夢心地なワインテイスティング「ストリシア」

2006.07.16 (Sun)

ご要望によっていろいろなワイナリーへご案内していますが
今回紹介するこちらの小さなワイナリー「ストリシア」
ワインの味はもちろんですが、テイスティングの雰囲気が最高!

ワインテイスティング「ストリシア」


ワイナリーは先代から続いていますが
瓶に入れて販売するようになったのは2001年から。2種類の赤ワインを作っています。
日本未発売、まだ無名ゆえ”今のところ”価格もお手ごろです。
しかしながらその味はエノテカも賛美する本格ワインです。

さてワイナリー見学は先ず、樽のある貯蔵庫をみます。
発酵タンクはセメント製やステンレス製が使われますが
こちらではセメント製を使用しています。
作られる2種類のワインのうち、一つはテーブルワインと
して飲まれるキャンティ「BERNARDINO」
テーブルワインですので熟成はタンクの中だけで済まされます
そしてもう一つのワインは「OCCHINI」(IGT)こちらは香り付けのにフランス製のオーク樽に12ヶ月入れられます。ぶどうはサンジョベーゼ85%と
メルロ15%のブレンドで作られています。
味は酸味の少ない、飲み口が優しい味に仕上がっています。

そして、ワインの味ももちろんですが
お勧めはなんといってもこちらのテイスティングの雰囲気
部屋は実用性とセンスのよさが上手くコーディネートされ
テイスティングが楽しくなるスペース、
通常、テイスティングは会社の会議室やワイナリーの中
で行なわれること多い中、ここのテイスティングの
雰囲気はなんかヨーロッパの友達の家に来たような、
洒落たバーで飲んでるような気分になります。
そしてここで出されるトスカーナのおつまみがまた、
おいしいんです
味を写真で伝えられないのが残念!

夢のような秘密の空間でおいしいトスカーナワイン!

そして、ここの注目すべき点はアレッツォの街の中にあること。
ちょっとした3時間位の空時間で
気軽に手軽に行くことができますよ。

まるでインテリア雑誌の世界です。

その空間の雰囲気は「続きを読む」からお入り下さい
スポンサーサイト



18:02  |  ワイン  |  Trackback(1)  |  Comment(3)
 | HOME |