07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

カセンティーノウールのショップ フィレンツェ店

2015.08.04 (Tue)

暑い日が続き、さらに暑くなるような、
ウールの話で、申し訳ないです・・・

アレッツォから北へ約50km、STIAにある伝統的なウールの織物を造る
製造工場へ行ってきました
以前からこちらのカテゴリーでご紹介しております

工場で見た今年の私のお気に入り ほっほっ欲しい~~。
色はなんといってもオレンジ、カセンティーノの象徴色
デザインは、シンプルですが、首の辺りが暖かそうで、
しかも、おしゃれ


さて、ニュース
直営店が今年の春、フィレンツェにオープンしました!
住所
Borgo Santi Apostoli 43r, Firenze
フェラガモの隣だそうです

社長の話だと、日本人のお客様が沢山買われるとのこと!

巷で評判になる日も遠くないかも?

なんたって上質でしかもかっこいいデザインたくさん、
しかも手ごろ(裏つきで200ユーロちょっと)です!

フィレンツェでは以前はブティックに卸していました
今回、直営店ということで、値段がぐんと下がり、
フィレンツェ直営店は、なんと工場出しの値段です!タックスフリーもOK!

ぜひ、お立ち寄りくださいませ~

そして、、洋服作り、趣味、家装飾(クッションなど)
などに使ってみたい!
という皆様、上質ウール100%生地(150cm幅)、ご注文承ります!
20150804016.jpg

左のフォームからご連絡くださいませ。
スポンサーサイト
16:15  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

中世から続くイタリアンウール

2014.05.15 (Thu)

羊飼い訪問でよく行くカセンティーノ地区は
カセンティーノウールという伝統毛織物の生産地としても有名

以前ご紹介した伝統ウール詳細はこちら
伝統毛織物で作るイタリアン高級コートはこんな感じ

日本では上質のウール100%の生地はなかなか見つけにくくなったそうで
今回、特殊な起毛をさせたこのカセンティーノウール100%生地を
お客様に気に入っていただけて、日本へ向け、お送りすることになりました


カタログで見るよりも、写真で見るよりも
実物は、ほんと、どれもきれいな色
すべての色が、洗練されています
20140515002.jpg

特殊起毛されています
20140515003.jpg

ブルー系もとってもきれい!
20140515004.jpg

20140515006.jpg

生地色は、こんな色があります
生地は、50cmから購入可能、日本への発送を賜ります
洋服、手芸、クッション、バック作り、イタリアンな感じに、
いろいろ楽しめそうです

そしてこの毛織物工場、訪問されたい方、ご案内します

詳細を知りたい方は、左のメールフォームからご連絡くださいませ!

タグ : カセンティーノウール

10:06  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

カセンティーノウール工場訪問

2011.07.27 (Wed)

(日本が)暑い中、すみません。。また毛織物の話です。

あっちなみに、今、イタリアは寒くて、、
海水浴場に人がいなくなってしまっているようです
ここ10日ほど、天気がパッとせず、最高気温は25度前後、、
水着で、海辺の日光浴の気温ではないため、
どうやら美術館巡りにバカンス中のイタリア人が移動しているようです


先日もお伝えした、カセンティーノウール
製造会社の工場見学ができます

毛糸から・・・・・


20110727RIMG0012.jpg

毛織物ができるまでの見学が可能
20110727RIMG0011.jpg
 
この後は織物を染める作業に入りますが、この工場内では行われず
織物は、別の工場へ運ばれます

ということで、直売所では・・
こんなマントも素敵! 118ユーロ 
(一般のブティックでは、300ユーロ以上になるそうです)
20110727RIMG0009.jpg

裏無しの、とてもかわいいこのタイプは、160ユーロ
20110727RIMG0020.jpg

小物類も充実
純毛のポーチ 8ユーロ、フェルトのかっこいい帽子35ユーロ
帽子は、お店では3倍の値段がつくそう、品質がよいです!
20110727RIMG0018.jpg  20110727RIMG0014.jpg

あとは、カントリーシリーズがあり、
このようなジャケットも豊富にそろえています
仕立てのしっかりたこのジャケット(女性用)で、
140ユーロ  
20110727RIMG0013.jpg

直売所では、クレジットカードが使えます。
16:42  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

カセンティーノウールのジャケットやコート

2011.07.18 (Mon)

昨日からお伝えしております、中世時代から続くカセンティーノウール

細い毛糸から13段階の工程を経て、
カール状の特殊な毛織物が完成します

その工程の一部には、高温の熱処理があります
毛織物に高温を加えることで、2mの生地は25%縮まり
1m50cmの反物になります 
縮まった分、織物の厚みが増し、織密度が高くなりますから
より暖かさが保てるというわけです。
(毛糸のセーターを洗って、縮まってしまって着れなくなった経験ありませんか?
あれです!!)

わたしの訪問した工場では、製造直販をしています
これが、驚くほど、手ごろな値段!!(製造所価格で出しています)

上質で、妥当な値段
ほど、うれしい話はありません!

こちらは、一番クラッシックなデザイン
昔から、この辺のおしゃれな人たち(老若男女)は、これを着ていました
中の裏張りは、もちろん緑!カセンティーノの伝統的な色あわせ
オレンジと緑です
オーバーの後ろ合わせは、ボタンになっていて、
ボタンを外すと乗馬ができるようになっています。
1107186432.jpg

上記の裏張りが付いたオーバーは製造所で一番値段が高い商品となっており
男性用 216ユーロ、女性用 210ユーロです

値段は卸、これがブティックへ出ますと、3倍程の値段はつきます


女性用の2011年のラインの紹介です

1107186424.jpg 1107184830.jpg  1107181034.jpg

1107181032.jpg  1107186511.jpg  1107186510.jpg

1107186506.jpg  1107186501.jpg  1107186444.jpg

1107186436.jpg  1107187393.jpg  1107187366.jpg

1107187303.jpg  1107186805.jpg  1107186804.jpg

1107186502.jpg  1107187883.jpg  1107187788.jpg

こんな感じで、今風のすごくかわいらしいデザイン
伝統と流行がマッチしてます

裏張りしてあるかしていないかで、値段は変わります

モンゴメリ(一番上の左端、緑のコート)で150ユーロ
裏張りをしていないクラッシックなマント(3段目の右端、青のマント)で50ユーロ
という感じで、すべて手を出しやすい値段

素敵な色は、全部で40種類あり、時間がある場合は
オーダー注文で、色とデザインを組み合わせてくれます
最長で2週間でお作りするそうです。

羊飼いを尋ね、ここの毛織物工場訪問の企画しています
また追って情報を載せます、お楽しみに!
11:07  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

カセンティーノの毛織物

2011.07.17 (Sun)

歴史を重ねたものは、消して途絶えない

という言葉がぴったりの、こちらの毛織物


カセンティーノの毛織物

カセンティーノ地方は、アレッツォから北に位置
原始林に覆われた丘陵の間に小さな村が点在する地方。
フィレンツェに繋がる大きな川、
アルノ川の源流(ファルテッローナ山のふもとの丘)があることでも知られています。
山間には、アルノ川につながる無数の小川があり、これ(きれいで豊富な冷たい川の水)も
毛織物が発達した理由のひとつでもあります

この特徴あるカセンティーノの毛織物は、14世紀(1300年代)にさかのぼります。
羊飼いが多く存在、毛織物は、お金の代わりとして利用されていた時代もあったそう

この毛織物で作られた防寒着は、カセンティーノの羊飼いはもちろん、森で仕事をする人
狩人たちの仕事着でした

ひょんな間違いから、できたというこの歴史ある珍しい毛織物
実用的な大きな役割が二つあります

1)防寒
2)防水


巻き毛をつくることで、ウールの層は2層になります、それが暖かさを作る秘訣
巻き毛加工は、織物の目を詰めることで、水が浸透しにくくなるという、
自然の防水加工です、実際に羊飼いが雨の日も着用していた歴史があります

なんといっても、伝統的な色合いは

オレンジと緑

この2色に尽きます

直売のある工場で、伝統色の組み合わせのスリッパを買ってきました
110716RIMG0030.jpg

110716RIMG0031_20110717030920.jpg

image000387.jpg

明るい素敵な色合いです!

次回は、素敵なコート類を紹介します
19:19  |  カセンティーノの毛織物  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。