03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

マッケローニ祭り

2015.06.08 (Mon)

昨日の日曜日、アレッツォ・バッティフォッレという村で
開催中のマッケローニ祭り、最終日に行ってきましたー!

マッケローニとは、パスタの”マカロニ”ではなく
アレッツォの方言で「パッパルデッレ」や「タリアテッレ」のこと

アレッツォで有名な村祭りだけあって、会場は、にぎわっていました

会計の窓口で支払いを済ませ、村のボランティアの人たちが
席を案内してくれます(マリアンジェラのご主人のフランコと
息子のフランチェスコも、手伝ってました!)

こちらアンティパスト1人前
ビールが冷たくて、おいしかった


こちらがマッケローニ
村のご婦人たちが麺棒を使って、打っています
正真正銘の手打ちパスタ 作業場の様子はこちら
ミートソースは鴨肉を使った伝統のソース!
20150608004.jpg

手前が鴨肉のロースト
このお祭りに行ったら、これを食べるべし!という
超人気の 「NANA(ナーナ)」(アレッツォ方言で鴨のこと)
評判がよいだけあって、すごくおいしかったー
野生のフェンネルとにんにくでしっかり味がついているのに
しょっぱくない。そしてローストなのに、ジューシー、皮の部分は脂が乗っててコクあり~^^
思い出しただけでも、また食べたいです
お肉は農家から買い付け、村の人たちが、全部、手間をかけてやっているそうで
来年、一緒に味付けしたかったら、来たら!とフランコが言ってました
あの味付けは知りたいところです!
今回のお祭りでは、一日につき、100羽、消費されてたそうです
20150608005.jpg

奥のお肉は、豚のリブ、炭焼きです
これは、脂っぽくなくて、あっさりしてて、
食感がしっかり、いい肉~って感じでした。

毎年、人が集まるお祭りという訳がわかった気がしました
ムラノボランティアの人たちは、てきぱきと働いているし
料理はおいしいし。
気持ちのよいお祭りでしたー!
17:19  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Bravio delle Botti (モンテプルチャーノのお祭り)

2010.08.30 (Mon)

昨日の日曜日(8月の最終日曜日)、モンテプルチャーノのBravio delle botti
のお祭りを見に行ってきました。

中世時代に始まったこのお祭りは、モンテプルチャーノを8つの地区に分け、
モンテプルチャーノらしく
ワイン樽(Botte・ボッテなので、500ℓ以上ワインが入る大きめの樽)を
を転がして地区対抗で、速さを競うもの
スタート地点→ゴールまで、あのモンテプルチャーノの坂を駆け上って行くこと
1800メートル(樽の重さは80kg)、各コントラーダ(地区)2名で押し進んでいきます
ゴール地点の大聖堂があるグランデ広場では、大きなTVで中継していました


実際、この競技が始まったのは19時(シエナのパリオのような遅い時間帯です)、
18時からは各コントラーダ毎に、中世の衣装を着た行進がありました
08301008290062.jpg  08301008290063.jpg

08301008290065.jpg  08301008290054.jpg

08301008290064.jpg  08301008290057.jpg

私はゴール近くに居ましたが
競技の樽ころがしは、あっという間に私の前を通ってしまって。。
シャッターチャンスどころではありませんでした
こんなボケボケの写真・・・
08301008290072.jpg

ということで、
今後のためにお祭りの様子を知りたい方もいらっしゃるでしょうから
以前のお祭りの様子、こちらの動画を拝借しました 
(4:30ごろから樽転がし競技が、始まります)


この手のお祭りは住民の熱気、すごいものがあります、
シエナのパリオほどは、緊迫した空気はなかったですが
大盛り上がりでした!
14:30  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

昔の脱穀風景

2010.07.21 (Wed)

村々で夏祭りが開かれています
先日、私の家の前をキアナ牛やトラクター、脱穀機などの農業機械の大行列が通りました
お祭りの宣伝です
左の写真のキアナ牛に引かれて座っているおじさん、有名人ジュリアーノさん!
農家です、いつも(このときもなのですが)ガチョウを抱いています
おとなしいガチョウで、
疲れてくると首が下にぶら~~んと下がった状態で死んでるのかと勘違いします。。
07151007180011.jpg 07151007180013.jpg

ジュリアーノさんが何で有名かと言うと、
1)Ruscelloという村の村おこし、村祭りの主催者だから こちらのサイト
2)村祭りの売上金の一部で毎年、街に救急車を寄付しているから
3)アレッツォ方言で語るその口調が、地元民にとって、親しみを持てるから

ジュリアーノさんは、昔にこだわっています
昔の農作業風景、昔のワイン作り、昔の農家の生活や食べ物をローカルTVなどでも紹介しています

こちらもそのひとつ、お祭りの際、見ることができる
昔の麦の脱穀風景です(昔といっても数十年前の話です)


明日も昔の風景、続編です
14:29  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

栗祭り

2009.10.15 (Thu)

栗の季節になりました~~!
20081010P1040403.jpg

この辺で行われる栗祭りのお知らせです

★カプレーゼミケランジェロ(Caprese Michelangelo)
  2009年10月17,18日、24日、25日


★カスティリオン フィオレンティーノ(Castiglion Fiorentino)
  2009年10月17日、18日


*****

明日から、アレッツォで3日間、インターナショナルマーケット(Mercato Internazionale)
が始まります!
駅前のそば、2kmに渡っての開催、お店は全部で2百店
外国から150、イタリア内50の出店の予定だそうです!
お近くにいらっしゃる方、是非お立ち寄りください、とても楽しいです~~!
10:20  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ビール祭り

2009.09.28 (Mon)

先日ご紹介したビール祭りへ行ってきました 

ドイツから来た楽しい楽団の音楽で大盛り上がり!
20090928P1060612.jpg

20090928P1060620.jpg

空になったビールジョッキ(プラスチック)はこんな感じで回収


落ちそうで落ちない
20090928P1060632.jpg

飲酒運転の取締りが厳しくなっているイタリア
車を使わず、祭り用列車を使う人が増えました、、(これはいいこと!)
なのに列車の本数は昔のまま・・すごく少ない・・・
最終1本前の列車で帰ってきたのですが
列車の中は、すし詰め状態、荷台の上にまで人が乗る始末・・
途中、降りることのできなかった人が非常ベルを鳴らして降ろしてもらったり、
酔っ払いがうるさい・・・一両毎に、1人警察を入れてほしいと思ったほど。
(サッカーのTIFOSI (熱狂的ファン)の移動には警察の護送があるのだから・・・)
最悪の状態でアレッツォまで帰ってきました
あの状況が改善されない限り、お祭りへ行く人も年々減っていくような気がします
10:05  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

BIERFEST

2009.09.11 (Fri)

アレッツォから列車で1時間、43kmほど北にある小さな町 PRATOVECCHIO
はドイツの町UFFENHEIMと姉妹都市になって、25年以上

ドイツ(本場)のビール祭りにあわせて、BIERFEST in プラトヴェッキオ、今年も開催です

今年のチラシ(9月24日から4日間です)


楽しい楽団が、ドイツから来ます!
pratP1010723.jpg

自然発酵のビールだからとってもおいしい!
飲んでも、膨れるような満腹感が少ない(だから飲んじゃうのですが。。)
食事はドイツのソーセージや、スティンコ(豚のすね肉の丸焼)、生ハムなど

行き来は特別電車が出ています(電車代も特別料金)
このお祭りが始まる頃には、肌寒い本格的な秋の到来を感じてしまいます
07:47  |  お祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT