01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

プーリア旅行⑥ VIESTE(ヴィエステ)

2010.09.29 (Wed)

今朝、パンを買うため、朝7時に外へ出ました、息が白かったです
トスカーナは朝と夜すごく冷え込みますが、一気に気温が下がりました
朝晩は、既に10度以下です

ということで夏の日差しが既に懐かしく感じる今日この頃。。
夏のプーリア旅行の思い出話

ガルガーノ半島の先端にあるVIESTE(ヴィエステ)海岸です
人が住んでいる住宅街は高台にあって、その辺りから海岸を見た感じです
海岸沿いに見える建物は、ホテルや夏の間の貸し別荘
0929RIMG0066.jpg

ヴィエステ海岸から町を眺めると、こんな感じ
いい感じの海岸です。プーリア旅行1回目に書いたペスキチ海岸と少し似ています
イタリア人はとにかく、肌を焼く、焼く、焼く・・・
彼らのバカンスは、それに尽きます・・・
0929RIMG0059.jpg

0929RIMG0060.jpg

海に面した街の様子、白い壁と青い空と。
強い太陽の下、マネキンのように動かない真っ黒なイタリア人女性
が絵になります(わきの下まで、焼いているんでしょうか・・・)


海沿いの素敵な家、窓からは海しか見えないんだろうなぁ・・・
0929RIMG0072.jpg

教会の色も白、トスカーナとは全く違う色の町
0929RIMG0064.jpg

町はこんな小路ばかり、小さな家々が、びっちりくっついています
0929RIMG0075.jpg

と、ヴィエステは、こんなかわいい感じでした
14:38  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

プーリア旅行⑤ 食 Lumache di mare (海のエスカルゴ)

2010.09.10 (Fri)

夏のプーリア旅行の思い出話

滞在していたchieuti(キエウティ)という村から4kmほど離れた
serracapriola(セッラカプリオーラ)という町で、土曜日大きなメルカートをやっていました

魚屋のトラックには、この一品だけ販売されていて・・・
愛想のよいおじさんに調理方法を教えてもらって、購入した海のエスカルゴ!
はじめてみる大きな貝でした


中に砂が入っていたら、嫌だな。。
これは、海の深~~い場所でとれる貝だから、砂は一切無いとおじさん断言。

で、買いました。

沸騰してから、ぐつぐつ煮ること20分
0910RIMG0162.jpg

殻から出し、黒っぽい部分を除き、洗って、切って・・・
トマトソースとあわせます、トマトも市場で買った農家産ミニトマト(これがすっぱかった。。。)
0910RIMG0164.jpg 0910RIMG0163.jpg

出来上がり!
0910RIMG0166.jpg

食べてみたら。。
なんと、ツブ貝とおんなじ味ではありませんか!
食感といい、味といい、日本で食べていた黒いツブ貝とおんなじ味でした

4人で食べて、気に入ったのは私だけ
他のイタリア人3人は、がっかりだ。。。の感想。。
なんたって、みんなトスカーナ人です
コリコリという食感、噛むほどに味が出るこの貝
おいしかったです

陸のエスカルゴのほうが、よっぽどおいしい!と言っていました
陸のエスカルゴ食べてみたいです。。。
話に寄ると、2~3日は、サラダの葉っぱかなんかを食べさせて
内臓をきれいにしてから、頂くとか。。。

湿気のある早朝の公園の決まった場所に、時々まとまって見かけるので、
そ・の・う・ち・・・
これって、イタリアに生えている竹の根っこの、たけのこを食べるか??
と同じくらい勇気がいるかも。。。
17:51  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

プーリア旅行④ TERMOLI(モリーゼ州・テルモリ)

2010.08.19 (Thu)

滞在していたプーリア州のキエウティからモリーゼ州テルモリまで
車でわずか30分
テルモリは人口3万ちょっとの小さな街ですが、
このシーズンはとってもにぎわっていました。

チェントロは夜中まで人でいっぱい!
いわゆる海辺の観光地です
すごく、かわいらしい街で、何度か好んで出かけました

夜の海辺の散歩は、涼しくて、海からの風が気持ちよく。


街の中の様子 城塞があります
0818RIMG0026.jpg  0818RIMG0028.jpg

0818RIMG0010.jpg 


そうそう、、昨日の話を忘れずに。。。
テルモリのとあるレストランで頼んでしまった、時価はこれ!
アンティパスト ペッシェクルード であります
この写真のアンティパスト(時価)・・
50ユーロの計算につきました(とほほ。。)
0818RIMG0178.jpg

貝は全て(ムール貝、牡蠣、他1種)
天然物!しかもピクピク生きていました!
他のお皿も全ておいしくて、港でその日に捕れたばかりの新鮮な海の産物は
トスカーナの中央では味わえない味!
テルモリは魚料理のおいしいレストランがたくさん!
ですが・・
価格は何処もお高めという印象を受けました。。

メニューを見せておきながら、うちはその日に捕れたものを使って料理するから
メニューどおりではないという説明から始まって、
アンティパスト、プリモ、セコンドをお任せメニューで
全部とることを強要するようなレストランがありました、
お客は、それぞれ自分で好きなものを好きな分注文するものだ!
と同行者の一人が経営者に言ってしまって・・・(ある意味、筋は通っている・・)
むっつり、しどろもどろに経営者、言い訳。。
でも強気に、お客さんは、うちをわかっていないですねと引きつっていました!!
すごい空気が流れてしまいました・・・
無言の食事。。になったことはいうまでもありません・・・

捕れたての魚を使っての苦労話をあるシェフが話していました
漁船のストライキ、衛生局の検査
いろいろあるそうです、、去年は漁船のストライキで2週間、店を閉めたそうです
港のある地域のレストランに求めることはやはり、冷凍物ではないですものね・・・

という感じのテルモリでした・・・
18:05  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

プーリア旅行③ キエウティ食事

2010.08.18 (Wed)

見知らぬ土地へきた時の、情報収集はもっぱらバール

おいしいところは??
バールの経営者からお客さんからいろんな人が情報をくれます

墓地(管理?)の息子から聞いたといって、行ったらいいよ。
といわれて行った
キエウティ村に唯一ある、食事のおいしいアグリツーリズモ

そこのアグリにもやはり風力発電のプロペラが回っていました
自家製ワイン用のアグリのブドウ、豪快な房の大きさ
品種はサンジョベーゼです
0818RIMG0089.jpg

オリーブの粒も、トスカーナの倍ぐらいは既にありました
0818RIMG0092.jpg

さて突然行ったアグリでのおまかせ夕食・・
体育館のような大きさのレストランに、お客は私たち一組だけ、、
親切なカメリエレが専属で対応してくれました

アンティパスト1 ミニトマトやズッキーニを乗せたスキアッチャータ他
アンティパスト2 チーズの盛り合わせ(羊からヤギから牛からいろいろ。。)
 0818RIMG0098.jpg
アンティパスト3 アグリ産豚加工品盛り合わせ
南らしく、サラミや生ハムにペペロンチーノが加わって絶品!
内臓系のサラミもおいしかった!
0818RIMG0097.jpg

プリモ1 手作りニョッキ、ふわっと作りたてのお味!しかもフレッシュなトマトソースがよく合う!
プリモ2 手打ちパスタオリジナル なんとも不思議な形のパスタ
聞いたところ、アグリオリジナルとのこと、吊るされた餃子のよう
パスタの中はジャガイモとチーズ、クリームはピスタチオやアーモンドのナッツ系
0818RIMG0099.jpg 0818RIMG0101.jpg

メイン いろんなお肉のグリル
ここでは殆ど食べられない状態(おなかいっぱい)・・この地方は子羊がよく食べられるそうで
さすが、子羊のグリルは柔らかく絶品でした! このほかにも野菜のグリルもたくさんありました。。
0818RIMG0103.jpg

自家製ドルチェとフルーツ
おいしいんだけれど。。だめーーお腹いっぱい。。
0818RIMG0104.jpg

写真は全部ひとり分の様子です
メニューもなかったし、こんなにいっぱい出てきちゃったし、、
どきどきしながら、お会計を待つ。。
おひとり様30ユーロでした
ワインも含まれてこの金額は満足でした

プーリアは物価が安い!というみんなに言われた言葉通り!

ところが。。結構高い!!経験もありました
住んでいない、いわゆる旅行者はお高め会計・・
これが平等という考えなのか??
よく通う客と一見さんでは金額が違うという・・
気をつけたいのは、、時価のものを頼まないこと・・・
頼んじゃったんです。。。また明日。。
14:00  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

プーリア旅行② CHIEUTI(キエウティ)

2010.08.17 (Tue)

昨日から続く夏の旅行のプーリアの話

私が滞在していたのはCHIEUTI(キエウティ)という村、
プーリア州にあるといっても、州の一番最初(北)の村
車で10分も走ると既にモリーゼ州になります
キエウティと日本語検索をすると、
日本語で記事が書かれた記録も無いような村・・

この村の人口は1700人、通り(道路)は3本のみ、
八百屋1軒、バール4軒、食料品店2軒、ピッツェリア1軒、
肉屋1軒、タバッキ1軒・・・
村の主な産業は農業

この村の特徴
1)外人が居ない
2)子供が子供だけで遊んでいる(親が近くに居ない)
3)家のドアは開けっぱなし

1)の外人が居ない
今やイタリアは、居住する外人がたくさん!
ところがキエウティには外人を見かけませんでした。。(観光客も含め)
観光の要素が無いこと、他には安全な村を守るために
昔ながらの住民が団結しているそのような印象です
たった4km離れた隣村には、ジプシーをたくさん見かけました
(この時期、トマト収穫をして集団で生活をしているひとたち)
2)住民が自警団ですから、自分の子供、他人の子供関係なく
みんな通りに出て時間を過ごしています
老人が子供を見ているような感じです
バールを経営している女性も言っていました、安全な村だから子供は
子供だけで遊んでいると。
3)家の中が丸見えで生活しています

こんな村ですから、何処の家に誰が来たというのも筒抜け・・
私達がついた翌日には村中が、アレッツォからの私達の存在を知っていました

村の中で、車がすれ違うときにお互いがクラクションで挨拶です
プップッ、ププッ、一日何十回聞いたことか。。
おかしくなって笑いがこみあげました、、
ププツ、ププツの連続で・・


トスカーナにとてもよく似た平原と丘が広がるキエウティには、風力発電装置が
たくさん置かれていました


近くへ行くとその大きさに驚きます
0817RIMG0087.jpg

イヤーすごいなぁ、ごみの分別もしているようだし、
エコへの取り組み十分なんだ!と感心していると・・・

こんな光景・・
野焼きです
0817RIMG0001.jpg

イタリアでは法律で禁止されているそうですが・・・
焼いていました、焼いていたのは、干草を刈った後の農地、肥料を与える代わりに
野を焼いてしまうというもの・・・
近くにはオリーブ畑もあって、ところどころ引火しちゃってオリーブの木も焼けちゃっていました
火が脈々と焼き尽くしている道路わきを、車で通過して気づいたのですが
誰も火の行方を見ている様子が無い・・・
しかも風が吹いている(風力発電をするような場所ですから)・・
監視が居ないんです・・
いやはや・・・空が青いのが救い。。です・・
0817RIMG0002.jpg

気になるのはやはり海(夏です!)
キエウティには、marina di chieutiという海水浴場があります
規模が小さな海水浴場ですが、滞在していたキエウティからは9km
という近さ。車で5分も行けば海です!

(キエウティの海辺でみかけた様子)
0817RIMG0005.jpg

明日はキエウティでの食べ物編です
16:53  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

プーリア旅行① ペスキチ(PESCHICI)

2010.08.16 (Mon)

ご無沙汰してしまいました・・・

プーリア州へ行って来ました!
滞在していたのは、CHIEUTI(キエウティ)
というフォッジャ県(長いプーリア州の中でも最北端)の入り口にある本当に本当に小さな村
そこを拠点にしての、夏のイタリアの海辺体験!

今回はペスキチ(PESCHICI)の様子です!
ペスキチは、ガルガーノ半島にある人口4700人ちょっとの小さなまち
海辺から見上げる、白い壁が特徴のとてもきれいな町でした


砂浜が延々と続きます
08161007270007.jpg

寂れた感じと、乾いた空気、風景はトスカーナとは全く違うもの・・
08161007270024.jpg

入り組んだ小道に張り出したテラスでレース編みをしていたおばさん
いい雰囲気だと思ったら。。。
お店の呼び込みとして、一役買っているようでした!
08161007270026.jpg

何処も絵になる感じです
08161007270025.jpg

ペスキチの町から、海を見下げた様子
08161007270017.jpg

プーリアの海、続きます!
トスカーナ(この辺。。)は今年は蚊が大量発生。。。何処もかしこも
みんな蚊に悩まされています、プーリア、全く蚊が居なかったんですよ!
湿気が影響しているかしら。。。

15:52  |  プーリア旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |