アンギアーリの伝統 葉巻タバコ生産農家訪問(3)

2012.09.30 (Sun)

タバッコの話の続き・・・

厳しい寒さの中、冬霜を浴びて、ロールできるほどに、
しんなり変化したタバコの葉は

20120929023.jpg

質、破れ、大きさなどから、7等級のランクに分けられ、

巻かれた葉巻は・・・・

こんなにたくさんのトスカーナ産葉巻銘柄になって、お店に並びます
質、香、味、強さ、大きさなど、それぞれ違います



一番左に紹介されていたMOROと言う銘柄の高級品
ネットで見てみたところ、
葉巻を切る道具(シガーカッター)と、木箱がセットで50ユーロ(1本)で
売られていました、一番の高級品らしいです
一本の長さは
なんと23cm 直径2cm
20120929037.jpg

葉巻は、お金持ちの嗜好品だから値段は、関係ないんだよ
と生産者のおじさんが話していました。

コニャックやマニャックやスコッチなどのお酒と、葉巻の複雑な香りや味を楽しむ。
超エレガントな別世界のことではありますが、
想像しただけで、映画のシーンのようです

8月から10月中旬までは、葉の加工風景を見学できます

2月、3月には、葉巻がどのようにロールされるのか、その作業風景を
見学できます
07:00  |  ロレッタの料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |