Lasagne asparagi e burrata

2009.04.27 (Mon)

アスパラがおいしい季節です

イタリアではこんな感じでアスパラ用の鍋が売っています・・・
需要があるのかどうかは別として。。
この鍋の使い方は・・
アスパラを立てたままゆでます、お湯は半分ほど、で、アスパラ上部の柔らかい部分は
蒸気でゆでます
蒸気でゆでることで、茹で上がりがきれいです
アスパラ用鍋

さて、さて
茹でて食べるのにも飽きてきたのでこんなのを作ってみました(TVでやっていたんです・・)
新鮮アスパラをさくっと茹でます


ゆでた後、アスパラの柔らかい部分を除いたら、細かく切って
エシャレットとバターで炒めます(私はエシャレットがなかったので赤たまねぎを使いました)
フライパンのものに、ブッラータ(モッツアレッラの中に生クリームが入ったもの)と
パルメザンチーズを入れハンドミキサーにかけます、
クリーム状にするためにアスパラの茹で汁を程よく加えます
※ブッラータが近くのスーパーで手に入らなかったので、
普通のモッツアレッラに生クリームを加えました
耐熱用の器に、クリーム、アスパラ、ラザニアパスタ、クリーム、アスパラ、ラザニアパスタ
と3度ほど繰り返していきます
20090427P1050579.jpg  20090427P1050580.jpg

表面にはモッツアレッラとパルメザンチーズを乗せて・・
180度で30分くらいオーブンへ入れるとこんな感じに焼き上がりました
20090427P1050582.jpg  20090427P1050584.jpg

おいしかったですよー。
ホワイトソースを使わないラザニアです、ま~生クリームとモッツアレッラが入っているので
似たような味にはなります・・・
ホワイトソースを作るのが面倒なときこんな方法もあるってことで。。
13:10  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

アーティチョークの保存

2009.04.25 (Sat)

今日はイタリアは開放記念日で祝日
祝日が土曜日に当たってしまったので残念なイタリア人も多いはず。。。

昨日、コープに買い物に行ったら、品種的に季節はずれなのか
アーティチョークのモレッティが4つで1ユーロという大安売りをしていました
触ったところなかなかしっかりしていて、中がしっかり詰まっているようだったのでまとめて購入


こんな風に保存しました!

きれいに掃除をした後は(掃除の様子は以前書いたこちらです)
レモン汁につけて黒くなるのを防ぎます
沸騰させたお湯にお酢を適量入れ、固ゆでします(再沸騰後2~3分)
20090425P1050572.jpg

こんな感じに白っぽくきれいに仕上がります
20090425P1050574.jpg

水気を取ったら一回分ずつ分けて冷凍庫へ
20090425P1050576.jpg

忙しいとき、何もないとき、ちょっとしたつけ合わせやパスタの具になります。
お肉と一緒に軽くトマトソースで煮てもうまいです
16:38  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

イタリアキッチン雑貨のアウトレット

2009.04.24 (Fri)

アレッツォから車で約40分、カーニバルでおなじみのフォイヤーノという
町に大きなアウトレットビレッジがあります

      アウトレット


ここは洋服やバックや靴以外にも、キッチン用品のアウトレットが充実しています

Artista spacciatore というお店ではAlessi などデザイン性のあるキッチン用品があり
Italian Factory というお店ではFoppapedretti というイタリア製の最高品質の木工製品がありますし
Home & Cook というお店では役に立つキッチン用品が勢ぞろい!

大御所のジノリもあります、マグカップ2つで10€など・・
手ごろでびっくりする値段がたくさんありました。
    ジノリ

ボルミオリのショップもあります、ガラス製品の有名なメーカー
食品を瓶詰めにするための瓶は、ここのものを使うと絶対安心です
グラスも飽きの来ない定番がアウトレット価格で提供されていますよ
        ボルミオリ

モカコーヒー用のマッキネッタでおなじみのビアレッティのショップもあります
フライパンやコーヒー豆など、、いろんなものが売っていました
私が購入したチャンベッラ用のシリコン型です、イタリアでも日本でもまだまだ
値が張るシリコン型、なんとこれ12€がアウトレット価格で6€でした!
型にバターを塗る手間も要らないし、型抜きも簡単!
   ビアレッティ  20090424P1050466.jpg

このアウトレットはほぼ年中無休(10時から20時まで)
6月から8月までの土日に関しては、10時から21時まで営業しています
アレッツォからバスで行くこともできます
詳しくはこちらのサイトでご覧ください
09:19  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

ロザリア料理教室 旬のアスパラリゾット

2009.04.21 (Tue)

今回のロザリアレッスンのメニューです
(写真はロザリア提供)

プリモピアット:RISOTTO ASPARAGI E SALSICCIA
セコンドピアット:POLPETTONE
コントルノ:VERDURE MEDITERRANE
ドルチェ:TORTA MIMOSA



20090421CIMG1282.jpg

20090421CIMG1279.jpg

お肉料理はロザリア得意のナポリのポルペットーネ、
私の家の定番になっています、ほんとおいしいですよ~。
ミモザのケーキもとってもおいしそう!!
08:37  |  ロザリアの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 アレッツォ店

2009.04.20 (Mon)

創立1612年 フィレンツェのサンタマリア ノヴェッラ薬局の商品がアレッツォで手に入ります!
今年できたアレッツォの中心地にあるショップ
住所:Via de' centi 8 Arezzo
開店時間 10:00-19:30(お昼休みあり) 休業日は月曜と日曜
休業日、休み時間内であっても連絡をすればお店を開けてくれることも可能。
私までご連絡ください
サンタマリアノベッラ薬局アレッツォ店

お店にはフランチェスカさんという英語が堪能な(アメリカ10年在住歴あり)
とてもやさしく感じのよいイタリアジン女性がいます。

20090420P1050207.jpg

20090420P1050208.jpg

20090420P1050210.jpg

20090420P1050212.jpg

気になるお値段
フィレンツェ本店と同じ値段です
上質な石鹸は8€から
ざくろ石鹸のボックス(3個セット)は日本では7千円くらいで売られていますが
ここでは30€
ハーブウォーター(化粧水)は9€からあります
10:08  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

何に使っていた??

2009.04.18 (Sat)

石壁からでているこの雑草、昔のイタリア人はあることに使っていたそうです。




答え
葉の表裏に細かい毛(?)のようなものがあることから
昔は、ワインボトルの洗浄ブラシとして活躍していたそうです。
07:44  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

蒸気機関車の旅

2009.04.17 (Fri)

国鉄系の旅行会社が主催するアレッツォ発着の蒸気機関車の小旅行
が5月31日にあります。
20090416蒸気機関車

開催日 2009年5月31日

出発 9:00 アレッツォ駅から蒸気機関車
到着 10:00 バディア アル ピノ駅 まで

バスに乗りかえて、丘の上の町チビテッラとお城観光(イタリア語ガイド付き)
農家風朝食 (チーズとフレッシュミルク、EXVオリーブオイル、ソラマメ、果物と蜂蜜)など

ランチのためにレストランへ移動
(メニュー)
antipasto : fantasia di antipasto (salumi, tartine,bruschette)
passato di ceci
pici al ragu' di chianina
tronchetto di di maiale in porchetta
fagioli al fiasco
gatto' vrema e cioccolato
caffe'
vini della strada del vino

午後はルチニャーノへ移動し、花祭りに参加
お祭りの様子のサイトはこちら
(花祭り参加 15時頃~18時)
帰りの列車ではワインを飲みながら、ソムリエによる乾杯あり!
(帰リ-バスで移動~列車~アレッツォ駅到着20時ごろ)

なんとも魅力的なプラン!
日にちが合えば、地元のイタリアジンと一緒の現地ツアーというのも
楽しいですよ!
10:30  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アレッツォから  (モンテプルチャーノへの移動方法)

2009.04.16 (Thu)

アレッツォからモンテプルチャーノへの移動方法です

チケット売り場 : アレッツォ駅正面口を背にして左側前方
バス乗り場 : アレッツォ駅正面口を背にして左側前方道路を渡った広場


①ベットーレ経由
AREZZO-BETTOLLE (バス)
乗換え
BETTOLLE-MONTEPULCIANO(バス)

②シナルンガ経由
AREZZO-SINALUNGA(電車)
乗換え
SINALUNGA-MONTEPULCIANO(バス)

バス
19:19  |  アレッツォ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家 4月15日

2009.04.16 (Thu)

パスクア前に訪れたときにお腹が大きかったネコが子猫を生んでいました
この母ネコは3年続けてこのパスクア(復活祭)の時期に出産しているそうです
お父さんネコが(ビヨンドと皆が呼んでいるほど)金髪系のネコなので
子供達も明るい毛色をしています


昨晩生まれたキアナ牛のあかちゃん(雄)
20090416P1050537.jpg

お母さん牛が遠くから子供を見守っています
このお母さんは9歳、今までも数度出産経験があります
やきもち焼きタイプのお母さんではないので、わたし達が子牛に近づいても
動揺は見せません。
20090416P1050535.jpg

ペコリーノチーズ最盛期の今、天気の日には、おいしい羊乳をとる為に
新鮮な草を食べさせることは重要なこと。
こんな感じで羊追いを体験です!
20090416P1050543.jpg

朝搾ったばかりの羊乳から、すぐにチーズ造り
20090416P1050545.jpg

今日の農家ランチ
できたてチーズの試食
自家製生ハム、サラミ他、地鶏の卵で作る手打ちパスタと農家敷地産の黒トリュフ添え
20090416P1050552.jpg 20090416P1050553.jpg

自家製オリーブオイルで揚げた自家菜園のポテト
子羊のロースト
20090416P1050555.jpg 20090416P1050554.jpg

このほかにはサラダ、ドルチェ、ヴィンサント、コーヒーがつきました


07:00  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ストリッシャワイナリー 4月14日

2009.04.15 (Wed)

昨日のストリッシャのブドウ畑の様子です


2年物のサンジョベーゼの苗木を添え木に結わえています
20090415P1050531.jpg

ここのところ見かける若めのブドウ畑・・
木の高さをとても低くしていることに気づきます
なんで??
フランスで見た畑のよう
苗木を結わえているお仕事中のマッシモに聞いてみました
「そうなんだよなぁ~~、(苗木が低いことで)地面からの反射熱が受けやすいって言ってたけど・・・」
と言っていました。
ん~なんとも一つの流行なのでしょうか。。フランスからヴァリックが入ってきたように。。

08:36  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

キャンティ 

2009.04.14 (Tue)

昨日はパスクエッタで休日でしたので
キャンティゾーンへドライブに行きました
糸杉とぶどう並木が広がり、遠くに広がる緑色の麦畑は、まるでじゅうたんのよう


途中 San Gusme' (サン グスメ)という村にランチで寄りました
このレストランとてもおいしかったです。こちら
値段はプリモ8€、セコンド12€位という感じでした

洗練された深みのある味わいの料理、キャンティワインも豊富で
地元のワイン(キャンティ クラシコ)を合わせて頂きました。
公共の交通機関では、なかなかいけない場所なので
レンタカーなどの車がある場合、このレストランおススメです。
08:01  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

のび~るジェラート

2009.04.11 (Sat)

つ~んと伸びたおいしそうなジェラート、いやとってもおいしいジェラート
パルミーロのジェラート教室で頂きました
20090411P1050356.jpg


パルミーロとジェラート、
奥が深いジェラート、こんな風に伸びる訳は・・・
急速に冷やすこと!などが関係していますよ。

20090411P1050354.jpg

ザバイオーネ味のジェラートを作ります
ザバイオーネは卵黄に砂糖、マルサラ酒を加えたクリームです
20090411P1050357.jpg  20090411P1050358.jpg

先に勉強したベースに、ザバイオーネを加えます

20090411P1050359.jpg

本当にうまい!ザバイオーネジェラートの出来上がり!
20090411P1050362.jpg

ジェラート造りは、一つの表現方法
何の食材でもジェラートにしてしまうパルミーロ、新作が楽しみです
お店の中は、春用 ジェラートに変わってきました。
17:08  |  パルミーロのジェラート  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

300年農家 4月10日パスクア前

2009.04.10 (Fri)

よいお天気だった今日、パスクア前 ヴェネルディサントの300年農家の様子です

昨日ひよこが生まれました、生まれたばかりのひよこはとっても寒がり
太陽をあててあげていたら、子猫が新顔を覗きにやってきました


20090410P1050525.jpg

母羊の乳搾りが始まりました、人間による乳搾りは今年は、昨日から始まったばかり
人が手で搾ろうとすると、今までの感触とは違うことを感じる母羊・・
足でけるような、抵抗をみせます、昨日まで吸っていた子羊はパスクアと共に居なくなりました・・
20090410P1050503.jpg

新鮮な羊乳で作るペコリーノチーズ作りが乳搾りと同時に始まりました
20090410P1050507.jpg

パスクア用にシモーナとシモーネが、窯で自家製パンを焼いていました
20090410P1050512.jpg

スキアッチャータも焼きました
20090410P1050514.jpg

1kg半はありそうなほど大きなトスカーナの田舎パン
熱々を頂きました 外はカリカリ、中はしっとりふわふわ!
20090410P1050517.jpg

今日はパスクア前のヴェネルディサント、お肉は頂きません
わたし達には生ハムや生ハムが用意されていましたが・・・
野草とリコッタチーズが入ったラヴィオリ とできたて3種類の羊のチーズ
20090410P1050521.jpg 20090410P1050520.jpg

食後には、手作りのビスコッティとクロスタータと自家製のヴィンサントをあわせて
頂きました 
20090410P1050523.jpg

BUONA PASQUA
18:26  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ストゥルッフォリ(STRUFFOLI ) を作る!

2009.04.06 (Mon)

ナポレターナ・ロザリアの昨日の日曜レッスンです
前晩は夜中の2時までレストランで働いていたというのに、
日曜朝10時のレッスンにも疲れが一切見られないロザリア・・
若さです(2時まで仕事なんて・・わたしにはとってもできません・・)

今日はナポリでクリスマスやカーニバルやパスクアに食べられると言う
ストゥルッフォリを作りました。もうすぐパスクアですし。


見ているとニョッキを作っているようです
20090405P1050486.jpg

うまい具合にまん丸に出来上がりました、まるでヒヨコマメのよう!
蜂蜜をいっぱい絡めてあります
20090405P1050489.jpg

さて今日のレッスンメニュー

PACCHERI AL RAGU' (パッケリ アル ラグー)
20090405P1050495.jpg

CONIGLIO ALL' ISCHITANA (コニリヨ アル イスキターナ)
ウサギ料理: イスキア島の調理方法
20090405P1050496.jpg

PEPERONI IN PADELLA (ペペローニ イン パデッラ)
パプリカを炭焼きした後に薄皮をむき、オリーブやケーパーを使って味付け
これがすごくおいしかった!!
20090405P1050480.jpg

ストゥルッフォリとナポリ産いちごと生クリームの組み合わせ
20090405P1050498.jpg

ロザリアのレッスンでは、料理人の丸秘技を教えてくれます。
塩を入れるタイミングなど、、勉強になることいっぱい
ロザリアは塩の量を間違うことは殆どないそうです、いや~驚き。

ナポリ食材調達は・・・
ナポリで買い付けしてきたり、
トスカーナまで定期的に車で売りに来るナポレターノがいるそうですよ
08:54  |  ロザリアの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

ラファエラの料理教室 ホロホロチョウを使う!

2009.04.05 (Sun)

なかなか、日本では馴染みの薄いホロホロチョウ!

トスカーナでは鶏肉のように一般的に頂きます。
見た目も鶏のよう。


様相も、味も似ているので、
日本へ帰ったら同じ調理法で鶏肉を使っていけますよ。

ということで今日のラファエラの料理は・・
最近、リクエストの多い、ジャガイモのニョッキ、ふわっと柔らかに!
ソースはポマローラにフレッシュバジル添え!
20090405P1050461.jpg

ホロホロチョウはベース野菜(にんじん、たまねぎ、セロリ)を使ってしっかり味をつけました
付け合せはマリオのフレッシュ野菜とナスのグリル
グリル用のソースは、イタリアンパセリとケーパー、アンチョビをよく刻み
オリーブオイルとワインヴィネガーと塩で味付けしています
20090405P1050463.jpg

今日のドルチェはズコット、セミフレッドと言われる冷たさに仕上げます
今回のズコットはスポンジケーキを作らずに、サボイアルディという
ティラミス用に使われるビスケットをリキュールに浸して使いました。
20090405P1050458.jpg

冷凍庫で1時間冷やし、その後は冷蔵庫で充分冷やしました
20090405P1050464.jpg

ホロホロチョウは鶏肉よりも脂身が少なくて食べやすいです、
恐らく調理法にも寄ると思いますが・・
おいしいです!臭みもないです。

「ホロ、ホロ・・・」という風な泣き声に聞こえるからホロホロチョウというとか・・・
日本語は擬音語が多いとラファエラがよく言うけれど、また一つ増えました。
ポコポコ、プクプク、、、なんかに加わって。。。
20:40  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ロザリアのナポリ家庭料理教室 

2009.04.03 (Fri)

今回のレッスンはこんな感じ、ナポリ家庭料理の定番です

プリモ) pasta e patate
セコンド) parmigiana di melanzane
ドルチェ) ciambellone ricotta e cocco

セコンド) ナスを揚げた後に、モッツアレッラやトマトソースをかけます
モッツアレッラはナポリから持って来た水牛のものを使いました


出来上がりの写真はこちら

スパゲティを刻んだものにジャガイモやパンチェッタが入っています
トスカーナにはない、ゆでたジャガイモとパスタの組み合わせ!
20090403P1050341.jpg

ナポリ定番 パルミジャーナ ディ メランザーナ(ナポリ方言はメレンザーネ)
チーズ(パルメザンとモッツアレッラ)たっぷり、トマトとナスがよくあいます!
20090403P1050344.jpg

リコッタチーズとココナツがいっぱい入っています
しっとりと!すごくおいしかった!!
20090403P1050345.jpg

ランチレッスンは10時15分ごろから開始し、12:30頃にランチ
14時ごろには終了となります
08:07  |  ロザリアの料理レッスン  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

ソムリエ・ルカのワインプチレッスン

2009.04.02 (Thu)

ワインをより知ることで、ワインの楽しみ方が増すレッスン!
ワインは奥が深いので、少しの時間で充分知ることは難しいですが
知りたいことを絞ることで、短時間でいけます。

講師のルカはエノテカ・バールを経営、
このエノテカ・バールはアレッツォの中でも老舗、1908年の創業です


ワインのプチレッスンコースをこんな感じで分けてみました

1)ソムリエからテーブルでのワインサービスの仕方を学ぶ

2)試飲しながら、ワインを知る  (視覚検査、嗅覚検査、味覚検査)

3)食事にあわせたワインの組み合わせを学ぶ

4)ブルネッロを知る

5)キャンティを知る


これ以外にもソムリエのルカはいろんな質問に答えてくれます。
とても親切で、ワインに対しての熱い情熱を感じる人です

1)のソムリエの身のこなしのレッスンはこんな感じで・・
栓の抜き方から、ワインのラベルの向きから、いろんなことを教えてくれました
20090402P1050428.jpg

動き方はなんともエレガント!栓を抜くときは絶対にポン!っという音を出しては
いけないそうです。開栓後の栓の置き方も教えてくれました
20090402P1050430.jpg

2)コースでは
3つの検査をさらに深めて、いろんな表現で楽しみます
色、におい、味・・・
楽しみ方の法則を知ると、おいしさの訳が判った気がしてきます

3)どんなワインにどんな食事が合うのか勉強
法則は同調か対抗。。
同調 - 甘いものには甘いリキュール、手の込んだ煮込料理にはアルコール度数の高いワイン
対抗 - ナッツやポテトチップスなど塩系おつまみと甘い食前酒、

4)ブルネッロ
最低5年間は熟成させるというブルネッロディモンタルチーノ
リセルバに関しては6年
ブルネッロは星の数で評価されます、星が多いほどおいしいとされます
20090402P1050423.jpg
一体、ブルネッロはどの位まで寝かすことが可能なのでしょうか??
即回答できない質問も、いろいろ教えてくれます

5)キャンティ
キャンティって一体??
サンジョベーぜってどんな品種?手ごろで品質の高いおいしいキャンティワインは??


エノテカですから、地元産をはじめ、イタリア中のおススメのワインが揃っています

ソムリエにはなれなくても、ソムリエの知識を拝借して、ワインの知識を
深めることができて、とっても有意義な時間を過ごすことができました
忘れないうちに復習しなきゃ・・

11:11  |  ソムリエ・ルカのワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |