12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

300年農家訪問

2016.02.12 (Fri)

今年は暖冬で、標高850mのところに住むカルビ一家(300年農家)
も過ごしやすい冬と話していました。

1月中旬に行った時の様子
カセンティーノの山並みを一望


自由に歩きまわっている動物
(動物な苦手な方は、ご注意ください)
アヒルや鶏は来ませんが、
たくさんの犬が親しみを込めて、寄ってきます。。。
20160212DSC_0046.jpg

20160212DSC_0044.jpg

薪ストーブと石窯調理で行った料理の数々
手打ちパスタと野生のウサギ肉や牛肉を混ぜたミートソース
農家の自慢のトマトソース 2種類のソースで頂きました
20160212DSC_0038.jpg 20160212DSC_0040.jpg

マルゲリータとジャンル―カが仕込んだ生ハム、おいしかったー! 
有精卵の卵焼き、色はとうもろこしを食べさせているので綺麗な黄色
付け合せは農家の赤キャベツ、大評判でした!
20160212DSC_0039.jpg 20160212DSC_0041.jpg

鴨とうさぎ肉の石窯ロースト
いつもながらの絶品
お肉の品質がいいし、石窯でゆっくり調理しました
20160212DSC_0042.jpg

一つ一つに長い時間と手間をかけ、美味しいものはできあがります
ゆっくりした時間の中、農家と一緒にする食事
なかなか味わえない体験です
09:28  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家訪問 栗の当たり年

2015.10.19 (Mon)

300年農家へ行ってきました

残念ながら、雨 農家へ行く途中の道では、霧が発生


残念ながら、強い雨と風の一日。。家の中で楽しみました
300年農家所有の栗林で収穫されたマローネという品種の高級栗
このまま火にかけると、水分を含んでいるので、栗爆発します
よって、ナイフで切り込みを入れて・・・
20151019DSC_0006.jpg

今年の栗は、豊作な上、虫が一切入らず、上出来です!
夏の強烈な暑さによって、甘みもしっかり、しかも10月、
収穫前はたくさん雨が降ったことで
実が膨らみました。ホクホクという表現がピッタリ、粉っぽい感じで
甘い、今年の栗、最高です!

(写真左)マローネは、縦縞が特徴の大粒の栗
(写真右)マルゲリータがパンのフライ(農家のオリーブオイル揚)
を作ってくれ、2年ものの生ハムと一緒に、おやつとして。
20151019DSC_0007.jpg 20151019DSC_0010.jpg

こんな感じで、直火で栗焼き
寒がりなリリー(犬)は冬場はいつも火の近くに居ます
20151019DSC_0011.jpg

手打ちパスタを打ちながら・・・栗を焼いて。。
ゆっくりとした時間が流れます
20151019DSC_0013.jpg

さて、ランチの時間
今回も美味しい旬の農家料理、ごちそうでした
手打ちパスタ・タリアテッレと農家のトマトソース、焼き栗、揚げパン、生ハム
20151019DSC_0014.jpg

タリアテッレとガリナッチきのこ(農家の周辺の森で取れたきのこ)のソース
20151019DSC_0017.jpg

すっごく美味しかった一品
揚げたパンの中に、ガリナッチきのこと甘い焼き栗
を崩してパニーノにしました
20151019DSC_0019.jpg

採れたての茹でたカリフラワーと白いんげん豆
白いんげん豆は、乾燥前、フレッシュなので、
今の季節、ホクホクして、より美味です
20151019DSC_0021.jpg

鶏のロースト お腹の中に野生のりんごを詰めて香りづけ
20151019DSC_0020.jpg

ノロ(鹿肉)の煮込み これもいつもながら絶品!
20151019DSC_0022.jpg

外の様子
20151019DSC_0026.jpg

20151019DSC_0025.jpg

あいにくの天気でしたが、今回も美味しい農家料理を頂きました

農家の野菜を購入してきました
この日の晩ごはんは、農家へ向かう途中にあった
マッツァ ディ タンブーロ というきのこのソテー
そして、元気な農家のカリフラワー
20151019DSC_0027.jpg 20151019DSC_0029.jpg

そして、綺麗な色のビーツの葉、茹でて食べました。
柔らかくて、甘い!
醤油と煎ったゴマを混ぜて、おいしかったです
20151019DSC_0028.jpg
10:09  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家 命をいただくという勉強

2015.10.07 (Wed)

ほぼ自給自足の300年農家へ行ってきました

今回のテーマは「鶏をさばく」 
実際、さばいている場に居ると、さばくというよりも
「ありがとうございます、命を大事に頂きます」
という気持ちが自然に生まれます。
日本人的な感情なのかも知れませんが
野菜でもお肉でも魚でも、いろんな命を頂き、
自分が生きているんだと、鶏の姿が変わる経過を見てると、
しっかり実感します

300年農家の長男ルイジがいつもいつも言うように、
生まれて、育てて、死ぬところまで
面倒をみるんだ。ということ。それを
知ることは大事なことなのかも。。。と思います。

ブロイラー飼育された鶏は40日で出荷されます、
ここの鶏は毎日穀類を人間が与え、鶏は運動しながら草や虫も食べて
ゆっくり自然のスピードで成長していき、5ヶ月後に食肉として売られます

今回はランチの様子を先に掲載
鶏をさばいた様子は追記(Read more...)の部分に入れますので
抵抗のある方は追記を開かないようにお願い致します

少なくとも50年前と同じ調理方法(薪ストーブと石窯)を今でも続ける
マリゲリータとファビオラ


農家の2年熟成生ハム  旨味がたっぷり!
20151007IMGP7174.jpg

農家産キアナ牛のミートソースと手打ちパスタ・マッケローニ
20151007IMGP7173.jpg

鴨肉のローストフェンネル味と
うさぎのローストローズマリーとフェンネル味
採れたて新じゃがロースト
すべて薪窯で焼いています。いつもながら絶品!
20151007IMGP7175.jpg

カボレッラ 
キャベツの千切り オリーブオイルと塩コショウと
農家産ワインヴィネガー
20151007IMGP7176.jpg

どれもいつもと変わること無く、すごく美味しかったです
16:46  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

のどかな田舎の音

2015.05.19 (Tue)

300年農家の牛が顔を”かく”様子
のどかな音がします


ちなみに、今現在、300年農家訪問あるいは宿泊で
この牛のミルクを飲むことできます
19:19  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家訪問

2015.04.29 (Wed)

300年農家へ行ってきました

農家へ向かう途中、昔、20軒の農家を抱えていた大地主のお城で写真撮影
今は藤の花がちょうど見ごろ


20150429IMGP5982.jpg

6匹の犬と猫がお出迎え~(写真は犬が2匹)
20150429IMGP5953.jpg

放し飼いの鶏多数、春になりましたから、卵をたくさん産んでくれます
20150429IMGP5985.jpg

卵を温めたい時期に入った雌鳥さん、3日に一度外に出て食事
それ以外は、じっと座ったままで温め続けること21日間で
ひよこが生まれる予定です
20150429IMGP5987.jpg

毎日、採れるたくさんの卵と
生まれたひよこたちも居ます
20150429IMGP5956.jpg 20150429IMGP5964.jpg

うさぎちゃん
20150429IMGP5983.jpg

母ウサギは生まれる前日、藁と自分の毛でふわふわの巣を作ります
じっと動かない生まれたばかりの子ウサギと
毛が生えて、遊び始めたやんちゃな子ウサギ
20150429IMGP5988.jpg 20150429IMGP5986.jpg

牛舎には、キアナ牛
20150429IMGP5992.jpg

マレンマ牛(毛はグレーで、角が特徴) 
トスカーナ地方の海沿い原産のマレンマ牛は
絶滅危惧され、国から補助金が出始めたそう。
(そんなに、たくさんの補助金ではないですが。。)
農家では、キアナ牛の種牛が居ますから、キアナとマレンマの掛け合わせ
の子牛です、色はすっかりキアナの子牛のようです
20150429IMGP5990.jpg

農場内を一通り回って、お腹がすいたし、ランチです
キッチンで薪の調理法を見学 百年以上も続く調理法
薪調理台の上にこんなもの発見
昔の鉄のアイロンです
アイロンをかけるときは、
ストーブの上に2個用意し、鉄に蓄熱、
交互に使っていたそう、とっても重くて、
すーすー動かせませんから、
アイロンの面積ごとに、押し付ける感じです
(どんなに時間がかかったか、そして女性の力強さを想像・・・)
20150429IMGP5993.jpg

農家の親戚が作った小麦粉で作ったフォカッチャ 
もちろん釜焼き
20150429IMGP5995.jpg

手打ちパスタ と夏の農家のトマトソース
20150429IMGP5994.jpg

チコリとゆで卵 
お肉は、ウサギと鶏のロースト・写真撮り忘れ(薪の火調理)
20150429IMGP5996.jpg

去年の夏収穫のブラックベリージャムが入った
クロスタータ
20150429IMGP5963.jpg

こんな感じです~
昨日まで、2日連続で雨が降ったし、
風が強くなければ、2週間後には
春のきのこが、でてくるはず。
楽しみです~
16:02  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

300年農家 江戸中期の帳簿

2014.09.26 (Fri)

農家体験でよく行く、「300年農家」
このネーミングの由来は先祖代々、300年農家を続けているから

「あれ、見せたことなかったっけ?」と初めて見せてもらった
先祖作成の帳簿あり
このページは、1787年 
日本の江戸時代の中期です


20140926IMGP4350.jpg

20140926IMGP4352.jpg

20140926IMGP4354.jpg

先祖の帳簿は、動物の種類や数、畑のHa数、誰のところへ売ったか、買ったか
など古典語(?)で記載されてあります
家族の大事な宝物

今の人たちは、子孫にどうやって伝えていくのか
ネットで動画でしょうか。。
09:48  |  300年の伝統農家  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT