10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

冬のイタリア野菜 カルドン調理法

2011.02.03 (Thu)

カルドン(イタリア語:cardo トスカーナ方言:gobbo)は、これ↓アーティーチョークの親戚です
写真はスーパーで売られている状態で、旬のこの時期ですと値段も安く
1kg1.20ユーロ、写真の量で600g、70セントぐらいです
(おいしい野菜が手ごろな値段で手に入るのはイタリアのいいところ!)


スーパーで売られているものは、軟白栽培された食べやすいもの
できるだけ軟らかそうなところを選んで買います

掃除は葉っぱと白い薄皮を取りながら、茹でても軟らかくならなさそうな
硬い部分を取り除きます(これは何度も料理して、わかるようになります)
0203RIMG0006.jpg

沸騰させたお湯に、レモン果汁をいれ、ちょうどよい長さに切った
カルドンを30分ほどゆでます(時間は目安)
美白効果目的のレモン果汁は、小麦粉代用でもOK!
※硬いものは、何時まで煮ても軟らかくならない場合もあります
0203RIMG0009.jpg

茹でられたカルドンは、小口に切って、オリーブオイルと塩、レモンで
味付けしてコントルノとしていただくこともできますし・・・

ひとつの方法としては、フライがおいしい!
衣はお好みで・・
小麦粉、塩、胡椒、一つまみ重曹、イタリアンパセリ、水
を混ぜてみました
0203RIMG0010.jpg  0203RIMG0011.jpg

揚げる時は、小さなフライパンで少量ずつ(揚げ温度を下げないため)
イタリア流揚げ油の量は、ひたひた程度
0203RIMG0012.jpg

出来上がり! 苦味があって、ホクホク感があって。
すごくおいしい!
蕗のような、ごぼうのような、不思議な味です
0203RIMG0014.jpg

揚げたものが沢山ある場合・・・
0203RIMG0016.jpg

トマトソースに絡める
これまた、おいしい一品になります

お勧めのイタリア冬野菜でした!

********

日本で、イタリアの野菜栽培!
上記のカルドン、プンタレッラ、アーティーチョーク、フェンネル
などの西洋野菜の種、14種セット!
旅行者による種持ち帰りは法律上禁止されていますので
日本でこのようにイタリアの野菜種が、手に入るのは嬉しい話ですね

10:14  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ペペローネ

2008.09.04 (Thu)

夏野菜のペペローネ
いわゆるおっきなピーマン

太陽をたくさん浴びたせいか、皮はとても硬いです
人によってはこの皮を消化できない人もいるため
人が集まるときは必ず皮を剥いて使っています

この皮むき
オーブンで焼きます
前にオイルを塗って皮むきという話を聞いたので
その方法と普通の空焼きと両方試してみました
両方ともうまく剥けましたが、
オイルを塗ったほうが時間が少なくて済むようです。
20080904P1040306.jpg

こんな感じで皮を取り除きます
20080904P1040307.jpg

きれいに皮を剥いたらバットに並べて冷凍保存もできます
20080904P1040308.jpg

味は冷凍前と全く同じです
このように用意しておけば、パスタの具にもなりますし
(特に魚介系パスタとよく合います!)
お肉の付けあわせにもなりますよ
17:47  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

RAPA

2007.01.19 (Fri)

トスカーナでこのシーズン、家庭でよく食べられる付けあわせ

「RAPA」ラーパ(単数形)

「RAPE」ラーペ(複数形)

いわゆる蕪の葉っぱです。



収穫したラーペを洗って、くたくたになるまで茹でます。
適当な大きさにきったら、オリーブオイルに、にんにくを入れ香り付け。
そこへ水気を絞ったラペを入れじっくり炒めます。
味付けは塩、唐辛子。

こんな感じでサルシッチャやお肉と一緒にテーブルへ
苦味がおいしい冬の家庭の味です。

rapeP1000184.jpg


ランキング参加始めました!ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

05:17  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

じゃがいも

2006.08.25 (Fri)

ジャガイモはきっとどこのイタリア家庭でも切らすことのない野菜!

フライドポテト、ロースト、マッシュポテト、グリル、ニョッキ、
いろいろありますねー。

今日は数年前にあるおばあちゃんから習った料理。
簡単でおいしいdesu!

水に一口大のジャガイモとにんにく、ローズマリー、塩を入れ煮ます。ぐつぐつし始めたらオリーブオイルをひとまわし。
060824DSCF0009.jpg

煮込んでいくと上に浮いていたオリーブオイルは姿を消します
060824DSCF0013.jpg

できあがり!
060824DSCF0014.jpg


ニンニクとローズマリーがジャガイモとよく合います
水を多くして、ジャガイモをフォークで潰しちゃったら、
スープっぽい感じに。美味しいです。

18:34  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

夏やさいのグリル

2006.08.13 (Sun)

茄子、ズッキーニ、ピーマン。。
頂き物旬野菜のまとめた食べ方。。やっぱりグリルです!
鉄板をよーく焼き、薄く切った野菜を焼くだけ。。
0608011DSCF0036.jpg

ドレッシングは、エキストラバージンオリーブオイルと生ニンニク
のみじん切り、塩、お好みでビネガー、イタリアンパセリ。
焼いた野菜をドレッシングにくぐらせ、器の端っこに置いていきます
高さを工夫し、野菜に満遍なくオイルををくぐらせましょう!
0608011DSCF0037.jpg

できあがり!簡単で美味しいです。
で、オイル漬になるので日持ちもします。
0608011DSCF0040.jpg


最近、なんか、つくり置きすることばかり考えてしまいます。

これはできたてより、冷めて味がしみこんだ頃(翌日以降)が
うまうまです。
12:30  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ズッキーニの花のフライ

2006.07.22 (Sat)

今、こんな野菜が自家菜園では採れています。
採れたて野菜


写真の手前の黄色い花はズッキーニの花
季節限定5月下旬~7月が旬です
新鮮さが命!新鮮でないとフライにしても美味しくありません
ズッキーニの花のフライ


さくっとしてホントなんと表現していいか。。
うまいんですよ。
ガス入りの水を使って小麦粉を溶くとより食感がさくっとします!
ビールで溶くとふわっと感が加わりウマ~イですよ。
ズッキーニの花のフライ

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

17:00  |  コントルノ  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |  NEXT