04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

保存食作り

2010.11.29 (Mon)

昨日バケツ1杯分のオリーブの実が手に入ったので、
今日はせっせと洗って、塩漬けしました
2年前、すごくおいしいのができたこの方法です

といことで保存食の話題・・・

夏からの頂きもので作った私の自家用保存食品の一部です
①黄色い右手前のもの:かぼちゃとしょうがのジャム
②赤い左手前のもの;夏の完熟トマト(サンマルツァーノ種とバジル)
③中央茶色:栗の渋皮煮(素朴な栗の味は、この国の人たちにも大好評!)
保存食

このほかには、栗の渋皮煮を作るつもりが、火の加減を間違って荷崩れしてしまった
栗で作った栗ペースト、丸い赤いペペロンチーノを大量に頂いたために
作ることになったペペロンチーノの詰め物(ツナとケーパー)のオイル漬け
トマトソース(たまねぎと煮たもの)や、夏のメロンのジャム、
などです。。他にもイチジクのジャム、
(大きくなりすぎた)ズッキーニのジャム(これは失敗・・)
なんかもあります。

一度に食品を大量にもらったときはせっせと保存食作りが私の楽しみ!!
特に夏のトマトは、自家製の無農薬のおいしいトマトですから
保存食にして、ソースとして使っても一味もふた味も違います。

オリーブの実は渋みが抜けるまで時間が掛かりますが
一度自然の味に慣れてしまうと、
スーパーの缶で売っているオリーブが食べられなくなって・・
オリーブの実以外の(別の)味が気になってしまいます・・・
(ラファエラのだんなさん)マリオもオリーブの実を漬け始めました
どんなのができるか、それも楽しみです
スポンサーサイト
18:37  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

吊るした保存トマト

2010.10.18 (Mon)

自家菜園で野菜を育てている人の納屋では
こんな風景をよく見かけます

保存の利くミニトマト
夏のトマトが、この状態で、春まで持ちます
まー春ごろには少しずつ、しぼんではきますが
冬中は、このまんまの感じ!おいしく調理に使えます

18:13  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

パン粉

2009.12.09 (Wed)

イタリアで使われる、いわゆるパン粉(pangrattato)はものすごく細かいです(下写真右)
細かいパン粉を利用した代表される料理はミラノ風カツレツ(おいしいですよねー!)


パン粉はスーパーで買うことができますが
ひと手間かけて自分で作ったパン粉は、スーパーのパン粉とは比べ物にならないくらい
失敗なく、カリッと仕上がります。
上の写真左は、丈夫なナイロンの袋(私はお米が入っている袋を再利用)に乾燥したトスカーナパン
を入れて金鎚で叩いたもの、
右は金鎚で叩いた後にミキサーで粉状にしたもの
料理のおいしそうなイメージで使い分けています。

さて、パン粉に混ぜ物をしておいしく使う方法

★オレガノと
お好み量の乾燥オレガノ、にんにく1かけ(細かく刻む)
パン粉、
野菜グラタン、トマトやズッキーニ
お好みでローズマリーやタイムやセージをあわせてもよい
★ケシの実と
40gのペコリーノチーズ、あるいはパルメザンチーズ
80gのパン粉、40gケシの実をあわせる
牛薄切り肉、茹でたジャガイモ団子
★ピッカンテ
150gのパン粉、大さじ一杯の刻んだイタリアンパセリ
干しトマト5切れ(細かく刻む)にんにく1かけ(細かく刻む)
粉唐辛子一つまみあるいはフレッシュな唐辛子適量
グラタン用パスタ、いわしや魚介バーベキュー

という感じで、揚げたりオーブンで焼いたり!
簡単イタリアン料理どうぞお試しください
10:43  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

アンナの知恵(2)

2005.11.17 (Thu)

ちょっとした料理の基本なのでしょうが、無知ゆえ、「あーそうか」

と気づくことがよくあるのですよ~。

そして「あ~そうか」と思っても後で忘れてしまうのです・・・

だから、書いておこう!

肉のこと

1)ブロード(ブイヨン)づくりは水から肉を入れる!

2)茹でる時は沸騰したお湯に入れる!
  (圧力釜に塩を入れ茹でるとおいしく経済的)

19:52  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イタリアばあちゃん82歳の知恵(1)

2005.11.12 (Sat)

お年寄りの「知恵」には、さすがーとビックリすることってありますよね。

アンナ(82歳)はミートソースをたくさん作り、小分けして瓶に保存します。通常は煮沸保存。それが面倒な時は、瓶ごと冷凍!

冷凍された瓶の解凍の仕方に「知恵」がありました。

瓶がちょうど入るくらいの鍋底に新聞紙を畳むその上に瓶を乗せ、水をいれ、ガスにかける

瓶が温度変化にびっくりして割れる恐れが全くないそうですよ!




06:00  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マリアのブロード

2005.10.04 (Tue)

マリアシリーズの中でも使える基本中の基本

マリアのブロード材料
半身の鶏(小)、牛筋一塊、にんじん、玉ねぎそれぞれ1/4個、
イタリアンパセリ、セロリ少々、完熟トマト少々、塩

寸胴の鍋に水を沸騰させる
材料全部を1時間半煮込む
翌日温める前に上に浮いている脂を取り除く
温めた後、布で濾す

このブロードはサラ~ッとして重くない。パスタはトルテッリーニ
が良く合う。また、細か~い小粒なパスタもおいしくいける!

だしとして使った筋肉はやわらかくなってるので
塩とオリーブオイルをかけて食べる。

イタリアで「八百屋」へ行って買い物を済ませたら
オドーレをくれ~」といってみよう(ちょっと通)
にんじん、イタリアンパセリ、セロリをおまけしてくれるのだ。
ミートソースづくりにはこの手を使おう。

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

21:54  |  生かせるイタリア食知恵  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。