工程、ブドウ畑訪問、テイスティングのツアー後は
自由に博物館や、ショップ、レストランを訪れることができます

アンティノリワイナリーの開館時間
月曜から土曜まで 11:00-19:00まで(最終開始は18:00)
日曜日 11:00-15:00 (最終開始は14:00)
祝日は要相談

アンティノリワイナリーツアー予約について
少人数訪問は、できるだけ予約制、グループ訪問は必ず予約
言語は、イタリア語か英語

料金
ガイドつきツアーと3種テイスティング(アンティノリが選ぶワイン)
+博物館フリー入館で
お一人様20€ 
(※テイスティングは18歳以上)
訪問のみ、7歳から~17歳まで 5€
6歳以下 無料

とのことでした
ワイナリーのある位置は、フィレンツェからより近いですが
アレッツォから専用車(営業車・NCC)で、
このようなプランも可能です

アレッツォ発 9:15
アンティノリワインリー着 11:00
1時間のツアー+買い物+レストランでランチ
(合計2時間)
アンティノリワイナリー発 13:00
アレッツォ着14:45


料金は、左のフォームからお問い合わせくださいませ!
08:04  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラの料理レッスンメニュー 

2013.05.09 (Thu)

マリアンジェラの料理レッスン出来上がりの写真です

この日のメニューは

1)手打ちパスタ:ラビオリ(中身はリコッタチーズとほうれん草)
  バターとセージのソース
2)豚ヒレ肉のアーティーチョーク巻き
3)カスタニャッチョ(トスカーナの栗粉ドルチェ)

20130509ラビオリ

見栄えもよく、とってもおいしそう!
中に巻かれたアーティーチョークは、人気の食材、
秋から5月までは、出回っています
リクエストで、調理の仕方をお知らせしています
20130509豚ヒレ

この2点は代表的なトスカーナのドルチェ
奥が、カスタニャッチョ、生産者から買った栗粉を使いました
手前は前日にレッスンでやった
スキアッチャータフィオレンティーナ
飽きの来ない伝統的なドルチェです
20130509カスタニャッチョ

*************

マリアンジェラからこんなの作ったわよ!
料理レッスンとして、絶対お勧め!!
と今朝、連絡が来ました
さすが研究熱心なマリアンジェラ!

リコッタチーズのニョッキ

20130509DSCN1518.jpg


20130509DSCN1519.jpg

ニョッキといってもジャガイモは入らず
リコッタチーズと卵と小麦粉で作ります
ジャガイモニョッキよりも、ぽってりな食感
マリアンジェラいわく、ジャガイモニョッキよりも
より好ましい味とか!
ソースは上記の写真のように、シンプルに、オリーブオイルと
パルメザンチーズと、胡椒がばっちり合うそう!
ジェノベーゼペーストとも合うし
ゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、胡桃をあわせたソースとも
最高とのことでした
食べてみる価値ありよ!とのことでした!

よく伺う私たち日本人好みの食感
「もちもち!」
かどうか、味見してから、報告します~。
15:29  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ワイン協会主催でワイナリー開放・アレッツォ県

2013.05.08 (Wed)

20130507アレッツォワイン企画

毎年、春~秋にかけて、やっているこの企画

5月のワイナリー開放日と生産者は・・・

5日  Paterna (Terranuova B.ni)
8日  Fattoria La Traiana (Terranuova B.ni)
12日  La Pievuccia (Castiglion F.no)
15日  Il Borro (Loro Ciuffenna)
19日  Fattoria Santa Vittoria (Foiano della Chiana)
22日  Tenute di Fraternita (Arezzo)
26日  Cantina Vini Tipici Aretino (Arezzo)
26日  Podere di Pomaio (Arezzo)
29日  Tenuta La Pineta (Castiglion Fibocchi)

となっています
毎週、水曜日と、日曜日
時間は、15時ー19時 (予約は不要)
料金は、5€を予定とのこと


普段は、積極的に訪問を受け入れていない良いワインを造っている
ワイナリーもあり、よい機会となっています!

ご滞在のお日にちがちょうどよく
ご興味のある方、お問い合わせくださいませ
専用車の手配可能です

※この企画は、10月20日まで続きます、
水曜日と日曜日にアレッツォ周辺にいらっしゃる場合
ご興味ありましたら
どこで、訪問が可能かお知らせいたします~!
15:29  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

デコパージュ レッスン

2013.05.07 (Tue)

デコパージュ(découpage)とは、
題材に、装飾された紙を張って、コーティング剤をかけて仕上げる手工芸です
塗料や、のりは全て水性を使いますので、水洗いはできませんが
作業中の嫌な臭いはありません


デコパージュは、装飾を目的としたを手工芸、
語源はフランス語のdécouper、カットするから来ています
イタリア語では、ritagliare 切り抜くの意味

ヨーロッパでの歴史は大変古く、中世時代

17世紀には、家具や小物類に簡単に装飾を施せることから
フランスやイギリスで、長期間、大流行

イタリアでは、18世紀 
イタリア・ヴェニスの家具職人が、
1700年代当時の流行のシーン、写真や雑誌を切り抜いて、
家具に貼り付けたことが確認されています


ガラス皿を使ったデコパージュ作品(ラファエラ作)
20130507070.jpg

この2枚の皿、手前は赤い花輪を、模様紙からきれいに切り抜き
皿の裏面から、無地の和紙を被せています
一方、後ろの皿は、アジサイの模様入りの和紙を貼り付けただけ
しわにならないように、しっかりのり付けします

何が一番、楽しいかって!
やはり、出来上がりを想像しながら、
構図を作っていくことだと思います!



絵柄の紙は、ラファエラ、とにかく沢山持っていますので
選び放題、迷ってしまいます・・

紙は大きく分けて3種類ご用意しています
薄めのプリント紙、ペーパーナプキン、和紙
他に、雑誌やイタリア語の新聞、なんでも使えます

こちらは、はさみいらずで
ちぎって使うペーパーナプキン柄
最近は、ラファエラ、ポーランドへ行くたびに
仕入れてきていますので、イタリアで見かけないような
かわいい柄もたくさんありました!
20130507067.jpg

20130507068.jpg

小さいものですと、ドライヤーで乾かしながらやると
3時間でひとつ完成します

完成が見える、しかも、楽しく、美しく、
作品がイタリア旅行の思い出になる
そんな旅も、おもしろいかも!

デコパージュ情報は、またお知らせします!

15:41  |  ラファエラデコパージュ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ガストロノミア(総菜屋)で食事

2013.05.06 (Mon)

予告なしに、間が空いてしまいました、すみません!

最近のイタリアは、どんなに流行っているレストランでも
突然、閉店休業する場合があります、

先日、行こうと思ったあるレストラン、
電話が繋がらず、実際行ってみたところ、閉店していました・・
ネット上の口コミのコメントが最近(2ヶ月前)まであったので、
観光シーズンに向けて、まさか閉店はありえない、
だれも閉店していたと書き込む人は居なかったし、
想像もつきませんでした

レストランで働く人たちが、私の周りには、居ます
お給料が数ヶ月払われない話、給料が遅れている話
倒産した話、経営者が変わって持ち直した話
不安定な話は、ここ数年、非常によく聞きます

そんな中で、同じ飲食関係でも元気な様子を見せているのは
ガストロノミアやロスティッチェリア
いわゆる総菜屋です、
イメージ的には、ガストロノミアは
アンティパストからプリモ、セコンド、ドルチェまで
幅広く扱い、
ロスティッチェリアは、お肉、特に、炭火焼系の丸焼き
などに、付け合せの野菜やマメが置いてあるというイメージ
いずれにしても、品質が悪くないものを置いてあるのが特徴

私がよく行くガストロノミアには食事できる場所もありまして
おかずがショーケースに並んでいるところへ見に行って、
自分の目で食べたいものを選んだり、
カメリエレから、今日のお勧めを聞いたりして
食べるものを決めます
その日によって、あるものは変わりますので
紙のメニューは存在しません


ラヴィオリ アッラ マレンマーナ 
とミニトマトのソース 5€
(パスタとソースの組み合わせは自由にできます)


ラヴィオリ アル サルモーネ オレンジ入り 7€
20130505012.jpg

半人前のタリアータ 3.5€
柔らかいお肉でした~!
一人前を二人で食べますというと、こんな感じで
2枚ずつに分けてくれます
20130505013.jpg

これに半人前の野菜の付け合せをつけて、一人2€

パンも手作りパン。

どれもこれも、まずまずのおいしさです
お水と、500mlハウスワイン、コーヒーをつけて
一人当たり15€位でした

イタリアの、町にある食堂つきのガストロノミア
お勧めです
11:04  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |