07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ジャガイモのローズマリー煮マリア風

2005.08.14 (Sun)

私がアレッツォ在住の自家菜園を持つ、マリアという75歳のシニョーラから習ったお勧めのトスカーナ家庭料理です。自家菜園(もちろん無農薬)のジャガイモは日本のスーパーのジャガイモに比べ硬くって味が凝縮されています。甘みがたっぷり。

≪ジャガイモのローズマリー煮≫
ジャガイモは皮を剥き、適当な大きさにきります。
お鍋に、切ったジャガイモとまるごとのペペロンチーノ1つ、ローズマリー一枝(枝ごと入れちゃおう)、フェンネル(適量)、豚の脂(ベーコンの脂部分やラード)、にんにく1カケを入れ、ひたひたの水にオリーブオイルを振り回し、塩を入れ水がなくなるまで煮込みましょう。


ジャガイモとハーブって本当によく合うんですよ。
スポンサーサイト



テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

21:30  |  レシピ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

なんでしょうか?

2005.08.14 (Sun)

これがモッツァレッラチーズです!


≪のび~るモッツァレッラチーズ≫
凝乳物(通称パスタ)に熱湯(95度)を加え、
木へラでかき混ぜると、モッツァレッラチーズは餅のようにとろ~りのびのび。写真はその様子。
この後は湯の温度が75度位の時に桶に手を突っ込みチーズ玉を作っていきま~す。
指紋も消える温度かな?

モッツァレッラチーズ工房見学の様子をアップしました
20:54  |  イタリアの食  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

約束のラグー!(ミートソース)

2005.08.14 (Sun)

お待たせしましたね~。前から訊かれていた本場のラグー作り方載せますね。
Spaghetti alla Bolognese
4人分の材料
        オリーブオイル大さじ4杯
        玉ねぎ1個みじん切
        にんにく1カケ潰したもの
        ※パンチェッタ(ベーコン)適量
        にんじん1/2本みじん切
        セロリ1/2本みじん切
        赤身の牛ひき肉500g
        赤ワイン150ml
        トマトの果肉ソース(塩なし)450g
        塩、荒挽き黒こしょう適量
        ※小さじ1杯の刻んだフレッシュオレガノ
        ※ナツメグ
        ※印はなければなくてもOKです。

作り方
-底のしっかりした鍋にオリーブオイルを暖め、その中に玉ねぎ、にんにく、パンチェッタ、セロリ、にんじんを入れて炒め、完全に水気を飛ばします!
POINT火がゆっくり通る陶器製の底厚の鍋が最高!
-ひき肉を入れます。だまだまにならないようによく解してください。またまた水気をよーく飛ばして!木のへらでかき混ぜるのがGOOD!
-今度はワインを加えます。弱火でゆっくりグツグツさせてアルコールを飛ばし、こしょうと塩を加えます
-ナツメグがある場合はここですり込み、トマトソースをグワ~っと加えます。オレガノもあったらね。
-で、本当の弱火、蓋なしでここから2時間~2時間半色がいい具合になるまで煮込んでください。
-アルデンテに茹でたスパゲッティにかけてお召し上がれ!パルメザンチーズを振り掛けるのをお忘れなく!

一回こんな感じで作ってみて、それを基本に自分の味にアレンジしてください。例えば、パンチェッタを使用する代わりに刻んだうさぎや鶏レバー系でコクを出すことも秘技ですよ~。
BUON APPETITO!
        

テーマ : パスタ・ピッツア - ジャンル : グルメ

18:05  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |