03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

シェフ・パトリツィアのレッスン

2016.02.15 (Mon)

久しぶりにパトリツィアの店に寄りました
インテリア、内装が変わっていて、今回もとってもおしゃれ、
田舎のバールとは思えないいい感じの空間です
さすがパトリツィア


20160215DSC_0011.jpg

食べたものの写真は撮り忘れ・・・

以前の内装はこんな感じ
201400711014.jpg

居心地のいい空間あります

火、水、木曜日の午後、お店が閉まっている時間、プロ・パトリツィアから習う
料理レッスン受け付けています!

以前のレッスンの様子は、こちら

3品作った後は、(お店は閉まったまま)プライベートで
パトリツィアと一緒にお食事タイムとなります
スポンサーサイト
11:29  |  シェフ・パトリツィア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シェフ・パトリツィアレッスン

2014.09.16 (Tue)

昨日の続きです~

午前、羊飼いでチーズ造りを見学した後は、パトリツィアのレストランで
貸切レッスン
パトリツィア(54歳)は、30年以上の料理歴、ワインの卸や販売を行うご主人との
間には、31歳の息子と29歳の娘がいる主婦で、マンマでもあります
もうすぐ、娘さんに子供が生まれるそうで、
ノンナ(おばあちゃん)になることをとても喜んでいました

お店に並んでいた装飾用のかぼちゃ 


今回のパトリツィアレッスンメニュー
じゃがいものトルテッリ(手打)とポロねぎとフォンティーナのソース
(TORTELLI DI PATATE CON I PORRI E FONTINA)
地鶏の田舎風、揚げたセロリを絡めて
(POLLO ALLA CONTADINA CON I SEDANI RIFATTI )
おじいちゃんのタルト
(torta del nonno )

まずは、ドルチェのベース作り
パスタフローラを作って、チョコレートクリームを作ります
20140916001.jpg

トルテッリ(ラビオリ)の生地を、この後作り・・・

セコンド用の鶏用意
羽がついていた地鶏を農家から購入、パトリツィアがきれいに
下処理しておいてくれました
プロ用の包丁登場・・・力要らず、振り下ろすだけで、ばっさり1発で骨が切れます
ばっさり切らないと、細かい骨が料理に入ってしまうからとのこと
味つけをして、じっくり調理
20140916002.jpg

トルテッリの具となる、茹でたジュセッペ(羊飼い)のじゃがいもに味をつけ
パスタのソースとなるポロねぎを料理
20140916003.jpg

タルトに使った生地でクッキー作りの様子と
マシーンを使った手打ちパスタ
マシーンといっても、さすが業務用!
ツルツルステンレスに挟まれて伸びるのではなく
木が組み込まれたパスタマシーンなので、
木目がでて、いい具合にソースを絡めます
20140916004.jpg

パスタ生地にジャガイモの具が入って・・・
20140916IMGP4187.jpg

こうして、トルテッリは出来上がっていきました
20140916IMGP4188.jpg

ソースになるフォンティーナチーズ
20140916IMGP4196.jpg

セロリを揚げるのは、
上質のエキストラバージンオリーブオイルで~
20140916IMGP4194.jpg

20140916IMGP4198.jpg

出来上がりました!いよいよお食事!
テーブルにはまだでていませんが、おいしいワインも
もちろんつきます!
20140916IMGP4202.jpg

とろける特徴のフォンティーナチーズと上手に調理されたねぎの甘み
がトルテッリと本当にマッチ、抜群でした
20140916IMGP4205.jpg

地鶏のトスカーナの田舎料理 
20140916IMGP4207.jpg

思い出しただけでも、また食べたくなります
最高品質の鶏とパトリツィアの味付け、いや~~おいしかった
20140916IMGP4210.jpg

おじいちゃんのタルト
これも松の実ではなく、パトリツィアが推薦するのはアーモンド
カリッと香ばしく、そんなに甘くないチョコレートクリームとよくあって
とってもおいしかったです
20140916IMGP4211.jpg

こちらがクッキー
チョコレートクリームは、パトリツィア手作りの秘密のクリーム
艶があって、しかも、たれて来なく、しかもチョコはやわらか
見栄えがよくて、食感がよくて、おいしい、プロの味でした
20140916IMGP4212.jpg

今回は一日ツアーでしたが、パトリツィアの料理レッスンだけも可能!
レッスンは午後15:30から開始し、18:30ぐらいディナー、19:30終了という感じ
学ぶことがたくさんの、お勧めレッスンです!
14:56  |  シェフ・パトリツィア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シェフ・パトリツィアのお店の雰囲気

2014.07.11 (Fri)

ちょっと前に、シェフ・パトリツィアのレッスンが始まると書きました こちら

お店の感じがとっても素敵なんです~!


入り口の感じ 小物系の販売もしています
201400711017.jpg

ご主人がワイン専門なので、たっくさんワインもあります~
201400711018.jpg

201400711015.jpg

朝は、6時から開店して、バールもやっています
普通のクロワッサンもありますが、パトリツィアの手作りドルチェも
ショーケースにおしゃれな感じで並んでまして・・・
201400711023.jpg

で、パトリツィアのドルチェで朝食をいただきました~
写真が下手で申し訳ないですが、これ、実はこの形で
スキアッチャータフィオレンティーナです~!
ん~いままで、たくさんのトスカーナのマンマの食べたけれど、
いい感じで洗練された味!
バターは一切使わず、卵の味がしっかりしていました、
干しぶどうが乗ってるのが、パトリツィア流!
これで、1.10ユーロ
201400711019.jpg

もうひとつ、アーモンドが乗ったビスケット
サクサクで、朝食にピッタリ
これは、2個で1.10ユーロ
201400711021.jpg

パトリツィアの店では、日替わりの
素朴なドルチェが朝食用に並んでいます
18:41  |  シェフ・パトリツィア  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

シェフ・パトリツィアのレッスンが始まります

2014.05.28 (Wed)

羊飼いジュセッペが以前から、是非、
私に会わせたい人がいると言ってたひと
それが、オステリア経営
シェフのパトリツッィア 料理の経歴は30年!

ネットでたくさんの情報は見つかっても、
イタリア流!情報収集は、人の紹介に勝るものはないかも。
人をよく知るには時間がかかりますから、
その時間をできるだけ少なくして、かつ優秀な人たちと知り合うためには
信用できる人たちに紹介してもらうのが、やはり一番
人の紹介とあれば、話もトントン進むのがイタリア~。

右がパトリツィア
54歳には見えない、若々しさ!


羊飼いのジュセッペと、パトリツィアの料理を頂きました
ナイフで切った生ハム とリクエストしたオイルのテイスティング
20140528001.jpg 20140528002.jpg
アンティパスト①:ソプラッサータと卵を混ぜたものを
焼いたフランスパンに乗せていました 、香り付けはトリュフ~
火を通しても、ソプラッサータの強い塩気がなく、うまい!の一言
卵自体がおいしい。
20140528003.jpg

アンティパスト②:バカラとヒヨコマメのサラダ
ヒヨコマメは小さ目、一緒に行ったジュセッペが育てたもの!
バカラは噛むとクリックリッっと歯ごたえ!
普段は、私スーパーのバカラを食べているので違いがよくわかりました~。
鱈の塩辛さと、ヒヨコマメの甘さがぴったり!
20140528006.jpg

プリモ①:私が注文したカラスミのリングイーネ
カラスミは、パトリツィアが塩漬けしたもの、新鮮な魚を入手したら
卵がある場合、取り出して、自分で作るのだそうです
ボラとは限らず、とのこと。
売っているそれよりも、半生なカラスミ!
コクありでうまかった~~。
20140528007.jpg

プリモ②:ジュセッペ注文の手打ちパスタのタリオリーニ
フレッシュなズッキーニとミニトマトとバジリコのソース
これもさわやかで、とてもおいしかったです
20140528008.jpg

セコンド:子羊のコトレッテと野菜サラダ
これは、注文しなくっちゃでした!一緒に行ったジュセッペが育てた子羊です
まーびっくり、柔らかくて、臭みがなくて、衣の揚げ具合
塩気ちょうどよく、ほんとおいしいコトレッテでした。
隣でコトレッテを食べていたイギリス人夫婦も
生産者を前においしい肉だと拍手してました
20140528009.jpg

そしてドルチェ
出来立てのトルタデッラノンナ カスタードクリームが絶品!
これは絶対教えて欲しいとおもいました、しつこくなく、甘くなく
おいしい卵を使っているのがわかる味!
クレーマシャンティリも、さわやか!!
20140528011.jpg

デザートワインは、フランスのソーテルヌ
貴腐ワインがこんなにおいしいとは!
はちみつのような滑らかさで
しかもヴィンサントのように重くなく、さわやか
ドルチェとよく合っていました
20140528013.jpg

シェフ・パトリツィアのオステリアは
火曜から日曜日までランチタイム営業
メニューは毎日変わります
金曜日はディナータイムも営業
土曜日は、ハッピーアワーやアペリティフタイムとして営業

ということで。。
シェフ・パトリツィアっから本格イタリア料理を習うことができるのは。。
火曜、水曜、木曜の午後 (お店のランチタイム終了後)
となります

詳細は左のフォームからお問い合わせくださいませ~
09:35  |  シェフ・パトリツィア  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。