10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ラウデミオ

2007.11.25 (Sun)

中央トスカーナのオリーヴ生産者組合が自ら定めた厳しい生産規定を
クリアした最高品質のオイルに付けられる称号

ラウデミオ(LAUDEMIO)

一番有名なラウデミオはフレスコバルディ社製でしょうか
ラウデミオの特徴は酸度が低いこと
エキストラヴァージン・オリーブオイルの称号は、国際オリーブオイル協会の基準で、
酸度1.0%以下という条件があるそうですが
ラウデミオは酸度0.1~0.2%など、かなり低いものとなっています。
ちなみにフレスコバルディのラウデミオは0.2%の酸度となっています。
フレスコバルディはオイルの抽出はこの冬の寒い時期、
効率的でない常温抽出でおこなっているそうです!
おいしいエキストラバージンオリーブオイルの訳がわかりますね。
加熱すればするほど、オイルの抽出は効率的になります
大手の搾油所などでは50度まで上げるそうですし。。。

イタリアの多くの家庭では2本のオリーブオイルを使いわけしています。
①フレッシュのまま使うタイプ
②料理に使う加熱タイプ
どちらともエキストラバージンオイルです、
①のフレッシュのまま使うタイプでは、
最高品質のラウデミオが一番ですね

その昔、数千年前からオリーブオイルは存在し、オイルは薬として用いられていたそうです
酸度の低いオイルは今でも薬用として用いられることがあり、
動脈硬化を防ぎ、がん予防に効き目がある、
一日スプーン一杯のラウデミオを飲むと体が浄化されると言う話を
ある搾油所の経営者が言っていました。

明日は、その搾油所でどのようにラウデミオ級(酸度のきわめて低い)
オイルが作られているかをお伝えします。

スポンサーサイト



19:00  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |