雪の日の農家訪問(2)

2009.12.22 (Tue)

昨日の月曜日も鉄道は悪天候により350本の運休があり、
飛ばない飛行機もたくさん出たそうです
昨晩から雨が降って、アレッツォの雪も朝起きたら、消えていました。
気温も+10度位に戻っています

先日の続き・・
雪の日の農家訪問は豚解体
冬の間、農家では約25頭の豚を解体、
部位ごとに解体せずに買われていくケース、
解体ができないから農家に解体と加工品作りを頼むケース
お客さん次第で、いろいろです

安心できる肥料しか食べていない豚肉はとてもきれいな色をしています


ステーキにする赤身の部分、高さが計算された切り株のまな板がかっこいい!
20091222RIMG0023.jpg

学校が休みの15歳ジャンルーカが手伝っています、
サルチッチャ用にする骨の周りについたお肉を取り出しています
20091222RIMG0019.jpg

ヒレをジャンルーカが取り出します
20091222RIMG0014.jpg

部位ごとに仕事が終わった状態
20091222RIMG0037.jpg

サルチッチャ造りです
20091222RIMG0035.jpg

腸詰されます
20091222RIMG0041.jpg

紐で手際よく結わえられます
20091222RIMG0044.jpg

出来上がりのサルチッチャ
20091222RIMG0046.jpg

ランチの準備が始まりました、メインは豚肉の炭火焼
20091222RIMG0032.jpg

ポレンタとラグー(全て材料は自家製)、豚肉の炭火焼(サルチッチャ、赤身、リガティーノ) 
20091222RIMG0047.jpg 20091222RIMG0048.jpg

ゾルフィーノ豆とさくらんぼのシロップ漬
20091222RIMG0049.jpg 20091222RIMG0050.jpg

このほか、インゲン豆のスフォルマート、クロスタータ、自家製ワイン、
ヴィンサントなどを頂きました
09:39  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |