03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

オルビエートでジェラート祭り

2013.04.25 (Thu)

2013年5月1日ー5日まで
オルビエートにて、第一回のジェラート祭りが開催されます

イタリア ジェラート

サイトはこちら

イタリア20州による、20の味の投票コンテスト
もあるようです

ゴールデンウィークでイタリアにいらっしゃるジェラートがお好きな方、
是非、お立ち寄りください~。
07:11  |  ジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ソムリエ世界一 

2013.04.24 (Wed)

以前、2009年にイタリアナンバーワンに輝いたときに
お伝えしたことがあります
アレッツォ人のソムリエ

ルカ・マルティーニ氏

イタリアソムリエ協会(A.I.S)主催のコンクールがロンドンにて行なわれ
22カ国が参加。
ルカ・マルティーニ氏が、優勝したそうです
20130423ルカ・マルティーニ

ニュース詳細はこちら(イタリア語)

まだ32歳という若さなので、今後に、益々期待です!

10:44  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ズブリソローナ 

2013.04.23 (Tue)

アーモンド粉やとうもろこしの粉を使って、サクサク感を
出すマントヴァのお菓子、ズブリソローナ

以前、ポッツォアグリのロージーマンマに習ったものは
アーモンド粉もとうもろこし粉も使いませんが
さっくり感があり、お気に入りのレシピで、
時々、作っています

20130424001.jpg

中にはリコッタクリームとチョコチップが入っています
20130424003.jpg

何度かやってみて感じたのは。。

クリームを入れ込む前、
生地を手で押し過ぎると、クロスタータ系になり、
さっくり感がでないので

生地はほどほどにさら~っと押しておくと
空気が入っているので、サクッと行きます

この季節、リコッタクリームの中にイチゴを入れてもおいしい!

ズブリソローナは、スッごく簡単で
手間をかけたような見栄えで、
しかも、おいしい!
なんともすばらしいドルチェと思っています~。

小さなカップに入れても、すごく見栄えが良いです!
21:10  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

自然素材でテーブルコーディネート

2013.04.23 (Tue)

先日の続きです

造った作品は、こんな感じでセッティング


201304233054.jpg

201304233056.jpg

続けた料理レッスンでは・・

①かぼちゃと赤チコリのタルト
②ストロッザプレーティ サルチッチャとフェンネルとトマトのソース
③子牛肉 ミニトマトとバルサミコソース
を作りました。

201304233061.jpg

201304233059.jpg

201304233066.jpg

出来上がりの写真
りんごとペコリーノチーズと松の実入りのサラダ
201304233067.jpg

前菜のタルト:作り方はシンプルなのに、
すごく、おいしかった!
201304233068.jpg

サルチッチャとフェンネルがよく合うソース
パスタは時間の都合上、買った生パスタを使っています
201304233069.jpg

トマトとバルサミコ酢の酸味と、上質の柔らかな
甘みのあるお肉が良くあっていました!
201304233071.jpg

前日に作っておいてくれたりんごのプチケーキ、
松の実入り
201304233072.jpg

どれもおいしかったです~!
18:44  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

自然素材でテーブルコーディネート

2013.04.21 (Sun)

マリアンジェラの自然素材を使ったテーブル
デコレーションレッスンの様子です

テーブル中央用の飾り
松ぼっくり、乾燥りんご、ヘデラ(アイビー)をボールに入れて
つくりました


集めたたくさんの材料
20130421027.jpg 20130421026.jpg

マリアンジェラ
コップを使って、何を作っているのかしら?
20130421031.jpg

夏の、外での食事に素敵な、
キャンドル飾りでした
20130421037.jpg

これは、こんな感じで
お客様をお招きするときに、ネームプレートと一緒に置くのよ!
20130421028.jpg

マリアンジェラの個性が出ています、
なんとなくフランスっぽい感じ!
20130421029.jpg

乾燥させた素材と、生の素材を一緒に組み合わせて!
20130421032.jpg

こちらは、生のヘデラと本に挟んで乾燥させたスミレ
を使った座席札(SEGNAPOSTO)、かわいい
20130421038.jpg

胡桃を使ったナプキンとめ
20130421040.jpg 20130421039.jpg

マリアンジェラは、
アイデアがいつも溢れて、眠れなくなるとか・・
あっという間に、いろいろ、できました。

次回はどんな感じでテーブルで使われたか
お知らせします
06:00  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ブッチャネーラ・ワイナリー 総テイスティング

2013.04.20 (Sat)

アレッツォ郊外にある丘の上のワイナリー
ブッチャネーラワイナリーへ行ってきました

ワイナリーの様子はこちら


今回は、生産する全てのワインをテイスティングさせて頂きました


20130414144.jpg

人気のキャンティワインやスーパータスカンも造っており
しかも、全て、オーガニックで価格が手ごろで、おいしいワインが
揃っています

ヴィンサントも、とてもおいしいです!

今回のように時間をかけて各銘柄ワインの特徴を確認しながら
テイスティングも可能ですし
人気のキャンティスーペリオーレとスーパータスカン2種類
のみのテイスティングも可能です!

ブッチャネーラの7種のワインのうち
木樽で熟成しないタイプ、普段使いのラインが日本のデパート
高島屋さんにて、入手可能

Donna Patrizia ,
Magnano,
Camprianese,
Guarniente

↑この4種です

イタリアで購入後、重いワインを持ち帰らなくてもよく
日本で手に入るのはとってもうれしい話です!!

スーパータスカンとキャンティスーペリオーレ、
ヴィンサントは、
日本未発売となっています
11:04  |  ブッチャネーラワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ピチ(ピーチ) の小道具

2013.04.18 (Thu)

日本のうどんのようなトスカーナの手打ちパスタ
「ピチ(あるいは ピーチ)」

作る際の小道具は、家庭によって、違います

こんな感じで7本ぐらいずつ、切り取るローラータイプ
20111115RIMG0032.jpg

生地をわっと、キタッラ用の小道具にかぶせて、
一気に切り取るタイプ
20130418キタッラ

ラファエラがやっているように
コツコツと一本ずつ作る、縦型タイプ
20080502P1030382.jpg

コツコツと一本ずつ作る 横型タイプ
20130308015.jpg

さてこちら!
こんな麺棒、売っています
刻みが入っているタイプ
ピチ トスカーナのパスタ

ピチ麺棒は
マリアンジェラの料理レッスンで使っています

日本では売っていないんじゃない??とマリアンジェラが
気を利かせてくれて・・・・

ピチをレッスンされる方で、この麺棒が欲しい方は
レッスン前に、立て替えで購入しておきます
今のところ、4€となっています。(価格は変わる場合があります)
18:01  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パルミーロのジェラート体験

2013.04.16 (Tue)

第一回ジェラートチャンピョン・パルミーロの
2時間ジェラート体験です

2種類のレシピを伝授、一緒に作りました!

1)レモンのシャーベット
すぐに食べるためなのか、それともお店に出すためか?
でレシピは変わってきます。時間経過にも安定したシャーベット
であるためには、自然植物の安定剤が加わります
特に、酸があるレモンの場合、分離には、注意が必要
そして、すっぱいレモン果汁の分量、どこまでだったらOKか?
の話などがされました。
20130406005.jpg

2)ザバイヨーネとカントゥッチョのジェラート
トスカーナ生まれのパルミーロの定番ヒットジェラート
ザバイヨーネクリームには、ヴィンサント(トスカーナのドルチェワイン)が入り、
仕上げにカントゥッチョ(トスカーナのビスケット)が練りこまれました
ヴィンサントの使用方法、量の半分は、ザバイヨーネクリームを作るため加熱使用、
残りの半分は加熱せず、香りを生かして途中、加えられました
20130406008.jpg

小型のマンテカトーレといえど、威力は強く
あっという間にジェラートを仕上げます
20130406010.jpg

20130406007.jpg

午前中、ジェラートが並び始めるショーケース
松の実、マカダミアナッツ、クリーム、ヨーグルト、
ビスケットなどの味、まだまだ夏には遠いので
この時期にピンと来る味が揃います
20130406011.jpg

ジェラート体験は、いらっしゃる方が、

★プロを目指されている?
★ジェラートが大好き!軽くジェラートを知りたい?

目的で、パルミーロの話す内容が変わってきます

どちらにしても、おいしいパルミーロのジェラートを
お召し上がりいただけます
17:46  |  パルミーロのジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マズーレック

2013.04.14 (Sun)

まるでタイルのようにきれいなドルチェ!

「マズーレック」MAZUREK

復活祭のときに食べられるポーランドのドルチェです


生地はビスケットを砕いて、バターと合わせて焼き
その上に、MOUというキャラメルのような味のソース
がかかっています
このソースがうまい!!
MOU(ムー)は、生クリームとお砂糖からできてるシンプルな味

飾りつけは、ドライプルーン、ドライアプリコット、
胡桃、アーモンド、ヘーゼルナッツ、
時間をかけて花模様をつくります
20130412139_20130414143237.jpg

こってりドルチェで、ひとつの柄で、きっと高カロリー・・・
すごくおいしいので、たくさん食べてしまいました。。
20130412140_20130414143237.jpg

見た目も味もよいので
日本でも、いけそうです!
06:44  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

3時間で5種ドルチェを作る

2013.04.11 (Thu)

イタリア人のマリアンジェラは、日本人顔負けかもというほど
段取りや正確さが、すばらしい!

3時間で5種のドルチェを作り、尚且つティータイムを持つことは
オーブンの段取りなどを含め、なかなか簡単にできることではありませんが
マリアンジェラなら可能です



今回の5種イタリアドルチェレッスン
★アマレッティ
★バーチディダーマ
★ヌテッラと生クリームのチョコケーキ
★サラミチョコレート
★ミニストゥルーデル


材料と分量+作り方は、イタリア語(日本語訳あり)で
お渡ししました
(料理と違って、ドルチェは正確な分量を必要とします)

各ドルチェの材料は、マリアンジェラが
このようにトレーにセット
20130411074.jpg

アマレッティから始め、手際よく、
複数ドルチェ製作を同時進行です
何しろ、ものによって、オーブンで焼く温度が違います
(135℃~200℃まで)
オーブンコントロールが、時間内に終了させるための決め手になります

これがバーチディダーマになります
20130411084.jpg

こちらは、既成のパイ生地を使ったミニストゥルーデル
20130411083.jpg

こちらはサラミチョコレート
一緒に作りました!
サラミチョコは、冷蔵庫で6時間ほど冷やし、固める必要がありますので
マリアンジェラが前日に作ったものを試食用に
あらかじめ用意しておいてくれました
20130411089.jpg

こちらが出来上がった
(手前から)チョコケーキ、アマレッティ、ストゥルーデル
20130411087.jpg

バーチディダーマの生地がオーブンに入っている間に
4種ドルチェで、ティータイム
ストゥルーデルは温かくて、どれもこれもおいしかったです
20130411090.jpg

バーチディダーマの生地が出来上がり、
中にチョコレートが入りました!
生地には、オレンジの皮が練りこまれているので
チョコレートと、オレンジの香りがとってもよく合います!
20130411092.jpg

こんな感じで手作りのバックのなかに
作ったドルチェを包装して、お持ち帰りいただきました!
20130411094.jpg


洒落たパスティッチェリアで購入したようなドルチェのセット
の出来上がり!

3時間で完璧、終了となりました

さすが、マリアンジェラです!
13:40  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アーティーチョークのベッルタータ

2013.04.09 (Tue)

ラファエラの料理です

こちらアーティーチョークのベッルタータ(あるいはズッパ)
ほんとにうまい!一品、ラファエラのヒット作です!!
10日ほど前にご馳走になって、すごくおいしくて
今日もリクエストして、いただきました
とっても手間がかかったペッルタータ
アーティーチョークは捨てる部分がいっぱい、その部分を煮て
漉して、ホワイトクリームソースとあわせ、
仕上げはパルメザンチーズをかけました
晩秋~春まで、アーティーチョークがある時期の
料理レッスンで絶対お勧めです!


セコンド
子牛肉薄切りのフライ(衣はとうもろこし粉)
アーティーチョークのフライ
赤ジャガイモの素揚げ
20130409004.jpg

アーティーチョークは、中の柔らかい部分をフライにして
外の固い部分は、ベッルタータに使用したので、合理的!
赤ジャガイモも一旦、かた茹でしていますので、揚げ具合がいい感じで
おいしかったです!
お肉は、衣がポレンタなので、カリカリ感が良く出ていました!
18:20  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オルチャ渓谷

2013.04.08 (Mon)

天気の良い日が続きません・・・

今年、3月は雨ばかり降って、とっても寒い日々でしたが
4月に入っても、連続して晴れの日がない・・・


オルチャ渓谷もこんな感じでした・・
オルチャ渓谷

20130408003.jpg

20130408001.jpg

20130408005.jpg
15:54  |  オルチャ渓谷  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サルシッチャ(サルチッチャ)の話

2013.04.03 (Wed)

生産者が豚を解体するときに手で造るサルシッチャと
スーパーで売られる工場生産のサルチッチャの違いは??

(生産者が手作業で造る様子)
20130119022.jpg

20130119025.jpg

生産者は、フレッシュな豚肉(赤身、バラ肉、他)、
塩、胡椒を、よく練り、腸に詰めていきます。
(地域によっては、にんにく、唐辛子
ナツメグ、フェンネルなどが加わります)

工場のそれは
上記のものに加え
①アスコルビン酸(酸化防止剤)
②硝酸ナトリウムもしくは、
 亜硝酸ナトリウム(肉の赤い色保持)
③粉ミルク(お肉の柔らかさを保持)
 
ほか、お砂糖なども加わるようです

粉ミルクは、スーパーが特売をするときに
多めに入れられるため、値段が下がるという仕組み。
40%ぐらいも加わる可能性もあるとか・・・

生産者が造るサルチッチャは上記のものは入っていませんので
造ったら、冷蔵庫で保存し、製造後、4日が限界。
色も変わってきます

では、食品添加物が入らないサルシッチャの場合、
保存は、どうするのでしょうか?

★干して、乾燥
★数日干して、オイル漬
★冷凍

この3種類の保存方法になります

タグ : サルチッチャ、サルシッチャ

12:30  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

マリアンジェラ 復活祭のテーブルセッティング

2013.04.02 (Tue)

自然の植物を使ったテーブルセッティング

マリアンジェラから、
復活祭の食卓の様子の写真が、届きました~

イースターのテーブル飾り

パスクア 
13:46  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |