03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サルサ エトルスカ

2011.04.28 (Thu)

モンタルチーノで、一番有名、且つ規模が大きいワイナリー
バンフィ へ行って来ました!

今回、わたくし、初めて覗かせていただいたのが、
バンフィ内にあるバルサメリア お酢の醸造所です!

428RIMG0079.jpg

バルサミコ酢という名前は、エミリアロマーニャ州のモデナやレッジョ・エミリア
でしか使えないため、まったく同じ製法ですが、バンフィでは、
サルサ・エトルスカという名称で商品化しています
食事のときに試してみました、甘みがあって、おいしかったです!
428RIMG0090.jpg

サルサエトルスカは、12年の年月をかけて醸造されます

ぶどうを煮詰め、12年かけて、
大きな樽から順々に小さな樽へ移し変えていきます

写真は左から右にかけて横並びで小さくなっていきます
(一番大きいのは60リットル、一番小さいのは25リットル)

樽に使われる木も大きさによって、オーク→栗→桜→トネリコ→桑
と変化していきます。木によって、芳香性が違うため、香りがより複雑になる



清潔で丈夫なコットン生地をかぶせてありました
生地が落ちないように、乗せているチェーンでさえエレガントに見えます
428RIMG0082.jpg

生地の下は、蓋がありませんので、鼻を近づけると
バルサミコ酢の、いい香りがしました

こちらのサルサ、おいしかったので、家に欲しいなぁと思いましたが、
高級で、残念でしたが、私には手が出ませんでした。。
スポンサーサイト
19:07  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ピエンツァ名産のペコリーノチーズ

2011.04.20 (Wed)

渓谷と共に、世界遺産に指定されている町ピエンツァは
ペコリーノチーズの産地としても有名


町では、おいしいチーズが手に入ります
町のメインストリート(Corso Rossellini)には、ショーウインドーが
ペコリーノチーズでいっぱいに飾られたお店があります

ここのお店では、たくさんの種類のおいしいペコリーノチーズとヤギのチーズ
が売られていますが、観光シーズンに入りますと、とても込み合います
少量の購入には真空パックにしてくれなかったり
十分、味見ができないということも。
pienza

そこで、1軒、CORSO ROSSELLINIから横道に入ったところに
おいしいペコリーノチーズ屋さんを発見しました!
お店にいるお母さんの感じもよく、いろんなタイプを試食
させてくれました
小さなカットでも、真空パックにしてくれるとのこと
0413RIMG0030.jpg

0413RIMG0029.jpg

お店情報
TAVERNA DEL PECORINO
VIA CONDOTTI 1 53026 PIENZA
TEL +39 0578 749412


ここのお店で、よく熟成したタイプのペコリーノチーズを買いました
16€/kg で ひとつのフォルマ(大きなフォルマは1つ大体2kg)
の4分の一を買って約8€、値段も良心的です
08:16  |  チーズ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アンドレア コッコ

2011.04.19 (Tue)

canale 5 、ベルスコーニ首相の子息が経営するTV局の人気番組
グランデ フラテッロ11(11回も、もう 続いています)
という、リアリティショーが、やっと 昨晩、終わりました

この番組は、相変わらず、すごい視聴率らしいです

3ヶ月の番組かと思っていたら、今回はなんか長い。。180日、6ヶ月続いていたよう。

私は、この番組の画像が映ると、チャンネルを変えるほうなので
中で生活する人間模様などは、まったく興味がなかったのですが

3日前に、4人の決勝戦に残ったとかで、ちょっと和顔風のかっこいい人発見

聞くところによると、イタロジャポネーセ
(お母様が日本人、お父様がイタリア人)

けさ、TVのニュースで知ったことによると、このイタロジャポネーゼのアンドレアが
優勝したそう (優勝賞金は、確か300,000ユーロ、3千5百万円位)

優勝の瞬間のVTRはこちら

この方です 優勝したアンドレア とってもかっこいい!
アンドレア コッコ

昨晩、番組をチラッと見たとき、日本人のお母様が出ていました
「ここまで、こられたのは皆さんのおかげ」
イタリア語ではありましたが、さすが日本人らしいお言葉!
イタリア人には、難しい言い回し。。
(半分)日本人らしい礼儀正しさ思いやり
繊細さが、優勝に結びついたのは間違いない話

自分を主張する濃~~~い人たちの中では、
異例なタイプになりますもん。しかも知的でかっこいいとなると
優勝の要素は揃っていた!

ちなみに、優勝は視聴者の投票によって決まりました

上のVTRにあるファイナル戦。。。
相手は、カモリスタ(ナポリのカモッラ団)の息子でした

まー、カモリスタ(もしかしたら、元カモリスタかも。。)の息子を
首相がらみのTV局の番組で
優勝させるわけはないだろうなぁと思っていたひとも多いはず。
09:16  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

TORNA DELLA NONNA

2011.04.17 (Sun)

昨日お伝えしたロージーマンマのトルタデッラノンナ
を早速作ってみました

上のタルト生地、少し足りなくなってしまって
クリームが出ている部分がありますが、
トルタデッラノンナは、
タルト生地でクリームをしっかり包むのが特徴
  

粉砂糖を振りかけて
0417RIMG0004.jpg

こんな感じです
0417RIMG0009.jpg

ロージーマンマの配合は、甘みがやさしく
(通常、イタリア人マンマが作るドルチェは砂糖の量が多いのですが・・)
技ありクリーム、素朴な味でおいしかったです
09:15  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ロージーマンマの家庭料理

2011.04.16 (Sat)

3名様のご参加で、
アグリ・ポッツォのロージーマンマ料理レッスン開催しました

プリモピアットはラザニア
ラザニアは3つの組み合わせからできる一品です 

①(地鶏の卵を使った)手打ちパスタ
②ロージー家に伝わるトマトと牛乳を使ったソース
③ホワイトソースの作り方

個々を取っても、別のことにも応用できます!

手打ちパスタの見本をみせるロージーマンマ
0416RIMG0001.jpg

出来上がりのラザニア (写真提供:モッチ)
041614990029.jpg

ホワイトクリームたっぷりが特徴
とってもクリーミーなラザニア、ソースをあまり煮込まないので
軽い仕上がりになります (写真提供:モッチ)


セコンドは
ロージーマンマのホロホロチョウ料理

ホロホロ鳥は、日本では鶏肉で代用できます
ロージーマンマの今回の味付けは、いろんなお肉で応用できそう
基本野菜、にんじん、たまねぎ、セロリで、うまみを出しています
0416RIMG0005.jpg

出来上がり (写真提供:モッチ)
041614990031.jpg

ドルチェはトルタデッラノンナ
松の実が乗っているトルタデッラノンナは、元々はリグーリア州発祥
そして、隣のトスカーナでも作られるようになった定番中の定番ドルチェ

トルタデッラノンナは2つの構成
①パスタフローラ (バターを使ったタルト生地)
②クレマパスティッチェーラ (カスタードクリーム)

両方ともドルチェには欠かせないもの、この二つを覚えると
たくさんの応用がききます (写真提供:モッチ)
041614990032.jpg

トルタデッラノンナは、おばあちゃんのタルト
で、トルタデルノンノ、おじいちゃんのタルトってのもあるらしいです
中にはカスタードクリームの代わりに、チョコレートクリームが入るそう
80年代に流行したそうです
09:18  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリア共和国150年記念 「帰ってきた蒸気機関車の旅」

2011.04.15 (Fri)

とっても好評な蒸気機関車のたび 

去年は残念ながら、部品不足やら、故障やらで
開催されなかった企画ですが、今年、イタリア共和国150周年記念ということもあって
たのしい企画が復活です!

おととしの様子はこちら



開催日:2011年5月1日(日)

コース1)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了18:00)


スティアの町をガイド付き(イタリア語)で案内、レストランにて昼食
ポルチアーノ城訪問、午後にはフォカッチャ、フルーツ、飲み物の軽食あり

コース2)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了18:00)


アッペンニン山脈10kmハイキング、景色のよい場所でランチボックスのランチ
カマルドリ修道院へ到着後、バスにてビッビエナへ移動
午後には、フォカッチャ、フルーツ、飲み物の軽食あり

コース3)
Arezzo - Stia - Arezzo (出発8:40 終了12:40)


(町滞在やハイキングなどは、ない)、蒸気機関車で往復の旅
フォカッチャ、フルーツ、飲み物の軽食あり


コース4)
Arezzo - Bibbena - Arezzo (出発15:30 終了18:00)


(町滞在やハイキングなどは、ない)、蒸気機関車で往復の旅
フォカッチャ、フルーツ、飲み物の軽食


各コースの料金や詳細については、左のメールフォームから
お問い合わせくださいませ
08:33  |  旅と情報  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アグリ・ポッツォのディナーの様子

2011.04.14 (Thu)

トスカーナ州アレッツォ駅から電車で約25分
自然いっぱいの中にあるアグリ・ポッツォのディナーの様子です

夏の繁忙期には、ビュッフェ式で、週3回ディナーが用意されます

今年の夏は、アグリ内の9つあるアパートメント、
特に7月、8月はすでに、ほぼ満室になっています

毎年来るヨーロッパのお客さん、出発する際に、翌年の予約を入れていく
そんなアグリ

やはり好評なのはロージーマンマの手料理

(宿泊されないお客様にも)
レストラン(ディナーのみ)として、今年から
ご利用いただけるようになるとのこと。

通常(ビュッフェ以外)
旬のお食事(ランチ、あるいはディナー)
を2パターンご用意しました

1)アンティパスト、プリモピアット、ドルチェ、水、
  コーヒーあるいは紅茶あるいはアグリ産グラスワイン

2)アンティパスト、セコンドピアット、ドルチェ、水
  コーヒーあるいは紅茶あるいはアグリ産グラスワイン


今回ご紹介しますのは
1)のコース

テーブルセッティングもとてもきれいです


アンティパストの地元産のペコリーノチーズを用意する
しっかり者のカルラとお父さん
0414077.jpg

アンティパスト・トスカーノ
と、フレッシュズッキーニのスフォルマート
(ソース:数種を混ぜたチーズのソースとフレッシュトマトのソース)
このスフォルマート、絶品でした!
0414078.jpg  0414079.jpg

トマトソースのスパゲッティ
0414080.jpg

ビターチョコのタルト
0414081.jpg

ロージーマンマが作る料理は、本当においしい

料理が上手な人はお菓子が苦手だったり、
お菓子が上手な人は料理がいまいちだったり
することはよくありますが、
ロージーマンマはどちらも上手

いつも研究されています。
10:46  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オルチャ渓谷

2011.04.13 (Wed)

春、快晴、雲ひとつないオルチャ渓谷の様子です



0413RIMG0022.jpg

好んで立ち寄りたいのは、サンクイリコドルチャの町
かわいい町で景色もよく、おいしいレストランもあります
0413RIMG0002.jpg

春のオルチャ渓谷ドライブを楽しむクラッシックカー軍団が
やってきました!
0413RIMG0003.jpg  0413RIMG0004.jpg

0413RIMG0005.jpg  0413RIMG0012.jpg

0413RIMG0011.jpg  0413RIMG0006.jpg

0413RIMG0007.jpg

総勢50台くらいはいたでしょうか。。
まーどれもこれも手入れがされた、時代車ばかり!
鼻を押さえていないと、たまんないほどのガソリン臭さ・・

古い町には古い車が本当によく似合います
12:14  |  オルチャ渓谷  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

5月のラファエラのお庭

2011.04.11 (Mon)

探し物をして、過去の写真を引っ張り出していましたら
2年前の5月のラファエラの庭の写真がありました

今年は4月に入るころ、突然記録的な暖かさが始まり、毎日25度以上です
場所によっては30度を超えたところもあるよう

すでに、藤の花も咲き始めています

5月のラファエラの庭の様子の写真です




0411P1050678.jpg


0411P1050679.jpg


0411P1050680.jpg


0411P1050681.jpg

13:11  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

野生のカルドン

2011.04.08 (Fri)

自然がいっぱいの中にあるポッツォアグリで見かける、こちらの植物
野生のカルドンです

スーパーや市場で見かける食用のカルドン(トスカーナ方言ではゴッボ)
とは、違うもの。。見掛けはとってもよく似ていますが、、
(食べられないこともないそうですが)
一般的には食べられないのだそうです

こんな感じに見栄えがよいため、ポッツォアグリの
敷地内に、結構、見受けられます
0407RIMG0012.jpg

その秘密は・・・・・・

これ。。。


風が起き易い場所に種を置いておいて、
風に乗せて、種は飛び・・・
地に落下、芽が出るというもの・・・

0407RIMG0011.jpg

種は、結構な大きさ!

料理に関して何でもよく知っているロージーマンマの話では
種を潰して取り出されるエキスは、チーズの凝固剤のレンネット(牛の胃の酵素)の代用になるとか
ベジタリアン料理に使われるそうです
09:50  |  ロージーの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

女優牛

2011.04.03 (Sun)

映画監督で俳優のロベルトベニーニ(アレッツォ出身)の一番有名な映画

ライフ イズ ビューティフル

この映画に出演していた牛(キアナ牛とブルーノアルペン牛)
は、300年農家が貸し出した牛
このシーン↓
(余談ですが、300年農家のおじいちゃんが木で
作ったとうもろこし干しもバックに映っています)
p1

この映画に出た牛が先日、出産しました
こちらのキアナ牛です、映画撮影は、1997年でしたので
14年経っています、平均的なキアナ牛の寿命は15年くらいと言われていますので
本当にがんばった高齢出産ということになります
角が下を向いてしまっています、このことからも、年具合がわかります
0403RIMG0004.jpg

こちらが生まれたオスの子キアナ
おとなしく逃げる様子もありません
牛の場合、メスよりもオスのほうが育てやすく
メスは飛んで遊んで歩くことが多いようですが
オスはのんびりとおとなしいことが多いそうです
0403RIMG0003.jpg

毛色は、キアナ牛らしく、どんどん白くなって行きます



感動の映画でした!

ライフ・イズ・ビューティフル(DVD) ◆20%OFF!

ライフ・イズ・ビューティフル(DVD) ◆20%OFF!
価格:1,512円(税込、送料別)

18:39  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

栗の粉 ・ 栗粉 

2011.04.01 (Fri)

一見、小麦粉のようにみえる、栗の粉

秋のうちに収穫した栗を乾燥、鬼皮、渋皮をとり、石臼で挽いた粉です
くっついて、だまだまになりやすいので使うときは必ず、ふるってから使います

kuriko.jpg

栗粉は一年中あるとは限らず、やはり旬があります
挽いてからは、大事にとっておかないで、
より早く食べると、より、うまいです。
(工場生産されるものは、一年中スーパーに並んでいます)

300年農家に栗粉があるときは私も必ず買ってきます
これが、自然の甘さで、なんともほっとするおいしさ。
大好きです

どんな風に食べるのでしょうか?

料理編
お水に溶きます、かき混ぜていると、どんどん重くなってきます
火にかけて、少しの時間、かき混ぜながら、煮ます
このゆるさ具合は、あくまでもお好み
ゆるいのがすき、硬いのがすき、人それぞれです
0401RIMG0009.jpg

栗のポレンタが出来上がったら、ラグーをかけて食べたり
あとは、ペコリーのチーズを粉にしたものとオリーブオイルを
かけてシンプルに食べてもすごくおいしいです
(栗粉自体の味がメインなので、栗粉がおいしいこと必須です)
0401RIMG0011.jpg  0401RIMG0010.jpg

ピチのような手打ちスパゲッティに練りこんだり
手打ちのタリアテッレパスタに練りこんでもおいしいです
この場合のソースも、ラグーがあいます!
0228RIMG0001.jpg

お菓子編


有名な伝統菓子、カスタニャッチョ
水で栗粉を溶いて、オリーブオイル、松の実、干し葡萄、
ローズマリーを添えて焼きます


こちら、先日作ってみました
水で溶いた栗粉を硬めに煮て、スプーンを使って丸め
オリーブオイルで焼き、砂糖(グラニュー糖と蔗糖)を絡めたもの。
好評でした!
0401RIMG0023.jpg

栗粉、使い方を覚えると季節感のある食事を、表現できます
15:33  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。