12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ルネッサンス時代の料理 カラバッチャ 

2016.04.15 (Fri)

昨日から続く熊本地方の大きな地震、被災された方々には心から
お見舞い申し上げます。遠くにいながらも、日本で大きな地震が
起きる度、辛い気持ちになります。


古い本のレシピを使って
フィレンツェの伝統料理、カラバッチャを作ってみました
14世紀から伝わる料理。
フランス料理にも影響を与えたといわれる料理のひとつです
(16世紀にフランス王国へメディチ家の
カトリーヌ・ド・メディシスが嫁ぎ、
フランスの食文化を発展させたといわれています)
s-DSC_0011.jpg

香味野菜でじっくりブイヨン用意(3時間ぐらいかけました)
鍋にオリーブオイルを入れ、たっぷりの玉ねぎ、
少量の人参とセロリとパンチェッタで1時間ほど
しんなりさせ、水気が飛んだら、白ワイン
白ワイン蒸発後、沸騰ブイヨンを足していく。
途中、今が旬のグリーンピーズをいれまして。。。
くつくつゆっくり煮て、できあがり
ブイヨンから作りから考えると5時間は火にかかってました

パンを焼いて、お皿に入れ、出来上がったスープを
かけて、パルメザンチーズか、ペコリーノチーズをたっぷり
かける。

日本人好みのうまみたっぷり、
深みのあるズッパができあがりました


700年程前にも同じものが食べられていたことを想像しながら・・・
17:00  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パスタ トスカーナ

2015.08.25 (Tue)

最近、お気に入りのパスタです!

<理由>
①トスカーナ産(カスティリオン・フィオレンティーノ)
  地産地消
②全粒粉だから、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富
③亜麻粉入りだから、不飽和脂肪酸のオメガ3を取りこめる
④値段が大手のパスタよりも安い!
⑤おいしい!



スーパーのパスタ売り場、棚の一番目に行くところには、
必ず、バリッラ、ディチェッコ、ヴォイエッロ、スーパーオリジナルパスタ
が置かれています
この手のマニアックなパスタは、大体隅っこにひっそりとあったりします。
最近は、大手のパスタは、500g入り袋が、正価1ユーロ以上。
私のお気に入りのこのトスカーナのパスタは、同量で、90セント

原料の出所がわかって、体によくて、高くない
というのはうれしい話

全粒粉のパスタは、コシが強くて、ザラザラしてて、不思議な食感
ですが、味があって、私は好きです
普通のパスタよりも、消化に時間がかかること間違いないです
(つまり、満腹感からダイエット効果??)

この会社のサイト こちら
クラッシックライン、ビオライン、全粒粉+オメガ3ラインがあります

帰りのスーツケースの隙間埋めにお勧めのパスタです
(日本には売っていないと思います・・)
09:06  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ピチ(ピーチ)は家庭に伝わる製法で!

2013.06.12 (Wed)

トスカーナのピチ

以前、ピチを作るためには、こんな小道具や
やり方があることをご紹介しました


アレッツォ料理のバイブル本をみてみました
4人分で小麦粉は500g、少量の塩を溶かした常温の水を注ぎながら、
硬さ加減を調節しながら、オリーブオイルをひとさじ加え
長い時間、練りこんでいきます
生地がつるつるの状態になるまで、しかも硬めに仕上げます(力仕事!!)
最低30分休ませ・・・・

ここまでは、大体どのマンマのやり方もそんなに変わりないです

********

ここからは・・・・

★ラファエラの場合
麺棒で生地を適当な厚さまで伸ばしたら、
包丁で1本ずつ切って、手のひら仕上げ
20130604004.jpg

よってこんな感じの丸い麺
20130604022.jpg




★マリアンジェラの場合
ある程度の厚さまで伸ばしたら、
こんな麺棒を使い、一気に切ります
ピチ トスカーナのパスタ

よってこんなちょっとリングイネっぽい麺
この状態から1本ずつ丸めることはしません
マリアンジェラの家のピチは、昔からこのやり方だそうです
20130612DSCN1656.jpg

出来上がり!
パスタは、インテグラーレ(胚芽いり小麦粉)を
使用につき、色がちょっと濃くなっています
20130612DSCN1660 (1)


どっちを習いたい??

家庭に伝わる製法がいろいろあります
材料にしても、
小麦粉も薄力粉を使うひともいれば、
セモリナ粉でやるヒトも居ます
卵を加えるヒトも。

家に伝わるやり方味に加え、
家族が好むピチが家庭の味になるようです
11:15  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

栗とローズマリーのリゾット

2010.11.05 (Fri)

TVでおいしそうなリゾットをやっていたので真似て作ってみました



栗とローズマリーとマスカルポーネが入ったリゾットです

エシャロットをオリーブオイルで透明なるまで炒めたら
そこにお米をいれ、その後、白ワイン!
ワインが蒸発したら、自家製ブイヨンをいれ、ゆっくり煮ていきます
途中、半茹でした栗をいれ、お米の硬さがお好みになるまで火を通します
最後に、みじん切りにしたローズマリーをいれ、塩コショウ
火を止めてから、マスカルポーネを入れます

秋の味!栗の甘さとローズマリーって本当によく合いますね~~。
マスカルポーネはカロリーが高いのが気になるけれど、
時々はいいかなっと自分に言い聞かせて。。。

おいしいです!どうぞお試しください。
11:33  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

今日のパスタ

2010.05.29 (Sat)

300年農家から買ってきた、出来立てのリコッタチーズを使った一品

作り方は、料理上手の農家の嫁シモーナが教えてくれました



①エキストラバージンオリーブオイルににんにくを落とし香り付け
トマトのホール缶とバジルの葉を落として、トマトソースを作ります
②リコッタチーズとパルメザンチーズ(粉にしたもの)を合わせておきます
③茹で上げたパスタに①と②を混ぜ合わせます
できあがり!
(私は少し生ハムを加えました。。)

トマトのさっぱり感とリコッタチーズの甘さがいい感じ!
おいしいです。

(パスタは80g宣言、昔、したのに。。。相変わらず大盛りです・・)
08:50  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

トルテッリーニを作る

2010.01.28 (Thu)

久しぶりにトルテッリーニ(tortellini)を作りたくて、のんびりとやってみました
もしかしたら、パスタの切り方から、
カッペッレッティ(cappelletti)というかもしれないです。

農家の石臼でひいた無農薬全粒粉を、自分でふるいに何度かかけた小麦粉で
生地を作りました、粉目が粗く、うちにくく力が要る小麦粉ですが
出来上がりは、普通の小麦粉と違って、時間をかけて茹でても、
こしのあるしっかりした麺になります


こちらは中に入れた具
20100128RIMG0094.jpg  

具の材料は・・・(1kg分のカペレッティ) 
パルメザンチーズ 70g
子牛肉 300g
豚肉 200g
鳥胸肉 100g
モルタデッラ 100g
※モルタデッラはエミリアロマーニャ州のハム
ない場合は普通のハムでも可
卵 2個
ナツメグ 適量
EVオリーブオイル 
塩、こしょう

上記の3種のお肉をそれぞれフライパンにオイルを敷いて
火を通し、その後モルタデッラと一緒にミキサーにかけます
そこにナツメグ、たまご、パルメザンチーズ、しお、胡椒を
加え、混ぜ込んだらで上がり!

生地を切ります
20100128RIMG0106.jpg

具を乗せます、
注意!)手際よくやらないと生地が乾いてくっつかなくなりますよー!
20100128RIMG0098.jpg

左:)三角に折ります
右:)指にくるっと巻きます
20100128RIMG0101.jpg  20100128RIMG0103.jpg

出来上がりは、こうなります
20100128RIMG0107.jpg

すぐに食べないときは、冷凍庫に入れて保存できます(短期)
時間のかかる作業ですから、おしゃべりしながらとか
TVを見ながらとか、・・しながらってのがいいと思います

手作りのトルテッリーニは、売っているものとは、全く違う味!
スープに入れたり、ミートソースやトマトソースも合います、
軽く、オリーブオイルとチーズをかけて食べてもおいしいです
是非お試しください!

タグ : トルテッリーニ カペレッティ 手打ちパスタ

07:02  |  プリモピアット  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT