スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パジェッティ搾油所へ行ってきました

2012.10.31 (Wed)

オリーブオイルの搾油が始まったパジェッティ搾油所へ行ってきました

摘まれたばかりの小粒のオリーブ


砕かれたオリーブがペーストになって真空状態
で練られています
20121031003.jpg

20121031017.jpg

1時間ほど練られたあと
遠心分離機で分解、手前が水、奥がオイルが流れていきます
20121031023.jpg

出てくるオイルはこんな色
緑茶のよう!
20121031025.jpg

オイルの保存には窒素を加え、空気は完全遮断しています
20121031004.jpg

出来上がったばかりのオイルは、品種が同じであっても
出てくる毎に、味が違います
その畑の土質がオリーブオイルそのままに出てきます
20121031008.jpg
スポンサーサイト
07:48  |  パジェッティ搾油所とオイル  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

カセンティーノの羊飼い訪問

2012.10.30 (Tue)

週末は天気がものすごく荒れ
数日前と比較し、一気に気温が20度近く下がりました

今朝は、初霜が降り、朝7時の外の気温はなんと-2度
家の中は14度でしたので、暖房をつけました
長い冬がやってきます・・・

週末、雨でしたので、羊飼い訪問では、羊追いの見学ができず。。

チーズ造りは、雨の日もばっちり見学できます


10月から始まった冬季・豚肉の加工品造り
干されて10日ほど経ったサラミ、
フレッシュ感がまだ残っていますが、自然のカビを取り始めていました
20121030068.jpg

素材も大事ですが、環境がおいしいサラミを造ります
20121030070.jpg

サラミの下には、ペコリーノチーズ!
20121030069.jpg

今回のランチ
先週、解体した豚で作ったソプラッサータ(顔や耳を煮込んで固めたソーセージ)
が加わりました、
ソプラッサータは、造る人の好みがはっきり分かれるソーセージ
ジュセッペの作るものは、シンプルな味!
おいしかったです。
20121030072.jpg
09:49  |  羊飼い訪問  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

ルチアーノ宅でディナー

2012.10.29 (Mon)

お客様のたってのリクエストでB&Bフォンテディジャーノを廃業した
ルチアーノ宅へ久しぶりに行きました!

最後にあったのは、2年半前
ルチアーノもルチアーナもアッスンティーナおばあちゃんも
元気!一緒に仕事をしていたのが、まるで昨日のよう

ルチアーノは、本業の宝飾品のアクセサリー工場の仕事が忙しく
(注文主は、海外、ロシアや南アメリカとの取引が多いそう)
ルチアーナは、増える孫の世話でとても忙しく過ごしています

思い出話をしながら、楽しくおいしいルチアーナの手料理
アンティパスト
パイ3種、スペックとバレリアーナのサラダ(器はパルメザンチーズ)
生ハム包み(中にはフィラデルフィアチーズと胡桃)


太めリガトーニと、赤チコリとスペック、
タレッジョチーズのソースパスタ
20121029054.jpg

メインは、
キアナ子牛のヒレ肉をグリルした後
焼きチコリ(アンディーブ)の上にゴルゴンゾーラチーズを乗せたもの
イタリア人が、おいしいお肉を表現する言い方
”バターのような口溶け”とは、まさしくこのこと、絶品!
20121029056.jpg

梨とチョコレートのタルト
20121029057.jpg

久しぶりのルチアーナの手料理
全部おいしかったです!
今後、宿泊も料理レッスンも再開の予定は、ありませんが
ルチアーノの妹、マリアンジェラが準備中!
とても楽しみです!
11:47  |  フォンテディジャーノとルチアーナの料理教室(終了)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

レダの搾油所から写真が届きました

2012.10.26 (Fri)

今週末は、北ヨーロッパから寒気が入り、天気が崩れるそう

週末からオリーブ狩りを予定している人たち、
日にちを早めて、すでに収穫を始めています

アンギアーリのレダの搾油所でもオリーブ狩りと
搾油所稼動がスタートです!

レダの家や搾油所、畑から、すばらしい景色が見えます
ダ・ヴィンチの絵(未完作)、「アンギアーリの戦い」
の舞台といわれる平原です
201210262012-10-19 11.51.40

201210262012-10-19 11.51.12

201210262012-10-19 11.51.20

201210262012-10-19 11.53.06

レダの息子、マルコとアレッサンドロ
レダのように、いつも元気いっぱい!
201210262012-10-24 18.05.31

初搾りのオイルが出てきました!
なんともフレッシュな色!
201210262012-10-24 19.09.01

パジェッティ搾油所の様子は、10月31日以降
掲載できる予定です!
08:16  |  レダのオリーブオイル  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パニーノ専門店!(WI-FI できます!)

2012.10.24 (Wed)

アレッツォのチェントロにあるサンタ・アゴスティーノ広場が
きれいに整備されて、素敵なお店が広場を囲んでいます

そのうちのひとつ
Panini & Co
パニーノ専門店 


まずは、パンを選びます
スキアッチャータ(ミルクやオイル)、
ゴマのパン、全粒粉パン、ロセッタ、スライスしたトスカーナパンなどあります

中に挟む具を伝えます
すでにメニューの中には36種類の組み合わせが用意されていますが
ショーケースをみながら、好きなものを、はさむことも可能!

20121024027.jpg

こんな感じで注文にあわせ、作ってくれます
20121024025.jpg


20121024019.jpg

20121024023.jpg

ガラス張りの明るい店内

飲食すると、無料でWI-FIが、できるのもうれしい話!
無料WI-FIを使いたいときは、お店の人からパスを貰います

ランチしながら、旅先でメール確認ができるのはうれしいですねー!

パニーノは、詰める具の数によって値段は変わりますが
平均で4~6€位の値段設定となっています

facebook で PANINI&Co を探すと
住所や店内の写真がでてきます。
10:57  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ポルチーノきのこ・旬です!

2012.10.23 (Tue)

週末は、アレッツォの街から10km離れた
田舎で過ごします

日曜日、いつものように村のバールに集まる人たち
この時期は、きのこ狩り名人や、狩人が目立ちます
きのこ狩り名人は、顔で商売!その人が居ると、
「ある??」の一言で売買がされます
ちなみに、名人はそれを副業とし、
年間、数千ユーロを稼ぐらしいです~。

ということで、たまたま前日の土曜日に採った
ポルチーニ、買い手が引き取りに来なかったということで
回ってきました!ラッキー!!


虫が全くはいっていないプリプリ極上品でした!
全て栗の木の下で見つけたものですで、
香りがより強いといわれます。

この箱で、1,2kg
今年は、1kgあたり、25€という地元産の相場

700gぐらいはその日のうちに、いろいろやって食べました
やはり、生のカルパッチョが一番うまい!!
残りは、細かく切って、小分けにして冷凍!
大事なことは、使うときは解凍せずに、そのまま調理!
解凍すると、水がでてしまうので。。。
07:07  |  きのこ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アグリストランテ(生産者食堂)+産直商店 オープンしました!

2012.10.22 (Mon)

アレッツォ駅から歩いて10分もかからない場所に
アンギアーリの農業会社が、
生産物を使った食堂と生産物を売るボッテーガ(商店)
を開店しました!

モンテメルコレ

農業会社といっても、共同組合、コープと同じような感じ。
税金の話は、わかりかねますが、それが優遇される協同組合は
今の時代、(イタリアでは)強いです。

アンギアーリへ行くと、モンテメルコレのチーズや生ハムは、
おいしいということで、よくご馳走になっていました。

チーズは生乳からつくり、豚肉の加工品(生ハムやサラミ)は、
保存料や発色剤は一切使いません
そして、”Km0”(イタリアで言う地産地消)
野菜はほぼ、自分たちの畑の野菜 

農業協同組合 モンテメルコレのサイトはこちら(写真は出ますがサイトは準備中)

アグリストランテ・モンテメルコレの紹介はこちら

レストランでは、チーズの盛り合わせ、
トスカーナの盛り合わせ、
生産物を使った料理が出されます。
08:34  |  旅と情報  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

美しい卵

2012.10.20 (Sat)

羊飼い農家や300年農家へ行くと、卵を買ってきます

今年は飼料用のとうもろこしが高いので
売る側は、値段を急激に上げられないし
なかなか、やりくりが大変だという話・・

このたまご、羊飼いから生みたてを買って
1週間ほど冷蔵庫に入れていたもの
みごとプリプリ!
雌鳥が、いい環境にいることわかります

卵がおいしいと、お菓子もおいしく作れるし
手打ちパスタのできも違います

卵はスーパーでは、安売り以外、1個で20セント~40セントにつきます
生産者から直接買う場合は、1個35セント~50セント

殆ど値段は変わりません

スーパーで売られる卵の中には、オレンジ色の黄身もあって
卵を割って、びっくりしたことあります
手打ちパスタの色がきれいに出ます!って感じで売られています
07:04  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年もの

2012.10.19 (Fri)

300年農家の引越し手伝いをしてきました

300年続く農家ですから、現役で使われている道具は、
すごいものがたくさんあります
昔の人の知恵の豊富さにはびっくり!

カルビ家に伝わる一番古い道具
これです!


20121019004.jpg
穀類をすくう現役の道具

亡くなったサボおじいちゃんがマルゲリータによく話していたそう
なんと1717年のもの
1717年といえば、日本は、江戸前期です

カルビ一家は、先祖代々、MEZZADRIA(折半小作制度)で、近くにある
大きなヴァレンツァーノ城主の元、農業を続けてきました
家にあるいくつかの道具は、お城で使われていたもの!
なんていうのも珍しくありません


冬前には、300年農家の引越し先の家の中の写真を載せようと思います
春には、大自然いっぱいの中、また日本人のお客様をご案内できるよう
準備を整えておくと、カルビ一家が申しておりました

どうぞ宜しくお願い致します
08:42  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アレッツォ 秋のイベント情報 !

2012.10.17 (Wed)

1) TU WI (ワインの博覧会)
トスカーナのワイナリーが集結します!(200以上)
クッキングショーあり、試飲OK!入場料は10€
ワイン

2)世界のメルカート
アレッツォ駅から徒歩5分、世界(主にヨーロッパ)の食材や
伝統工芸品の出店が150店舗でます
20121017メルカ

3)アンギアーリ
アッペンニン山脈の食材市

20121017アンギアリ

14:51  |  旅と情報  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアンジェラの料理 

2012.10.15 (Mon)

昨日の続きです

マリアンジェラが作ってくれたコースは・・・

アンティパスト
洋ナシとカマンベールチーズ 
 ※松の実と胡椒を添えて、オーブンで軽く焼いています
  絶妙なお味でした


プリモピアット
ズッキーニのパスタ
※にんにくとパルメザンチーズを利かせ、あっさり味!
20121015036.jpg

セコンドピアット
ストラッチェッタと赤チコリのバルサミコ味
※写真撮り忘れです・・これほんとおいしかった~!
写真に写っているのは、息子2人、マンマの手料理が大好き!
写真には写っていませんが、ご主人ももちろん一緒で、
奥さんの手料理を褒めていました!
20121015040.jpg

ドルチェ
マスカルポーネとチョコレート
味もよいし、飾り付けもきれい!!
20121015044.jpg

チョコレートの中には、マカダミアンナッツが入っていて
やはり、マリアンジェラの手作りです!
20121015045.jpg

全て、おいしかったです
家族4人がみんな英語を話すこと、日本に興味があること

今後の日伊交流を、楽しみにしているとのことでした!
17:11  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

マリアンジェラの料理レッスン!スタートします

2012.10.14 (Sun)

先日お伝えしたルチアーノの妹のマリアンジェラ
の手料理を頂いてきました!

時間の都合で簡単料理をお願いたところ、
ささっとあっという間に、出来上がった料理は
ま~おいしかった!
おかげさまで、
家の定番料理が増えそうです

マリアンジェラと、今年最後のズッキーノ収穫
20121014DSCN0766.jpg

今日のテーマ色は、ズッキーニの「緑」 
テーブルクロス、グラス、緑をおしゃれに使っています
マリアンジェラの洋服も、緑でしたし。
20121014005.jpg

テーブルにセットされた飾り
ローリエの葉にローズマリーとペペロンチーノ
を紐で留めていました、
全て、日常見ているもの!、ちょっとした工夫で
おしゃれに変身~!
20121014028.jpg

畑で摘んだズッキーニを超薄切りに!
パスタソース用です
20121014010.jpg

マスカルポーネのドルチェを作っています

高級なモダンキッチン 
収納スペースが多く、整理整頓がすばらしい!
20121014016.jpg

手早くできる料理として、
子牛肉の薄切り、ストラチェッタを始めました!
20121014021.jpg

大目のオリーブオイルで焼きます
マリアンジェラは、ペルジネ・ヴァルダルノというゾーン
の生産者から直接オイルを買っています
トスカーナ州の
ペルジネ・ヴァルダルノは
最高のオイルがとれる産地として知られています
20121014022.jpg

ストラチェッタ・マリアンジェラ風は、赤チコリと松の実
バルサミコ酢を加えたもの!!
20121014026.jpg

余談ですが、アルミニウム製の上質なフライパン
でシェフのように家庭料理を作ること、私の憧れです~。。


手際もいいし、もちろんお味もばっちり!
かつ、おしゃれに料理という言葉が当てはまる、
マリアンジェラは、キラッとするものがあります

どんな料理ができたかは、また明日お伝えします!
06:04  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

カセンティーノの羊飼い訪問

2012.10.13 (Sat)

羊飼い訪問記録です

羊の生乳から、チーズを仕込む間の約30分、
羊飼いジュセッペは羊追いを見せてくれます

今回は、羊がすでにお腹いっぱいの状態でしたので
あまり動きたくなさそう・・・
ゆっくり、ゆっくりでした、、
おなかがすいている時は、すごいスピードで走り出すのですが。。


いつも頂く質問
羊は群れで行動しますが、羊にリーダーは存在するのですか??
ジュセッペいわく、ま~だいたい、いつも先頭は同じ羊だそうです
でも、リーダーと言うほどではなく、
先に動くという、軽い程度らしいです

牧羊犬が羊を見守ります、
ボーダーコリーは本当に賢い!
ジュセッペの言うとおり、機敏に動きます
20121013002.jpg

こちらも牧羊犬 マレンマーナ
トスカーナ原産の牧羊犬
まだ生まれて半年と言うのに、すでに
ボーダーコリーより大きいです・・・
20121013006.jpg

生まれたばかりの双子の子羊
やっと立ち始めたばかり
20121013004.jpg

各種ペコリーノチーズと、小さいのが、カプリーノチーズ(ヤギのチーズ)
20121013007.jpg

シルバーナが、いつも上手に盛り付けした
生産物ランチを用意してくれます
20121013010.jpg

今回のメニュー
農家産生ハム、農家産の白インゲン豆のブルスケッタ
イチジクとくるみ
ラビジョーロチーズ、出来立てあったかリコッタチーズ
ペコリーノチーズ2種(オリーブ油粕熟成、ソフトタイプ)
カプリーノ(ヤギのチーズ)
ソースは、手作りのイチジクジャムと赤パプリカジャム
トスカーナパン、赤ワイン、お水、コーヒー
20121013012.jpg

チーズ好きさんには、ボリュームたっぷりの一皿
しかも、おいしいです!

06:41  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

トルタ ディ アモーレ 

2012.10.12 (Fri)

アグリツーリズモ・ポッツォの経営者カルラが
新婚さんカップルのお祝いに用意してくれた手作りの

「トルタ ディ アモーレ 

トルタ ディ アモーレ

中は
スポンジケーキに、森の果実ジャム(自家製)
を塗り、中には、シャンティリークリームとイチゴを
はさんで、そして、ビターチョコで包みました~!
そしてスプマンテでお祝い

繁忙期(夏)は難しいですが、
10月になって、お客さんも少し落ち着いたので
造ってくれました

******

カルラは、企画力がある経営者!
2013年にはどういう楽しいことしようか、
たくさん話してくれました

例えば、子供が乗って楽しめる(おとなしい)ロバの乗馬!
2013年の春から仲間入りの予定です

後は、畑の拡大 
ここ数年、冬のお客さんも増えていると言うことで
冬野菜に適した畑作り、

チーズ造りやチョコレートで遊ぶ企画とか・・いろいろ。

アグリの中でできる楽しいことが増えることは
うれしいことです!
08:05  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アンナのパッパアルポモドーロ

2012.10.10 (Wed)

今回のアンナの料理レッスンメニュー

1)パッパアルポモドーロ
2)ポルペットーネ
3)トルタ ディ リーゾ(お米のブディング)


最初は、ドルチェのお米をミルクで煮るところからスタート
お米にたっぷりのミルクを吸わせるためには、1時間以上の時間を要します

次は、パッパアルポモドーロに使う
ための、野菜のブイヨン作り!
(コンソメは、一切使いません)
野菜とハーブから味を引き出すまで
コトコトゆっくり火を通していきます


ポルペットーネ用の肉をミンチにします
アンナは挽いてある肉は買いません、豚のロース、
子牛の赤身を自分で挽きます(脂身は全て取り除きます)
20121010015.jpg

上記の二つの写真の手間は、省こうと思えば省けること
でも、ここにこだわることから、学ぶことがたくさんあります


自家製のトマトソースで、付け合せのインゲンを煮ました
20121010019.jpg

ポルペットーネ・アンナの家庭風!
お肉に焼き目を入れたら、トマトソースで煮込みます
肉汁がソースと絡んで、しかも、ポルペットーネは
のど越しよく、柔らかく仕上がります
20121010020.jpg

パッパアルポモドーロ
ローストしたパンとトマトソース、野菜ブイヨンを
混ぜ合わせました
パンをローストしたところがアンナ風、煮込みの時間は、少なめ!
20121010023.jpg

出来上がりのパッパアルポモドーロ
トマトとバジルの味がしっかり、野菜の旨みを感じました
20121010024.jpg

こちらが、ポルペットーネのトマトソース煮込み
20121010025.jpg

インゲンのトマトソース煮 
20121010026.jpg

お米のブディング
中には、お米のほかに、松の実、干しブドウ、
ドライフルーツが入っています
20121010027.jpg

ということで、今回も全ておいしかったです!
アンナの孫たちは、アンナの料理が大好き!
特にアンナの作るポルペットーネはあっという間に終わってしまうそう
イタリアのお袋の味、おばあちゃんの味という言葉がぴったりの
味です
17:30  |  アンナの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パルミーロのジェラートレッスン

2012.10.09 (Tue)

秋らしく柿のシャーベットと
マンゴージェラートを、マエストロのパルミーロと作りました

材料は、完熟柿と砂糖とお水とはちみつだけです
なんとも、ナチュラルなお味!
柿の果肉が60%を占めるシャーベットですから、
ばっちり、柿のおいしさを感じます


こちらが、マンゴージェラート
こちらの場合は、ミルクと生クリームが入ります
マンゴー、果肉の比率は40%
甘みは、イタリア人の好みよりも
日本人好みに比率改良、甘さを抑え、絶品でした!
20121009012.jpg

パルミーロのピサの友人と試作段階中の
ピサの斜塔セミフレッド!
20121009006.jpg

そのうち、ピサで売られる日が来るかも?

ジェラートは、創造性があって、食べる人の笑顔が
見える、ほんとに楽しい分野と思います
18:44  |  パルミーロのジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トスカーナの生ハム造りの技術習得

2012.10.06 (Sat)

アレッツォからローカル列車で約1時間、
羊飼いのところでできる企画です

10月から翌年3月までの冬季限定企画
「豚解体」 見学

カセンティーノのこの地方は、昔から、
生ハム造りが盛ん! 気候も適しています
羊飼いジュセッペと弟のステーファノも、自然の調味料を使って
とてもおいしい生ハムを作り出します

10月から3月までの毎週水曜日
豚を解体、その後、生ハム、サラミ、サルチッチャなど
加工品を作ります
20120302011.jpg

ミンチにして~
20120302013.jpg

サルチッチャ(豚の腸詰)作り!
20120302021.jpg

化学的な添加物は一切使わない、生ハム
保存は、塩です!
ここで造られる生ハムは、深い味わいでとてもおいしいです
201108019RIMG0060.jpg

トスカーナのサラミ!
20120302020.jpg

一通りの行程をご覧いただけます
トスカーナの豚加工の伝統製法、
食関係のお仕事の方に、お勧めします!
07:29  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアアンジェラとできること

2012.10.05 (Fri)

昨日の続き

マリアアンジェラは、料理をはじめ、もの作りが得意
もの作りの話をするとき、とても楽しそうで、生き生きしています。

料理は、作ることはもちろんのこと、
デコレーション(料理の盛りつけ)、そしてパン作りを得意とします

食材は、GASから購入しています
ガスとは、食に関してのイタリアの動きのひとつで、
安心食材を、生産者からまとめてグループ購入する動き、環境に配慮し
キロメトロゼロ(地産地消)を重視しています

ガスを通して購入した無農薬のフルーツでジャム作り
出来立ての桃ジャム 
素敵なラベルまでつけて!マリアアンジェラのセンスが光ります!


季節のジャムや自家製のトマトソースが
きれいに食材庫に並んでいました
20121005002.jpg

マリアアンジェラのクロスステッチ作品
20121005011.jpg

レース編み 鈎針で編んでいきます、
どれもこれも、完璧な仕上がり!
20121005020.jpg

編み物
20121005018.jpg

カード作り
お誕生日祝い、クリスマスの招待、洗礼式後のパーティ
など、カードは全て手作り!
そして、全て記念にとってあります、息子さんたちが家から
独り立ちするときに、持たせる思い出の品だそう。
20121005029.jpg

箱作り
20121005030.jpg

近くには、小さな隠れ家的なお魚料理のレストランがあります
おいしいです!
毎年、5月の中旬から6月上旬にかけての週末(木、金、土)、この地域で
手打ちパスタ祭りが開催され、
お祭り会場でマンマ、ノンナの手打ちパスタ教室が開かれるそうです
メインは、鴨のロースト!トスカーナの伝統料理です

マリアアンジェラ情報はまた、追々載せていきます。
08:44  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアアンジェラのプランがスタートします

2012.10.04 (Thu)

マリアアンジェラは、
本業が忙しくB&Bを廃業したフォンテディジャーノ
を経営していたルチアーノの妹です!

2009年の大晦日料理レッスンでは、料理はもちろん、メニューを考え、
英語での通訳もしてくれていました このページ
大晦日レッスンに限らず、英語ができるので、
ルチアーナの料理レッスンがあったときは、
よく、通訳に来てくれていたし、しかも、イタリア語から英語に訳したレシピを
プリントアウトしてくれていました

ルチアーノと先日電話で話す機会があり・・・
ひょんなことから、妹が、合法的にB&B経営を始め
日本人のお客様を受け入れたいなんて言ってるんだよ。とのこと

優秀な一族と言うことは一緒に仕事をしていて経験済みだったし、
喜んでお宅を拝見してきました!


表側を取り忘れました。。これは裏側から見たお宅です
アレッツォ郊外、周りには森があり、オリーブ畑もあります
20121005031.jpg

マリアアンジェラが手入れする家庭菜園
20121005032.jpg

テラス 夏の夕食や夕涼みには最適の場所
20121005005.jpg

20121005007.jpg

家族の食卓 画家の叔父さんが描いたというコルトーナの
石畳を描いた油彩画が2枚、素敵に飾ってありました
大きな油彩画は、フィレンツェの画廊で購入したものだそうです
この食卓に、すっごく素敵なキッチンが付属されてあり、
料理レッスンはそこで行なうことになります

イタリアのインテリア雑誌に載っている雰囲気!
20121005009.jpg

ここからは、お客様用のアパートメントの写真です
すごく広いスペースを持ったサロン、暖炉があります
20121005027.jpg

アパートメント入り口
母屋と別の玄関ですので、家族に気兼ねなく出入りが可能です
20121005026.jpg

寝室
20121005014.jpg

アパートメント内にあるお客様専用のキッチン
20121005024.jpg

マリアアンジェラの家族は、4人家族 
エンジニアのご主人と、マリアアンジェラ、
22歳のフィレンツェ大学に通う息子ジャンルーカ
と次男の17歳のフランチェスコ
そして、ねこが1匹います。

明日は、マリアアンジェラとどんなことができるのか?
掲載します。
20:03  |  マリアアンジェラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家が引越しします

2012.10.04 (Thu)

2005年から、ご案内させていただいております
300年農家は、10月末に現在の場所から引越しをします

たくさんの日本人のお客様と知り合えたことに
感謝と喜びの気持ちを、いつも家族は持っています。

1864
引越し先の大暖炉に彫られた、建造年を示す年号


この家が、カルビ一家の引越し先
約150年前に建てられた石造りのポデーレです
20121004005.jpg
(※ポデーレとは、昔、農業が折半小作されていた時代に、
使われていた農園や農場の一般的な呼び名)

ここからカルビ一家の新しい生活が始まります
農場を整備し、落ち着いた頃、
トスカーナの300年の伝統農家訪問案内を再開します

どうぞご期待ください。
07:00  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アンナマンマの料理レッスン 

2012.10.03 (Wed)

アンナマンマへの、リクエストの高い、人気メニューは

トルテッリ ディ カセンティーノ (カセンティーノ地方のトルテッリ)
中には、味付けした茹でたジャガイモが入っています

手打ちパスタ生地を作って、中にジャガイモの具を入れたら
かわいいまん丸の型で抜きます


ソースは、ラグー
夏の間にアンナが作った、トマトの濃縮ペーストを使って作りました
あっさり味のジャガイモの具と、しっかり味のついたラグーは
相性が抜群!
20121003017.jpg

メインは、七面鳥の胸肉の詰め物
中には、サルチッチャ、生ハム、モルタデッラを
ミキサーで刻んだものを入れています
付け合せは、グリーンピースをパンチェッタ、
にんにく、オリーブオイル、塩、胡椒で味付けしたもの
20121003018.jpg

ヨーグルトを入れケーキ生地をつくり、
2通りの型でケーキを作りました
1つは、生地を低めにし、その上に、フレッシュな桃をたっぷり乗せて!
もうひとつは、シンプルな丸型に入れて、とうきび砂糖を振り掛け
カリカリ感を出しました(写真撮り忘れです・・)
20121003015.jpg

桃のさっぱり感がおいしかった!
20121003019.jpg

さてさて、
一緒に料理しているとわかることは、
アンナは、合理的なことを、とても好むマンマです
調理の仕方も片付けも、すばらしいです。

つまり、(合理的な)保存食は、アンナの得意とするところ!
自分で育てた夏のイタリアンパセリ
刻んで、オリーブオイルに漬けて、瓶に入れて冷蔵庫で保存していました
20121003009.jpg

ペースト状にしておけば、
どんな料理にも、ささっと取り出して使えます
今回の料理レッスンでは
ラグーの隠し味、茹でたジャガイモの味付け
として登場!
いちいち刻まなくていいし、オイルに漬ける事で
保存がききます。
20121003013.jpg

私は、生の買い置きがないときは、
冷凍してイタリアンパセリを使っていましたが。。
こんど、オイル漬、試してみようと思います。
18:02  |  アンナの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。