09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

グラッパのフランベ

2007.10.26 (Fri)

さてさて、まだ栗の話です。。

収穫した栗をランチの後、農家の家族と頂きました、暖炉の火でガンガン焼きます
(火のそばが気持ちよい季節になりました)


marrP1010828.jpg

真っ黒焦げの栗
marrP1010831.jpg

焼き栗の皮を剥いてお砂糖をかけ、グラッパを注ぎます
marrP1010834.jpg

FLAMBER :火をつけます!
私のカメラ技術ではなかなかうまい具合に火を撮る事は出来ませんでしたがちょっとは見えるでしょうか。。。
marrP1010837.jpg

じっくりと火が消えるのを待って、フランベを頂きました
甘さとグラッパの香りがたっぷりしみこんでいます
とっても美味しかったです!
marrP1010840.jpg


栗の季節、どうぞお試しあれ!

スポンサーサイト
01:43  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

栗拾いときのこ

2007.10.24 (Wed)

この辺での今年の栗拾いがだいたい終わりました。

落ちている栗を拾うだけと簡単に考えていましたが
なかなか簡単ではありませんでした。
それはなぜか・・
栗林は野生の栗の木とMARRONEという栗の木の2種類からなっています。
店で売られている栗はMARRONEのほう。
マローネはセルバーティコ(野生)に比べ色が薄く、縦じまが入っているのが特徴です。
栗林はいろんな人が出入りします、み~んなおいしいマローネをとる(盗る)ので、
とっても少なくなっているのが現実でした。
初心者は見分けが難しいので、どうしても野生ものをとってしまいます。
セルバーティコはマローネに比べ美味しくありません。
調理した後、中の薄皮がむきにくいのも特徴です。



この木は野生栗だから無視しよう。などとそして決め付けられません。
野生の木にマローネの接木をしている場合が多くあります。
面倒なことに、2種類が混じって落ちているのが現実でした。
見分けるのが面白いといえばそうなのですが。。。

栗拾いで出会ったきのこ狩りの人から見せてもらったポルチーニ
ことしはとっても少ないそうです
来年のため、根っこを残して持ってきているのがわかります。
こんな人ばかりだったらいいのに。。。
marrP1010815.jpg

このきのこはこの辺で、とってもよく食べられるきのこファミリオーリ
marrP1010816.jpg


秋は自然がもたらす美味しい食べ物がいっぱいです
23:46  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

本当のアグリ体験

2007.10.18 (Thu)

アグリツーリズモとはなんでしょうか。。

wikipediaで調べたところ、「都市と農村の交流」実際には「農場で休暇を過ごすこと」とありました。

そんな言葉にぴったり!
例え、宿はやっていなくても、
こんな体験が出来たら本当のアグリを体験したと間違いなく言えます。

農村の素朴な家族との出会いがあります。
アグリの原点、自給自足の生活を彼らはしています。

秋の日曜日の様子を伝えます。

記念撮影
一緒に住んでいる家族は全部で9人、90歳おじいちゃんから11歳の双子の孫まで


17:32  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

フェリーチェ家で過ごす一日

2007.10.16 (Tue)

サンセポルクロという街の郊外に住んでいる5人家族フェリーチェ家。
家族愛にあふれる素朴な家族です

キッチン兼居間にはTVがありません
TVは会話の妨げになる。
TVを誰も見なくなったので、娯楽部屋に移したといっていたのが印象的でした。
24歳の息子ニコラが言うのですから驚きます。
今ではイタリアでも一人に一台、TVを持っている感じなのですが。。。

旬の畑の野菜をおろし金でおろしてじっくり火を通したソースとペンネ
野菜のうまみがとてもよく出ていました。なんとジャガイモもすりおろして入っていました


塩分を意識して取らないようにしているこの家族。
パスタの塩味としてサルデーニャから持ってきた天日干しトマトを塩代わりに使っていました。
feliceP1010754.jpg

皆で食事
feliceP1010750.jpg

この日のメインは地鶏のオーブン焼き
ジャガイモを一緒に焼き、パン粉を加えてあります
feliceP1010752.jpg


食事の後は、ゆっくりくつろいで、近くの羊飼いのところへ
殆ど妊娠中の羊のためチーズ用の乳は殆どこの時期ありません
絞られていたのはヤギさんたち
feliceP1010756.jpg

feliceP1010761.jpg

feliceP1010760.jpg

絞ってもらったヤギさんたちが移動します

この時期とってもかわいい子羊もいっぱい!
売られていくのはかわいそうになってしまいますが。。。
02:51  |  フェリーチェ家との生活体験(終了)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

フォカッチャ

2007.10.10 (Wed)

ピザ生地とフォカッチャ生地は殆ど同じです。

まとめてピザ生地を作ったら冷凍保存
解凍後、その生地はフォカッチャにすることができます

ピザ生地にたっぷりのエキストラバージンオリーブオイルを混ぜます
このフォカッチャの場合は甘いフレッシュフルーツを使いますので
生地には砂糖も補充します
イチジクを入れました


200度で約30分ほど焼きます、朝食にもぴったり!
focaP1010691.jpg

秋の今のシーズン、甘酸っぱいブドウフォカッチャはとっても美味しいです
focaP1010683.jpg

18:20  |  ドルチェ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

想定外

2007.10.06 (Sat)

想定しないことはどこで生活していても起きること

昨日起きたことはこれ。
上の階のルーマニア人、洗濯したままでかけその間にホースがはずれ
大洪水発生。
階下の私の家(借家)にはこんなしみがいくつも。。。
この怒りを直接投げてみたが、彼らはそう、ルーマニア人
ルーマニア人。。。日本人でもなければまだましなイタリア人でもない
(この意味はわかる人はわかってくれるはず)
ここで生活するうえで、今までの私の経験から、
話ができる人間とできない人間がいて、話ができない人間とは
戦うだけエネルギーの無駄ということ



洪水見舞いと排水にイタリア人数人がやってきた
ありがたい だが、、、
皆明るい。。。こんなことがあったときは正直辛い。。
昨日の今日。。外を歩いているとうわさはすでに広まっていて
様子はどうだ~?と声をかけられる。
大家にもたまたまスーパーで会った
「大変だったな~はっはっは~」
なんで笑って居れる訳?
びしっとルーマニア人になんか言ってくれないわけ?
(って、何もしてくれる人ではないので言うだけやぼ。。)
「おきることだよ~乾くのを待つんだな、暖房をつけて乾かすんだな~」だそうだ。。

何か起きたときに「○○しなかったんだからよかったじゃない」
と悪いほうとわざわざ比較することがある。
例えば、パソコンに水がかからなかったんだからよかったとか

濡れた塗りの部分がどんどん剥がれ落ちていく。。
この場合、よい方向に思えるまでにはちょっと時間が必要になりそうだ。
00:31  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ポルチーニを使った料理レッスン

2007.10.03 (Wed)

すっかり秋になりました!
まとまった雨も降ったことだし、いよいよきのこの季節です!
ラファエラの家庭料理レッスンでもリクエストがあるとポルチーニきのこの料理教室をやります。
(要予約)

先日はポルチーニリゾットのリクエストを受けましたので、
このような感でレッスンをやりました
きのこの掃除、切り方を体験!
きのこ狩りではなるべく根っこからとらない様に、
また生えてくるように気を配るという話です


ベースになるリゾットをまずは作り、
にポルチーニきのこを加えます
きのこのかさの部分だけです(柄の部分はフライで食べました)
pratP1010665.jpg

薄味野菜ブイヨンを加えながら、ポルチーニの味を引き出していきます
pratP1010666.jpg


ポルチーニたっぷりのこのリゾット、乾燥ポルチーニとは違って
デリケートなお味です。くどい感じがありません。

秋限定!ポルチーニを使ったレッスンと料理、おいしくて楽しいですよ。
16:25  |  ラファエラ料理教室  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

お祭りと飲酒

2007.10.01 (Mon)

秋のドイツのビール祭りにあわせ、
ドイツの町UFFENHEIMという街と姉妹都市を結ぶアレッツォ郊外の田舎町
PRATOVECCHIOでドイツ・本場のビールを味わいました。
ドイツビールにはドイツの音楽、ドイツの食事:ソーセージやスティンコ(豚のすね肉の丸焼)
広大なテントの中では踊って歌って飲んで美味しい食事

pratP1010715.jpg

このドイツビール!すごく美味しいです。
ナチュラルな発泡感で何杯飲んでも満腹感がありません。
pratP1010725.jpg

さてさて、今年からお目見えしたこのテント。。
pratP1010726.jpg

アルコール検査をしてくれます

この場合・・
赤い線の上まで黄色い明るい色が通り越してます、1以上です。
pratP1010718.jpg

0.51以上が免許取り消しといわれています。
pratP1010716.jpg


ちなみにこのようなお祭りには公共の交通機関が協力しています。
「お祭り列車」が夜遅くまで(午前2時)出ています。

飲酒運転はイタリアでもやっと騒がれるようになりました。
実際、取り締まりも厳しいです、毎年飲酒の罰則は強化されています。
去年は数ヶ月の免許停止だったところが、7月の改正で1年間になったという話も聞きました。

余談ですが、街周辺13箇所にスピード違反を自動撮影するカメラが9月15日から設置されました。
一気に13箇所です。
タバッキではどこにカメラが設置されたかを知らせるチラシが配布されました。
制限速度表示を見逃すとカシャっといきます、
スピードが出そうな直線道路にばかり新たに設置してます。
運転される方はご注意を。。
16:45  |  トスカーナの休日(その他)  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。