05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

ストーブつきました!

2015.10.26 (Mon)

「ストーブ購入計画」のカテゴリーの中で、ドロミテ渓谷のイメージで
陶器や石のストーブをいろいろ夢見てきましたが・・

結局、家の暖炉にすっぽり入れこむタイプの薪ストーブとなりました・・
先週の金曜日、工事業者がきて、ストーブ設置

これがうちの古い暖炉・・・
レンガは200年以上前のもの、家の一部を再利用して備え付けた暖炉です
20151026DSC_0003_201510261947542d3.jpg

ほぼ丸一日の工事のあと設置されました!
あつらえたようなぴったりサイズのストーブ
(あつらえたわけではありません・・)
着火しました
20151026DSC_0008.jpg

今年の冬はどうなるかしら。。

この薪ストーブ
二日間つけてみて感じたことは、、
燃える薪を閉じ込めた状態で、火熱をフルに利用するので(酸素を送り込む量は自由に調節可能)、
薪の消費量がものすごく少ないです!
ただ、ストーブ内の釜温度が40度にならないと送風装置が動かないので
それまでに結構時間かかり。。。30分は確実にかかります。
送風される前までは、「絵に描いた炎」のよう。。
(その点、ペレットはスイッチを入れると、すぐに熱風が出てきます)

このストーブ、暖炉と一緒で、炭焼きができるのがうれしいところです
11:54  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ストーブ購入計画 ③陶器のストーブ

2015.03.16 (Mon)

今年の冬までには、薪で暖をとるための ”ぬく~い”ストーブを購入したい・・・

今回は、欲しいけど、前回の石鹸石ストーブ同様、
きっと(予算的に)無理な
私にとってのストーブを紹介
(写真をクリックすると、紹介するその会社のサイトに飛びます)

素敵じゃないですか~!


これもなかなか、いい感じ!
image7.jpg

こんなのがキッチンにあったらなぁ
image8.jpg

これはうちの梁天井に合いそうな、山小屋風でいい感じ~
image9.jpg

こんな感じで備え付け的な、全面から熱を送る壁とベンチもあり!
image10.jpg

その昔、ルーマニアへいったとき、部屋と部屋の間(壁の一部)に
陶器タイルを埋め込んだストーブを見ました、
マイナス25度にもなるその地方で、ガンガンに暖をとるのは壁からでる熱
少ない薪から出る熱量がすごかった!

上記のストーブはすべて北イタリアの会社のもの
さすがセンスがあって、とってもいい感じです

欲しいなぁ。。。。私の夢のストーブたち
10:39  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストーブ購入計画 ②ソープストーン

2015.02.18 (Wed)

2月14、15日の週末はアレッツォの見本市会場で

木や木材燃料(ペレット) を使う
暖房装置の最新見本市がありました

今年の冬が来るまでには・・熱量ガンガン!の暖房装置がほしい・・・
ってことで・・
ひときわ私の目をひきましたのが。。
この手のグレーの石でできたストーブ
「 ソープストーン 」 という石らしいです
(調理にも使われる石とか・・)
ソープストーン01
こんな感じもあります
ソープストーン03

あ~こんな感じも!夢のようなストーブ・・・
ソープストーン02

ソープストーンのストーブ

最大の魅力は
①燃費 
家の大きさ、90平方メートルと仮定した場合
16kgの薪(大体2ユーロ、280円位)で、
なんと8時間~12時間持続 

ちなみに、うちの暖炉、半日しっかりつけとくと・・
50kg(大体6ユーロ、850円位)は消費します。。

付け加えますと
ソープストーンは全部の環境をしっかり暖め、この値段
暖炉は、暖炉の周りだけほんのり・・・熱はぜ~んぶ煙突からでてっちゃいます。。

石鹸石のストーブが、いかに燃費がよいか、わかります

②空気が汚れない 

③蓄熱量がすごい!
火が消えた後も、石鹸石は蓄熱します


あ~~ほしい。。!めちゃほしい・・
でも無理・・・
値段が、、半端ない・・・

90平方メートルを暖めるサイズのストーブで、7千ユーロですって~~
1ユーロを140円と計算した場合。。100万円近いです
しかも、うちは120平方メートルあるので、、もっとでっかくないといけない。。。

無理、無理。。

アジェボラツィオーネが、半分、効くから!っていわれても。。
アジェボラツィオーネとは、環境に配慮したものを購入したり、修理したりで
10年に渡って、分割で帰ってきます
3500ユーロ分だから一年350ユーロ、だけれど
とにかく全額は購入時支払わないといけない制度


当たり前だけれど、わかったこと
高いストーブは、燃費がいいので少量の薪でOK
安いストーブは、それなりに木をたくさん食べるということ

今後も、ストーブの話続けます~
09:35  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ストーブ購入計画 ①暖炉のこと

2015.01.10 (Sat)

アレッツォ郊外に引っ越して約11ヶ月経ちました

住んでいる家は、第二次世界大戦で爆撃も受けたという
1800年代の家(修復済み)

家の冬の暖房は、ガス式のスチーム暖房と暖炉です

イタリアはガス代や電気代がものすごく高いので、冬の暖房については
工夫が必要。情報交換しあいます

石油ストーブがほとんどないこの国において、
家を暖めるための燃料は
ガス、薪、木質ペレット、オリーブの種などなど。。
(エアコンのような電気暖房は小さい環境はいいですが、、威力が足りない。。)

暖炉について
良い点
①火が間近で、リラックス気分満点
②炭で調理ができる 炭焼きのキアナ牛は抜群!
20150110IMGP4682.jpg



残念な点
①火が安定するまで時間がかかる
 (その点、木質チップは、すぐ部屋が暖かくなる)
②熱が煙突からででってしまうので、近くでないと暖かくない・・
 (だから、猫も火に近寄ってくる)
③すぐ燃えてしまう・・・
  1日中起きている間、暖炉をつけたら、100kgは簡単消費
  100kgの木(乾燥もの)の値段は、12ユーロほど
  10時間として、1時間180円の暖房代
④常に火の世話が必要
⑤掃除しても、灰ですぐ家が汚れる

ということで、
暖炉はエレガントですが、生活向きではないことは確か。。

今年の冬までに、いろんな燃費のいいストーブをみて
次回の冬に備えよう!と思います

さてさて。。

家からアレッツォのチェントロまで約6km
用事や買い物には、ほとんど自転車で出かけます
その間には、松があり~~松ぼっくりがポコポコ落ちてまして、
恥ずかしげもなくガンガン拾う~!

今日の収穫
20150110IMGP4881.jpg

26個のでっかい松ぼっくり

20150110IMGP4884.jpg

ポロポロ松の実(殻つき)もでてきます
20150110IMGP4886.jpg

なんと松ぼっくりは、自然の着火剤

スーパーではディアボリーナという、石油系の着火剤売っていますがとっても臭い。。

松ぼっくりは、油をたくさん含んでいるそうで、
ほんと長いこと燃えています、そしていい匂い
昔の人は、着火剤として、売って歩いたらしいですよ
17:07  |  ストーブ購入計画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |