08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

日本の花が咲きました

2008.09.30 (Tue)

今日で9月も終わり  早いものですね

9月は一番気温の変化が激しい時期、今日の家の中は17度
太陽が出ている時間帯は外のほうが暖かいです

今日のラファエラ家のお庭
こんなかわいい具合にアレンジしていました

紫のお花は日本の花です
お客様から頂いた種をマリオが冬から育てました
すごくきれいに咲きました
20080930P1040358.jpg
今の時期、夏の地植えバジリコもがんばっています
20080930P1040359.jpg
そして近くには冬野菜の黒キャベツもあります
20080930P1040362.jpg
バジリコと黒キャベツが同時期にあるのはこの時期ならでは、です

先日作ったオリーブオイル石鹸、熟成に入りました
20080930P1040353.jpg
とても色もきれいでしかも香りもいいです、ナチュラルな香り!
ローズエッセンスを入れたので、バラのほのかな香りがします
皆、今のところ満足しています、
使い心地もいいはずだとマリオ。
完成が楽しみです。
スポンサーサイト
18:05  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

日本の運転免許→イタリア運転免許への更新

2008.09.27 (Sat)

日本の運転免許が切れる。
今現在、帰国予定がない。
日本での代理更新は不可。
日本の運転免許は失効すると3年以内に失効試験を受けないといけないとのこと。

で、今の私にできること
日本の免許証をイタリアの免許証に書き換える!
で、イタリアの免許は日本で書き換えができるそう。

ん~便利と思っていろんな書類を集め始めたはいいが
ん~まだ申請に行っていない状況。書類が揃わない・・・
いったい間に合うのかとっても不安。

さてイタリアで免許を書き換えるにはどんな書類が必要か
(今後やる人がいるかもしれないから参考までに書きます)

①顔写真3枚(日本の免許と同じようなサイズ)
②日本の免許証
③日本の免許証の翻訳
④パスポート
⑤滞在許可証
⑥カルタイデンティタ(身分証明書)
  地方自治体発行
⑦vista medica(視力検査)

こんな感じです。
③はローマの日本大使館で発行、
 朝一で行くとその日に出してくれます
 費用27ユーロ
 で、翻訳をもらったら、住んでいる街のprefettura(県庁)
 へ行って、vista prefetturaという目的で?はんことサインを
 もらいます、もちろんここでも出費(印紙14.62ユーロ)
 
⑥カルタイデンティタ!!
これが私に欠けている書類(トホホッ。)
9月に引越ししたためです
住所変更の手続きに行ったのは引越し前の8月19日、
一ヶ月以内にvigile(自治体警察の警官)
がコントロールに行くからそれからじゃないと
身分証明書はでないといわれ、待った待った9月23日、
やっと警官、家に来ました。
イタリアが変わってきてるなと思ったのは
一年前に住所変更をしたときにはやはり同じことを言われたものの
警官なんぞ来たりもしませんでした。(表札の名前で終わり)
やっぱり外人に対して、変わりましたねー。
まずvigileから電話がかかってきます、明日行ってもいいかい?
なんて聞くのですが、電話番号も本人のものか確かめているのだと
思います(以前はありませんでした)。そして家まで入って、
念入りにパスポートチェック!
一週間で身分証明書発行できるから!と立ち去りました。
発行の用意ができると昔はお手紙だったのに
いまでは携帯にSMSかメールがくるとのこと。

で、10月8日に切れる私の日本の免許証は
イタリアの免許に更新できるのか!。。

余裕を持って行動したつもりなのにこうです。。
なんたってここはイタリアですから
まだまだ、なにがあるかわかりません。
考えてもストレスになるので、段取りは踏んだし
だめだったら失効試験!という気持ちでいるしかないです。
そして仮に、イタリア免許がなかったら、
①周りに運転しろ、と責められなくていい
②(車がないんだから人に)送ってーと続けて言うことができる
そんな感じです。。


手続きは各自動車学校やACI(イタリア自動車クラブ)でできます。
値段はそれぞれです
ACIは民間企業ではないようなイメージだったので
安いかしらと思ったらACIが一番高かった。
しかも態度が最悪。。
自動車学校をオススメします。(ってまだ取れていないけれど)

イタリアの免許を取得する日は来るのだろうか。。

16:53  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

収穫前日のぶどう

2008.09.25 (Thu)

アレッツォ市内にあるストリッシャワイナリーへ行ってきました

明日から収穫が始まるサンジョべーゼのぶどう!


あま~い!
完熟の様子が伝わってきます?
20:57  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

はまりそうな石鹸作り!

2008.09.22 (Mon)

自分で石鹸を作る!
自然派志向の私にとって、長いことやってみたかったことでした

苛性ソーダは日本では手に入りにくいような感じでミクシーに書かれていたので
イタリアは??と心配したのですが
金物屋で、とても簡単に手に入りました。署名も一切なしです。
苛性ソーダを手にしてから、踏ん切りがつくまで1ヶ月半・・・
やる、やらない、怖い、怖くない・・・
私は弱虫?と思うくらい考えちゃいました。。
ミクシーでたくさん情報を見てしまっていたので・・

でも!決心!
今日、ついにやりました!
いつものメンバー、ラファエラとマリオと一緒。
心強い二人です。

いろんな作り方があって迷ってしまったのですが
今回はこのサイト(イタリア語)を利用しました
http://www.ilmiosapone.it/index.html

(危険物を取り扱う為)緊張の数時間・・
オリーブオイル石鹸溶液はなかなかクリーム状になるまで
時間がかかるとよく書かれていたのですが
かき混ぜること2時間・・なかなかいい状態にはなってくれません、

サイトではステンレス製の鍋使用となっているのですが
日本のサイトでペットボトルで作るやり方紹介をみていて
あ~便利とおもい、フリフリペットボトル!でやろうとしたら
マリオがこれを鍋代わりにして切っちまおうっと言うのでペットボトルの上部分が
無い鍋もどきです。
これがかき混ぜてもかき混ぜてもクリーム状にならない。。
滑らか状態が延々と続きました・・・
ある時点で妥協し(2時間近く経過。。)、
とにかく型入れしようということになりました。
半分は牛乳パックに、他はかわいい石鹸サイズのプラスチックの
型に入れました。
48時間後には型を外して熟成、乾燥に入ります
寝かせれば寝かすほどいい石鹸ができるとか・・(一ヶ月~一ヵ月半寝かせます)

本当に固まるのかなぁ、匂いは確かに石鹸でした

楽しみ!、できたらまたブログでお知らせします
ミルク石鹸、マリオの畑の野菜石鹸(にんじん、ほうれん草など)
ラベンダー石鹸、蜂蜜石鹸、
石鹸に夢を膨らませた一日でした。
19:22  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

ポレンタ パスティッチャータ

2008.09.19 (Fri)

またまたご無沙汰してしまいました、すみません。。
アレッツォも寒くなって温かい物が欲しくなるような感じです。
9月7日のブログで美味しいきのこソースのポレンタをご紹介しましたが
そのポレンタは放っておくときれいに固まります。
固まったら冷蔵庫へ。

固まったポレンタは揚げても焼いてもおいしい!です
今回のこの食べ方はラザニアのように調理するパスティッチャータ

ポレンタを薄切りに切って、ラグーとベシャメラ(ホワイトソース)
を重ねて行き、オーブンで約30分ほど焼いたもの。

これがおいしい!!ポレンタは再び熱くしたところで
とろとろに溶けるわけではありません、
切ったままのあたたかいポレンタがラグーとベシャメラととってもよく合います

あ~冬の料理になってきたなぁ。。
16:39  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

収穫前のぶどう

2008.09.13 (Sat)

収穫をが目前に迫ったストリッシャワイナリーのぶどう:サンジョベーゼ種です


雨が降る前の写真です、
アレッツォは昨日、今日とすっごい雨が降りました
22:35  |  ワイン  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

きのこソースのポレンタ

2008.09.07 (Sun)

昨日のラファエラ料理教室の一品です

ポレンタといえば冬の料理というイメージがありますが
夏も、ふうふうしてとってもおいしいです!

このポレンタ
とうもろこしの粉を練ったものです
通常、家庭で使われるのはプレコッタ(加熱処理済)されたもの
熱湯に入れると3分で出来上がるというとっても便利なシロモノ
熱処理されていない本当のとうもろこしの粉を
ポレンタにするにはなんと40分もかき混ぜ続けなくてはいけません
しかもこれが重いので体力を使います。
(でもすごくおいしい!)

今回はもちろんプレコッタされたポレンタを使って
きのこのソースで頂きました。
豚肉をベースにきのこを加え、トマトソースで煮込むだけ

熱々のポレンタがやわらかいうちにいただきました
09:09  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ペペローネ

2008.09.04 (Thu)

夏野菜のペペローネ
いわゆるおっきなピーマン

太陽をたくさん浴びたせいか、皮はとても硬いです
人によってはこの皮を消化できない人もいるため
人が集まるときは必ず皮を剥いて使っています

この皮むき
オーブンで焼きます
前にオイルを塗って皮むきという話を聞いたので
その方法と普通の空焼きと両方試してみました
両方ともうまく剥けましたが、
オイルを塗ったほうが時間が少なくて済むようです。
20080904P1040306.jpg

こんな感じで皮を取り除きます
20080904P1040307.jpg

きれいに皮を剥いたらバットに並べて冷凍保存もできます
20080904P1040308.jpg

味は冷凍前と全く同じです
このように用意しておけば、パスタの具にもなりますし
(特に魚介系パスタとよく合います!)
お肉の付けあわせにもなりますよ
17:47  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。