05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

カルロのチョコレート!

2009.10.30 (Fri)

チョコレートの季節になりました

イタリアではチョコレートは秋から冬にかけてが旬といわれます。
カルロのお店でも、夏には大忙しだったジェラートの規模が縮小され、
チョコレート造りが本格化

チョコレートが関わる行事・・クリスマス、バレンタイン、パスクア
夏にはチョコを贈り物に使う行事ってないんです。溶けちゃいますからね。。

こちらのチョコレート
名前は brutta ma buona (醜いがおいしい!)
ナッツとナッツペーストが入って、一個一個大きさが違っています。
板チョコよりも柔らかい仕上がり。
口解け感を考えて、配合分量調整しています
添加物や着色料は一切使用していませんのでのど越し、後味がすっきり
とってもおいしいチョコ!


水のように流れるミルクチョコレート
左横に板チョコを置いていますが、この機械、優れもの!
自分でブルブルして板チョコの気泡を取り除いてくれています
びっくり!
20091029P1060863.jpg

チョコレートはハイな気分にさせてくれる食べ物
ビターチョコを使って一日中仕事をしていると、夜は疲れていても興奮で目が冴えて
なかなか眠れないそうです
カカオの力ってすごいですね!
07:35  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カルロのジェラート屋

2009.07.09 (Thu)

モンテサンサビーノの駅付近の店から町の中心に移転したカルロのお店の紹介です
町のメインストリートに面しています、このお店。


こんな感じでモダンレトロな雰囲気
20090709P1050904.jpg

工房の中も前の店の倍の大きさです
20090709P1050915.jpg

なんでセロリ??
20090709P1050916.jpg

実はカルロ、今年の一月にリミニで行われたインターナショナルコンクール
”IL GELATO DELL'ANNO"の
新しい味アイデア部門で 優勝したのでした
その優勝した味というのがセロリ味!
20090709P1050917.jpg
普段はセロリジェラートはお店には出していません
訪問したこの日は、夜にソムリエの会合があるそうでその人たちにワインと一緒に
出す為にセロリを用意していました
セロリジェラートはミルクを一切使わないそう、ワインとの相性としては
白ワインや発泡性のスプマンテとあわせるとおいしいと言っていました
食前のスプマンテにさっぱり味のセロリジェラート、うう~~ん、いけそうです!

さてさて午前中の忙しい時間、、どんどんいろんな味を作らなくてはいけません
cassata siciliana(カッサータシチリアーナ)の味が出てきました
20090709P1050929.jpg
シロップ漬フルーツを乗せたら出来上がり、お店に出します
20090709P1050931.jpg

お店には、きれいなジェラートケーキもたくさん!
20090709P1050921.jpg

カルロは5年ほど前から知っているけれど、ホント働き者。
彼は仕事に情熱をもってやっている人の1人、頭が下がります
疲れた顔も見せないし。
9月の中旬までは、休みなしで朝9時から25時ごろまで店にいます・・
(夏はイタリアジン、夜中にジェラート食べるから
夜中の12時ごろに子供も食べています・・)
09:52  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イースターのチョコレート

2008.02.14 (Thu)

チョコレート体験で案内しているカルロのチョコレート屋さん
ではパスクア(イースター)用の卵チョコ生産で大忙し!

カルロのチョコは手作りです!
一個一個丁寧に仕上げていきます
大きな卵チョコの中には子供が喜ぶようなおもちゃが入ります
pasquaP1020343.jpg

pasquaP1020345.jpg

pasquaP1020355.jpg

pasquaP1020357.jpg

原寸大の小さい卵チョコはこんな型で作ります
pasquaP1020347.jpg

pasquaP1020369.jpg

こんなきれいな卵型のチョコレート、欲しくなってしまいます
pasquaP1020372.jpg

pasquaP1020373.jpg

カルロが言っていました
パスクアは4日間の勝負!
クリスマスのプレゼントは結構皆さん早めに用意するのに
パスクアのチョコレートは直前に購入するパターンが多いようです
カルロの店で昨年は依頼品を中に入れる卵チョコを300個
作ったそうです、
卵を割ったときに、金のネックレスが出てきたり
携帯電話やデジカメも。。。
いろんなものの依頼があったそうです。

これこそ、この国の文化かも。
チョコレート体験がてら、大事な人へのプレゼントを
中に詰める卵型チョコレートを作るってのはどうですか!
日本への持ち帰りには割れないよう、気を使いそうですが。。
23:58  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

バレンタインチョコレート

2008.02.12 (Tue)

ネット回線のない状態が続いて、ご無沙汰してしまいました
すみません。。。

年が明けたと思ったらもう2月も中旬、あっという間です。
冬のヨーロッパはチョコレートの季節
おいしくって体が温まるという、なんともうれしい話!

バレンタインを前にチョコレート作りを体験
先生は昨年からお世話になっているカルロ、
彼はチョコレートの本場ベルギーでその道の勉強をして
材料もベルギーから取り寄せている本格派

工場で大量生産されるチョコレートとは違って
材料吟味の手作りのチョコレートは別格うまい!
口の中で広がるまろやかさ!
必ず違いがわかるおいしさです!

カルロは自然派嗜好なので、無添加、無着色、無香料の材料を
使って安心チョコレートを作ってます。
が、、、今回はバレンタイン。。。
赤いチョコの希望があまりにも多いので、
赤カカオバター(着色料)でこんなにきれいな
バレンタインチョコも用意しています
carloP1020358.jpg

なんとも、すごい色!情熱の赤です!
中にはナッツクリームが入っていますよ

簡単そうに見える作業なのですが、手間と時間がかかっています!
carloP1020364.jpg

チョコ作りについてカルロはこんなことを言っていました
「チョコレートが仕事をさせる、チョコレートの言うがまま!」
チョコレートの作業は温度の仕事、
チョコの適温時に仕事をすることになりますから、
人間はチョコレートに待たされたり、せかされたりということになるわけですね。

チョコレート体験レッスン(2時間)では、
チョコレート作りに参加できます、
そして作ったチョコはお持ち帰り
自分で作ったチョコは格別おいしいです!

カルロのお店のバレンタインの様子
carloP1020363.jpg

次回はパスクア(イースター)の卵チョコを紹介します
17:32  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

カルロのジェラート

2007.11.30 (Fri)

模型を使ってジェラートの昔の作り方を見ました

左の赤いハンドルをまわすと歯車が回って、
銅製の容器の中がかき混ぜられる仕組みです、
容器の回りは氷水で冷やすのだそうです


とってもおいしいピスタチオジェラートを作ります
材料は生クリーム、ミルク、砂糖、たまご、ピスタチオの濃縮エキス
geP1010948.jpg

機械に入れたら10分もしないうちにジェラートが出来上がりました
geP1010950.jpg

カルロはチョコレートとジェラートをきれいに組み合わせた
ケーキも作っています。
geP1010952.jpg

この後はもちろんできたてジェラートの試食を楽しみました。
冬のジェラートはコクのあるタイプがおいしいです。
00:50  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

カルロのチョコレート教室

2007.11.29 (Thu)

チョコレートがおいしい季節になりました
アレッツォからローカル列車で30分、モンテサンサヴィーノ
の自然派嗜好添加物を加えないカルロのチョコレート屋も大忙しです

今回の教室では
1)チョコレートの元になるカカオの味見
2)産地ごとのチョコレートの味比較(ヴェネズエラやマダガスカル他)と説明
3)フル稼働中のすぐ仕事ができる状態のチョコレート3種の説明
  (写真奥からホワイトチョコ、ビターチョコ、ミルクチョコ)
4)カルロオリジナルチョコの味見
5)商品になるチョコレートの製造体験

チョコ体験の後にはジェラート体験もありました
(その様子は明日)


<製造体験の一部の写真>
クルミ入りのチョコを作ります
lugaP1010938.jpg

手早く一口サイズにしていきます
この体験をみんなでやりました、簡単そうに見えてなかなかはかどらないものです
lugaP1010940.jpg

こちらは大粒のマカダミアンナッツの入ったグラム売りで
売るためのチョコレートを作っています
lugaP1010946.jpg

こんなにたくさんのチョコレートが店には並んでいました
一つ一つ丁寧に作っています、
(このうち4種類ほど味見しました)
lugaP1010943.jpg

以前あるお客様が教えてくれたとってもいい言葉
「甘いものを食べるときはみんな笑顔なんですよね、
怒ってチョコレートを食べる人はいない」って。

チョコレート教室は笑顔で楽しい時間です
00:02  |  カルロのチョコレート体験  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT