03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

イタリア栗粉コンクール3位になりました!

2016.02.08 (Mon)

アンギアーリの奥地、カプレーゼミケランジェロ(ミケランジェロ・ボナローティの生地)
はピストレージ(pistolesi)という最上級な栗の産地

以前から、何度かお伝えしておりますバッカネッラ農業会社も栗の生産者
秋には、栗粉、栗のペーストなどを造っています
2015年は夏の猛暑、秋の調度良い雨の具合がばっちり重なって
とても美味しい栗となりました

生栗も美味しかったですが、栗のペーストもよく売れ、
造っても造っても売り切れ状態が続きました

そして2016年1月下旬、イタリアの国内栗粉コンクールで
バッカネッラの栗粉がなんと3位に選ばれました
20160207栗2

20160207栗

生産者のフェデリコ&家族は大喜びです

栗粉は、日本ではあまり馴染みがないかも知れません
簡単に言うと
栗を乾かして、挽いて、粉にしたもの


バッカネッラでは昔ながらの伝統製法で栗粉製造しています
セッカトイオ(seccatoio)という栗のための乾燥小屋で1ヶ月ほど栗を乾燥
セッカトイオは1階、2階があり、1階部分では、薪を焚いて煙と熱を絶やさないようにします
2階には、(渋皮つき)栗を30-40cm位の高さで敷き詰めます
薪の柔らかい温かさで、しっかりゆっくり乾燥させるのが伝統的なやりかた
この動画で雰囲気わかります!(2階の小窓から煙がでてます)


栗粉の利用方法
カスタニャッチョというトスカーナの伝統菓子
手打ちパスタに練り込む
焼き菓子として、小麦粉の中に混ぜ込む
ポレンタ(お湯で練って、ミートソースと合わせる)

栗粉はグルテンフリーなので、それだけでは、まとまらないので
パスタやドルチェなど、生地を作る場合は
他のグルテンありのものに練り込む必要があります

さて、バッカネッラ
栗粉も美味しいですが、バッカネッラの栗のBIOはちみつもおいしいです!
20160207DSC_0016.jpg

プラスチックケース400g入、
日本へお持ち帰りの漏れ無しは実証実験済
要ご予約で賜っております
10:48  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

今年もありがとうございました。

2015.12.30 (Wed)

ブログの更新を怠ってしまい、すみません!!

今年のご挨拶を・・・

ブログ「マンジャーレ! イタリア」を
今年もご覧くださいまして
ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます 

*******

時間を掛けて企画して参りました、
バッカネッラのBIOはちみつ、
プラスチックケースでサンプルイメージ完成しました!

バッカネッラのはちみつ紹介はこちら

持ち運びに便利な(重量軽量化、瓶割れ防止)、
食品ケースを見つけ、こんな感じで商品化になりました
写真は500gのアカシア蜜を入れましたが、
一杯一杯ということで、
実際は、400g詰めで行きたいと思っております

20151230baccanella miele P

瓶と比較し、容器が、10分の1の重さになりました。
アカシア蜜の隣に写っているのは、50g入れのミニサイズ
試作品。小さいので生産者泣かせの様子・・商品化は時間かかりそうです。。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます

U
15:52  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

バッカネッラの蜂蜜

2015.09.04 (Fri)

前回の続き・・

こちらが、バッカネッラ農業会社の工房兼自宅


今年、採蜜できた種類は・・・
①CASTAGNO (栗)
②MILLE FIORI (百花蜜)
③ACACIA(アカシア)
④ERICA (エリカ・ツツジ科の花)
⑤MELATA (甘露蜜)


去年は、栗と百花蜜しか取れませんでしたから、今年は当たり年

生産性を重視する場合は、養蜂箱を常に花のある場所へ移動させ
ハチに働いてもらえば、量は確保できますが、バッカネッラは
ハチにゆっくり生活もしてもらうため、箱はほとんど移動しません。

生産性第一の養蜂家は、1年間でひとつの養蜂箱から約75kgの採蜜
バッカネッラは1つの養蜂箱からわずか25kg/ 1年です

生産性を挙げる、つまりハチに働かせすぎるとなにが起きるか?
ダニ、寄生虫の問題だそうです

ストレスのない労働と、よい環境づくりは健康な巣を維持
バッカネッラは、ハチの健康を第一に考えています

生産性を挙げるためには、
ハニカム構造の巣も、化学的にすでに造られた人口巣
だったりしますが、バッカネッラでは、それを一切使わず、
働きバチが、自分たちの蝋分泌腺から出した蝋で、巣作りもしています、
もちろん、その導きは人間が手伝っています
(導かないと真っ直ぐな巣にならないそう)

フェデリコと娘のノラ
20150901009.jpg


さてさて、、テイスティング

熟成中の百花蜜の搾りたて~~
20150901007.jpg

今回、テイスティングできましたのが、
アカシア(写真手前右)、百花蜜(写真手前左)、
栗(写真奥左)、メラータ(甘露蜜、写真奥右)
20150901008.jpg

どれも特徴があって、すごくおいしいです、濃くて、尚、洗練された味
あっさりとのど越しがよく、口にふわっと広がる自然の甘さ
全てBIOです

栗がやはり、一番特徴があって、
この村代表の蜂蜜という味
(ミケランジェロ村の栗・マローネはDOPです)

メラータとは、木の樹液や植物に寄生する昆虫が出す分泌液をミツバチ
が集めたものです、この辺では、主に樫の木の樹液からとのこと
メラータの特徴は、ミネラル分が豊富で、栄養価が蜂蜜よりも高いそうです

子供たちがのどが痛いときは、メラータを飲ませるそう
自然の抗生物質ですって。

蜂蜜の透明感には、訳がありました
働き蜂が巣に入っていく際、蜜以外を運ばないように、
ゲージ(ちょっとした網)があり、、
働き蜂がそこを通るので、
(ちょっと不思議な味の)花粉などは蜜の中に混入しないことになっています
よって、100%純粋蜜です!

はちみつとハチのこと、知れば知るほど、
もっと知りたくなりました 
00:27  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バッカネッラ農業会社 「ミツバチ訪問」

2015.09.03 (Thu)

昨年末、カプレーゼ・ミケランジェロ村のバッカネッラ農業会社を
ブログでご紹介させていただき(こちらのカテゴリー

冬には、日本でバッカネッラ商品の味もご紹介、
おかげさまで好評をいただきました

今回は、一歩前進、生産者訪問です!

バッカネッラ農業会社は、家族経営
フェデリコ(経営者でお父さん)、シルビア(奥さんでお母さん)
ノラ(長女、10歳)、エミリア(次女、野生児)、
そして、みつばちの家族たち
(ミツバチは、彼らにとって、家族です)

カプレーゼ・ミケランジェロ村は、ミケランジェロ・ボナローティが生まれた町として
世界的に知られていますが、村は交通の便も悪く、
ミケランジェロの時代から時間が止まってるのでは。。。と思わされるほど
自然や家々がそのまま残っています、空気もおいしい!

ミケランジェロ村でも、更に奥に入ったところに、農業会社はありました、
BIOの製品を造れる訳がわかりました
フェデリコは生産性よりも、
環境を守り、ミツバチのこと、自然のこと、を一番に考えています
(養蜂家は二手に分かれるそう ①生産性重視 もしくは②ハチ重視)

自然がいっぱいな森の中に置いてある養蜂箱(ヨーロッパ規格サイズ)


20150901002.jpg

ノラが、大好きなスタイルでハチの説明に加わってくれました
10歳なのに養蜂の仕事が大好きで、しかも蜂蜜が大好物!
20150901003.jpg

さて、ハチの話

養蜂箱の後ろ側は比較的、危険ではないそうです
働き蜂が出入りする入り口方面(森向き)は行かないほうがよいそう

養蜂箱の周りは、ハチがブンブン
見ていると、違いが。。
①ハチ箱の周りをグルグル ←外に出始めたばかりで飛行練習中の働き蜂
②直に飛んでいくハチ ← これは、蜜集めの仕事に出かける働き蜂
 3km先ぐらいまでは飛ぶそうです

ハチの世界はほんとに興味深く、はまります!!

飼育されているハチの種類は、セイヨウミツバチ

養蜂箱には
女王蜂(イタリア語でregina・ 基本的に1匹)
ローヤルゼリーを20日間働き蜂からもらうことで巨大化し、女王蜂となります
働き蜂(イタリア語でoperaia ・約3000匹全てメス)
オス蜂(イタリア語でfuco.)

が存在。

女王蜂は、多いときは一日に、なんと2000個も卵を産むそう
その卵、受精卵だと、働き蜂(メス)になり、未受精卵だと(オス)になるという
すごい話!!!未受精で孵るのが、とっても不思議、
鶏は、受精しないと、ひよこにはならないのに・・

働き蜂は、交尾能力を持たず、交尾能力を持つのは
女王蜂と、オス蜂だけ。オス蜂はそれだけのために存在します(働きません・・)
晴天の午後2時から4時の間、オス蜂は一斉に外に飛び出し、集団飛行
そこに、女王蜂が参上!
飛びながら、交尾するのだそうです
オス蜂は、繁殖期が終わると、働き蜂に巣箱から出されてしまいます
交尾が済んで、巣箱の中で息絶えるオス蜂も、掃除係の働き蜂によって、外に出されます
繁殖期、運悪く、交尾できなかったオス蜂も用済み~~っとばかりに外に出されるのだそう。

女王蜂の寿命は4年、働き蜂は平均で40日、オス蜂が30日ぐらいだそう。

女王蜂が、女王蜂の役目を果たさなくなると、働き蜂は、次の女王候補に
ロイヤルゼリーを与え始め、女王を作り出していきます
(ロイヤルゼリーは女王だけの食べ物です!)

女王は実は働き蜂に操られていて、
巣箱の社会は、働き蜂が仕切っているようなイメージ

その働き蜂、蜜を集めるのが主な仕事ですが
1匹の働き蜂が生きている間、集めることができる蜜は
なんと、ティースプーン1杯分。

これは、生産性を重視しないバッカネッラ農業会社の量です。

次回は、バッカネッラの蜂蜜の話。
13:25  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ミケランジェロ村のジャム

2014.12.16 (Tue)

農業会社・バッカネッラでは、有機栽培・森の果実を使って
ジャムも造っています。
甘味料は、白砂糖は一切使わず、とうきび砂糖(有機栽培)のみ!



20141212mar01.jpg

桑の実ジャム
ラム酒入り桑の実ジャム
フサ(赤)スグリジャム
スグリジャム
イチゴとフサスグリジャム
すももと生姜ジャム
マルメロジャム
マルメロとオレンジの皮入ジャム
洋ナシとカカオジャム
洋ナシとグラッパのジャム(シナモン入)

どれもおいしそうです
09:54  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ミケランジェロ村の栗はちみつ

2014.12.12 (Fri)

前回の続きです~

バッカネッラ農業会社では、DOPの栗栽培をしながら、
蜂の巣箱をカプレーゼミケランジェロに置いて、厳しい規制と管理下
有機栽培の蜂蜜を手作業で、製造販売しています

春から初夏にかけて、花がある時期の、元気なミツバチの様子
20141125miele001.jpg

名前入りのかわいい巣箱
20141125miele004.jpg

カプレーゼミケランジェロ村の雪の巣箱・蜂の家
20141125miele002.jpg

こちらがはちみつ
2014年産は、2種類「栗のはちみつ」(右)と「百花蜜」(左)ができました!
両方とも、もちろん有機栽培(BIO)です



DOPの栗から採れる栗の花のはちみつは?
色は、栗のような茶色、蜜の味はより強く、少しだけ苦味を感じます、質感は滑らか。
ペコリーノチーズとの相性も抜群!

百花蜜は?
産地は、こちらももちろん、カプレーゼ・ミケランジェロ 
味は、より甘く、よりしっかりした質感、イタリア的には、ハーブティやお茶など
温かい飲み物に入れたり、お菓子用として使ったり。癖なしの万能はちみつ!
百花蜜は、名前のとおり、春のたくさんの花の蜜。場所と気候によって、花はそれぞれ。
バッカネッラ農業会社の百花蜜は、
アッペンニン山脈中にある空気の澄んだカプレーゼミケランジェロ、標高500mで咲く花の蜜。
ゾーンによって、種類の違うたくさんの花が咲きます
そして、毎年、同じ花とは限りませんから、年によって、蜜の質感や味も変わります、
自然がもたらす百花蜜、とってもおいしいです!

はちみつは、2種とも
500g入れと250g入れがあります、
いまのところ、どちらとも在庫は十分とのこと

バッカネッラ農業会社では、クリスマス用として
商品を詰めあわせることができる
プレゼント箱を用意しました(箱代別)
20141211conf natale 2014 030LEGG

センスがとってもかわいい!手づくりスタンプやタグ
20141211conf natale 2014 032LEGG

20141211confnatale 2014 003LEGG

次回は、ジャム!お伝えします~。

21:49  |  農業会社・バッカネッラ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT