03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

オリーブオイルソムリエ講習 打ち上げ会

2012.04.28 (Sat)

無事、primoliere の修了書を頂きました。
証書授与は、トスカーナ州評議会議員から。。。
なかなかの緊張でした。

打ち上げ会での、食事の様子
テーブルには、この辺で評判高い(もちろん欠陥なし)オイルが、2本用意。
全てのお皿にたっぷりかけていただきます

アンティパスト:
カリカリパンツァネッラ

パンツァネッラといえば、通常、硬くなったパンに水を含ませた後、
絞って夏野菜とオリーブオイルをたっぷり混ぜ合わせていただきますが
このパンツァネッラは、カリカリパンとサラダ、ミントとレモンとオイルで味付け
唐辛子まで入っていました、これは、湿ったパンでやったほうがうまいと思いました
パンツァネッラ

プリモ:
ソラマメとグリーンピース、カリカリのバルダルノタレ-ゼ
(バルダルノ産特大パンチェッタ)のベッルタータ

豆の青臭さと、甘さと、パンチェッタのコク、たっぷりのフレッシュオイル!
おいしかったです
ベッルタータ 

プリモ:
大きなジャガイモラビオリ、
ペコリーノチーズとアーモンドとオリーブオイルで

この辺の伝統的なラビオリ、やはりたっぷりオイルとよく合います
ジャガイモのラビオリ トスカーナ

セコンド:
アスパラ入り、とりむね肉の炭焼きグリルと野菜サラダ

とりむね肉に、しっかり味が付いていて、とてもおいしかった一品
シンプルな白身の肉にも、オリーブオイルは良く合います
20120428014.jpg

ドルチェ:
ビターチョコレートムース、ラベンダーと塩とオリーブオイル添え

これが、周りのイタリア人には受けていませんでしたが
私は、とても、おいしいと思いました
20120428016.jpg

という感じで、オイルが引き立つメニューの組み合わせでした。

+++++

今回、食事をしたのはこちらのレストラン
le Rotte Ghiotte
http://www.lerotteghiotte.it/

+++++
スポンサーサイト
15:32  |  オリーブオイル講習受講記録  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ラファエラ家のガゼボ(あずまや)

2012.04.27 (Fri)

長く続いていた雨が、うそのよう!快晴です!

ラファエラの家の庭園に東屋ができました


20120427020.jpg

20120427022.jpg

東屋で食事、読書など、これから、いい季節!

天気予報、明日は、30度以上と予想されています
07:38  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ハイレベルな冷凍食品

2012.04.25 (Wed)

最近の日本の冷凍食品事情も知りたいところですが。

食の国イタリアでは、なかなかすごい冷凍食品があります
この会社 母体はドイツ、味はイタリアという
まさしく鬼に金棒(?)的な形態です
こちら

たとえば、ほうれん草
イタリアの冷凍食品

使いやすいキュービック形
用途に合わせて、量の調節が簡単!
20120425020.jpg

で、オリーブオイルを敷き、蒸すような感じで少量の水を足して
熱を通すと・・・
20120425021.jpg

これが、生のほうれん草を茹でて、調理したときとほとんど同じ味で
すごく、おいしいんです!
秘密は、素材の良さはもちろんですが、
急速冷凍、一気に-30℃まで下げることで、素材のおいしさがそのまま残っています。

イタリアでは、日本と違って、生のほうれん草は、土がいっぱい付いたまま売られますから
根を取って、たくさん付着した土を何度も何度も水を変え、洗い流すのは一苦労。。
おいしいのは分かっていても、
忙しいときは、どうも敬遠してしまいます。

そんなときにこれがあると、楽でおいしい、ついつい頼ってしまいます。

冷凍食品シリーズはまた続けます~~。
06:25  |  イタリアの冷凍食品  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

300年農家 ペコリーノチーズ造り最盛期

2012.04.24 (Tue)

4月8日のパスクア(イースター/復活祭)が終わって、生の羊乳で造る
ペコリーノチーズ造りが、300年農家でも始まりました!

新鮮な草があるこの時期は、チーズが一番おいしい時期

伝統的な製法、殺菌しないミルクに、レンネットを加え、待つこと約30分
しっかり、固まりました!
ラビジョーロチーズを取り出します


固形物と液体を分離させ・・・・
20120424003.jpg

固形物を取り出し、型に入れます、
これがペコリーノチーズになります
20120424004.jpg

すっかり水分が抜かれた様子
20120424005.jpg

固形物を取り出したときに残る液体に熱を通すと出てくるのがこれ!
あつあつのリコッタチーズです
20120424006.jpg


リコッタチーズを作り出すと、ランチに出てくる絶品ラビオリ!
ソースはもちろん農家産の夏の完熟トマトソース、太陽の味。
出来立てチーズを、各種味わいます
20120424007.jpg 20120424008.jpg

今日も雨が降り止まないですが、この日も、豪雨と雷・・
電線に雷が落ちたせいか、電気が止まってしまいました・・・
お肉はキアナ牛のローストと、子羊肉のロースト
農家のお肉は、やはり、うまい!でも暗い・・
20120424011.jpg

こんな感じでろうそくでの食事、新鮮なことに感じ、ロマンチックともいえますが、、
60年前はこれが普通だったことを想像すると、

暗いよなぁ・・、食べ物がよく見えない・・、
味わうということは、結構、目でも味わっているもんなんだと
思いました。
20120424015.jpg

日本のGWが始まる頃からは、パッと快晴が続いて欲しいものです!!
10:41  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルソムリエ講習 <オイルと食材>

2012.04.23 (Mon)

先日終了したオリーブオイルソムリエprimolier講習で
食材との組み合わせを学んだ、その一部紹介です


①爪楊枝なしは、トスカーナの塩なしパン+オリーブオイル
②爪楊枝1本は、トスカーナの塩なしパン+塩+オリーブオイル
③爪楊枝2本は、トスカーナの塩なしブルスケッタ(炙ったパン)+にんにくすり込み+塩+オリーブオイル
同じオイルで、他に入るもの次第で、オイルの味をどう感じるか?
変化の勉強。
オリーブオイルソムリエ

フレッシュトマト+パンに、欠陥オイルをかけたもの
すでに、不快臭があるものの、食べてみると意外と普通。。
トマトの酸味が、欠陥を覆う味わい体験
オリーブオイル 欠陥

ペコリーノチーズにオリーブオイルと胡椒をかけたもの
ペコリーノの強い味で、オイルの味を感じない。。
エキストラバージンオリーブオイル

豆とオリーブに良品オイルをかけた皿
豆とオリーブに欠陥オイルをかけた皿
この2つの皿を比較。。オイル次第で、豆の味が台無し・・・
トスカーナの豆とオリーブオイル

オリーブオイルを使って焼いたケーキ
シンプルな材料で、中はふわふわ、外はしっかり焼きあがっていて
とってもおいしかった一品
オリーブオイルを使ったケーキ

オイルは調味料、
合わせる材料で、引き立ちます!
日本の和食材ともよく合いそうです!
10:37  |  オリーブオイル講習受講記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サンフランチェスコ教会でのピエロデッラフランチェスカ鑑賞のこと

2012.04.20 (Fri)

アレッツォは、
ピエロデッラフランチェスカの作品鑑賞のために
訪れる方々がいらっしゃいます

ピエロデッラフランチェスカ

代表的な聖十字架伝説は、サンフランチェスコ教会の中にあります
その鑑賞方法、

今日の電話で確認した情報をお知らせします
(今日の情報ですから、未来には、変わることもあります)

基本的には予約して鑑賞となります

予約のサイトはこちら

サイトには、
Biglietto intero 8€
(6€+2€ diritto di prenotazione)
とあります

ネットで予約する場合は、8€で、現地購入の場合は6ユーロかと思いきや
とにかく8€だそうです
鑑賞するということは、予約を含むという意味のようで、
現地で入る直前に買っても、とにかく8€だといっていました

