04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ストリッシャワイナリーの今

2011.10.31 (Mon)

アレッツォの町の中にあるストリッシャワイナリー

今現在、ワインは、第一次発酵を終え、第二次発酵の段階

ブドウ畑はこんな色、黄色が多くなってきました


20111031RIMG0008.jpg

20111031RIMG0007.jpg  20111031RIMG0010.jpg

ストリッシャワイナリーは、小規模ワイナリー
瓶詰め施設を持っていません、この時期、仕込みと同時に
出来上がったワインのボトル詰めの作業もあり、ワイナリーは大忙し。
瓶詰めには、瓶詰めラインが乗っかった、大きなトラックがやってきます
完璧な流れ作業・・・
20111031RIMG0002.jpg

美味しいワインが、バンバン!瓶詰め、箱詰めされていきました
20111031RIMG0001.jpg 
スポンサーサイト
10:55  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ストリッシャワイナリー いまの様子

2011.05.16 (Mon)

ストリッシャワイナリーのぶどう、今の様子です
0515RIMG0021.jpg

元気にすくすく成長!色もまだ黄緑色
これから太陽が強くなるにつれ、どんどん緑色になっていきます
0515RIMG0019.jpg

根を元気に保つため、トラクターで土をおこしています


他には、生えてきた余分な芽を摘む作業も。
美味しいワインを造るためには、いろんな作業があるものですね。
19:32  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

発酵中のブドウ

2010.10.17 (Sun)

ストリッシャワイナリーへ行ってきました
先週の金曜日に収穫されたサンジョベーゼ種が樽の中で発酵中です
このタンクの中の温度は発酵熱によって35度まで上がっていました
この時期の蔵の中は、発酵の際の独特な匂い、ガスのようなアルコールのような
不思議な匂いです


酵母菌が付着しているブドウの皮が果汁全部と交じり合うように
そして発酵温度を下げる目的で、
毎日2回、このような作業が今、行われています
樽の下から一旦果汁を出して、
そこからホースを通して樽の上に果汁を戻しこむ作業です
10171010140022.jpg

発酵中の果汁を飲んでみました
アルコール度数は6度、まだまだ度数が足りません
ワインというよりも甘~いジュースに近かったです
10171010140018.jpg
あと一週間~10日ほど、この作業は続きます
甘味が少なくなって、アルコール度数が上がってきます
09:56  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ぶどうの収穫期に入りました!

2009.09.18 (Fri)

パッとしない天気ですが、(雨が降る前)
ストリッシャワイナリーでは先週からぶどうの収穫が始まりました


収穫が始まったのは・・
(品種)merlotです、
先週の木曜日に収穫され、すぐに発酵ダルへ移動
蔵の中は、発酵中のなんともいえない匂いが充満
発酵樽の中では、酵母君たちが大活躍中!、
収穫後6日で、温度は31度にまで達しています
左下の写真の樽開口部(ステンレスの部分)は触ると熱を感じることができました
耳を澄ますとぶつぶつ、ぶつぶつ。。。
(発酵のシュワ~シュワ~というガスの音)
糖分がアルコールに変わる段階、二酸化炭素を発しています
蔵を締めっきりにすると二酸化炭素中毒の危険性?というかんじで
蔵の扉は開けられたままでした。。
(収穫量はメルロー8000リットルくらいなのでそんな話はないらしいですが)
20090918P1060562.jpg 20090918P1060563.jpg

こちらはトスカーナの代表格 (品種)Sangiovese (サンジョベーゼ)です
ストリッシャでは今月下旬から収穫が始まります
20090918P1060568.jpg
19:05  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストリッシャワイナリー 4月14日

2009.04.15 (Wed)

昨日のストリッシャのブドウ畑の様子です


2年物のサンジョベーゼの苗木を添え木に結わえています
20090415P1050531.jpg

ここのところ見かける若めのブドウ畑・・
木の高さをとても低くしていることに気づきます
なんで??
フランスで見た畑のよう
苗木を結わえているお仕事中のマッシモに聞いてみました
「そうなんだよなぁ~~、(苗木が低いことで)地面からの反射熱が受けやすいって言ってたけど・・・」
と言っていました。
ん~なんとも一つの流行なのでしょうか。。フランスからヴァリックが入ってきたように。。

08:36  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストリッシャワイナリーのネコたち

2008.11.21 (Fri)

私がストリッシャへ行くたびに増えているネコちゃん
飼ってもらえると思ってストリッシャへ捨てていく人も
居るそうで、今では少なくとも10匹以上居ます

アグリの建物の下にもぐって寒さしのぎ
時々顔をだします

20081121P1040672.jpg

晩秋のブドウ畑を案内してくれるネコちゃんもいます
15:53  |  ストリッシャアグリとワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。