今日4月20日はデンマーク人の団体で、予約していない人たちは入れなかった
と言っていました(30分待ったら、入れたはず。。とも思いましたが・・・)

普段は、結構、空いています、ただ予約した団体が入っていると
予約がない場合、待たなきゃいけなくなる、そんな感じです

たとえば・・・
9:00に入ると、9:30まで鑑賞、次のグループが9:30から入る。
という感じで、グループごとに30分区切りで入れ替えとなります

以前は、半額くらいの値段で、ガイドさんがついて説明したものですが
(このご時勢の)今は、
8ユーロで入ったら、30分間、配られる資料持参でじっと鑑賞。
(最高人数は25人まで入れます)

鑑賞にガイドさんをつけて~という場合は
334-3340608
この番号に電話して予約となるそう、
30分間のガイドで、1~25人まで人数に関わらず
40€だそうです

タグ : ピエロデッラフランチェスカ アレッツォ

16:58  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オリーブオイルのテイスティング会

2012.04.20 (Fri)

この写真は、オリーブオイルソムリエ講習でテイスティングした
オイルが入ったサンプル、

毎回、オリーブとオリーブオイルについての勉強と共に、
このぐらいの数のオイルをテイスティングしてました
オリーブオイル ソムリエ パネルテスト


先週は、テストを終え、
primolier講座が終了
テストは全部で20問+2種類のテイスティングでした

テストの内容は、
たとえば・・
-賞味期限はどのようにつけるか?収穫後どのぐらい?あるいはボトル詰め後どのぐらい?
-品質が悪い順番にオイルを並べなさい
  (エキストラバージンオリーブオイル、サンサオイル、菜種油、オリーブオイル)
-decanterは、なにを分離させるもの?
-欠陥オイル riscaldoはどんな欠陥?
-オリーブの花の咲く時期は?
-ポジティブなオイルの定義づけ
-オイルの低温抽出は何度までの場合をいうか
-オイル保存の条件

こんな感じの問題でした

さてさて、
オイルが分かるようになるには、知識と共に
やはり鍛えられた味覚と嗅覚が必要

ソムリエは、一回資格を取ったからそれで良しというものでは消してなく
常に、よいもの、悪いものを口にして、判断できる、
味覚と嗅覚の鍛錬が日々必要(だそう。。)

先日、AICOO主催でその、舌と鼻を鍛える(?)第一回目の集会がありました。
集まったのは、10人

事務局の人が、その日スーパーで選んで購入した5種類のオリーブオイルを
みんなでテイスティング

所定の用紙に記入していきます。

私のように、初級レベルの人は少なく、パネルテストの資格を持つ人
がほとんどでした、、

ひとつのオリーブオイルについて
香りが分かりやすいように、手のひらで容器を温めたら
鼻で嗅ぎます、中には、右の鼻穴、左の鼻穴個別に嗅いでいる人も。。。
ここで、オイルに欠陥があるか
それとも良品か、を自分の中で判別します

次は味見
口に入れたら、口の中全部にオイルを回し
のど越しをみます(飲む人、飲まない人、これは分かれます)
良品、欠陥品を確定し、
自分で感じるオイルの性質を、用紙に記入していきます

事務局が用意してくれた興味深いオイルたちは・・・

1つ目
オリーブ収穫後、搾油までの放置期間が長かったと思われる欠陥(Riscaldo)
があり、発酵臭のあるオイル、
一般的に、スーパーで、エキストラバージンオリーブオイルとして売られている
ピリピリ感やフルーティ感も十分あるので、、RISCALDOとこの感覚は共存しないため、
●●産のオイルと(たとえば)トスカーナ産が混濁されていると思われるオイル

2つ目
無臭、無味・・・
所定の用紙は、全て空白のまま
オリーブの搾りかすを、化学的に処理し、別の油を加えたサンサオイル


3つ目
オリーブオイル(エキストラバージンオイルの下のレベル)+酸化したオイル(RANCIDO)を
数滴混入させたもの

4つ目
AICOO事務局の人が持参した自分のオイル
欠陥は一切なし。フルーティ感、苦味、辛味とも(10ポイント中)3ポイント以上のもの

5つ目
アブルッツォ州DOPのオイル
ポジティブな評価が高いものの、若干の発酵臭あり


ディスカッションが得意なイタリア人が相手・・、
聞かれたら答えるのがやっとで、自分の意見を言えないのは、私ぐらい。。
人の話に割り込んで、いや自分はこう思う、といえるイタリア人がうらやましく
思えました。。。

ちょっと、マニアックな話題になってしまいましたが
オリーブオイルつながりのお友達たちに向けて書きました。

タグ : オリーブオイルソムリエ トスカーナのオリーブオイル

08:24  |  オリーブオイル講習受講記録  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2012年春 蒸気機関車の旅

2012.04.19 (Thu)

過去へ戻ろう!
待ちに待った蒸気機関車の旅、今春も開催です!!



開催日:2012年5月6日(日)

コース1)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了18:00)


ガイド付きでプラネタリウムとレストランランチ、
もしくはグイド伯爵城、ポッピ城とレストランランチ

コース2)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了18:00)


アッペンニン山脈10kmハイキング、景色のよい場所でランチボックスのランチ
カマルドリ修道院へ到着後、バスにてビッビエナへ移動


コース3)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了12:45)


(町滞在やハイキングなどは、ない)、蒸気機関車で往復の旅


コース4)
Arezzo - Bibbiena - Arezzo (出発15:30 終了18:00)


(町滞在やハイキングなどは、ない)、蒸気機関車で往復の旅


各コースの料金や詳細については、左のメールフォームから
お問い合わせくださいませ

タグ : 蒸気機関車 トスカーナ

20:07  |  アレッツォ日帰り旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ラファエラの最新デコパージュ作品

2012.04.19 (Thu)

まるで絵画のようですが・・・・・

デコパージュ 

油絵のキャンバスにデコパージュ紙
を貼り付け、紙の周りは塗料で違和感がないようにぼやっとさせます、
最近この辺で流行っているようす、デコパージュの材料屋でも、
油彩キャンバスを取り揃える様になりました

貼り付けるだけで、まるで、絵のようです
ラファエラのデコパージュ

作品は3時間ほどで完成しますので半日空いた時間で思い出作品完成!
ラファエラが、教えます!
06:47  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

羊の放牧

2012.04.18 (Wed)

雨が多いこのごろでしたが、
羊飼い訪問の日、晴れました!

新鮮な草がよく育つ春には、放牧され、母羊150頭は外で食事をします、
その放牧の様子です

羊飼いは、動かず、声だけで、羊を動かしますが
それには、牧羊犬の活躍が欠かせません!
20120418008.jpg


一頭が動き出すと、みんな動き出します
バックの大自然がすごくきれい!
20120418010.jpg

20120418011.jpg

移動の途中、母ヤギが目の前でお乳を、あげ始めました
20120418012.jpg

このあと、放牧地でお食事となりました
そこまで誘導していたのは、1頭の牧羊犬
犬の賢い行動に、びっくり!

放牧後は、チーズ工房でチーズ造り見学
20120418016.jpg

この時期、いつものペコリーノチーズに加え、
ヤギのチーズも登場です
20120418014.jpg

猟師たちが、ジュセッペのチーズを買いに来ました
きのこ狩りを終えて途中寄ったらしいです
20120418018.jpg

ということで、猟師に、採ったきのこを見せてもらいました
春の一番最初に出てくるきのこ、DORMIENTE(ドルミエンテ)。
匂いは無臭、モミの木の下にしか生えないきのこ

前回は籠いっぱい採ったのに、今日はこれだけだよ。。
とがっかりした様子
20120418017.jpg

きのこは、雨が降った15日後がちょうど見つかりやすいそうです
風が強かったりすると、例外ですが・・・

このきのこは、トマトソースとあわせて
パスタと一緒に食べるとおいしいと言っていました
15:27  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ駅 トイレ有料化

2012.04.13 (Fri)

タイトルどおり、アレッツォ駅のトイレが有料化されました

人件費を使わずに、
街がトイレ代を回収する機械がトイレの入り口にあります


料金は、アレッツォ駅の場合、50セント
(大きな街は1ユーロとかしますが。。)
20120413024.jpg

50セント硬貨を入れ、赤いボタンを押すと、自動ドアが8秒間、開く仕組み・・・・・
(のんびりしていたら、入る前に閉まってしまいますので注意。。
一回開くと、二人一緒に入ることができそうですが
一人ずつと説明書きには一応、書いています)
20120413025.jpg

トイレから出るときは、
中にあるボタンを押せば、ドアが開くようになっています。

注意することは、この料金箱からはお釣りがでません!!
50セントがないときは、
1ユーロ硬貨でも2ユーロ硬貨でも大丈夫のようですが、
おつりはでません!
(さすがイタリア!)

よって、50セント硬貨の持ち合わせがないときは、
バールへ入ってエスプレッソを1杯飲んで(大体1ユーロです)
トイレを借りるほうがよいです
08:18  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

日本橋三越 イタリアフェア開催中

2012.04.13 (Fri)

ジェラートのマエストラ、
パルミーロから日本に居ると連絡が来ました!

日本橋で行なわれている三越フェアに参加しているそう!
(↑クリックすると、Webチラシに飛びます)

mi.jpg

20090411P1050354.jpg

4月20日まで開催中です
いらっしゃったら、
「是非、声を掛けてください」とパルミーロからの伝言です
気さくで、明るい、仕事熱心なイタリア人です!

タグ : ジェラート

07:32  |  パルミーロのジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

肉料理のプロによる料理レッスン

2012.04.10 (Tue)

トスカーナは、キアナ牛をはじめ、お肉のうまい地方として知られています
上質な素材ももちろん欠かせませんが、おいしい料理には腕が必要ですね

トスカーナの肉料理を習得されたいプロの方を始め、肉料理にこだわる方向けに
お肉屋さんによる料理レッスンを随時開催します

こちらのお肉屋さんは、アレッツォの中でも、評判の高い歴史ある代々続く肉屋さん
上質のお肉を扱うことでも知られています
経営者のアルベルト氏
プロ育成のための食肉講習の講師もやっており、
情熱を持って仕事をしています~~という空気が、ものすごく漂っている人!


若い息子2人が、一緒に肉屋をやっています
20120410015.jpg

20120410012.jpg

お店の様子
ぶら下がる生ハム これもすべてここで加工されたもの!
20120410013.jpg

お肉屋さんの仕事場を見せてもらいました
大きなオーブンには、ポルケッタ(豚の香草詰め丸焼き)があり、
20120410014.jpg

塩から上げて、冷蔵庫にて乾燥させている途中の生ハム
このあと、店内に吊るされます
20120410021.jpg

でました!キアナ牛!
20120410016.jpg

認証の焼印がしっかり入っています
20120410019.jpg

サラミ用熟成庫
20120410020.jpg


イタリアで、お肉屋さんに入ったことのある方はご存知かと思いますが
お肉屋さんは、とっても便利な存在!
焼けばいいだけの肉屋自慢の肉料理がショーウインドーに並んであり、
パスタ用のソース、時にはゆで野菜、チーズ、いろんなものが肉屋で手に入ります。
欲しい分だけ頼めるのも、うれしい話です
19:26  |  旅と情報  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

羊飼い訪問・ペコリーノチーズ造り見学

2012.04.07 (Sat)

アレッツォから北に向かって電車で1時間で行く
羊飼い訪問企画です


こんな大自然の中で羊が放牧されています
20120407035.jpg

300年農家での飼われているムジェレーゼいう品種の鶏
以前書いた300年農家のムジェレーゼの記事
羊飼いジュセッペの話によると、ムジェレーゼは賢い鶏だから世話要らずとのこと
卵を温め始めると、ささっと姿を消し、自分で雛を孵し、自分で子育てもする鶏
普通の雌鳥は、そういえば、雛が孵っても、人間が面倒を見てあげています
この写真、子羊の足が見えていますが、
子羊がぼろぼろ落とす穀物を、母鶏が探して、子供たちに与えている様子です
子供たちはこの後、お母さんのお腹の中に10羽すっぽり隠れるのですが
小柄で軽いムジェレーゼだからできること。
20120407042.jpg

ヤギが走ってきました
20120407044.jpg

かわいいなぁ!
20120407045.jpg

自然いっぱいの中で、おいしいものを食べて育ちます
20120407048.jpg

さて、農場見学した後は、チーズ造り見学
20120407049.jpg

伝統的な製法で造られるペコリーノチーズ 
大きな手でしっかり押しながら、水気を抜きます
20120407050.jpg

保存には、塩をします
20120407051.jpg

リコッタチーズが取り出されました
20120407054.jpg

春のこの時期は、朝搾ったばかりの40リットルの羊乳から
5kgのペコリーノチーズ、4.5kgのリコッタチーズが取り出されました

イースター前、ご馳走用のラビオリ作りには
おいしいリコッタチーズが欠かせないため、
リコッタがすごく売れて、造り続かないと話していました

一日2回、この作業がありますから、一日10kgのペコリーノチーズと
約9kgのリコッタチーズが造られています
20120407055.jpg

生産物の軽ランチ ワインとパンとお水がつきます
20120407056.jpg
17:13  |  羊飼い訪問  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アレッツォ 骨董市 2012年4月

2012.04.05 (Thu)

月の第一日曜日とその前日の土曜日は、アレッツォで骨董市があります
2012年4月は、4月1日が日曜日でしたから、(3月であれ)前日3月31日の土曜日も開催です。

月一で行なわれる骨董市の規模としては、
アレッツォがイタリアで一番大きな骨董市といわれています
業者は、400くらいは出ているかと思います。(昔は500でしたが。。)
アレッツォ 骨董市

20120405022.jpg

アレッツォ アンティーク市

20120405026.jpg

イタリアは深刻な不況です
若者失業率は、31%、4家族に1家族は、解雇や倒産により、
給与補填基金の世話になっているそうです

季節のよい時期のアレッツォ骨董市は、観光客がたくさんきます
ただ、販売に繋がっていないような感じに見えます
骨董市は見ているだけでも楽しいので、見物に訪れる、
本当の掘り出し物があったら、買おうか。。。ぐらいの感覚を感じます

よく聞かれる骨董市の開催時間
朝から日暮れまでという感じです
決まった時間はありません、日の入りの時間、天候、人出の具合
業者が個々に判断しています。

タグ : アレッツォ、骨董市、アンティーク市

09:04  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

300年農家 2012年 春

2012.04.04 (Wed)

Pioggia il terzo aprilante (3 aprile) quaranta giorni durante

上記は、トスカーナの天気に関することわざ
「4月3日に雨が降ると、40日間継続する」というもの
数ヶ月間、全く降っていなかった雨(ダムが干上がってきています)、
4月3日の昨日に限って、奇跡のように降りました、農家や畑をやっている人たちは大喜び!
ことわざが本当なのか、どうなのか、今後40日間見守ります。


300年農家へ行ってきました
4月8日のイースターを前に、子羊がたくさん!イースター直前には
すっかり、居なくなってしまいます・・・
イースターが終わると、母羊のミルクを使って、ペコリーノチーズが始まります
20120404027.jpg

放牧される羊
冬中、ほとんど雨が降らなかったので
牧草は、乾燥気味・・・
手前の黄色い花は、カブの花
冬野菜として、根は食べず、葉っぱをたべます。、葉を取っても、冬中、新しい葉っぱが出てくるので
大変重宝な野菜。
根が、残るので、春にはこんなに綺麗な花が咲きます
(この時期の根っこは、硬くてまずそう・・野菜好きのロバでさえ、見向きしていませんでした・・・)
20120404031.jpg

スモモの花
20120404033.jpg

今年は、どこでも、果物の木に、花がとても多く付いています
このままいくと、果物の当たり年!
でもことわざどおり、
40日間天気が悪いようだと花が落ちてしまいますが。。。
13:01  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。